ケンメリ 4ドア レストア (11)

RIMG4299.jpg

RIMG4277_2017052908355233f.jpg RIMG4291.jpg

RIMG4554.jpg RIMG4564.jpg 

RIMG4593_20170529083608a8c.jpg

おはようございます。

ほぼ、1年を費やしたケンメリ4ドアのレストア作業も大詰めになりました。

エンジンを搭載後、車検受け用にブレーキシューやブレーキホース類を交換。

次に、追加で持ち込まれた、クーラーパーツを組んで行きます。

グリルを仮止めして電動ファンとのクリアランスを確認。

ハコスカよりはスペースが在るので、ダブルファンでも入れる事が出来ました。

これなら水温も含め十分冷却すると思います。


下の画像は、ウェーバーキャブの組み付け。

同時進行で、前後バンパーやテール、電気周りの確認も進めます。

全体像を見るとフロントの車高が低いので、車高調を組み付けます。

最後は、キャブ周りの仕上げと同時に、クーラーコンプレッサーも組み付け始動確認。

調子も良く問題は無さそうです。

これから、最終整備点検を行い今週中にナンバー取得を目指します。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5001_20170529083609248.jpg

RIMG5031_20170529083612654.jpg RIMG5030_20170529083611ece.jpg

RIMG5089.jpg RIMG5090_20170529083623c78.jpg

RIMG5096_20170529083624ed7.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

スポンサーサイト

三菱ギャランとTA22セリカ作業

RIMG5060.jpg

RIMG5059.jpg RIMG5061_20170526095719971.jpg

RIMG5023_20170526095704fe1.jpg RIMG5025_20170526095707234.jpg

RIMG4512_20170526095644bb5.jpg RIMG3248_201704111101318c8.jpg

RIMG5024_20170526095705b0d.jpg

おはようございます。

ギャランとセリカの作業が完了し、2台共に納車完了です。

まずは、ギャランですが、元がキャブターボ仕様でヘッドガスケットが抜けてブロー。

エンジンをO/Hして、オリジナルのキャブ仕様に戻しました。

エンジン搭載後、ターボ用マフラーから普通のタイプのマフラーを製作して装着。

エアクリーナーボックスを塗装して組み付け作業完了。

これで、雰囲気も調子も良くなりました。

旧車ライフを楽しんで頂ければと思います。


下の画像は、前回デフを交換して音鳴りがなくなり非常に喜んでおられたセリカです。

今度は、後ろ周りの音が消えたらストラット付近の音が気になりだしたと車高調を持ち込まれました。

元々、AE86用の車高調が付いていたそうですが、ダンパーが抜け「コトコト」音が気になるとの事。

そして、持ち込まれたのがAE86用ですが、セリカとはピロアッパープレートの取り付けピッチが違います。

一箇所、長穴に加工して組み付けしました。

少し、試乗しましたが何処からも異音はせず、気持ち良く乗って頂けると思います。

ご近所さんなので、また紹介する機会も在ると思います。

RIMG4947_20170526095701a26.jpg

RIMG4934.jpg RIMG4939_20170526095647361.jpg

RIMG4941.jpg RIMG4948_201705260957028ff.jpg

RIMG4942_20170526095650e98.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

サニーエクセレント ワークス仕様(4)

RIMG4850_20170526104632984.jpg

RIMG4963_201705261046356a5.jpg RIMG4962_201705261046331c6.jpg

RIMG4965_201705261046389c2.jpg RIMG4987_20170526104649c99.jpg

RIMG4964_20170526104637268.jpg RIMG4978_2017052610464745f.jpg

RIMG4998_20170526104650f88.jpg RIMG4999_20170526104652af0.jpg

RIMG5004_201705261046535a5.jpg RIMG5006.jpg

おはようございます。

ボディー補強が完了した、サニーエクセレント・ワークス仕様は、足回りを形にします。

まず、リアのリーフはフラット加工を施し車高を下げます。

フロントストラットは、スプリング皿をカット。

ダンパーはカヤバが入ればと思いましたが全長が長いので、カメアリ製のショートダンパーを使います。

そして、車高位置が決まれば、調整ネジを溶接。

塗装をして、車体に組み付けました。


下の画像は、取り敢えずの雰囲気を見る為、撮影。

もう少し車高が低い方がいいですが、フロントは問題なく下げられます。

ただ、リアを下げるには、フレームのホーシング逃げ加工が必要です。

これから、全塗装に入りますが、塗装後に車高の見直しをします。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5027.jpg

RIMG5028_2017052610470476f.jpg RIMG5029_2017052610470676d.jpg


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

CB750F3 カスタム(3)

RIMG4742_20170526103436f49.jpg

RIMG4746_20170526103437170.jpg RIMG4747.jpg

おはようございます。

CB750F3のカスタム作業です。

まずは、半艶の黒で再塗装した、836ccエンジンをフレームに搭載します。

後から、ステップ類を製作する為、固定ボルトは全て仮に刺しておくだけです。


下の画像は、エンジン搭載後、リアホイールのセンター出しを行い、カラーを製作します。

次に、集合マフラーの前部分を組み付け、サイレンサー部分を仮止め。

位置が決まればマフラーパイプは溶接。

サイレンサーは、スプリングフックで固定します。

ステップは、ノーマルより、5㎝ほどのバックステップになる様、プレートを製作してエンジン固定ボルトと共締め。

これで、エンジンを含めた駆動系の加工作業は完了です。

次の工程として外装に取り掛かりますが合間に、ガソリンタンクのサフェーサーを塗っておきます。

最後は、ライトステーを造り直して、少し車体側に寄せました。

バランス的には良くなったと思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4835_20170526103452e0c.jpg RIMG4787.jpg 

RIMG4902_201705261034539f6.jpg RIMG5012.jpg

RIMG5008.jpg RIMG5066.jpg

RIMG5007_20170526103455826.jpg RIMG5070_20170526104428d3a.jpg

RIMG5072_20170526104429df1.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ 1500 ストロークアップ(3)

RIMG4760_20170526085245009.jpg

RIMG4761_20170526085246f34.jpg RIMG4958_201705260852483f5.jpg

RIMG4960_20170526085249940.jpg RIMG4976_20170526085308f3b.jpg

RIMG4961_201705260852513c7.jpg RIMG4984_201705260853102fa.jpg

おはようございます。

ショートボディのハコスカは、ストロークアップしたエンジンの搭載まで完了。

これから、補器類の加工及び製作、組み付けに掛かります。

まずは、SUツインキャブを組みますが、G型用の小さなSUでは容量不足なので、L型用を使います。

ただ、ボルトオンで組める訳ではなく、リンケージ類の加工が必要です。

センターシャフトの加工を行い作動に問題さそうなので、エアークリーナーボックスの加工をします。

クラッチマスターに干渉する部分は、カット。

蓋を製作して溶接。

次に、キャブに干渉するサーモケースは、少し角度を変え溶接。

出来るだけ、加工が目立たない様に仕上げて作業完了。


下の画像は、マフラー製作の為リフトに上げます。

ノーマルマフラーは、38パイのシングルですが、排気量が少し増えたので、48パイのシングルマフラーをワンオフで製作します。

出来るだけ、オリジナルの雰囲気を残して欲しいとの作業依頼なので、サイレンサーもワンオフで注文しました。

最後は、エアークリーナーボックスを純正色に塗装し、SUキャブに仮止め。

もう一手間必要ですが、これで形にはなりました。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4996_201705260853132b1.jpg

RIMG4995_20170526085311bea.jpg RIMG4997_20170526085314db4.jpg

RIMG5036_201705260853261be.jpg RIMG5050.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

TE27 レビン セミレス(2)

RIMG4610.jpg

RIMG4846.jpg RIMG4851.jpg

RIMG4856_20170525085912108.jpg RIMG4853.jpg

RIMG4857_20170525085925818.jpg RIMG4858.jpg

おはようございます。

TE27レビンのセミレス作業です。

オーバーフェンダー等の位置決めが終わりましたが、塗装やエンジンO/Hの前に最小限のフレーム補強をします。

まずは、前後ガラスを抜きます。

そして、ドアやクォーターガラス等の開口部のスポット増しから始めます。

作業的には、天井やピラー等の内張りを部分的に捲り、スポット増しを行います。

リアガラス、左右のクォーターの純正スポット溶接の間に打ち、リア周りは終了。


下の画像は、左右ドア内、そしてフロントガラスでスポット増し作業は完了。

レーシングカーのサニー・エクセレントほどの数は打ちませんが、純正スポットの倍以上は打ちました。

これでも十分ボディー補強を体感出来ると思います。

これから、エンジンルームや足回りの補強を行います。

また作業が進めばアップします。

RIMG4859.jpg

RIMG4864.jpg RIMG4860.jpg

RIMG4865_20170525085941944.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカHT レザートップ仕様セミレス(6)

RIMG4706.jpg

RIMG4705_20170524192209923.jpg RIMG4707_20170524192211583.jpg

RIMG5003_2017052419223938a.jpg RIMG5033_20170524192245bc1.jpg 

RIMG4368.jpg RIMG4931_20170524192213dd4.jpg 

おはようございます。

レザートップ・ハコスカHTの作業です。

全塗装後、塗り漏らし等の手直しを行い、外装パーツの組み付けをします。

そして、ユーザー持ち込みのリモコンロックを取り付けます。

旧車はドア内も十分なスペースが在り、問題なく取り付け出来ました。

次に、エンジン搭載作業ですが、ラジエターやシュラウド、エンジンガードを黒く塗り、軽量フライホイールと新品クラッチを準備しておきます。


下の画像は、エンジン搭載している所からです。

搭載後、タコ足・クーラーコンプレッサーを組んで行きます。

マフラーは、敢えて42.7パイのデュアルマフラーを選択。

一度ボディーに合わせましたが、社外品だけに取り付けステーの位置を変更しないと綺麗に付かないので加工後、再度組み直します。

最後は、ハコスカで何時も苦労する電動ファンの取り付け作業です。

ラジエターとグリルとの間に電動ファンが入るスペースが無いのが難点です。

そこで、コンデンサー取り付け位置を出来る限り、ラジエター側に寄せる事により、スペースを造ります。

取り付けステーを造り直し、無事大型の電動ファンが付きました。

これだけ大きい電動ファンを付けたらクーラーも十分冷えると思います。

これから、補器類の組み付を行いますが、また作業が進めばアップします。

RIMG4932.jpg

RIMG4943_20170524192224e6b.jpg RIMG5010_2017052419224292a.jpg

RIMG4945.jpg RIMG5021_201705241922437b4.jpg

RIMG4981_20170524192227dd0.jpg RIMG4982_20170524192229e7c.jpg 

RIMG5009.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

S130Z 2JZターボエンジン搭載(3)

RIMG4937_20170523084658f97.jpg

RIMG4767_2017052308462186a.jpg RIMG4826_201705230846252c2.jpg

RIMG4827_20170523084656ec4.jpg RIMG4938_20170523084659a19.jpg

RIMG4980_20170523084702f4d.jpg

おはようございます。

S130Z 2JZターボエンジン搭載作業は、タービンの仮止めが終わったので、エキマニを造ります。

エンジンルームが狭く、市販の曲げ材ではアールが足りないので、輪切り溶接します。

溶接が終わったエキマニを固定しましたが、これでもクラッチマスターギリギリです。

最終的には、断熱材を巻いて熱対策が必要です。


下の画像は、タービンと同時にウエストゲートも取り寄せました。

圧力が逃げ易い様に、2基取り付けます。

そして、燃料ホースやラジエターホースも揃ったので、インマニの製作に入ります。

持ち込まれたサージタンクをノーマルのインマニをカットしたフランジと繋ぎます。

間のパイプはエンジン側を小判型に曲げて形を整えます。

そして、サージタンクには市販の大容量スロットルを合わせます。

おおよその寸法取りまで完了したので、ボディーの中に納まる様に考えながら溶接作業に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4979_201705230847016c4.jpg RIMG4988_20170523084711d98.jpg

RIMG4768_201705230846230ec.jpg RIMG4773_20170523084624dd3.jpg

RIMG4659_20170523084620e04.jpg RIMG4990.jpg

RIMG4991.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ セダンL20改製作(1)

RIMG4792.jpg

RIMG3620.jpg RIMG3622_20170522085010311.jpg

RIMG4689.jpg RIMG4715.jpg

おはようございます。

ハコスカセダンにL20改エンジン製作作業の車両が入庫しました。

L20改製作と車検準備までの作業依頼です。

まずは持ち込まれた、L20エンジンを分解。

ブロックはボーリング、シリンダーヘッドは面研磨を済ませて内燃機屋から戻って来ました。

洗浄する前に、ブロックはタップ通しをして洗浄、塗装と進めます。


下の画像は、リング合わせを行い、ピストンをブロックに挿入。

シリンダーヘッドには、強化スプリングを入れ、74度カムの回り点検を行います。

次に、ヘッドを載せ、バルブタイミング測定。

最後は、持ち込まれた腐食だらけのソレックスを洗浄してインマニに仮組みしたところ。

ジェット類を、おおよそ合わせて組み付け準備完了です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4833_2017052208502777b.jpg RIMG4855_20170522085037bc6.jpg

RIMG4854_20170522085028098.jpg RIMG4900_20170522085039a6d.jpg

RIMG4379.jpg RIMG4407_201705220850139a7.jpg

RIMG4529_20170522085014f6e.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカHT 板金手直し、他

RIMG4909_20170520073841eda.jpg

RIMG4630.jpg RIMG4632_20170520073811fb3.jpg

RIMG4640.jpg RIMG4882_201705200738146ef.jpg 

おはようございます。

先日、全塗装したハコスカHTの手直し板金塗装、他の作業です。

まず、白色が綺麗に塗れていなかった所やユーザーが気になると言う箇所を補修します。

リアCピラー付け根や、ドア内の見えない所等です。


下の画像は、塗装の時からタイヤを入れ替える時にホイールも再塗装をして欲しいと頼まれていたのでタイヤ交換と塗装を同時に行います。

元々、車高調は付いていましたが、ピロアッパーが付いていないので新たに組み付けます。

そして、フロントタイヤが食み出ない様に、出来る限りのキャンバーを付けます。

キャンバーが変わったので、トーインを調整。

最後に、キャブの微調整をして納車完了です。

また、機会が在れば紹介します。

RIMG4884.jpg RIMG4888_2017052007382754c.jpg

RIMG4904_20170520073828e9c.jpg RIMG4905_20170520073830c9c.jpg

RIMG4906_20170520073831b3b.jpg RIMG4908.jpg

RIMG4930_20170521080740844.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

プリンスS54R サーキット走行テスト

RIMG4813_2017051619024449b.jpg

RIMG4814_201705161902456c5.jpg RIMG4815.jpg

RIMG4611_201705161902240a1.jpg RIMG4612_20170516190225631.jpg

RIMG4613.jpg RIMG4616_20170516190228697.jpg



おはようございます。

54Rは、2回目の岡山国際サーキット走行に行って来ました。

前回と違い、多少は走れましたが、やはり幾つかのトラブルが出ました。

ただ、今回で問題点は出切った感じなので次回は本格的に、タイムアタックが出来そうです。

ほとんど、ワンオフで製作した車両なので問題が出るのは当然です。

その問題点を潰して行く為のサーキット走行テストですからね。

そんな中で、数週まともに走れたベストタイムが、1分50秒10。

岡山国際でのチューニングカーのタイムとしては、決して速いとは言えませんが、遅い車両では出ないタイムです。

例えば、スリックを履いたAE86N1のトップクラスのタイムが、1分51秒ほど。

筑波サーキットなら1分06~08秒位ですかね。

目標の岡山国際、1分43秒は夢ではなさそうです。

走行前には、パワーチェックでクラッチの切れの悪さを指摘されたので、ミッションを降ろしてみました。

原因は、71C用アルミ製の天狗の鼻が折れていました。

これは、ホリンジャーのインプットシャフトが軽量化により肉抜きされて、天狗の鼻の内径より細くなっている為です。

このクリアランスを埋める方法は無いので、天狗の鼻を鋳鉄製の71B用に変更して対処。


下の画像は、走行後、工場でリフトに上げ早々に問題点をチェック。

1分50秒台で走り始めた頃に、エンジンブレーキを掛けるとデフの辺りから「ゴツン」と異音がしたので数周で走行を止めました。

その原因は、デフマウントゴムが千切れたかと思っていましたが、マフラーの逃げを造ったデフメンバーが割れていました。

割れた所を繋いで、数か所補強を入れて対処しましたが、これで、まず問題ないと思います。

そして、町乗りやパワーチェックでは当たらなかったドライブシャフトがボディーに干渉していました。

右コーナーの多いサーキット走行で、左のドライブシャフトは、ブーツまでも破損。

これらは、サーキット走行で、コーナーを攻めて初めて分かる事です。

これは、フレームの干渉部分を斜めにカットし、蓋を造り溶接。

最後は、デフメンバーが割れた原因の一つ、デフのリアメンバー左右ブッシュがノーマルのままだった事です。

このノーマルのメンバーブッシュは非常に柔らかく、デフのフロントメンバーに全ての負担が掛かった為と考えられます。

車両製作時には、仮組みのまま本組みを行い、ウレタンブッシュを組み忘れていた様です。

作業的には、ドライブシャフトのブーツを交換し、リアデフメンバーに強化のウレタンブッシュを組み込み完了。

これで、フロント側メンバーへの負担も減り、デフ周りの心配は必要なくなりました。

今回の作業で、54Rは、おおよそ完成の域に達したと考えます。

そこで、日程は未定ですが次回は、念願のポルシェ904とランデブー走行の為、岡山国際サーキットに行きたいと思っています。

実現すれば、また紹介します。

RIMG4608_20170516190222ed6.jpg

RIMG4820_201705161903003c6.jpg RIMG4819_20170516190250646.jpg 

RIMG4829_20170516190304084.jpg RIMG4840_20170516190318cba.jpg

RIMG4821_2017051619030176e.jpg RIMG4817_20170516190249a12.jpg

RIMG4832_2017051619030625b.jpg RIMG4834_20170516190317678.jpg

RIMG4842_20170516190320189.jpg RIMG4828.jpg

RIMG4844.jpg RIMG4845.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

スカイライン45 GTRとC130ローレル

#15923200

#28914824 #16284992

RIMG4584.jpg



おはようございます。

オーバーフェンダーを製作した、カスタム45GTRは納車が完了。

カッティングシートを貼った後、ナンバーを取得。

そして、NISSANのロゴとシェルのマークを貼りました。

最後に、前後の牽引フックを組み付け作業は完了。

動画も撮りましたが、調子は問題なさそうです。


下の画像は、先日車検を受けたC130ローレル。

追加作業の3層ラジエター装着を忘れていましたが、3層ラジエターが上がって来たので車両を持ち込んで頂きました。

作業的には、ローテンプサーモと3層ラジエターに交換。

日立のフルトラのまま、MSDを組み付け作業は完了。

アイドリングでの水温も全く違うと喜んで帰られました。

2台共に近県のユーザーなので、また紹介する機会も在ると思います。

RIMG4167_201704160836213fc.jpg

RIMG4614.jpg RIMG4615_20170518074547a49.jpg

RIMG4617_20170518074548e4d.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

J36ジープ セミレス作業(3)

RIMG4523_2017051807230514d.jpg

RIMG4721_2017051807232829c.jpg RIMG4718.jpg

RIMG4752.jpg RIMG4755.jpg

RIMG4869.jpg

おはようございます。

J36ジープのセミレス作業は、ルーフの交換から板金パテまで完了しました。

次に、腐りの酷いステップ周りの切り継ぎ溶接。

切り継ぎが終われば金属パテを打ちステップの板金作業は終了。


下の画像は、並行して作業している、ドア等のパネル類。

まずは、錆を落として、板金パテ打ち。

そして、再度同色のツートンに塗りますが、元のツートンのラインの痕を消していきます。

下地が出来上がれば、ドア5枚にサフェーサーを塗ります。

最後に、ボンネットも板金パテからサフェーサーを塗り、色合わせをも兼ねて裏側には、元色のアイボリーを塗って見ます。

本日から、ドア等のパネル類から塗装を行い、ボディーのパテ研ぎが終わり次第、ボディーの塗装に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4667_20170518072306a82.jpg RIMG4672.jpg

RIMG4673.jpg RIMG4738_201705180723292ff.jpg

RIMG4872_201705180723453ad.jpg RIMG4849_20170518073317235.jpg 

RIMG4871_20170518072344607.jpg RIMG4870_201705180723342c9.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

サニーエクセレント ワークス仕様(3)

RIMG4850.jpg

RIMG4723_20170517080119e5a.jpg RIMG4749.jpg

RIMG4743_20170517080121db5.jpg RIMG4744_20170517080122d26.jpg

RIMG4748_20170517080124ce9.jpg RIMG4751_20170517080136798.jpg

12_20170517080610c6b.jpg

おはようございます。

PB110サニーエクセレント・ワークス仕様は、塗装準備が整いました。

先日、ガラス周りやドア等の開口部のスポット増しが終わったので、エンジンルーム等の補強に入ります。

まず、コアサポート周りから始めて、ストラットタワー、バルクヘッドへとプレススポット部分の追加補強溶接をします。

バルクヘッド周りは、エンジンルームからだけではなく、ダッシュも全て外し、室内からも溶接して仕上げます。

これで、フロント周りの補強は全て完了。


下の画像は、サイド出しマフラーの逃げを製作します。

まず、テール等の余計な物は外し、室内のスペアータイヤ固定金具等のステー類もカット。

室内の加工、溶接、塗装準備を兼ねて全て撤去します。

次に小型のサイレンサーに合わせて、助手席側のフロアーをカット。

同時にサイレンサーに合わせて、カバーを製作。

今度は、サイレンサーカバーに合わせて、フロアートンネルからマフラーの逃げを製作。

同時に、サイドシル部分も製作。

フロアー内にマフラーを通せば、車高を下げてもマフラーが地面と干渉する事は在りませんからね。

これで、ボディー加工は全て完了。

近日中に全塗装作業に入ります。

作業が進めば、またアップします。

RIMG4779.jpg

RIMG4785_201705170801526f6.jpg RIMG4766_20170517080137607.jpg

RIMG4774.jpg RIMG4822_20170517080153989.jpg

RIMG4823_20170517080155c9e.jpg RIMG4831_20170517080156bf5.jpg

RIMG4836_20170517080158677.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカHT ヒート対策

RIMG4567_201705160751351fd.jpg

RIMG4566_20170516075134cca.jpg RIMG4786_20170516075136a08.jpg

おはようございます。

2年近く前に、L20改エンジンを搭載したハコスカHTです。

ゴールデンウィーク中に、仲間の510ブルーバード2台と一緒に、オーバーヒート対策をと乗って来られました。

流石に、3層ラジエターの在庫はないので、私共に在る中古ラジエターで準備をしておく事にしました。

ついでに、スポイラーとバンパーの間に納まる、オイルクーラーを取り付けて欲しいと、その日は帰られました。


下の画像は、3層加工に出していたラジエターが戻って来たので、車両を持ち込んで頂きました。

まず、ラジエターとサーモスタットを交換。

オイルクーラーは、取り付けステーを製作し、ホースをカット。

フィティングを締め込み、車体に組み付けました。

これで、オーバーヒート対策はバッチリです。

次は、ソレックス44に変更したいそうですので、また、機会が在れば紹介します。

RIMG4789_20170516075139d0d.jpg RIMG4791.jpg

RIMG4808_20170516075151b11.jpg RIMG4788_20170516075138847.jpg

RIMG4809.jpg RIMG4810_201705160751544ad.jpg

RIMG4811_20170516075155d27.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

240Z HLS30 販売

RIMG4794_20170514135917425.jpg

RIMG4793.jpg RIMG4803.jpg

RIMG4804_20170514135947326.jpg RIMG4802_201705141359361e5.jpg

おはようございます。

左ハンドルの240Z、HLS30レストアベースが入庫しました。

現在エンジンレスですが、現状販売も可能ですし、L28や3.0Lエンジンを搭載、全塗装や車検受けも可能です。

何と言っても現在は一時抹消中で、日本で登録済みなのが良い点だと思います。

年式は不明ですが前期モデルは間違いなく、恐らく1973年式・エンジン型式はL24になっています。

多少の錆腐りは在りますが、一度全塗装をしてあり悪い部分だけ直せば結構程度の良い車両になりそうです。


下の画像は、エンジンルームと腐り部分。

目立つ腐りは、サイドシル前側と、お決まりのゲート下部分。

エンジンルームも塗装されており、コアサポートやバッテリー台下部にも腐りは見当たりません。

底周りも比較的綺麗です。

ちなみに、ウェザーストリップのゴム類が一式付属しています。

興味の在る方は問い合わせて下さい。

RIMG4796.jpg RIMG4800_201705141359332ea.jpg

RIMG4798_20170514135922830.jpg RIMG4799_20170514135931450.jpg

RIMG4805_2017051413594804e.jpg RIMG4801_201705141359345a6.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

240K ケンメリHT セミレス(3)

RIMG4236.jpg

RIMG4405.jpg RIMG4411.jpg

RIMG4443_201705140747345d6.jpg RIMG4444_2017051407473629b.jpg

おはようございます。

240K ケンメリHT GTR仕様は、全塗装が完了しました。

前回の更新では、リアフェンダーの刈り上げ作業まで終わっていましたが、板金パテから中間パテを済まし、サフェーサー。

その合間に、フェンダー・ドア・ボンネット等のパネル類は塗装を済ませます。


下の画像は、塗装が終わり、ブースから出し、パネル類の組み付けを始めた所です。

並行して、トランク内の塗装をし、これからエンジンルームの塗装に入ります。

同時に、エンジン関連作業にも入ります。

搭載するエンジンは、S20。

出来る限り本物に近い、GTR仕様を目指したいそうです。

ソレックスはO/H済み。

S20エンジンもO/Hパーツは全て揃っているので近日中には組み始めます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4756_20170514074754d52.jpg

RIMG4587_20170514074751d5e.jpg RIMG4703.jpg

RIMG4778_2017051408022760f.jpg RIMG4775_20170514074756014.jpg

RIMG4776.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

サニーエクセレント ワークス仕様(2)

RIMG4663.jpg

RIMG4661_20170512133315f5a.jpg RIMG4653_201705121333118d1.jpg

RIMG4655_20170512133312616.jpg RIMG4660.jpg

RIMG4664.jpg

おはようございます。

サニーエクセレント ワークス仕様の製作作業です。

先日、リアフェンダーのカットから始めたので在る程度の所まで進めます。

フロントフェンダーもオーバーフェンダーに合わせて、カット。

前後フェンダー・フロントマスク・フロントスポイラーも位置決めを行い完全固定します。


下の画像は、フレーム補強の一環として、開口部のスポット増しから行います。

まず、前後ガラスを抜きます。

そして、ドアを外して、スポット溶接する部分は鉄板が出るまで磨きます。

次に、リアガラス、ドア、クォーター、フロントガラスと順にスポット増しをして行きます。

ざっと、スポットは7~800発は打ちます。

このスポットマシンは意外と重いので筋肉痛になるのは、ほぼ間違いないですね。

これだけ、苦労してもガラスやウェザーストリップが入れば全く見えないのが残念です。

これから、エンジンルームの補強に入りますが、また作業が進めばアップします。

RIMG4670.jpg

RIMG4716_20170512133346474.jpg RIMG4671_20170512133331bc8.jpg

RIMG4710.jpg RIMG4713.jpg

RIMG4712_20170512133334823.jpg RIMG4726_201705121333499fb.jpg

RIMG4724_20170512133347290.jpg RIMG4730_20170512133400fb5.jpg

RIMG4736_2017051213404033a.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ホンダS600クーペ 整備(7)

RIMG4641_201705121315388e4.jpg

RIMG4688_20170512131557903.jpg RIMG4540_201705121315368a2.jpg 

RIMG4646.jpg RIMG4643_20170512131540082.jpg

おはようございます。

ホンダS600・クーペのエンジンO/Hを終え、車検受けまで完了しました。

作業的には、エンジンO/Hにより、コンプレッションが戻ったらセルの回りが悪くなったので、セルモーターをO/H。

次に、ヘッドライトスイッチの接触不良を直し、電気周りの整備は終了。


下の画像は、車検は通りましたが陸運局内での走行中にブレーキが鳴くので再度、ブレーキ分解します。

何度か、ブレーキシューを擦り合わせ、最後に鳴き止めスプレーをします。

これで、鳴きがなくなりました。

最後に、ライトカバーやホイールキャップを組み付け納車準備完了。

S600は、S800に比べて走りませんが、エンジンは小気味良く回って気持ちがいいです。

雰囲気抜群で、楽しい車ですね。

また機会が在れば紹介します。

RIMG4606_20170512131537b22.jpg RIMG4647.jpg

RIMG4652_20170512131555775.jpg RIMG4644_20170512131542780.jpg

RIMG4733_20170512131558fa5.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

330グロリアバン 電動パワステ装着

RIMG4494_20170511104118830.jpg

RIMG4495.jpg RIMG4496_201705111041216bd.jpg

RIMG4687_20170511104140998.jpg

おはようございます。

330グロリアバンに電動パワステ装着作業が入りました。

車両は、フルノーマル・ノンレストアの非常に程度の良い状態です。

味が在っていいですよね~


作業的には、ハンドルポストを外し、ワゴンRの電動パワステと合体させます。

繋ぐ個所は、3箇所。

大小、2本のスチールパイプが写っていますが内径は、どちらもワゴンRとグロリアバンのコラムシャフトサイズに合わせて製作してあります。

スチールパイプ2本と、最後にグロリアバンのユニバーサルジョイントを繋げば加工終了です。

繋いでいる箇所は単に圧入溶接だけではなく、ノックピンを打ち、そのノックピンも溶接してあります。

最後に、ハンドルポストをボディーに戻し、パワステ及びスピードセンサー等の配線をすれば完成です。

昨日試乗まで済ませて問題が無い様なので、本日納車します。

RIMG4510_201705111041225f7.jpg RIMG4518_20170511104124d39.jpg

RIMG4570_201705111041348bc.jpg RIMG4572_20170511104135074.jpg

RIMG4668_2017051110413710e.jpg RIMG4674_20170511104138ddc.jpg

RIMG4691_20170511112708a31.jpg RIMG4708_20170511112709828.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

S130Z 2JZターボエンジン搭載(2)

RIMG4301.jpg

RIMG4327.jpg RIMG4328.jpg

RIMG4349_20170509155031f09.jpg RIMG4359_20170509155032d9d.jpg

RIMG4364.jpg

おはようございます。

S130Zに、2JZターボエンジン搭載作業です。

まず、エンジン位置を出し、手持ちの強化マントゴムでエンジンを固定する予定でした。

ノーマルのアルミブラケットでは届かないので、鉄板を組み合わせ、エンジンマウントブラケットを製作。

仮組みが出来たので、ミッションを組みましたが、エンジン・ミッションの重量が重く、一般的なマウントゴムではエンジン位置が下がる事が分かりました。


下の画像は、高硬度のエンジンマウントゴム。

私共で使うのは初めてですが、重量の在るトヨタターボエンジンには良く使われるそうです。

再度、マウントブラケットを造り直して、エンジン固定まで完了。

次に補器類を合わせて行きます。

持ち込まれた、ターボ用エキマニは少し手直しをして仮組み。

海外から取り寄せた、BorgWarner 8374タービンを合わせて見ます。

これから、インマニ及びサージタンクの製作。

インタークーラーの配管等へ作業を進めて行きます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4421_2017050915504505a.jpg RIMG4622_20170509155047ab9.jpg

RIMG4623.jpg RIMG4651_20170509155110b6d.jpg

RIMG4362_20170509155042f7b.jpg RIMG4649_20170509155107f6b.jpg

RIMG4650_20170509155109eb9.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

サニーエクセレント ワークス仕様(1)

RIMG4585_20170509081845ba0.jpg

RIMG4594_20170509081847778.jpg RIMG4601_20170509081850210.jpg

RIMG4600_20170509081849253.jpg RIMG4596_2017050908184772d.jpg

おはようございます。

PB110サニーエクセレント、3台カスタム車両製作プロジェクトをスタートします。

1台目は、ワークス仕様の製作です。

まずは、オーバーフェンダーの位置を決め、仮止め。

ライト類を外して、レーシングマスクとスポイラーも仮止め。

タイヤとホイールアーチ、オーバーフェンダーの微妙な角度を見ながら取り付け位置を確定します。


下の画像は、フェンダー位置が決まったので、リアフェンダーの刈り上げから始めます。

フェンダー外側は、インナーフェンダーの一番高い位置に合わせてカット。

鉄板を切り出し蓋をします。

余分な鉄板を切り取り形を整え、刈り上げ作業が完了。

これを、左右共に繰り返し、これからフロントフェンダーのカット作業に入ります。

ついでに、少し腐りが在った、リアフェンダー下部も切り継ぎを済ませました。

また、作業が進めば、アップします。

RIMG4603.jpg RIMG4628_20170509081905264.jpg

RIMG4635_20170509081906c65.jpg RIMG4609.jpg

RIMG4627_201705090819037c7.jpg RIMG4636_20170509081916502.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカHT レザートップ仕様セミレス(5)

RIMG4586_20170508201918910.jpg

RIMG4541_2017050820190535d.jpg RIMG4542_201705082019062f0.jpg

RIMG4639.jpg RIMG4637_2017050820254608e.jpg

おはようございます。

レザートップ・ハコスカの作業です。

ボディー周りは前後のショックを交換して、おおよそ終了です。

車高等の仕上げは、エンジン搭載後に行います。

そして、塗装の合間に出しておいた、3層ラジエターが戻って来たのでエンジン搭載準備まで完了。


下の画像は、エンジンです。

L24新品ピストンを組み込んだ、ブロックにピストントップを出し、シリンダーヘッド搭載。

カムシャフトは、SUキャブを使用するので、作用角を抑えて輸出用ブルーカムの68度。

バルタイの計測が終われば、フロントカバー、オイルパンと順に組み付けます。

エンジンは、最後に強化オイルポンプを組み込み、コンプリートになりました。

今週中には、車体に搭載まで終わらせたいと思っていますが、また作業が進めばアップします。

RIMG4536.jpg RIMG4569.jpg 

RIMG4633_2017050820192123f.jpg RIMG4588_20170508201919b49.jpg

RIMG4634_20170508201922ba4.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ 1500 ストロークアップ(2)

RIMG4618.jpg 

RIMG3119_20170507175437182.jpg RIMG3812.jpg

RIMG3813.jpg RIMG3816_20170507175442c00.jpg

おはようございます。

ショート・ハコスカの作業です。

組み付け準備まで整っていた、G15改エンジンにピストンを挿入します。

ピストンは、L28流用。

リングを新品に交換し合口を合わせて組み付けます。

ピストンが入れば、組み上がっていたヘッドを搭載。


下の画像は、オイルポンプを組み付け、カムチェーンの張り具合を確認。

オイルパンパッキンは手に入らなかったので、ガスケットシートを切り抜き製作。

フロントカバーとオイルパンを組み付け、コンプリートの完成です。

そして、エキマニを組み付け、G20用のSUツインキャブを合わせて見ます。

専用のエアークリーナBOXは、ユーザーさんが探して来られました。

そう簡単に組めるとは思っていませんでしたが、早々に水パイプがSUキャブフロートに干渉します。

これから、エアクリBOXを塗装したり、キャブの取り付け加工や工夫をして、エンジン搭載します。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3829_20170507175453866.jpg RIMG4417.jpg

RIMG4428.jpg RIMG4430_20170507175457b0e.jpg

RIMG4620_2017050718021867b.jpg RIMG4619_201705071802162f0.jpg

RIMG4621_20170507180219e1b.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

CB750F3 カスタム(2)

RIMG4547.jpg

RIMG4515_20170502172346904.jpg RIMG4520_20170502172358b46.jpg

RIMG4514_20170502172344aa9.jpg RIMG4548.jpg

RIMG3593_20170502172343ab7.jpg RIMG4559.jpg

RIMG4558_20170502172404239.jpg

おはようございます。

CB750F3のカスタム作業です。

ホイールは、コムスターからスポークホイールに変更し、艶消しブラックに塗装します。

ついでに、フロントフォークのオイルシールを交換して車体に仮組みします。

板金でニーグリップを造ったガソリンタンクは、パテまで入れました。

ヘッドライト、フェンダー・タンク・シートを仮に載せ、全体のスタイルを確認します。

ライトは、もう少し後ろですかね?

いまいち、イメージが湧かない方も居られると思いますが、私には最終型が在る程度見えています。

最終的には格好良くなる予定ですので楽しみにして下さい。


下の画像は、エンジン。

バルブシールが国内物とは違い、USAから取り寄せていました。

休み前に、やっとで届いたので組み始めました。

面研磨・摺り合わせまで終わっているシリンダーヘッドに、バルブシール・強化スプリングの組み付け。

そして、随分前から組み上がっていた、シリンダーにへッドを載せ、カムシャフトを組みます。

ピストントップを出し、分度器装着。

最後に、バルブタイミングを合わせれば、ST1ハイカム入り、836ccコンプリートエンジンの完成です。

ゴールデンウィーク中にはエンジンを搭載したかったのですが至りませんでした。

ボディーワークとエンジン周りの作業が進めば、またアップします。

RIMG4519_201705021723473ef.jpg RIMG3505_20170502172342b00.jpg

RIMG4560_20170502173147f66.jpg RIMG4561_201705021731489bf.jpg

RIMG4604.jpg RIMG4605.jpg

RIMG4607.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

三菱ギャラン エンジンO/H(3)

RIMG4446_201705051337154cf.jpg

RIMG4445.jpg RIMG4458.jpg

RIMG4523.jpg RIMG4556_201705051337315fc.jpg

おはようございます。

ギャランのO/H済みエンジンを積み込みします。

元のキャブと中古で探したエキマニを組み付け搭載。


下の画像は、マフラー製作。

画像でも分かる様に、元々ターボが装着されていたので、エキマニもマフラーも別途必要です。

エキマニは、中古で見付かりましたが中間パイプの中古は手に入らないので製作する事にしました。

積んでから気付いたのがキャブの僅かな固着。

キャブを分解清掃して再度組み付けました。

最後は、製作したエキマニからの中間パイプ。

集合部分から中間太鼓までを製作し、仮止めまで完了。

マフラーが付いたので、始動確認まで済ませましたが、調子は問題なさそうです。

試乗までは、もう少し点検確認が必要です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4574.jpg

RIMG4573_2017050513373340f.jpg RIMG4471.jpg

RIMG4577_2017050513373785a.jpg RIMG4589_201705051341240ac.jpg

RIMG4597_20170505134125d55.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

720ダットラ 修理

RIMG4397_2017050216213629c.jpg

RIMG4398.jpg RIMG4474_201705021621393fa.jpg

RIMG4524_201705021621414b0.jpg RIMG4525_20170502162142a3f.jpg

おはようございます。

720ダットラキングキャブの飛び込み修理です。

作業内容は主に、オーバーヒート気味対策とキャブ調整。

車両は休み前に預かっていましたが、ラジエター3層コア増しが届くのを待って作業開始。

まずは、ウォータポンプとサーモスタットを新品に交換して水周りの作業は完了。


下の画像は、予想より手間の掛かったキャブ調整。

壊れていたチョーク周りは直ぐに直りましたが、プラグを交換及びキャブの調整程度では調子が戻らないので、分解する事にしました。

キャブを外して、びっくり。

ベークライトパッキンが縮んで原型を留めていませんでした。

原因は分かりませんが、これでは2次空気を吸って調子が悪いはずです。

パッキンを造り直して、組み付けたら調子が戻りました。

最後は、持ち込まれたシートとレールを交換します。

レールは専用品ではないらしく加工が必要でしたが、何とかシート装着出来ました。

これで、全ての作業が終了。

次回は、エンジンチューンをしたいと乗って帰られました。

ご近所さんなので、また紹介する機会も在ると思います。

RIMG4537_20170502162207ea1.jpg

RIMG4531.jpg RIMG4533_20170502162155de6.jpg

RIMG4530_20170502162152b92.jpg RIMG4534_20170502162156416.jpg 

RIMG4535_20170502162158f1e.jpg RIMG4551_201705021622081b5.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

J36ジープ セミレス作業(2)

RIMG4120.jpg

RIMG4093_2017042908551117f.jpg RIMG4123_20170429085513d39.jpg

RIMG4139_201704290855159d7.jpg RIMG4140.jpg

RIMG4141.jpg RIMG4217.jpg

RIMG4229_201704290855291d0.jpg RIMG4319_20170429085530af9.jpg

おはようございます。

J36ジープ セミレス作業の続きです。

ルーフを切り取り、錆を落としての切り継ぎ作業。

次に、鉄工所でカットした鉄板を貼り合わせて行きます。

ルーフコーナーは曲がり切れないので細かくカットを入れ製作。

そして、また錆を落として、切り継ぎと述べ1週間、板金職人が掛かりっきりで作業をしました。

これで、切り取られていた、トユ部分の修正も完了です。


下の画像は、新品のルーフを載せた所からです。

スポット溶接の為の錆止めを落として、溶接。

ルーフ一周の溶接が出来たら、凹んでいた箇所の板金及びパテを打ちルーフの作業は一段落です。

これから、底周りの切り継ぎ板金を行い、休み明けには塗装作業に入れそうです

また、作業が進めばアップします。

RIMG4439.jpg

RIMG4441_2017042908554256a.jpg RIMG4460_201704290855436bc.jpg

RIMG4480_20170429085545b43.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

TE27 レビン セミレス(1)

RIMG3243_20170502112308d16.jpg

RIMG4413_20170502112310060.jpg RIMG4420_201705021123114a2.jpg

RIMG4423_201705021123123cc.jpg RIMG4427.jpg

RIMG4433_20170502112326c3f.jpg RIMG4437_20170502112329dea.jpg

おはようございます。

TE27レビンのセミレス作業が入庫しました。

エンジンO/Hから、クロスミッション、LSD装着、全塗装まで行います。

まず、塗装作業前に、ホイールを入れた全体像を見れる様にします。

車高を少し下げ、太いホイールが入る様に、ちょいでかフェンダーを合わせます。

作業的には、リアのリーフをフラット加工。

フロントは手持ちの車高調に交換。


下の画像は、持ち込まれた新品の15インチ井桁ホイールにタイヤを組み込みます。

TE27用ちょいでかフェンダーを仮に合わせて、バランスを見ます。

オーバーフェンダーの取り付け位置が決まれば、リアフェンダーを少し刈上げ仕上げします。

刈り上げ作業が終われば、低くなった車体にオーバーフェンダーとワイドホイールを組み込み、表に出し確認。

フェンダーとタイヤの隙間を含め、車高は低過ぎず、いい感じになったと思います。

これから、ユーザーさんと最終打ち合わせをして塗装作業に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4434_2017050211232713b.jpg RIMG4461_201705021123301c1.jpg

RIMG4476.jpg RIMG4478_201705021123420a4.jpg

RIMG4499_20170502112345854.jpg RIMG4500_20170502112347134.jpg

RIMG4497_201705021123449e9.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

三菱ギャラン エンジンO/H(2)

RIMG4422.jpg

RIMG4100_201704290933272bb.jpg RIMG4165_20170429093330b93.jpg

RIMG4274.jpg RIMG4281_2017042909333316b.jpg

おはようございます。

ギャラン・サターンエンジンO/H作業です。

腰下は、ピストンリングの交換。

オリジナルは手に入らないので、サイズと厚みを合わせて取り寄せ。

リングの合口を合わせて、組み付けました。


下の画像は、面研磨済みシリンダーヘッド。

バルブの摺り合わせを行い、ブロックにヘッドを搭載。

次に、伸びたカムチェーンは、テンショナーが飛び出す寸前なので、チェーンガイドの取り行け位置を変更して対処。

手に入らなかった、フロントカバーやオイルパンパッキンは製作して組み付け。

最後に、タペット調整をしてコンプリートの完成です。

この連休中に積み込みまで終えたいですね。

作業が進めば、またアップします。

RIMG4164_20170429093329dd8.jpg RIMG4311.jpg

RIMG4320_2017042909334521b.jpg RIMG4325_201704290933476f0.jpg

RIMG4310.jpg RIMG4416.jpg

RIMG4418_20170429093358637.jpg RIMG4438.jpg

RIMG4426_20170429093401e06.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

NEXT≫
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (8)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE27レビン トレノ カスタム.. (14)
TE25カローラ カスタム....... (16)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (34)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (9)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (32)
PB110サニー エクセレント.... (11)
B110サニー セミレス作業..... (4)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (32)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
S130Z 2JZターボエンジン... (5)
S130Z 後期仕様 製作....... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (30)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (32)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (12)
スカイライン・ジャパン作業.... (11)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (31)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (24)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (8)
ハコスカ関連 2017スポット... (31)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (27)
C130 ローレル セミレス....... (14)
ブルーバード510セダン・バン. (34)
ブルーバード510・2ドア/左... (38)
ブルーバード510・2ドア/右... (16)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (14)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (38)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (9)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (6)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (42)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (5)
2017 国産旧車・スポット修理 (19)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (15)
各種エンジン スワップ作業.... (16)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (21)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (15)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (4)
ホンダCB750/CB72 カスタム (12)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (91)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
Am9:00~PM9:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策