B110サニークーペ セミレス(4)

RIMG5624.jpg

RIMG5713.jpg RIMG5718.jpg

RIMG5625.jpg RIMG5626.jpg

RIMG5627.jpg

おはようございます。

B110サニークーペのセミレス作業です。

リアフェンダーのノーマル形状戻しや傷みの在る部分の板金が終わりサフェーサーまで入りました。

ボディーは最後のコマジを拾い、ドアやボンネットのパネル類は塗装しておきます。


下の画像は、ワタナベ6.5Jにガンメタを塗り、ブースに入れる時車体に組みました。

細すぎず太過ぎず車検も通る、丁度いいサイズです。

最後は、純正白で低温焼き付け塗装が終わった所です。

これから、外装パーツの組み付けと同時にエンジンO/Hに掛かります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5716.jpg RIMG5722.jpg

RIMG5721.jpg RIMG5738.jpg

RIMG5739.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

スポンサーサイト

TE27 レビン セミレス(3)

RIMG4843_201706280917255b9.jpg

RIMG4861.jpg RIMG4866_20170628091728efb.jpg

RIMG4867_20170628091730910.jpg RIMG4898.jpg

RIMG4868_20170628091731116.jpg

おはようございます。

TE27レビンのフレーム補強の続きでエンジンルームです。

エンジンを降ろして、ストラットタワーからコアサポートまで、補強を入れます。

町乗りメインなので、あまり目立たない程度に少し控えめです。


下の画像は、東海オートで販売しているフレーム補強追加プレートです。

テンションロッドブラケットとエンジンメンバーの間に入れる事により、フレームの強度が上がります。

これで、開口部のスポット増しとエンジンルームの補強で、ボディーの剛性アップは体感出来ます。

これから、補器類を外して、塗装の準備に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4910.jpg

RIMG4901_2017062809180258b.jpg RIMG4907_20170628091803b51.jpg

RIMG4912.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

S130Z 2JZターボエンジン搭載(5)

RIMG5122.jpg

RIMG5463.jpg RIMG5121.jpg 

RIMG5570_201706270748393ed.jpg RIMG5662.jpg 

RIMG5672.jpg

おはようございます。

2JZターボエンジン搭載中のS130Zは、エンジン搭載し補器類を製作しています。

前回、エキマニ・タービン・ウエストゲート、インマニ・サージタンクと大物の加工まで完了しました。

そして、エアークリーナー位置を合わせて、補器類の仮組みは全て完了です。

エンジン周りの仮組みが終わったので、ミッションマウントを製作します。

仮に載せたミッションに合わせて、マウントブラケットを製作。

塗装をしている間に、OSトリプルクラッチを組み付け、ミッションを載せます。

ブラケットの塗装が乾けば本組します。


下の画像は、エキマニや、インマニに干渉しない様に、ヒーターホースの取り回しを考え、パイプを曲げたり溶接して製作します。

これで、エンジン・ミッション周りの補器類製作作業は、一段落。

これから、タービンやインマニの本組を始めます。

後は、ガソリンホースとフルコンの配線をすれば始動確認が出来ます。

早ければ今月中に遅くとも7月初めには始動確認出来そうですね。

それまでの間に、寸法取りを終えたプロペラシャフトを加工に出しておきます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5569.jpg RIMG5571_20170627074840052.jpg

RIMG5675.jpg RIMG5702.jpg

RIMG5701.jpg RIMG5124.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ 1500 ストロークアップ(4)

RIMG5601.jpg

RIMG5599.jpg RIMG5600.jpg

RIMG5630.jpg RIMG5678.jpg

おはようございます。

ハコスカ ショートボディーは、マフラー製作が終わり、エンジン始動確認まで終わりました。

ラジエターを組まず、始動させようとしたらプラグコードが裂けていて、リークするので一本だけ赤いコードに交換して始動させました。

問題無い様なので、ラジエターを組み付け水を回して、再度始動。

キャブ調整を済ませ、軽く試乗して来ました。

流石、ストロークアップしただけ在って、ハコスカ2000ccクラスのノーマル以上にパワフルに感じます。

当初の想定より、良く走るかも知れませんね。


下の画像は、エンジン・マフラー以外に頼まれていた作業です。

まず、リア右の車高が、10数mm低いと言う事で右側のリーフを1枚だけ加工します。

これで、同じ位になったと思います。

次に、パットの片減りを直すため、フロントキャリパーのO/Hです。

確かに、片側に固着が在りました。

並行して、同じワタナベ4本スポークですが、ホイールを13インチから14インチに変更する為、持ち込まれました。

タイヤを入れ、これからスポーク部分の塗装に入りますが、ブレーキとホイールを仕上げれば、作業完了です。

最終仕上げが終われば、納車までに、もう一度アップします。

RIMG5688.jpg

RIMG5684.jpg RIMG5686.jpg

RIMG5690.jpg RIMG5692.jpg

RIMG5683.jpg RIMG5682.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカHT レザートップ仕様セミレス(8)

RIMG5648.jpg

RIMG5649.jpg RIMG5650.jpg

RIMG5652.jpg



おはようございます。

昨日、レザートップ仕様のハコスカHTを、イベントに乗って行きたいとの事で、一時的に納車しました。

走行には、問題ないレベルで、ほとんど仕上がっていますが、ダッシュ交換や車高の前後微調整等の作業が間に合いませんでした。

後日、再度持ち込んで頂きます。

L20改は、ハイカム・軽量フライホイル入りですが、240SUキャブとの相性も抜群で、調子も良く結構走ります。

マフラー音量も静かで、大人のチューニングカーって感じですかね。


下の画像は、最終作業です。

まず、トランク内の見えない所まで、仕上げて欲しいとの事で、錆を落とします。

そして、パテ打ちからサフェーサーを塗り、ボディーと同色に塗装。

エンジンルームは、3層ラジエター取り付けからクーラーガスを入れる所まで完了。

最後は、マフラー出口を純正アサガオタイプにして欲しいとの事で、パイプを繋ぎ直しました。

音量的にもいい感じです。

また、再度入庫したら紹介します。

RIMG5632.jpg RIMG5647.jpg

RIMG5651.jpg RIMG5628.jpg 

RIMG5631.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

BMW L型6気筒インジェクション仕様

RIMG5637.jpg

RIMG5635.jpg RIMG5636.jpg

RIMG5634.jpg

おはようございます。

私は、旧車はキャブだとの思いは変わっていませんが、中古ソレックスやウェーバーの価格が高騰しています。

そして、ここ数年、50代60代のユーザーさんが増え、快適仕様との注文が非常に多いです。

旧車専門ショップとしての基本は今まで通りのキャブ仕様ですが、ユーザーさんのニーズに応える為、電子式インジェクション4スロ、6スロも取り扱う事にしました。

フルコンの性能が向上して尚、セッティングが容易になり、中古ソレックス値上がりとは逆に、価格的にも随分リーズナブルになって来ているのも理由のひとつです。

性能面の向上は勿論ですが、エアコンのアイドルアップやパーコレーションで悩む事がなくなるのが一番のメリットです。

私共もターボ全盛時代にはインジェクションの取り扱いはしましたが、セッティングの難しさと価格面から結局キャブに落ち着いたのです。

現在、S130・2JZターボを製作中ですが、部品を揃えていて、改めて安くなったと実感しましたね。


さて、上の画像は、BMW2002tiiです。

この車両は、メカニカルポンプからガソリンを送るシステムなので、4連スロットルを組み付けるだけで、コンピューターの類は必要在りません。

インマニをワンオフで製作する予定でしたが、海外のサイトで多連スロットルに使えるパーツを探していて、偶然2002用ボルトオン4連スロットルを見付けました。

ボルトオンと言っても、tii用では、ないので多少の加工は必要でしょうけどね。


下の画像は、同じメーカーのホンダ用4連スロットル。

単品で購入するより、セットで買う方が安いので、3セット取り寄せました。

これで、L型6気筒用が、2基製作できます。

L型ソレックス用のインマニに組めば簡単ですが、せっかくのシングルスロットルX6基なので、インマニは、ワンオフで製作します。

理由は、インマニを少し長くして、中低速のトルクアップを狙える事。

そして、ワンオフ感の見た目と、6気筒分の幅を20mmほど狭く出来る事です。

まだ、図面を書いたばかりで製品になるのは少し先になりますが、2002用やL型6連スロットルが形になれば、また紹介します。

RIMG5580.jpg

RIMG5578_201706240853033ac.jpg RIMG5582.jpg

RIMG5584.jpg RIMG5585_201706240853254cf.jpg

RIMG5610.jpg RIMG5611.jpg

BHWIr_Fi39tsFSo1498261078_1498261530.png

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

B110サニークーペ セミレス(3)

RIMG5400.jpg

RIMG5474.jpg RIMG5490.jpg

RIMG5475_20170623074916de9.jpg RIMG5476_20170623074918744.jpg

おはようございます。

B110サニークーペのセミレス作業です。

元々は、フェンダーをノーマル形状戻して、軽く塗装程度でと考えていましたが、思っていたより傷みが酷く切り継ぎ板金を施し全塗装をします。

ドアも外さず、外側だけを塗るつもりでしたが、ドアに傷みが在るので、結局普段通りと同じ、全バラ塗装作業になりました。

ついでに、室内も塗る為、シートや内張りも全て外し清掃します。


下の画像は、ボディーの板金が終わりパテを打ちを始めた所です。

トランクやドア等は、板金及び下地が終わり、サフェーサーまで入りました。

本日から、塗装作業開始です。

最後に、ホイールはワタナベ13インチを組みますが、新品タイヤを入れ、ビートを落としたままの塗装準備完了。

ボディーと並行して、ガンメタに塗ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5594.jpg

RIMG5593.jpg RIMG5489.jpg

RIMG5598.jpg RIMG5597.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

S130Z 後期仕様 製作販売(1)

RIMG5416_20170622155345283.jpg

RIMG5424.jpg RIMG5419_201706221553463a1.jpg

RIMG5415.jpg RIMG5425_20170622155349579.jpg

RIMG5572_20170622155407925.jpg RIMG5577_20170622155410941.jpg

おはようございます。

S130Zの後期仕様を製作販売します。

いつか3.1Lを製作してと・・・放置していたら、ヤードで悪戯され前後ガラスを割られました。

梅雨前に、ガラスだけでも入れたくて工場に持ち帰りました。

この左ハンドル130は、エンジン・MTレスで綺麗に見えますが書類が無い上、見た目以上に腐りが在ります。

元々、後期仕様にしたくて、部品取りに購入していた左ハンドルの130からガラスまで移植する事にしました。

これで、ブロンズガラスまで入ったUSDM後期仕様のS130Zになります。

室内は、欠品も在ったので、一度全バラにして割れたガラス等の清掃。


下の作業的には、リアカラーバンパー・リアゲート・テールランプと仮止め移植完了です。

フロントバンパー・ボンネット・ドアまで交換しましたが、ドアガラスは、トラブルの少ない手巻きを生かします。

内張りは、280Zがほとんど揃っていたので、これも移植。

最終的に内装は、黒に仕上げます。

エンジンルームや外装は、純正の白が良いと思っていますが、注文が入ればお好みの色に塗装します。

今なら、エンジンの仕様等も希望に添えると思います。

赤と青のツートンカラーで、イメージが湧かないかも知れませんが、興味の在る方が居られましたら、問い合わせて下さい。

また、作業が進めばアップします。

RIMG56042.jpg

RIMG5539_20170622155404473.jpg RIMG5562_20170622155405e91.jpg

RIMG5573.jpg RIMG5602.jpg

RIMG5605.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

B110サニー 2ドアバン

RIMG5559.jpg

RIMG5558.jpg RIMG5549_20170620131547b5f.jpg

RIMG5550_20170620131549325.jpg RIMG5552_201706201315513f4.jpg

RIMG5557.jpg

おはようございます。

日本では、非常に珍しいB110サニー・2ドアバンが、ニュージーランドから届きました。

この車両は、画像を見たユーザー注文により、逆輸入しました。

程度が良いとは言えませんが、日本で探して見付かるグレードではないですからね。

ただ、意外とすんなりエンジンは始動して、調子も悪くはないです。

さすが、A型エンジンですね。

外装の色と、デロルトが付いている以外は、ほぼノーマルです。

まず、この傷んだまま、最低限の整備を行い、車検及び輸入新規登録だけ受けて欲しいとの作業依頼です。

一度、乗って少し楽しんでから、ゆっくりレストアをしたいそうです。


下の画像は、腐りの酷い所は、後日のレストア作業をやり易い様に最低限、修復します。

ただ、さすがに上下二分割になったボンネットは、サニトラ用と交換しました。

撮影をしましたので、これからブレーキ等の整備と輸入新規手続きを始めます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5551_20170620131550164.jpg RIMG5561.jpg

RIMG5568_20170620131616787.jpg RIMG5574_20170620131618284.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカHT レザートップ仕様セミレス(7)

RIMG5168_20170620074911a0d.jpg

RIMG5097.jpg RIMG5098_20170620074910c8b.jpg 

RIMG5035_2017062007490832a.jpg RIMG5034_2017062007490635e.jpg 

おはようございます。

ハコスカHT レザートップ仕様の作業も大詰めです。

エンジン搭載後、クーラーコンデンサーの加工を終え、3層ラジエターやシュラウドを組み付け。

クーラーコンプレッサーホースも組み付け完了。

エアークリーナーボックスを塗装し、組み忘れていた三角窓のウェザーを新品に交換。


下の画像は、O/Hに出していた、240SUキャブの組み付けからです。

キャブが組めたら早々に、エンジン始動確認。

ハイチューンでは無いので一発、始動。

左右バランスを合わせて微調整。

これで、作業的には、おおよそ終わりだったのですが、マフラー後端部分を出来れば、朝顔にして欲しいと追加注文。

朝顔タイプのパイプを取り寄せ、これから加工します。

試乗点検を済ませて、マフラーを加工する為リフトに載せました。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5402_20170620074950b23.jpg

RIMG5457_20170620074951642.jpg RIMG5563_201706200749536dc.jpg

RIMG5565.jpg RIMG5564_20170620074954508.jpg

RIMG5566.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ 4ドア 公認車検

RIMG5241.jpg

RIMG5493_2017061913252876c.jpg RIMG5466_2017061913250226b.jpg 

RIMG5468_20170619132503baf.jpg RIMG5470_201706191325042dc.jpg

おはようございます。

私共のブログには何度も登場している、ハコスカ4ドア 3.1Lエンジン搭載車です。

今回は、車検受けとエンジンの公認取得で入庫です。

まずは、オイルクーラーのホースを交換して欲しいと持ち込まれましたが、ネットで販売しているアールズタイプは、使い物になりませんでした。

ホースの内径とフィッティングの径が合っていないので、組んだ瞬間から漏り始めました。

安いのは駄目と言う訳ではなく、皆さんもネットで購入する時は良く吟味してから、買う様にしてくださいね。

そして、ミッションリアシールからオイル漏れがしていたので、私共に在庫で在ったクロスミッションに積み替えました。


下の画像は、L28公認(構造変更)の為に、ナンバーを切りたくないので滋賀陸運局まで車検受けに出張して来ました。

色々と準備はして行きましたが、音量規制で引っ掛かりました。

これは、ちょっとした手直しで問題なく通り、最後に重量計測や写真を撮り終了。

ホイールを戻して、作業完了です。

また近い内に紹介する機会も在ると思います。

RIMG5485.jpg RIMG5484.jpg

RIMG5486.jpg securedownload1.jpg

securedownload_20170619132529bd8.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ 1500 ワンオフマフラー製作

RIMG5499.jpg

RIMG5136.jpg RIMG5137_2017061714135787b.jpg

RIMG5363.jpg RIMG5451_20170617141400fe6.jpg

RIMG5465.jpg RIMG5483_20170617141417d4d.jpg

おはようございます。

ハコスカ・ショートのワンオフマフラー製作が出来上がりました。

出来るだけ、オリジナルに近い形状でとの作業依頼なので、小判型のサイレンサーからワンオフで製作しました。

オリジナルが、38パイなので排気量が少しアップした分、少し太い48パイで製作。

後は、曲げ材を駆使してオリジナルに近い形状に仕上げて行きます。


下の画像は、組み上がったワンオフマフラーです。

中間太鼓の位置から、ホーシングの逃げ、リアサイレンサーまで忠実に再現出来たと思います。

最後の画像は、SUツインキャブを取り付ける為に加工した、リンケージ類の再メッキが戻って来たので組み付けた所です。

本日中には、始動確認まで終わらせたいですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5494.jpg RIMG5495.jpg

RIMG5496.jpg RIMG5497.jpg

RIMG5498_20170617141438df4.jpg RIMG5509_2017061714144138a.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ホンダS800 レースカー製作(1)

RIMG5500_20170617082800232.jpg

RIMG1848_20170617082710028.jpg RIMG1849_20170617082712a75.jpg

RIMG4089.jpg RIMG4090_20170617082738d3d.jpg

RIMG5505_20170617082802de6.jpg RIMG2657.jpg 

おはようございます。

54Rを売りに出したり、お宝パーツを放出したりして、次のプロジェクトは何を製作するのかと良く聞かれますが、「ホンダS800です」と答えると「なぜ?」と聞き返されます。

S800に興味の在る方が少ないんでしょうね~(笑)

でも、実際に走らせて見るとノーマルでも高回転まで回り、排気量の割には良く走る非常に面白い車です。

出来れば、B110サニークーペと勝負できるレベルまでチューニングしたいと考えています。

また、S800レーシングだけでなく、エクセレント3台同時作業や来週アップ予定のS130製作等、仕事としてだけでなく、やらなければならないプロジェクトが山積みなのです。

詳細は順次アップして行きますが本日は、5年振りに更新する、ホンダS800です。

私共には、2台のS800が10年近く眠っています。

黄色い車両が、チェーン駆動で、白い車両はリジット(ホーシング)です。

これから、白いリジットS800をレーシングカーに仕上げます。

唐突に再開する訳は、期間が長いだけでなく他にも在りますが、それは、また別の機会に紹介します。

そして当然、この10年の間に、色々とパーツは集めて在ります。

まずは、FRPパーツ。

画像は、前後フェンダーとフロントカウルだけですが、ボンネットやトランク、バックパネル、ドアまで出来上がっています。

ルーフも黄色と同じRSCタイプが出来ていますが、場所を取るので引き取りに行っていません。

ホイールは、S800RSCレーシングの雰囲気を残して、トスコ(フラルコ)の7J/8J、前後のハブは、114.3/4穴に加工して使いますが、多少のオーバーフェンダー加工が必要ですね。


下の画像は、「5年前の記事」で分解した最終型シリンダーヘッドです。

ビックバルブを入れる為、シートリングを抜いて在りますが、インマニを分解する際、スタットボルトごと部分的に、もげました。

そこで、インマニ側ポート修正と同時に燃焼室を、アルゴン溶接で埋めます。

細かな説明は加工を始めてからにしますが、半球形燃焼室から、最後の画像の様な多球形燃焼室に加工する為です。

半年以上前からオーダーしていた、ワンオフで製作した、ピストン・コンロッドも近々届きます。

シリンダーヘッドは現在、修正面研磨に出していますが、また作業が進めばアップします。

RIMG3824_201706170827159bd.jpg

IMGP1759.jpg RIMG3826.jpg 

RIMG4735.jpg RIMG5352.jpg 

RIMG5359_20170617082759f17.jpg img_1.jpg

RIMG5357_20170617082757ae5.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

サニーエクセレント ワークス仕様(5)

RIMG5195.jpg

RIMG5113.jpg RIMG5115.jpg

RIMG5491_20170616171537efc.jpg RIMG5492_201706161715399b0.jpg

おはようございます。

サニーエクセレント・ワークス仕様は、エンブレム穴やナンバー台の穴埋めが終わり、塗装準備が整いました。

白いB110やTE27の次に塗装します。

少し気が早いですが、常進技研さんから、ドア・三角窓・クォーター・リアガラスのアクリルが届きました。

リアガラスの3次元アールは、いつ見ても見事です。


下の画像は、私共に3台もエクセレントが在るのに、4代目が入庫しました。

B110サニークーペより、遥かに残存数が少ない筈なのに、4台も集まるのは不思議な縁を感じます。

今回は、エンジンをストロークアップして、SUツインキャブに変更します。

来年は、全塗装をと考えているそうです。

また、作業を始めれば紹介します。

RIMG5410_201706161715129d5.jpg

RIMG5409_201706161715118d3.jpg RIMG5412_20170616171536fd8.jpg

RIMG5411_20170616171534aa3.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ケンメリGTR仕様 2台

RIMG4875.jpg

RIMG5236_2017061510362228d.jpg RIMG5148_2017061510360164f.jpg 

RIMG5165_20170615103602ecf.jpg RIMG4841_20170615103558eb3.jpg

RIMG5166_20170615103604acd.jpg

おはようございます。

塗装を外注に出していたケンメリGTR仕様が戻って来たので、製作中のGTR仕様が、2台になりました。

まずは、全塗装を終えた240K-GTR仕様です。

天井張り替えから戻って来たので、前後の白ガラスを入れました。

後は、エンジンルームを塗れば塗装作業は完了ですが、元の塗装状態が悪く何度もサフェーサーを塗っては研いでいます。

何とか、今週中には塗り上げ次の作業に入りたいと思います。


下の画像は、通常は私共で塗装するのですが、ショップ移転と塗装外注先業者からの作業依頼(Z31O/H・L20改製作)が重なり、逆に塗って貰う事にした、ケンメリGTR仕様です。

私共にブースが無い時代に外注した事も在るので、クォリティーの高さは間違いない所です。

当然ですが、文句の無い仕上がりです。

これから、補器類やエンジンの組み付けを私共で行います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5453_20170615103623169.jpg

RIMG5456_20170615103628fc2.jpg RIMG5455_20170615103626017.jpg 

RIMG5477_201706151036516ef.jpg RIMG5478.jpg

RIMG5454_20170615103625482.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ケンメリ 4ドア レストア (12)

RIMG5132_20170614153426cd1.jpg

RIMG5231.jpg RIMG5240_20170614153430da2.jpg

RIMG5242_201706141534318a7.jpg



おはようございます。

ケンメリ4ドアのL28公認車検受けが終わり、納車して来ました。

1年3ヶ月と少し時間は、掛かりましたが元の酷かった状態の事を考えればと納得して頂きました。

作業的には、最終点検及び、エアークリーナー等を組み付け車検を受けます。

ほぼ、そのまま通りました。


下の画像は、納車準備。

清掃したり、クーラーガスを入れたり、交換が必要なゴム類を入れ替え納車準備完了。

ボンネットモール等の欠品パーツは、後日ヤフオク等で購入し送ります。

ご近所さんなので、また紹介する機会も在ると思います。

RIMG5413_20170614153502c45.jpg

RIMG5414.jpg RIMG5394_20170614153501f05.jpg

RIMG5243_2017061415345945d.jpg RIMG5426_201706141535055c7.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

J36ジープ セミレス作業(5)

RIMG5125_201706140752369b2.jpg

RIMG5131_20170614075238470.jpg RIMG5344.jpg

おひょうございます。

J36ジープのレストア作業も大詰めです。

2色塗りの全塗装が終わり、ドア等を組み付け天井の張り替えに出しました。

これだけ、大きい面積だと非常に綺麗です。

それだけでも、ルーフと天井を張り替えた値打ちが在りますね。


下の画像は、内外装の仕上げです。

まず、内装の塗装前に、フロアーの補強を頼まれていたので、Lアングルをフロアー底面に溶接。

運転席、助手席とも補強をして、チッピング塗装を施します。

そして、フロアーの塗装後、断熱材を敷き詰めます。

合間に、ライトやテール等の補器類を組み付けていますが、もう一息で仕上がります。

次回は、完成画像をアップ出来ると思います。

RIMG5345.jpg RIMG5346.jpg

RIMG5347.jpg RIMG5350.jpg

RIMG5461_20170614075308587.jpg RIMG5399_201706140753064c4.jpg

RIMG5362_201706140753055c2.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

マスタング・ジープ・2002外車修理

RIMG4371_201706121855212aa.jpg

RIMG4370_20170612185519851.jpg RIMG4552.jpg

RIMG4372_201706121855224e2.jpg


RIMG5398_20170612185542f0a.jpg RIMG5407.jpg 

RIMG5408_2017061218554512b.jpg RIMG5397_20170612185541dd2.jpg

RIMG5396_20170612185525338.jpg

おはようございます。

ここ最近の輸入車スポット修理です。

常連さんのマスタングは、セルモーター不良でエンジンが掛からず引き取りに行きました。

USAから取り寄せたセルモーターに交換して修理完了。

次の、AMCジープは、ステアリングギアボックスからのオイル漏れ修理です。

清掃後、点検するとギアボックスではなく、パワステパイプからのオイル滲みと分かりました。

一度分解して、液体ガスケットを、しっかり塗って作業終了。

本日、プラグが届けば交換して、納車予定です。


下の画像は、腰上の色剥げを塗装したら、腰下の傷が気になると持ち込まれたBMW2002です。

非常に綺麗に見えますが、確かに腰下は傷が多いですね。

腰上の塗装は、私共ではないですが、他修理のついでにと持ち込まれました。

この車両は、希少なボッシュ・メカニカルポンプが付いた2002Tii。

これだけ調子の良い車両も珍しいです。

しかし、カムカバーの上に載っているインマニ(サージタンク)の見栄えが悪いので、4連スロットルに変更して欲しいとの作業依頼です。

私共では珍しい作業依頼ですが、カッコ良く仕上げたいと思っています。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5429_20170612185605338.jpg

RIMG5428_20170612185604a46.jpg RIMG5423.jpg

RIMG5421.jpg


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

プリンスS54R 販売準備(2)

RIMG5447.jpg

RIMG5147.jpg RIMG5146.jpg 

RIMG5152.jpg RIMG5158_20170612073500466.jpg

RIMG5174_20170612073501670.jpg RIMG5175.jpg

RIMG5183_20170612073521133.jpg RIMG5191_20170612073522d25.jpg

RIMG5194_201706120735245f5.jpg RIMG5203_201706120735253e4.jpg

おはようございます。

54Rの販売準備が、ほとんど整いました。

現在までに、数人の問い合わせが在りましたが進展していませんので価格を公開する事にしました。

私共の希望価格は、1000万円ですが多少の交渉はお受けします。

手間を考えて頂ければ、お買い得だと思います。


作業的には、新品クランクに交換する為、メタルを入れた状態のコンロッドの内径を計測。

ブロックも同じ様に計測。

シリンダーゲージは、マイクロメーターに何度も当てながら、ゼロ確認をして計測します。

今回は、前回手に入らなかった、STDサイズの25/1000クリアランスの広いメタルをクランク側に使っているので、前回より抵抗が少ないです。

低抵抗で、耐久性も増したと思います。

メタル合わせが終われば、シリンダーブロックに、クランクを組み付け、ピストンを挿入します。

そして、シリンダーヘッドを載せ、バルブタイミング計測。

ちなみに、ヘッドガスケットも1.2㎜から1.5㎜に変更して、圧縮比を12.6:1から12.2:1と僅かに下げて在ります。

ピストンとバルブが近過ぎたのと、パワー的には十分過ぎるので、耐久性を上げる為のデチューンです。

最後に、フロントカバーやカムカバーを組み付け、コンプリートの完成です。


下の画像は、エンジン搭載している所からです。

クランクプーリーは、ROSSからATIに変更。

国内で、ROSSを取り扱うメーカーが無くなったのと、クーラー用の3段プーリーを付けたかったからです。

ATIなら補修部品を扱う業者も多数在りますからね。

クランクプーリーは、エンジン台の上で、30㎏超えのトルクで締め付ける事は不可能なので、エンジン搭載後に組み付けます。

そして、71C5速クロスミッション、マフラー等の組み付けが終わり、始動確認まで完了。

本日、ボンネットを組み付け試乗点検を行えば作業終了です。

沢山の問い合わせ、お待ちしています。

RIMG5204_20170612073558bf1.jpg

RIMG5288_20170612073600a76.jpg RIMG5405.jpg

RIMG5404_20170612073601cbf.jpg RIMG5442_201706120736046d2.jpg

RIMG5449.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

CR750 レース用パーツ一式販売

RIMG2268_201706101319008dc.jpg

IMGP0970_2017061013183760c.jpg IMGP0971_20170610131838b67.jpg 

IMGP1550_201706101323330ff.jpg IMGP2089_2017061013233563d.jpg 

IMGP2099_201706101323364d4.jpg IMGP1555_20170610131840ff3.jpg

10_20170610131834e7a.jpg 11_201706101318367bc.jpg

RIMG2247_20170610131859371.jpg RIMG2369_20170610131902d23.jpg

おはようございます。

余り楽しみにしていてくれた方も少ないかも知れませんが、CR750製作を断念します。

イギリスから仕入れたCR750レプリカを販売し、新たに製作するつもりで、パーツを集めていましたが、熱が冷めて来たのと次のプロジェクトに資金を投入したいとの考えから集めたパーツを全て販売したいと思います。

昨日のブログで紹介した様に既に、「ヤフオク」には出品していますが、出来れば、プロジェクトを引き継いで頂ける一人の方に購入して頂ければと思っています。

エンジンは、ガンコートを施したクランクケース。

JE製70㎜ピストンはボーリング済み、ヘッドは修正やビックバルブの摺り合わせまで終わっています。

290度ハイカム、強化スプリング、NOVA製クロスミッションまで揃っています。

ボディーパーツは、メーター周りから、ステップもCR750レプリカで集めました。

メガホンマフラーやタンクキャップも含まれます。


下の画像は、最近イギリスからボラーニのフロント2.5インチ リア3インチのH型アルミリムを仕入れました。

旋盤加工したフロントハブと、リアドラムは塗装し、新品のスポークで組み直してあります。

タイヤもTT900新品です。

日本国内で、ここまで揃えるのは不可能に近いと思います。

どなたか、引き継いで頂ければ在り難いですね。

画像には無い、パーツも全て一緒に販売します。

興味の在る方は、問い合わせて下さい。

RIMG3047_201706101319034a4.jpg RIMG3051.jpg

RIMG3057_2017061013192704a.jpg RIMG3061_201706101319306c7.jpg

RIMG3062_20170610131932197.jpg RIMG5300_2017061013195970a.jpg

RIMG5302_20170610132001e58.jpg RIMG5303_20170610132002676.jpg

RIMG5312.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

倉庫整理、ガレージセール

RIMG2687.jpg

RIMG2685.jpg RIMG2686.jpg

RIMG5244_20170609110001ac1.jpg RIMG5278_20170609110020691.jpg

RIMG5383.jpg RIMG5283.jpg

RIMG5278_20170609110020691.jpg

おはようございます。

毎年、何度か行う倉庫整理のガレージセールです。

今回は、少し多いですが、いつか使うだろうと置いていても切りがないので、在庫整理と委託販売を、40品弱ヤフオクに出品しました。

興味の在る方は、「ヤフオク」をクリックしてください。

まず、最初の画像は、ソレックス50が、3セットとOER50が1セット在りましたが、ソレックス50は2セットO/H後販売済みになりました。

残り、ソレックス50とOER50が残ったので、ヤフオクに出品しました。

ウォーターブラストを施し再メッキをしているので見違えるほど綺麗になっています。


下の画像は、現在出品中の物の一部紹介です。

ツインプラグ3TGAssyや、RB30そして54Rから抜いた90㎜ストロークのクランクシャフト。

バイクパーツは、オーナーが熱が冷めたらしく、CR750製作用に集めていたパーツを一式販売する事になりました。

かなり、お宝パーツが出ていると思います。

興味の在る方は、ぜひ覗いて下さい。

ヤフオク」クリックするとページに飛べます。

spark0742-img600x450-1496732310z1roym20204.jpg

spark0742-img600x450-1496884119bpj3at9596.jpg spark0742-img600x450-1496884526yisum117024.jpg

spark0742-img600x450-14969712811jl5k44786.jpg spark0742-img600x450-1496971442ydrrjc5539.jpg

spark0742-img600x450-1496972668fhcgc614561.jpg spark0742-img600x450-1496817594oniywy27927.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

B110サニークーペ セミレス(2)

RIMG5197_201706070909344eb.jpg

RIMG5150.jpg RIMG5171_20170607090830729.jpg

RIMG5161_201706070908289d6.jpg RIMG5190_20170607090929bc2.jpg

RIMG5187_20170607090831fc3.jpg

おはようございます。

B110サニークーペ のセミレス作業は、切り継ぎ作業が完了。

作業的には、左リアフェンダーの刈り上げ戻し仮止めから、ステップの腐り部分を切り取り切り継ぎ溶接。

リアフェンダー後ろ部分にも少し腐りが在ったので、切り継ぎ。

これで、左リアフェンダーの刈り上げ戻し作業は完了です。


下の画像は、右リアフェンダーです。

同じ様に、エクセレントから切り取ったリアフェンダーを切り継ぎ。

そして、小さな穴も切り継ぎで蓋をします。

これで、右側のリアフェンダー作業も完了です。

これから、通常の板金塗装へと入れますので、また作業が進めばアップします。

RIMG5188_20170607090833a81.jpg RIMG5192_20170607090931531.jpg

RIMG5193_20170607090932c45.jpg RIMG5273.jpg

RIMG5286.jpg


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ケンメリHT エンジン修理(1)

RIMG4396_2017060708284130f.jpg

RIMG4388_20170607082840e2a.jpg RIMG4400_2017060708284390b.jpg

RIMG4401_20170607082845223.jpg RIMG4403_201706070828463ad.jpg

RIMG4404_20170607082857b1a.jpg

おはようございます。

少し前からケンメリHTのエンジン修理を預かっていました。

エンジンは私共で組んだ物では在りませんが、車検や小整備を請けた事が在りました。

その時にもエンジン音が少し高いとは説明しましたが、このケンメリを購入した時から搭載されていて詳細が分からないとの事でした。

問題なく走れていれば、中々、O/Hのタイミングを掴むのは難しいですよね。

ただ、今回のブローの原因は、経年劣化と言うよりキャブからの異物混入と言う感じです。

燃焼室もダメージが大きいので、修復します。


下の画像は、アルゴン溶接で埋めた燃焼室です。

1箇所だけ埋める事も可能でしたが、3Lから3.1Lにアップグレードするので、6気筒共埋め最少面研磨。

これから、ハート形に成形します。

クランクは、カメアリのハイスペック。

ピストンもカメアリ鍛造89.5㎜でボーリングから戻って来ました。

また、加工や組み付けを始めれば紹介します。

RIMG5270_20170607082900eb5.jpg

RIMG5142.jpg RIMG5272_201706070829035bf.jpg

RIMG5271.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ホンダN360 整備及び車検受け

RIMG5056_20170606142625e7c.jpg

RIMG5232_20170606142642083.jpg RIMG5238_20170606142647a68.jpg

RIMG5106_201706061426317e5.jpg RIMG5237.jpg

おはようございます。

以前、少整備を行った、ホンダN360通称N2の車検受けが入庫しました。

前後ブレーキの整備点検を行う、ついでに食み出たフロントホイールは、ノーマルに交換。

ノーマルは、ヤフオクで簡単に見付かりました。

同じく、テールレンズもヤフオクで購入。

旧車のパーツがワンクリックで手に入る、便利な世の中になりました。


下の画像は、壊れたクーラーを撤去して欲しいと依頼され、ついでにベルト類を交換。

車検用に、H4ライトに交換して車検を通しました。

車検が残っていたので、陸自まで自走で行きましたが、エンジンの調子も良く、楽しい車ですね。

これだけ、調子が良ければ当分、戻って来ないと思いますが、また機会が在れば紹介します。

RIMG5088_20170606142626d8b.jpg RIMG5095.jpg

RIMG5094_201706061426286bd.jpg RIMG5233.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510・2ドアセダン BRE仕様製作(7)

RIMG3072.jpg

RIMG4992.jpg RIMG4306.jpg

RIMG4993_201706031246455f8.jpg RIMG4956_20170603124642029.jpg

おはようございます。

510・2ドアセダン BRE仕様の輸入新規手続きの準備が整いました。

これから、ミラー取り付け等の少整備と書類製作に掛かります。

まず、117クーペの7連メーターを取り付けたまでは良かったのですが、117用のSメーターケーブルが欠品だったのは予想外。

私共に在る車両の物で、合わせて見た所、なんとTE27用が、ピッタリ。

これで、メーターも全て作動確認が出来ました。

リクライニングシートやエンジンルームのエアークリーナー等も準備完了。


下の画像は、工場内の僅かな距離ですが初めて試運転しました。

少し動かす内に、フロントの車高が落ち着き、後ろに比べて低くなりました。

そこで、フロントのスプリングを入れ替え、前後の車高バランスを合わせました。

もう少し、手直しは執拗ですが、おおよそ最終形です。

中々、レーシーで、いい感じです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4954_20170603124631bb7.jpg RIMG4951_2017060312462999b.jpg

RIMG4955.jpg RIMG5178.jpg

RIMG5181.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

S130Z 2JZターボエンジン搭載(4)

RIMG5046_20170603110837da6.jpg

RIMG5039_20170603110834405.jpg RIMG5044_2017060311083681b.jpg

RIMG5055_2017060311083883b.jpg RIMG5073_20170603110840b0a.jpg

RIMG5077_201706031108529e8.jpg

おはようございます。

S130Z 2JZターボエンジン搭載作業は、タービン及びエキマニの仮止め寸法出しが終わり、触媒を製作します。

これで、排気系の寸法出しは完了したので、エキマニにウエストゲートを取り付けます。

左右で、歪な形になりましたが、狭いエンジンルームで取り付けるには、これが精一杯です。


下の画像は、一体式インマニとサージタンクの製作。

サージタンクは一体式に造り直す為、パイプ穴を開け直したプレートをレーザーカットで製作。

プレート部分をカットし、パイプとインマニ、サージタンクを合体。

歪まない様に専用の冶具に固定して溶接します。

最後に、エキマニ及び一体式サージタンクをエンジンに仮止めして、干渉等の確認をします。

これから、インタークーラーの配管やエンジンハーネスの製作に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5076.jpg

RIMG5079_201706031108548de.jpg RIMG5091_2017060311085510c.jpg 

RIMG5093.jpg RIMG5109.jpg 

RIMG5100_20170603110921f98.jpg RIMG5103.jpg

RIMG5102_201706031109237de.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

プリンスS54R 販売準備(1)

RIMG5047_20170601193119491.jpg

86_20170601193030e9d.jpg RIMG4885_20170601193032316.jpg

RIMG4887_20170601193033e29.jpg RIMG4921_20170601193057d31.jpg

RIMG4891.jpg RIMG4892_20170601193036ddb.jpg

RIMG4923.jpg

おはようございます。

54Rは、サーキット走行での不具合を修正して試乗をしましたが、ほぼ完成の域に達したと思います。

これから、引き続きサーキット走行やドラックレースへの参加も視野に入れていましたが、北海道のドラックレースがサーキットの都合で中止になった事や、レースに出なくとも性能的に十分堪能したので、54Rを販売する事にしました。

この54Rには、オーナーが居ますが私と同じで製作する工程が好きで、走るのは二の次です。

相談の結果、54Rを販売して次のプロジェクトに費用を回そうと言う事に決まりました。

1~2週の間にブログからの問い合わせが無ければ、最終的にヤフオクで販売します。

仕様的には、ホリンジャーは唸り音が煩いのとスピードメーターが動かないので、ミッションのみ71C5速クロスに戻しますが、その他はブログで紹介して来た状態での販売です。

付属品としては、プリンスオリジナルのO/H済みヒーターユニットと車検用のワタナベ15インチが付属します。

オプションとして、ヒーターやクーラーの組み付けも可能です。

興味の在る方は、問い合わせ下さい。


さて、手直し後の試乗中に、ほんの僅かですがエンジン内部から少し異音を感じました。

シャーシダイナモで9500回転回したり、サーキット走行での負荷が影響している可能性も在り、販売に当たり、エンジンを降ろして、分解点検する事にしました。

降ろしたRB33は、早々に分解。

シリンダーヘッド周りは、カムの状態やタペットクリアランスも含め全く問題なし。

バルブスプリングの設定も合っていたと考えます。

次に、ピストン及びクランクを抜きましたが、メタルの当たりが親子共に、きついです。

クランクの曲がり確認やジャーナルの点検を行いましたが、修正が必要です。

ピストンは6個共に、バルブとのクリアランスが少なく、干渉はしていませんが、ピストンにバルブの形が残るほど近いですね。

これは、それだけチューニング設計が正確だった証拠で、逆に言えば、これ以上のチューニングは出来ないとも言えます。

洗浄しても見事に形が残っています。

メタル傷みやピストンのバルブ形もシャーシダイナモで、9500回転回した為の痕跡です。

リミットを9000回転に留めれば問題無いですね。


下の画像は、燃焼室を洗浄しました。

軽くパーツクリーナーで拭くだけで、製作当時に戻ります。

ピストンの当たりも慣らしを、きちんと行ったので、非常に良い状態です。

コンロッドは内径確認も行いましたが、異常無し。

点火に使用している、RB26用ECUも点火タイミング等の確認をしておきます。

最後は、メタルとクランクは新品に交換します。

メタルは、前回手に入らなかった、STDサイズで25/1000広い物も用意しました。

クランクは、ブレインクロアーRB30用90㎜ストロークの新品です。

既に、メタルクリアランスを合わせ、組み付けを始めています。

詳細は、来週に紹介しますが、これまで以上に壊れ難いエンジンに仕上がると思います。

世界に1台しかない、プリンス54・2ドアセダンの380ps、フル公認車両への問い合わせをお待ちします。

RIMG4917.jpg

RIMG4925_20170601193100b42.jpg RIMG5126_20170601193121dab.jpg 

RIMG5005.jpg RIMG5127_20170601193122828.jpg

RIMG5129_20170601193124cbc.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

B110サニークーペ セミレス(2)

RIMG5063_20170602192059fed.jpg

RIMG5064.jpg RIMG5065.jpg

RIMG5162_201706030743213a4.jpg RIMG5159.jpg

おはようございます。

1年ほど前から、レストア途中で放置になっていた、B110サニークーペが販売済みになりました。

メニューとしては、エンジンオーバーホールとフェンダーを外したノーマルスタイルです。

当初は、現状のまま少しの手直しで、車検だけ受けてくれれば良いと言われましたが、置き場から持ち帰ると思った以上に傷んでいます。

そこで、全バラはしませんが前後ガラスウェザーを交換し、エンジンルームを含む全塗装をする事にしました。


下の画像は、フロントフェンダーの交換からです。

オリジナルは、フェンダーカットして在る上、程度も良くないのでリプロ品の新品に交換。

分解時にネジが折れるので、フロントパネルも含めて一度仮組します。

フロントガラスは交換が必要ですので、ついでに前後ガラスも外して塗装します。

最後は、リアフェンダーの刈り上げ戻し作業です。

先日、サニーエクセレントから切り取ったホイールアーチを、この110サニーに移植します。

溶接部分を磨き取り、エクセレントのフェンダーを被せて溶接。

これで、ノーマルスタイルに戻ります。

これから、反対側のフェンダーと錆の多い部分の補修に入りますが、また作業が進めばアップします。

RIMG5153_20170602192124f62.jpg

RIMG5138_201706021921039d6.jpg RIMG5157_20170602192134d7b.jpg

RIMG5144.jpg RIMG5145_2017060219211953f.jpg

RIMG5149_20170602192121224.jpg RIMG5151_201706021921226cf.jpg

RIMG5155.jpg 

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

J36ジープ セミレス作業(4)

RIMG4847.jpg

RIMG4873.jpg RIMG5042_20170531141758164.jpg

おはようございます。

ルーフ交換と言う大掛かりな板金作業を行った、J36ジープの作業も大詰めです。

まずは、全ての切り継ぎ板金を終え、パテを打ちます。

パテ研ぎが終われば、塗装の下地場へ移動。


下の画像は、ドア等のパネル類の白から塗り始めます。

ボンネットのみ、エンジに塗ります。

そして、ルーフを白に塗り終えれば、一度ドアパネルを車体に戻します。

色分けは、ボンネットを基準にし、ドアで段差が付かない様に一度組み付けて、マスキングテープを貼ります。

マスキングが出来れば、再度ドアパネルを外して、エンジン色を塗ります。

最後に、ボディーにエンジ色を塗れば塗装作業は終了です。

これから、天井の張り替えに出し、戻れば、またパネル類の組み付けが待っています。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4922_2017053114175746e.jpg RIMG5048.jpg

RIMG5051_20170531141818f57.jpg RIMG5105_20170531141819a15.jpg

RIMG5107_20170531141821324.jpg RIMG5108_2017053114182283d.jpg

RIMG5116.jpg RIMG5119.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

L20エンジンO/H、L20改製作

RIMG5052_2017053020050287c.jpg

RIMG5053_201705302005032cd.jpg RIMG5087.jpg

RIMG5054_201705302005054df.jpg RIMG5092_20170530200508cb9.jpg

RIMG5104_20170530200526a34.jpg RIMG5110.jpg

おはようございます。

L20エンジン持ち込みによる、L20のO/HとL20改製作作業です。

まず、O/HのみのL20は、各パーツの摩耗具合からすると走行距離が少ない様で、非常に程度が良い状態でした。

腰下は、ピストンリングとメタルを新品に交換しただけで、カムチェーンの伸びも、ほとんど在りませんでした。

シリンダーヘッドは、最小面研磨とバルブ研磨、摺り合わせを行い、ブロックに装着。

バルタイは一応計測しましたが、カムチェーンが伸びていないので、スタンダードの1番で合わせました。

最後に、フロントカバーを組み付け、この状態で納品します。


下の画像は、L20改。

カムカバーは、黒の縮み塗装。

面研磨済み、シリンダーヘッドは、バルブ摺り合わせを行い完成。

ピストンは、USAから取り寄せたL24STDをL28クランクと合わせて使います。

ブロックにヘッドを搭載して、74度カムを入れます。

バルブタイミングは、IN104・EX108度。

少し、ハイパワーでとの注文ですので、面研磨量を増やして、メタルガスケットで組んで在ります。

このエンジンもL20ベース持ち込みで、この状態で納品しました。

最近は、3L製作より、L20改の注文が多いですね。

それなりに走るのと、5ナンバーのままで乗れるので人気が高いんでしょうね。

エンジン組み付け部署は少し混んでいるので時間を頂きますが、ベースエンジン持ち込みで、O/Hから、L20改製作までお請けします。

ピストンやL28クランクの在庫は、もう少し在りますので何時でも問い合わせて下さい。

RIMG4101.jpg RIMG4166_201705302004400a5.jpg

RIMG4527_20170530200442a4d.jpg RIMG4517_20170530200441386.jpg

RIMG4528_201705302004441e7.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (8)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE27レビン トレノ カスタム.. (42)
TE25カローラ カスタム....... (16)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (38)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (12)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (32)
PB110サニー エクセレント.... (15)
B110サニー セミレス作業..... (13)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (32)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (32)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
S130Z 2JZターボエンジン... (9)
S130Z 後期仕様 製作....... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (34)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (39)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (12)
スカイライン・ジャパン作業.... (11)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (31)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (28)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (8)
ハコスカ関連 2017スポット... (44)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (28)
C130 ローレル セミレス....... (14)
ブルーバード510セダン・バン. (35)
ブルーバード510・2ドア/左... (39)
ブルーバード510・2ドア/右... (17)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (16)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (39)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (22)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (7)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (48)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (19)
2017 国産旧車・スポット修理 (23)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (17)
各種エンジン スワップ作業.... (16)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (23)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (21)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (4)
ホンダCB750/CB72 カスタム (15)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (91)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK
認証番号 近運整認1611号

630-8451奈良市北之庄町718-3
TEL/FAX 0742-62-7787
AM10:00~PM8:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策