510セダン セミレス(7)

RIMG2499.jpg

RIMG2458.jpg RIMG2504.jpg

おはようございます。

510セダンのレストア作業です。

ボディの組み付けは、おおよそ終わりバンパーを取り付けるだけですが、リアバンパーの程度が余りに悪いので塗装したてのボディーとはアンバランスになります。

そこで、中古ですが少し程度の良いバンパーを手に入れました。

これで、ボディーは仕上がります。


下の画像は、組み付け中のエンジンです。

シリンダーヘッドが面研磨から戻って来たので、バルブを磨いて摺り合わせ。

そして、L14はエキゾースト側がシングルスプリングなので、ダブルスプリングに変更します。

これで、シリンダーヘッドは完成。

次に腰下ですが、L14からL16クランクに交換するので、コンロッドも交換します。

圧入されたピストンを抜き、コンロッドを変更して組み上がりました。

これから、ピストンリングを交換して、ブロックに入れます。

本日中にエンジンは組み上がりますが、キャブ等はノーマルのままなので明日には仕上がると思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2478.jpg RIMG2470.jpg

RIMG2480.jpg RIMG2506.jpg

RIMG2486.jpg RIMG2507.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

スポンサーサイト

ハコスカ4ドア 510HT 2台納車

RIMG2416.jpg

RIMG2423_201701281406055d7.jpg BBSMPug9BxG20jT1485474730_1485475158.jpg 

RIMG2422_20170128140549403.jpg RIMG2469.jpg 

RIMG2456.jpg RIMG2417_201701281405460f8.jpg

おはようございます。

ハコスカ4ドアのニューエンジンが組み上がり車検受けまで完了しました。

エアークリーカバーのみ取り付け、その他は、ほぼそのまま陸運局に行きました。

車検受けの移動中に油圧計が振り切るので中古ですが正確な物に交換。

デフからも少し異音がするので、デフオイルを交換。

これで作業完了です。

本日、陸送屋に引き渡します。


下の画像は、昨年納めた510HT。

エンジンの始動不良で再度入庫。

始動はするが、セルを回す時間が非常に長くて、最終的にはセルが不調になったと言う事で預かりました。

コンプレッションを測ったり、キャブを調整しましたが改善しません。

始動不良の原因は電気周りに在ると判断。

点火周りは、昨年カメアリフルトラとMDIに交換しているので、カメアリに相談すると、同じ様な問い合わせが在るらしく対策部品として、ルーミネーションフルトラが出ていました。

早々に取り寄せ、交換すると確かに始動性は良くなりましたが偶に不安定になります。

不安定な時は、MDIの音が変化します。

どうも、昨年新品で取り付けたMDIに問題が在る様です。

カメアリに送って点検しなければならないですね。

また、結果が出たらアップします。

RIMG2420_20170128140547177.jpg

RIMG2426_201701281406089d9.jpg RIMG2425_20170128140607751.jpg

RIMG2466.jpg RIMG2465.jpg


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

EGLI カワサキ H2レーサー製作(4)

8_20170123081338144.jpg

4_201701230813237c3.jpg 5_2017012308132541e.jpg

1_20170123081319d96.jpg 2_20170123081320fd3.jpg 

3_20170123081322e0e.jpg

おはようございます。

EGLIカワサキH2フレーム加工です。

まず、他作業の合間に、タンクシートをライムグリーンに塗りました。

赤のタンクにウイングマークのままでは雰囲気出ませんからね。

Kawasakiステッカーも造りましたが少し大き過ぎた様です。

次に、エンジン吊り下げプレートを再度製作しました。

ドライブチェーンの位置からすると、もう5㎜ほどエンジン位置を上げたいと考えていましたが、チャンバーのステーを固定する為に造り替える必要が在りました。

フレーム加工の前に、吊り下げプレートを交換。


下の画像は、フレーム加工作業。

クロモリパイプは、少量で良いので端材を送っても貰いました。

まずは、クランクケース側のブラケットを製作。

もっと強度の在る様な物を作りたかったのですがチャンバーとのクリアランスを考えると寸法的には、これが精一杯。

次に、固定したブラケットとカットしたフレームの間のパイプを製作します。

単純に突合せで繫ぐのではなく、上部はインナーパイプを入れクロス部分に繋ぎます。

ブラケット部分は、溶接面積を少しでも増やしたいのでコーナー2面に溶接します。

そして、サイドバーを追加。

下部のフランジ部分にもサイドバーを追加。

火口の入る部分は、ほとんど溶接完了。

再度、フレーム単体にして本溶接をしますが、これで大丈夫だと思います。

チャンバーも何とか逃がす事が出来き、一応作業は完了しましたが、CB750のエンジンを積んでいた頃から気になっていたのが、フロントフォークのキャスター角。

2種類の角度計を使って計測した結果は、約29度。

このフレームは、アウトバーン等を走るツアラー向けに製作された様です。

CB750やZ1の重いエンジンなら、まだしも軽いH2エンジンには不向きな設定ですね。

ちなみに、TZ250等の市販レーサーなら23度。

サーキットを走る前提で製作しているので、せめて25~26度には変更したいと思います。

フレーム吊り下げパイプの仕上げと同時に、治具から製作してヘッドパイプの角度変更も行いたいと思っています。

また作業が進めば、アップします。

6_20170123081335575.jpg 7_20170123081336dbf.jpg

9_20170123081339c3f.jpg 10_20170123081341c0c.jpg

11_20170123081352147.jpg 12_201701230813540a9.jpg

13_20170123081355a92.jpg 14_20170123081357e3d.jpg

15_20170123081358114.jpg 16_20170123081410b89.jpg

18_2017012308141351d.jpg 17_201701230814118c3.jpg

19_20170123081414e9b.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ4ドア白 セミレス(5)

RIMG2223.jpg

RIMG2205_20170127163443a73.jpg RIMG2293.jpg

RIMG2214_201701271634453a1.jpg RIMG2461.jpg

RIMG2460.jpg

おはようございます。

ハコスカ4ドアの作業は、板金パテからラッカーパテに変わりました。

ここからは早いです。

パテを研ぎ、サフェーサーを塗りシルバーに塗装。

次に、先に塗り終わっていたドア等を組み付けます。


下の画像は、トランクル内。

塗装と錆を落としてシーリング。

サフェーサーを塗り、同色のシルバーに塗装。

塗装最後の作業は、エンジンルーム。

エンジンを降ろす前に、在る程度の錆を落としてエンジンを降ろします。

本日から、ブレーキマスター等の補器類ほ外してエンジンルームの塗装作業に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2452.jpg RIMG2462.jpg

RIMG2453.jpg RIMG2454.jpg

RIMG2467.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ダルマセリカ 整備(3)

RIMG2380_20170126175329da7.jpg

RIMG2379_2017012617532795c.jpg RIMG2374_20170126175313a93.jpg

RIMG2378.jpg

おはようございます。

昨年末に、デフ・ホーシング周りの修理をしたセリカです。

その時は、パーツが間に合わず年越し修理です。


下の画像は、ピットマンアームとアイドラアーム。

トヨタ旧車パーツは手に入り難いですが、この辺のパーツは共通性が在り、アフターパーツの入手が可能です。

両方を交換して、サイドスリップを合わせて作業終了。

年末のデフベアリング交換時に、リングギアとピニオンの刃当たりが悪く、完全には音鳴りが消えなかったのですが、新たにデフキャリを入手したので交換して欲しいと作業が追加になりました。

後日入庫しますので、また紹介します。

RIMG2371_20170126175310565.jpg

RIMG2376_20170126175315c3c.jpg RIMG2377_2017012617531600a.jpg

RIMG2373.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ホンダS600クーペ 整備(2)

RIMG2401_201701251446033e8.jpg

RIMG2064.jpg RIMG2077.jpg

RIMG2083.jpg RIMG2084_20170125144549cd2.jpg

おはようございます。

ホンダS600クーペの作業です。

エンジンを降ろした後、分解しました。

ヘッドは汚れていますが問題なさそうです。

クランクアンダーケースを外して、ピストンコンロッドを下から抜きます。

こちらもオイルスラッジでの汚れは在りますが状態は良さそうです。


下の画像は、組み付け準備。

クランクケースの内外を洗浄。

ピストンとクランクも洗いました。

そして、ピストンも程度が良かったので、ピストンリングを取り寄せましたが、リング合口が広過ぎます。

通常、0.3㎜くらいですが、0.5~0.6㎜在ります。

シリンダークリアランスが広くなっていると思われます。

ピストンの当たりが良くとも、これでは圧縮漏れの恐れが在るので、ユーザーさんと相談の上、新品ピストンに交換する事になりました。

最後の画像は、オーバーサイズピストンですが、やはりバイクと同じ形状ですよね。

これから、このピストンとシリンダーをボーリングに出します。

また、作業が進めばアップします。


RIMG2402_20170125144604377.jpg RIMG2404.jpg

RIMG2403_2017012514460628f.jpg RIMG2284_20170125144551d21.jpg

RIMG2392_2017012514460198c.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

東京ハコスカ エンジン手直し及び車検(3)

RIMG2364_20170124180949a1e.jpg

RIMG2282_20170124180947ed3.jpg RIMG2281_201701241809455ca.jpg

RIMG2363_20170124180948c3d.jpg

おはようございます。

東京ハコスカのニューエンジンが完成しました。

前回は、ピストンを入れる所まででしたが、シリンダーヘッドを載せ、バルタイを合わせます。

最終チェックとして、カムチェーンの張りを点検し、フロントカバーやオイルパンを組み付けます。


下の画像は車体に、エンジン搭載。

タコ足、ラジエターと組んで行き、マフラーとミッションの固定。

最後に、ソレックスを組み付け、エンジン始動確認準備完了。

昨日、就業前に始動確認のみ行い作業終了。

本日、キャブ調整及び、最終確認を行い車検受け準備に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2366.jpg RIMG2382_201701241810012ff.jpg

RIMG2391.jpg RIMG2389_20170124181002c22.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510・2ドアセダン BRE仕様製作(4)

RIMG2370_201701231717391e1.jpg

RIMG1831_201701231717098a1.jpg RIMG1903.jpg

RIMG2014.jpg RIMG2314.jpg

RIMG2367.jpg

おはようございます。

510ブルーバードBRE仕様の作業です。

錆びだらけのリアブレーキを分解清掃、新品のカップ類を使いO/H。

ブレーキパイプは一部新品で製作し、O/H済みのマスターシリンダーと一緒に組み付けます。

これで、前後のブレーキ周りは完了。

ドライブシャフトはO/Hして、リアショックやサスを新品に変えたので、スッキリしました。


下の画像は、エンジンミッション。

O/H済みL16エンジンと71Bの5速を用意。

車体に搭載まで完了。

これから、ソレックス等の補器類を組んで行きます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2211_20170123171713fd4.jpg RIMG2298.jpg

RIMG2315_2017012317173642f.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510セダン セミレス(6)

RIMG2221_20170123073920760.jpg

RIMG2222_20170123073921276.jpg RIMG2319.jpg

RIMG2318.jpg

おはようございます。

510セダンのセミレス作業です。

ボディーは、前後ガラスが入り、モールを入れエンジンルームの補器類も組み付け完了。

ヘッドライトやスモール類を組み付け、後はバンパーを取り付ければボディーは完成です。

フロントバンパーは板金しますが、リアは傷みが酷いので少しは、ましな中古に交換します。


下の画像は、エンジン作業です。

降ろしたエンジンは、バラバラに分解。

クランクは、L14からL16に交換するので曲がり点検。

シリンダーヘッドを面研磨に出している間に、ピストン等の洗浄をしておきます。

組み付け時に、もう一度洗浄しながら組み付けますが、これでエンジン組み付けの下準備完了です。

後は、ヘッドが戻ってきたら新品のピストンリングを使い組み付ければレストア完了です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2218.jpg RIMG2220.jpg

RIMG2208.jpg RIMG2325_20170123073946823.jpg

RIMG2326.jpg RIMG2337_20170123073949340.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

CR750販売、及びニューマシン製作

RIMG2267_20170121180044882.jpg

RIMG2201.jpg RIMG2206_20170121175852e21.jpg

RIMG2264.jpg RIMG2255_201701211758578ba.jpg 

RIMG2258_2017012118004167d.jpg RIMG2268_20170121180046f15.jpg

RIMG2270.jpg

おはようございます。

「ヤフオク」に、CR750を出品したので見掛けられた方も居られると思います。

走行する時間が取れずディスプレーになっています。

このまま放置していても勿体ないので、どなたかに有効に使って頂こうと思い販売する事にしました。

そこで販売価格を下げる為と新たなマシンに使いたいので、ドラムをノーマルに戻して出品。

ノーマルと言っても軽量横穴開けとアルミリムは組み付けて在ります。

このCR750は、イギリスCRMCに登録された車両で、海外の雑誌にも紹介されています。

実際に数年前まで、クラシックレースを走っていた車両ですので、お買い得だと思います。

興味の在る方は、「ヤフオク」をチェックして下さい。


下の画像は、2年ほど前に製作していたEGLIホンダCB750です。

フレームが形になり、エンジン製作中に倉庫に仕舞ったままになっていたのを昨年末からカワサキH2エンジンにスワップしています。

CR750が入庫したので同じCB系が2台在ってもとH2に切り替えたのですが、画像にも在る様に、エンジンパーツは、ほとんど揃っています。

970ccピストンやクロスミッション、最初の画像のCRキャブも残っています。

シリンダー等はボーリング後、何時か組むつもりで、ガンコートを施したクランクケースやカバー類。

そして、イギリスから来たCR750を手直しするつもりで、RSCオリジナルのレプリカパーツを集めていました。

メーター、ステップ周り、4本メガホンやFRPカウル等々。

ここに、RSCマグネシュームドラムが揃えば、もう一台製作した方が早いと思い販売する事になりました。

フレームは以前から在りましたし、アルミ製のガソリンタンクやオイルタンクもオリジナルに近い物が手に入ります。

細かい話で、理解出来る方は少ないと思いますが、どうせならタンクキャップもエノットではなく、CR110用を付けたいですし、オイルタンクキャップも当時の雰囲気でやりたいです。

始動確認出来るまでには随分と時間が必要ですが、少しづつ進めて行きます。

また、作業を始めたら紹介します。

IMGP1427_201701211757574fd.jpg

IMGP1550_2017012117582538c.jpg IMGP1555_201701211758267a4.jpg

IMGP0971_20170121175755f66.jpg IMGP0970_2017012117575419a.jpg

10_20170121175751593.jpg 11_201701211757534a7.jpg

RIMG2247.jpg RIMG2249.jpg

RIMG2197.jpg RIMG2196.jpg

RIMG2312.jpg RIMG2275_2017012118010969b.jpg

RIMG2311.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ケンメリGT-R 参考画像

RIMG1601_20170120124958a13.jpg

RIMG1606_201701201250049fc.jpg RIMG1609_20170120125017baa.jpg

RIMG1607_20170120125014402.jpg RIMG1608_20170120125015d11.jpg

RIMG1610_20170120125018047.jpg

おはようございます。

知り合いの業者が、ケンメリGT-Rに乗って訪ねてくれました。

画像を見て、知っている方も居られるとは思いますが、全国的にも赤のGTRとして有名ですよね。

このGTRを私も何度か見た事は在りましたが、マジマジと見学するのは初めて。

やはり、いいですよね~

オーラが違います。


エンジン本体はノーマルですが、タコ足等の補器類は色々と手を加えて在る様です。

現在、私共では、2台のケンメリGTR仕様を手掛けているので参考になります。

今までにも何台かは本物のケンメリGTRの作業はしましたが仕様とオリジナルの、どこが違うか等と余り意識をしていなかったので動く参考資料として非常に助かります。

また、機会が在れば紹介します。

RIMG1602.jpg

RIMG1604_20170120125001102.jpg RIMG1605_201701201250035fb.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510・2ドアセダン BRE仕様製作(4)

RIMG1972.jpg

RIMG1829.jpg RIMG1904.jpg

おはようございます。

510BRE仕様の作業です。

まず、フロントストラットとブレーキのO/Hを行います。

前後のダンパーはカヤバ製の新品を入れました。

次にリアブレーキや配管に移るのですが、左ハンドル用のマスターシリンダーが国内で手に入らないのでUSAに発注。

部品待ちの間に、メーターパネルを製作します。


下の画像は、メーターパネル製作過程。

純正風ではなく、沢山のメーターが並んだレースカーの雰囲気に仕上げて欲しいとの依頼内容です。

メーターは、117クーペの7連メーターを流用します。

アルミ板をカットし、ハンドルポストの逃げから製作。

ダッシュ骨に合わせながらメーター位置を決めます。

ダッシュパットは必要ですので、ひび割れを補修。

最後は、メーターパネルの完成画像。

ユーザーさんの希望通り、中々レーシーに仕上がったと思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2016.jpg RIMG2204_20170119181452821.jpg

RIMG2202.jpg RIMG2203.jpg

RIMG2210_2017011918145375b.jpg RIMG2246_20170119181502c98.jpg

RIMG2244_20170119181456f32.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ルノー・キャトル エンジンスワップ(3)

RIMG1925.jpg

RIMG1920.jpg RIMG1921.jpg

おはようございます。

ルノーキャトルのスワップ作業です。

まず、ルノー21から完全にエンジンを分離する所まで出来ました。

降りたエンジンミッションの現物を見ると予想より、インテーク周りやタービン等のエキゾースト周りが横に張り出し、キャトルに収まるか不安でした。


下の画像は、キャトルに仮載せしている所です。

寸法的に余裕が在れば、こんな合わせ方は必要ないのですが、実寸で計るのと仮載せでは、やはり違うのでキャトルの後ろからエンジンを押入れました。

インテークやタービンは、キャトルの荷室空間に納めると意外とスッポリ。

若干ですが、まだ余裕が在り、このままホイールベースの合う所まで前に移動すれば位置的にはOKです。

現在は、フロントにも、まだエンジンが載っており前後エンジン仕様的な感じですね。

取り敢えず、リアゲートが閉まる所まで押入れ作業は終了。

最後は、車幅とトレッド等を考え、ルノー21に一番近い、マツダRX7 FC用リアメンバーAssyを取り寄せました。

このセミトレ式ロアアームが付いたメンバーにルノー21のエンジンミッションをメンバー事載せます。

二つのメンバーを合体させるのは、さほど難作業では在りません。

ドライブシャフトやハブはルノー21を使い、ナックル・アップライトはFC用を使えば加工が少なくて済むと考えています。

理論上は、FC用ナックルにルノー21のハブが合う様にするだけですからね。

もし、ドライブシャフトの加工が必要となれば大仕事になります。

結論は、両方分解してからしか出ませんが、これでスワップ作業の目途は立ちました。

また、作業が進めば、アップします。

RIMG1924.jpg

RIMG2193.jpg RIMG2194.jpg

RIMG2192.jpg RIMG2180.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ4ドア白 セミレス(4)

RIMG2055_20170117101300623.jpg

RIMG2059.jpg RIMG2050.jpg 

RIMG2063.jpg RIMG2062_201701171013048ac.jpg

おはようございます。

ハコスカ4ドア白のセミレス作業です。

フェンダーやステップ周りの板金作業が終わり、ドアの粗研ぎをします。

リアパネルの粗研ぎを始めるタイミングで、前後ガラスを抜きます。

そして、最後の板金箇所、穴の開いたリアガラスのコーナーを切り継ぎします。


下の画像は、鉄板を成形しスポット溶接で付けた所。

このリアガラス周りの粗研ぎが終われば、塗装の下地場へ車両を移動。

これから、下地の板金パテから中間のラッカーパテに変更し歪を取って行きます。

次回は、ラッカーパテからサフェーサー、そして塗装までを、アップします。

RIMG2070_20170117101314ba8.jpg

RIMG2189.jpg RIMG2188.jpg

RIMG2190.jpg RIMG2187_2017011710131518b.jpg


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510セダン セミレス(5)

RIMG2049.jpg

RIMG2171.jpg RIMG2058.jpg

RIMG2060.jpg RIMG2078_20170116083443385.jpg

おはようございます。

510セダンのレストア作業です。

まず、エンジンルームを塗る為、エンジンを降ろします。

降ろしたエンジンは、分解出来るようにエンジン台にセット。

エンジンルームは、出来るだけ補器類を外して、手磨きのペーパー掛け。

次に、マスキングをしてサフェーサーを塗ります。


下の画像は、エンジンルームが塗り終わりました。

インナーフェンダー内は黒に塗装。

テールの枠やガーニッシュはガンメタに塗装した後、マスキングをしてシルバーの縁取り塗装をします。

そして、テール周りを組み付け、エンジンルームの補器類も組み付け完了。

これで、ボディーは、おおよそ出来上がりました。

これから、ガラスを入れ、フェンダーやバンパーを取り付ければ外装は仕上がります。

後は、エンジンですが、少し立て込んでいるのでエンジンが一番最後になりそうです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2085.jpg

RIMG2123.jpg RIMG2029_20170116083437fc9.jpg

RIMG2120_20170116083459aa8.jpg RIMG2121_201701160835018c5.jpg

RIMG2173.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ4ドア 3.1Lエンジン製作(3)

RIMG2073.jpg

RIMG2075_201701151115449ce.jpg RIMG2072.jpg



おはようございます。

ハコスカ4ドア 3.1Lエンジンが組み上がり、最後に頼まれていたロールセンターアダプターを組み込み納車完了です。

少し慣らしをして貰いますが、エンジンサウンドは軽やかでレスポンスは抜群にいいです。

エンジンの内容に比べて点火系が少し弱いので、後日交換予定です。


作業的には、エンジン搭載後、一番大切な油面調整。

ソレックス50は通常21㎜位で合わせますが、少し低めの22㎜にセットし、カメアリロングジェットブロックに交換します。

そして、キャブ調整をし、斜めにセットされていたインマニリンケージを真っ直ぐになる様取り付けを直します。

これで、作業終了。

これから色々なイベントに参加して、スパークの宣伝になる様願っています。

RIMG2021_20170115111526f4e.jpg RIMG2020_2017011511152570f.jpg

RIMG2022_201701151115283d4.jpg RIMG2017_20170115111523a95.jpg

RIMG2066.jpg RIMG2071_20170115111540856.jpg

RIMG2076.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

CB750 K2 エンジン ボアアップ(1)

RIMG1886_201701141651035e2.jpg

RIMG1887.jpg RIMG1907_201701141651078f1.jpg

RIMG1906.jpg RIMG1912.jpg

おはようございます。

日曜恒例、バイク編です。

自動車修理やカスタム作業の常連さんからCB750K2ボアアップを依頼されました。

ノンレストアの、この遣れた感じが、いいんだそうです。

本来、チューニングが目的ではなく、3番プラグが馬鹿になって抜けないのがチューニング作業の原因。

修理としてはプラグヘリサートを入れれば済む話ですが、CB750は、エンジンを降ろさないとシリンダーヘッドが降ろせないので、ついでにボアアップとST1カムを入れて欲しいとの事です。

エンジンを降ろすと言っても、オイルパンまで外さないと降りないと言うほど、ギチギチに載っています。

逆に言えば、それだけ全体的には、コンパクトな造りとも言えます。

そのギュッと詰まった感じがCB750の魅力の一つですね。


下の画像は、降ろしたエンジンを分解していきます。

シリンダーヘッド、シリンダーと抜いて行き、内燃機屋にシリンダーヘッドは最小面研磨とプラグヘリサート。

シリンダーはボーリングに出します。

余談ですが、CB750とCB750F3のキャブ比較です。

古臭い形状からモダンになり、F3用は加速ポンプまで付いています。

最後は、USAから取り寄せたパーツ一式。

JE鍛造836ccピストン、ST1ウエブカム、強化スプリング等。

ヘッドガスケットもメタルです。

もう加工から戻る頃なので、次回は組み付け編をアップします。

RIMG1928.jpg

RIMG1929_2017011416512590c.jpg RIMG1931.jpg

RIMG1930_20170114165140a46.jpg RIMG1917.jpg

RIMG1915.jpg RIMG1916.jpg

RIMG1933.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ホンダS600クーペ 整備(1)

RIMG1867_201701131342527d5.jpg

RIMG1869_20170113134254bbc.jpg RIMG1868.jpg

おはようございます。

昨年から預かっているホンダS600クーペのエンジンO/H他、整備作業です。

程度が良く、非常に綺麗な車両です。

作業依頼は、エンジンオーバーホールと車検受け。


まず、エンジンを降ろします。

カムカバーを外して、ヘッドを降ろします。

降ろす時からオイル漏れが多いのには気付いていましたが、オイルパンにも液体パッキンがたっぷり塗ってあります。

ヘッドとシリンダーの間からもオイル漏れしていたらしく、液体パッキンの塊が取れました。

シリンダーヘッドは面研磨に出しますが、それにはインマニを外さなければなりません。

ホンダエンジンはシリンダーヘッドボルトもそうですが、インマニもスタットボルトです。

基本的にバイクと同じ様な構造ですが、このスタットボルトは固着すると抜くのは非常に大変です。

シリンダーヘッドは何とか抜けましたが、インマニを外すのに丸一日掛かりました。

無理をするとインマニが割れたり、スタッドが折れたりと後の処理が大変になるので時間を掛けて慎重に取り外します。

最後に、外せたインマニとキャブレターは専門店にO/Hに出します。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1890.jpg

RIMG1945_2017011313431553a.jpg RIMG2054.jpg

RIMG1891_20170113134257c6a.jpg RIMG2052.jpg

RIMG2053.jpg RIMG2057.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ4ドア白 セミレス(3)

RIMG1990.jpg

RIMG1991.jpg RIMG2026.jpg

おはようございます。

ハコスカのレストア作業です。

まずは、リアパネル。

穴の開いている部分は、切り継ぎし板金パテを打ちます。


下の画像は、一番手間の掛かったステップ。

穴が開いている部分は切り継ぎしますが、鉄板はしっかりして凹んでいるだけなので、引っ張り出しました。

そして、板金パテを打ち、歪取りをします。

左右のステップは同じ様に歪取りまで完成。

本日からは、ガラスを抜き、ピラー周りの板金開始です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2003_20170112182242178.jpg

RIMG2025_2017011218224356b.jpg RIMG2027_201701121823057a1.jpg

RIMG2028_201701121823076a4.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510セダン セミレス(4)

RIMG1988_20170111190557464.jpg

おはようございます。

510セダンのセミレス作業です。

パネル類は塗装が終わっているので、ボディーをブースに入れ塗装します。


塗装が終わり乾燥したら表に出し、ドア等の組み付けをします。

カラーは、ダイハツ純正色のカーキー。

中々、いい感じです。

次は、トランクルーム。

サイドのシーラーが、ひび割れて浮いているので綺麗に剥がして新たにシーラーを打ちます。

最後に同色で塗装してトランクルームの完成です。

これから、エンジンを降ろして、O/Hとエンジンルームの塗装を同時に行います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2006.jpg

RIMG2009.jpg RIMG2008.jpg

RIMG2007.jpg RIMG2010.jpg

RIMG2011.jpg RIMG2013.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ4ドア 3.1Lエンジン製作(2)

RIMG1974_20170110214324ae0.jpg

おはようございます。

ハコスカ4ドア、3.1Lエンジン製作です。

エンジンコンプリートが出来上がり、久し振りにリフトの上から下段に降ろした車体に搭載します。

タコ足、ソレックス50を組み付け、タコ足とマフラーを繋ぎます。

次にカップリングとファンを組み、ラジエターを取り付けたら始動準備完了です。

昨日の作業は、ここで終了。

本日、クランキングから始めて始動確認まで行います。

明日からは、キャブセッテイングが待っています。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1968_20170110214321663.jpg

RIMG1970.jpg RIMG1977.jpg 

RIMG1987.jpg RIMG2001.jpg 

RIMG1999.jpg RIMG2002_20170110214721b80.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ4ドア白 セミレス(2)

RIMG1899_2017010916250422e.jpg

RIMG1884.jpg RIMG1885.jpg

RIMG1918.jpg RIMG1919.jpg

おはようございます。

ハコスカと510の板金塗装作業です。

ハコスカ4ドアは、フェンダーやドア等のパネルを外し、穴の開いている部分は切り継ぎ。

蓋が出来たらパテを入れて行きます。

リアパネルの穴も塞いで板金します。

これから、ガラスを外してピラー等の板金に移行します。


下の画像は、510セダンです。

ボディーは、サフェーサーまで入って、本日ブースに移動し全塗装をします。

正月明けに塗るつもりでしたが、ドアやフェンダー等のパネル類から先に塗りました。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1900_201701091625054e4.jpg

RIMG1971_20170109163407902.jpg RIMG1901.jpg

RIMG1913.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

東京ハコスカ エンジン手直し及び車検(2)

RIMG0689_201610271241082ad.jpg

RIMG1850_2017010809071286e.jpg RIMG1926.jpg

おはようございます。

車検やエンジン手直し等の作業依頼を受けている東京ハコスカです。

ショップ移転で、リアハブやドライブシャフトのベアリングを交換した所で、作業が止まっていましたが再開します。

まず、合間にエンジンを降ろします。


下の画像は、ニューエンジン製作。

4年近くで、6万㎞と結構な距離を走っているのと以前から油圧が少し低いのが気になっていたので、新たに組み直す事にしました。

ブロックには曲がり修正、ラッピング済みクランクを組み付け。

オリジナル鍛造ピストンとL20コンロッドを組み合わせ、ピストンリングの合口調整。

ブロックにピストンを挿入して腰下の完成。

シリンダーヘッドは元のエンジンから降ろして移植するか新たに製作するかは、元のエンジンを分解してから考えます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1806.jpg

RIMG1854_20170108090713da0.jpg RIMG1856.jpg

RIMG1857.jpg RIMG1858.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

EGLI カワサキ H2レーサー製作(3)

RIMG1820.jpg

RIMG1776_20170107095205df6.jpg RIMG1777.jpg

RIMG1780_20170107095208982.jpg RIMG1785.jpg

RIMG1786.jpg

おはようございます。

当分、日曜日はバイク記事を書きます。

まずは、正月の続きで、エグリカワサキH2のチャンバー加工。

一枚目は、チャンバーがエンジン吊り下げプレートの内側に入った仮止め完成画像です。

作業的には、チャンバーのフランジ部分でカット。

取り敢えず、現状のエンジン搭載位置で合う様に少し角度を変更して仮止め。

一応、形にはなりましたが、これでは通常のH2と同じで外側のチャンバーが張り出し、バンク角が稼げません。


そこで、思い切って真ん中部分でもカット、大幅に角度を変更します。

ついでに、凹んだ部分は板金。

チャンバー・センターパイプは、リアタイヤギリギリまで寄せ、全体的に少し下げます。

そして、両外側はエンジン吊り下げプレートの内側に入る様に加工。

違いが分かり難いですが、3本並んだ、フロントから見た画像で、内側に寄せたのが分かると思います。

仮止め確認が済めば取り付けステーを製作。

元のメッキを出来るだけ磨いて溶接。

サイレンサー手前の補強も忘れず溶接し、黒の半艶耐熱塗料で塗装。

本日は、フロントパイプの製作とタンクの塗装まで行います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1787.jpg RIMG1789_201701070952320f5.jpg

RIMG1791_20170107095233464.jpg RIMG1793_2017010709523638f.jpg

RIMG1795_20170107095257e9d.jpg RIMG1796_201701070952584a1.jpg

RIMG1792_20170107095235d95.jpg RIMG1815.jpg

RIMG1826.jpg RIMG1866_2017010714213705d.jpg

RIMG1865_201701071421368d1.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ4ドア 3.1Lエンジン製作(2)

RIMG1872.jpg

おはようございます。

ハコスカ、ハイパワーエンジンを組み始めました。


下の画像は、組み付け途中ですが画像が少ないです。

まずは、クランク・コンロッドまで組み上がった所。

バランス取り済みLD28クランクと、軽量研磨と重量合わせをしたコンロッドです。

シリンダーヘッドは何時もより少し、ポートを大きくしてあります。

ヘッドを載せ、カムチェーンを張ります。

トップマークを合わせて、バルブタイミング計測。

中心角 IN 101  EX 104

ピストンはカメアリ、コンロッドはL14軽量加工、カムシャフトは、カメアリ77Iカム。

ほぼ、フルカメアリ仕様です。

本日中には組み上がりますが、また作業が進めばアップします。

RIMG1873.jpg

RIMG1876.jpg RIMG1882_201701062108072e2.jpg

RIMG1877_20170106210746f53.jpg RIMG1878_201701062107483e0.jpg

RIMG1880_20170106210805aef.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ルノー・キャトル エンジンスワップ(2)

RIMG1861_2017010607402682a.jpg

RIMG1515.jpg RIMG1516.jpg

RIMG1517.jpg

おはようございます。

年末から始めた、ルノーキャトルのエンジンスワップ作業です。

ルノー21のエンジン寸法を測定しましたが、キャトルのフロアー下には大きなフレームが在り、寸法的にはギリギリです。

正確な寸法を計測するため、キャトルのフロアーをカットします。

出来ればフレームは切りたくなかったのですが、大幅な改造が必要かも知れません。


下の画像は取り敢えず、ドナーのエンジンを降ろさないと何も始まらないので、ルノー21のエンジンを降ろします。

流石、フランス車、配線の取り回しから、各パーツの取り付け手順が国産やドイツ、イギリス車とは一味違います。

3~4時間で降ろせると思いましたが、朝から始めて日暮れまでに降ろせませんでした。

エンジンハーネスを室内から抜き、フロントパネルをカット。

パワステやオルタネーター等の補器類を外した所で作業終了。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1514.jpg RIMG1652_20170105182818925.jpg

RIMG1653_20170105182835977.jpg RIMG1855_20170105182836e4a.jpg

RIMG1863_2017010607402715d.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

仕事始め、ハコスカ・ケンメリ

RIMG1838.jpg

RIMG1839.jpg RIMG1840.jpg

RIMG1841.jpg RIMG1843_20170104195637d2d.jpg

おはようございます。

2017年の仕事始めはハコスカの全塗装準備からです。

ボルトが折れない様に慎重に分解しなくてはならないので時間が掛かります。

前周り、フェンダー、ドア補器類まで外れたので、本日は後ろ周りを分解します。


下の画像は、正月明けには予定になかったケンメリHT。

3年ほど前に、F54ブロックと中古パーツを使い、私共で3.1Lを製作。

いずれ、N42ブロックと新品パーツを使ったエンジンを組みたいとの約束通り、3年後の昨年末に作業依頼を請けていました。

ところが、中古パーツで組んだ3.1Lが売れたとの事で、まだニューエンジンはボーリングにも出してないですが急遽エンジンを降ろす事になりました。

午前中に、車両を預かり夕方には梱包まで完了。

チューニングエンジンの注文は他にも在るので、暫く放置になりますが作業が進めば、またアップします。

RIMG1842_201701041953363dd.jpg

RIMG1825_20170104195311223.jpg RIMG1824_20170104195309f4d.jpg

RIMG1832.jpg RIMG1833.jpg

RIMG1834.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

正月明け作業

RIMG1633.jpg

RIMG1636_20170103071939c0f.jpg RIMG1638.jpg

RIMG1639.jpg RIMG1641.jpg

おはようございます。

本日から仕事始めなので、ほとんど作業は進んでいませんが、近日中に入庫するショートボディーのハコスカ1500に搭載するG18エンジンを分解しました。

1500ではパワー的に物足りないがオリジナルの雰囲気を壊したくないと言う事で、1800ccへ換装し、SUツインキャブ仕様にして欲しいとの作業依頼です。

先行して、エンジンだけ送らて来たので分解して内部を確認します。

程度は良いので軽くO/Hするだけで行けそうです。

しかし、久し振りにG型エンジンをバラしましたが、オイルポンプ辺りはS20の造りに似ていて、やはりプリンス系エンジンなんだなと改めて思いましたね。


下の画像は、年末最後にサフェーサーまで入れた510セダン。

本日からブースに入れ塗装開始です。

最後は次に塗装するハコスカセダン。

こちらは、本日から分解と板金開始です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1703_201701030720097b3.jpg

RIMG1702_2017010307200806c.jpg RIMG1704_2017010307201125f.jpg

RIMG1763_20170103072012f67.jpg RIMG1764.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510・2ドアセダン BRE仕様製作(3)

RIMG1648_20170102173722934.jpg

RIMG1649.jpg RIMG1804.jpg

RIMG1733_20170102173725ce1.jpg

おはようございます。

仕事始めは明日からですが暫く放置になっていた510BRE仕様の作業を進めます。

全塗装まで終わってましたが、メンバー等がそのままだったので分解して黒に塗装。

エンジンルームも仕上げます。


下の画像は、足回りを分解。

まず、キャリパーをO/Hし黒く塗装。

年末に、カヤバダンパー、そして新品のカップやブレーキホース等が届きました。

明日から、本格的に作業開始です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1735_20170102173728045.jpg RIMG1734_20170102173726be1.jpg 

RIMG1797_2017010217374870a.jpg RIMG1801_20170102173749942.jpg

RIMG1802.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

EGLI カワサキ H2レーサー製作(2)

RIMG1624.jpg

RIMG1626.jpg RIMG1630.jpg

RIMG1631.jpg RIMG1632_2016123111354806b.jpg

RIMG1701_20161231111748264.jpg RIMG1713_2016123111174945b.jpg

RIMG1771.jpg

おはようございます。

正月ぐらいは仕事を忘れて好きなバイクをイジリます。

私の場合、仕事と趣味の境界線が無いに等しいですけどね(笑)

さて、エグリフレームにホンダCB750エンジンからカワサキH2エンジンへのスワップです。

このH2エンジンは、一時期リックマンフレームに積む事も考えましたが、どうもしっくり来ませんでした。

ところが数ヶ月前、CB750用のエグリフレームにH2エンジンではスカスカになるかな? とは思いながら、取り敢えず仮に合わせて見た所、意外とフィットする事が分かり本気で考え始めました。

まぁ~、前回は無理やり合わせたので、吊り下げマウントブラケットも削って強引に積んだだけでしたが、材木とベビージャッキを駆使?して、おおよそのエンジン位置を出します。

重量バランスを考え、フレームの中心に、そしてスイングアームピボットとドライブスプロケットが同軸近くになる様、セットします。

エンジン位置が決まれば、マウントブラケットの図面を書き、アルミ板をレーザーカットで造り直し交換しました。

エンジンは丁度、真ん中くらいの位置で、右側の削ったブラケットとクランクケースのクリアランスもバッチリ!


下の画像は、左側面から。

フロント吊り下げパイプからステーを出す事も考えましたが、余り見た目が良くないのとチャンバーにモロに当たるので、思い切ってバッサリ、カット。

吊り下げパイプの集合部辺りから少し角度を付けて新たにパイプを造り直し溶接します。

最後の画像でも分かる様に、エンジン位置を含め全体的なイメージはOK!

これだけ綺麗に違和感無く収まると少し、モチベーションが上がりますね。

これから合間を見て、フレームとチャンバーの手直しをします。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1714_2016123111175111f.jpg

RIMG1726_20161231111752826.jpg RIMG1766.jpg

RIMG1768.jpg RIMG1769.jpg

RIMG1774_201612311129119b0.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

NEXT≫
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (8)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE25カローラ カスタム....... (16)
TE27トレノ プチカスタム...... (11)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (34)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (8)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (29)
PB110サニー エクセレント.... (6)
B110サニー セミレス作業..... (2)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (31)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (21)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (29)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (9)
スカイライン・ジャパン作業.... (10)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (29)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (24)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (4)
ハコスカ関連 2017スポット... (15)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (25)
C130 ローレル セミレス....... (13)
ブルーバード510セダン・バン. (34)
ブルーバード510・2ドア/左... (36)
ブルーバード510・2ドア/右... (16)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (14)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (38)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (5)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (6)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (41)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (3)
2017 国産旧車・スポット修理 (2)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (14)
各種エンジン スワップ作業.... (15)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (21)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (15)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (3)
ホンダCB750/CB72 カスタム (10)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (87)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
Am9:00~PM9:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策