240K-GT ケンメリHT 販売

XRhU1loNX3eqLBL1477787079_1477787124.jpg

5_20161030092223164.jpg 2_20161030092218801.jpg

7c1GIm8ZCSur5MH1477787157_1477787172.jpg

おはようございます。

非常に希少な、1974年式スカイライン KGHC10 (KGC110) 通称ケンメリ・ハードトップが入庫します。

この車両は、ニュージーランドで見付けましたが、何と言っても右ハンドルがいいですよね。

ニュージーランドでも非常に希少で、前回市場に出て来たのは2年前です(前回買いそびれました)

車両は、既にニュージーランドを出港して、11月中旬には日本に到着します。

外観は、ほぼノーマル。

現地の友人の話では錆腐りは、ほぼ皆無。

40年以上前の車両とは思えないとの話でした。

リアシートはノーマルですが、フロント2脚はレカロに交換されています。

何と言っても、240K GTのエンブレムが希少性を物語っていると思います。


下の画像はエンジン等。

エンジンは、RB30に換装されています。

ニュージーランドらしいですよね。

日本に届いたら最後の画像の様に、L24+SUキャブのオリジナル仕様に戻したいと考えています。

今なら、プリンス54Rの様にRB26ヘッドに換装したり、L28改、L24改、どの様な仕様でも製作可能です。

RB30のまま、キャブ仕様に変更して、LYクロスフローの雰囲気に製作するのも在りですかね?

色々と、メニューは考えられると思います。

日本に数台しかない(私は見た事が無い)、240K-GTに、興味の在る方は、問い合わせて下さい。

PYnHDPBTRZ4FKmK1477787194.jpg

7_20161030092235ca5.jpg 1_20161030092217e59.jpg

RIMG0342_2016092508271448b.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

スポンサーサイト

Spark 店舗移転(1)

RIMG0362_2016102917134698a.jpg

RIMG0292_20161029171345800.jpg RIMG0125_20161029171343bd5.jpg

RIMG0805.jpg RIMG0819_20161029171400535.jpg

RIMG0838.jpg RIMG0851.jpg

おはようございます。

Sparkは、通常の仕事と並行して店舗の移転をしています。

今まで、2箇所の工場で作業していましたが、1っの工場に集約させ全天候対応にしたいと思っています。

以前から、道を隔てた板金塗装工場のブースと工場内の一部を借りていました。

しかし、先月末で板金屋さんは高齢の為、廃業される事になり、工場全体を借りる事になりました。

今までは、一部として借りていたので、塗装ブース以外は単に屋根付きの置き場でしか在りませんでしたが、自動車工場へと改装します。

偶々、同じく廃業された近くの自動車屋から「リフトを買わないか」とのオファーが在り、2柱リフト3本購入しました。

今月半ばから、置き場にしていた車両を移動し、リフトの据え付け作業を始めています。

せっかくなので、車高の低い車両でも問題無い様に床を掘り、リフトの足を埋め込みます。

最終段階のコンクリートで固める作業を残して工場の右半分は、ほぼ完成。

これから、左半分の中二階を造る作業です。


下の画像は、事務所。

床を水洗いしワックス掛けから行いました。

カウンターや事務机を設置しましたが、少し余裕が在ったので、ホンダCR750を展示。

応接机は、前から在った物を艶消しブラックに塗装し、再利用。

これで、随分と片付きました。

11月中には新たな工場で作業を出来ると思いますが、これからの作業は全て屋内で行いますので、雨に濡れる心配をされていたユーザーさんは安心してください。

工場の環境が良くなり今までより、クォリティーの高い仕事が出来ると思いますので、今後とも宜しくお願いします。

RIMG0818_201610291713492b8.jpg RIMG0857.jpg

RIMG0858.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

S31 3.1L製作及びセミレス(8)

RIMG0853_20161029085847cd7.jpg

RIMG0796.jpg RIMG0810.jpg

RIMG0811.jpg RIMG0815.jpg

おはようございます。

S30の3.1Lエンジンが組み上がりました。

まずは、カメアリ鍛造ピストンとL14コンロッドをドッキング。

ピストンをブロックに挿入して、ビックバルブ入りシリンダーヘッドを載せカムチェーンを張ります。


次にバルブタイミングを計測。

IN100 EX104

新品ロッカーアームを全て取り付け、タペット調整。

最後に、フロントカバーやウォーターポンプを組み付けコンプリートの完成です。

来週にはエンジンを搭載して車検受けまで行う予定です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0820_201610290749270fa.jpg

RIMG0825.jpg RIMG0826.jpg

RIMG0850.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

東京ハコスカ エンジン手直し及び車検(1)

RIMG0689_201610271241082ad.jpg

RIMG0802.jpg RIMG0800.jpg

おはようございます。

東京ハコスカ・セダンが1年振りに入庫。

エンジン手直しと車検に伴う整備をします。

まずは、リア周りからの異音修理。

ハブベアリングからも少し音が出ていましたが、ドライブシャフトのユニバーサルジョイントがガタガタでした。

この、ハブベアリングは音が出ていた箇所だけでなく、左右共の合計4ヶ所交換。

ベアリングはプレスで抜いて、ハブシールも交換します。

次にドライブシャフトのスパイダーを交換。

外側だけでも良いのですが、これも左右共の4ヶ所交換します。

これで車検準備は完了。

エンジンの手直しを行い車検を受けます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0814_20161027124124d49.jpg RIMG0801.jpg 

RIMG0812_20161027124114e3b.jpg RIMG0831_20161027124125ef3.jpg

RIMG0833_20161027124127730.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ケンメリHT車検とL20改製作

RIMG0660_20161026081131e1f.jpg

RIMG0661_201610260811335cf.jpg RIMG0632.jpg

RIMG0662.jpg RIMG0666.jpg

おはようございます。

ケンメリHTの車検が終わり納車まで完了です。

車検の最中でも水温が高かったのでサーモスタットを確認したらケース内で曲がっていました。

珍しいケースですが新品に交換。

そして、車検受け後エンジンの中身は分かりませんがタペット音が煩いので、タペット調整。

最後に、エンジン始動時にセルが「カチカチ」と反応はするが回る時と回らない時が在ります。

これは、キーシリンダーからセルモーターへの配線が経年劣化により電圧不足になる為です。

バッテリーからの直電とキーシリンダーからの電源をリレーで繫いで対策完了です。


下の画像は、L20改用に持ち込まれた、かなり放置されていたL20コンプリート。

相変わらず、L20改の人気は高く、コンスタントに注文が入ります。

エンジンは分解して、ブロックはボーリング、タップ通し、洗浄、塗装と行います。

クランクは、L28ノーマルを曲がり修正し、新品メタルで組み付け。

ピストンは、USAから取り寄せたL24のOEM品(中身は日本製の日産純正品)

コンロッドはL28を使い、ブロックに挿入。

シリンダーヘッドの画像は在りませんが、L20用を最小面研磨、バルブを擦り合わせて使用します。

L28よりバルブは小さいですが、L20の小さな燃焼室により圧縮比が上がり、L28ノーマルよりパワフルです。

オプションでハイカムと強化スプリングを入れると、ほとんどの方が驚かれるほど走ります。

興味の在る方は問い合わせて下さい。

RIMG5004.jpg

RIMG0425_20161026081129849.jpg RIMG0744_20161026081147caf.jpg

RIMG0779.jpg RIMG0792.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

620ダットラ 輸入新規登録(2)

RIMG0783.jpg

RIMG0813_201610250857564a6.jpg RIMG0697_20161025083356eb3.jpg

RIMG0760_20161025083359baa.jpg

おはようございます。

少し時間が掛かりましたが、620ダットラ・キングキャブの新規輸入登録が完了しました。

時間が掛かったのは、製造年月が昭和51年10月で排ガス規制に掛かったからです。

51年9月なら必要なかったのですが、結局、排ガス試験を受けたりと時間が掛かりました。

ブッシュ類のパーツが無く多少苦労はしましたが、取り敢えずナンバーが付きました。


下の画像は、クーラー取り付け。

こちらも苦労しています。

ステアリングギアボックスとコンプレッサーが干渉するので小型のコンプレッサーに交換。

アルミの配管は、アルミハンダで繫ぎます。

近年のアルミハンダは扱い易く薄いパイプ等には、アルゴン溶接より手軽で、強度的にも問題在りませんね。

最後の画像は、ジョイントのビフォーアフター。

見た目も綺麗です。

また、作業が進めばアップします。


RIMG0702_20161025083358d40.jpg

RIMG0762.jpg RIMG0761_2016102508340116d.jpg

RIMG0771.jpg RIMG0777.jpg 

RIMG0773.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510クーペ 修理及び修正(3)

RIMG0728_20161024082713354.jpg

RIMG0709.jpg RIMG0712.jpg

RIMG0710_20161024082657b3e.jpg RIMG0713.jpg

おはようございます。

後少しのセッテイングに苦労している、510クーペです。

手古摺っている理由は、L型4気筒で一番パワーの出る、L20B改2.1L ビックバルブ77度カム仕様は、めったに製作しないので思う様に行きません。

低、中、高速と悪くは無いのですが、高回転を回した後、交差点で止まろうとしたらエンジンストールしたり、偶に高回転が回らなくなったり、毎回違う症状で、キャブや電気周りのセッテイングを変えたりテストしています。

マフラーが細かったり理由は、色々と考えられますが、最後に辿り着いたのは燃料系。

燃圧計を室内に引き込み、走行テスト。

L18改なら、ニスモポンプ1個で十分足りますが、L20B改の場合は足りない様で、7000回転回すと燃圧が0.1㎏まで落ち込む事が在るのが分かりました。

ニスモポンプ2個を並列に繫いでテストして見ましたが結果は、ほとんど変わらず。

ジェットや油面の問題でも無い様です。


下の画像は、燃料の容量不足を解消するため、燃料パイプを引き直します。

ガソリンタンクは、ガソリンを洗い流して、吸入口を太いパイプに交換して溶接。

念の為、ボンドで固定。

ボディー下の燃料パイプを6㎜から10㎜に変更。

再度ニスモポンプを、1個に戻して、レギュレーターを取り付けます。

レギュレーター無しのニスモポンプ燃圧は、0.45㎏ほど。

ソレックスの指定は、0.3㎏位なので、少し高いのですが通常は、レギュレーター無しでも問題なく使えます。

今回の場合は、高回転で燃料の消費が激しく、回転を落とした瞬間に、燃圧が一気に掛かり、僅かにオーバーフローしてエンジンがストールするようです。

燃料パイプを太くし、レギュレーターを付け、燃圧を安定させれば問題を解決出来ると思います。

これからテスト走行をしますので結果は、またアップします。

RIMG0711_201610240826593e2.jpg

RIMG0778.jpg RIMG0782.jpg

RIMG0789.jpg RIMG0794.jpg

RIMG0765.jpg


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510セダン 整備(3)

RIMG0687_2016102208334968b.jpg

RIMG0659_20161022083345883.jpg RIMG0685_201610220833462cb.jpg

RIMG0686_20161022083347e08.jpg RIMG0722.jpg

おはようございます。

持ち込みエンジンを搭載した、510セダンは追加作業の板金作業を終え、車検と納車準備です。

作業的には、部分的作業後、サフェーサーを入れ、ブースで塗装。

職人泣かせの色でしたが、うまく塗れたと思います。

これから、室内の配線をもう少し仕上げて、車検を受ければ納車です。

持ち込まれた、エンジンも調子は良いですね。

残す作業は車検ですので、ブログで紹介するのは最後になると思います。

また、機会が在れば紹介します。

RIMG0729_2016102208340060f.jpg

RIMG0730_20161022083402054.jpg RIMG0731_20161022083403eb2.jpg

RIMG0747.jpg RIMG0732_201610220834052d9.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

プリンスS54R サーキット走行準備(1)

RIMG0369_20161020105106a90.jpg

RIMG0350_20161020105104392.jpg RIMG0613.jpg

RIMG0616_20161020105109e6c.jpg 123935306849df06ec3a953.jpg

おはようございます。

54Rは、本格的にサーキット走行準備をします。

まず、久し振りにゴッティホイールを入れます。

理由は、ピロロアアーム(Aアーム)を製作する為、トレッド及びタイヤ全幅の測定です。

トレッドとは、タイヤの中心から中心の幅を意味しますが、今回はタイヤの全幅を前後で合わせます。

足回りや、タイヤに付いては各チューナーにより考え方が異なりますが、箱車の場合は概ね前後の幅を同じにするのが良いとされます。

測定結果は、フロント173㎝ リア174㎝、中々いい感じです。

トレッドで言えば、フロントの方が、1㎝ほど広い計算になります。

この数値を踏まえて、前後ピロロアアームの調整幅を決めます。

何故、ピロアームが必要かと言えば、着地時に画像の様にロアアームがフラットで在る事。

これは、フルバンプ時にフラットになるのが理想です。

次に、タイロットエンドが完全に逆ハの字になっている事。

車高を下げれば必然ですが、ピロボールに交換して延長シャフトで対応します。

そして、ピロアームを製作する一番の理由が、ロアアーム先端をハンドルを切った時に当たらない様に削って在る事。

車検や慣らし運転程度なら問題ないですが、高速コーナーでGを掛ければ折れる恐れが在ります。

上最後の画像は、ピロロアアームの見本ですが、これならローターに干渉せず、ロアアームが取り付けられます。

まだ、形になっていないので画像は在りませんが、出来上がれば紹介します。


下の画像は以前紹介した、ホリンジャー6速シーケンシャル。

ロアアームを交換する時に同時に搭載予定です。

注文していた、ホリンジャー用スプラインのORCツインプレート・クラッチディスクも届いています。

最後は、これらの作業待ちの間にFRP製リアバンパーの補修をします。

車の移動中にでもバンパーを当てたらしく、メッキ塗装が傷んでいます。

これから、福島県まで送ってバンパーのメッキ塗装補修をして貰います。

次回は少し先になるかも知れませんが、また作業が進めばアップします。

RIMG5268_20161020105126fc1.jpg

RIMG0748_201610201051206c7.jpg RIMG0750.jpg

RIMG0752_2016102010512330b.jpg RIMG0755.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

S30 2by2 セミレス・チューン(5)

RIMG0395_201610201037174d5.jpg

RIMG0758.jpg RIMG0759.jpg

RIMG0757_201610201037215a7.jpg RIMG0756_20161020103720b3f.jpg

おはようございます。

暫く放置になっていたS30 2by2です。

何かで作業が止まると、そのまま長期間開いてしまう事が在ります。

ただ、少しづつですが進んでいます。

まず、全塗装後、エンジンルームを塗装。

前後シートは、パンチングレザーで張り替え車体に仮組み。

バンパーやスポイラー等まで組み付け、エンジン搭載準備をしています。

ホイールもワタナベ15インチに新品タイヤを組み付け用意しておきました。


下の画像は、エンジン。

RB30腰下にBR26ヘッドを搭載し、インジェクションで回します。

腰下は、RB26/1㎜オーバーサイズのピストンを入れ組み付け完了。

シリンダーヘッドは、部品取りに購入したRB26から取り外して使います。

メッキのカムカバーとハイカムは、そのまま使えそうです。

これから、このヘッドをO/Hして搭載します。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0751_20161020103718ac0.jpg

RIMG2980.jpg RIMG4266.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510・2ドアセダン BRE仕様製作(2)

RIMG4532.jpg

おはようございます。

510,2ドアセダンBRE仕様製作の続きです。

ライト類の補器類の組み付けまでは出来ていませんが、一応形になりました。


作業的には全塗装後、前後ガラスが入り、エンジンルームの塗装。

そして、オーバーフェンダー組み付け。

室内をグレーに塗装。

BREホイールは、センターディッシュ部分を黒く塗り、リムは磨いて車体に組み付けました。

最後に、エンジンはL16ノーマルですが、O/H後コンプリートまで仕上がっています。

これから、エンジンMT搭載、補器類の組み付け、輸入新規登録と進めて行きます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3957.jpg RIMG3958.jpg

RIMG4530.jpg RIMG4533.jpg

RIMG0745_201610200928445c8.jpg RIMG0746_20161020092845ab0.jpg

RIMG3507.jpg RIMG0040_20161020092843bb9.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ 4ドア セミレス(2)

RIMG0537_20161019091850784.jpg

RIMG0536_20161019091848d7c.jpg RIMG0485_20161019091836583.jpg

RIMG0501.jpg RIMG0484_201610190918345f2.jpg

RIMG0507.jpg RIMG0642.jpg 

おはようございます。

ハコスカのレストア作業です。

室内のパーツを全て取り去り、ボディーとパネル類を別々板金作業をします。

パネル類は、トランク・ドア4枚・フェンダー左右等、切り継ぎ板金が終わり、サフェーサーまで入りました。


下の画像は、一番腐りが酷かった、リアフェンダー。

赤錆から黒錆に転換させてから、切り継ぎ板金をします。

中々、手強っかたリアフェンダーも形になり、ドア等を一度ボディーに仮止めして、チリを合わせます。

もう少し、板金及び切り継ぎは必要ですが、随分と形になりました。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0534_20161019091840a7f.jpg RIMG0653_20161019091853f36.jpg

RIMG0688_2016101909185549c.jpg


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ 2ドア小整備

RIMG0627.jpg

RIMG0626_20161018091956779.jpg RIMG0629_201610180920018dd.jpg

RIMG0651_20161018092013539.jpg RIMG0698_20161018092017137.jpg

おはようございます。

数か月前に納車した、ハイパワー3.1Lエンジンにウェーバー48を組んだハコスカHTです。

ブレーキの引き摺り音とタコ足にバンテージを巻いて欲しいと持ち込まれました。

リアブレーキは、依然持ち込まれた時にブレーキパットが減って鉄板がローターを削っていました。

新品パットに交換すれが音はしない場合が多いのですが、気になるとの事でローターを研磨。

リア車高調の皿が逆に入っていたので元に戻し、試乗確認でも問題なし。


下の画像は、タコ足を外してサーモバンテージを巻きます。

タコ足、キャブを戻して作業は完了。

少し走って来ましたが、やはり良く走ります。

余りに小気味良いので、ハコスカのデモカーを造りたくなりますが、ベース車両が高騰して手が出なくなりましね。

また、機会が在れば考えます。

RIMG0628_20161018091959b1b.jpg

RIMG0649_20161018092002680.jpg RIMG0693_2016101809201483e.jpg

RIMG0694.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ45 GTR カスタム(3)

RIMG0544.jpg

RIMG0499.jpg RIMG0705_20161017144331aed.jpg

RIMG0670.jpg RIMG0669.jpg

RIMG0703_20161017144330a2e.jpg RIMG0706_20161017144333665.jpg

おはようございます。

45GTRのカスタム作業です。

3ヶ月前にオーダーした、ゴッティレプリカが、ぼちぼち上がって来る頃なので、オーバーフェンダー製作の準備をします。

まずは、車高調製作。

ハコスカストラットに車高調を溶接して造り、54Rのホイールを仮に入れて見ましたが、フロントが随分と食み出ます。

そこで、S130ストラットで、もう一度車高調を製作しました。

キャリパーは、32スカイラインタイプM用、ローターは大径の物に変更します。


下の画像は、エンジンの調子は問題なし。

最後は、フロントとリアにマスキングテープを貼り、カット位置を決めている所です。

S130ストラットに変更したので前後のバランンスが良くなりましたね。

前後とも25mmほどのオーバーフェンダーを製作すれば、タイヤが入りそうです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0521.jpg

RIMG0584_201610171443174b9.jpg RIMG0583_2016101714481187b.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

S31 3.1L製作及びセミレス(7)

RIMG0684.jpg

RIMG0665.jpg RIMG0667.jpg

RIMG0668.jpg RIMG0695_201610160838285db.jpg 

RIMG0696_20161016083830fce.jpg

おはようございます。

S30は、ボディーのセミレス作業が、おおよそ終わりエンジン組み付けに入ります。

まず、持ち込まれたN42ヘッドは、圧縮調整の面研磨後、ポートをインマニに合わせて削ります。

次に、ビックバルブとカメアリ10000回転強化スプリングを組み付けます。

最後に、クロモリリテーナを組み込んだシリンダーヘッドに、カメアリ77度i カムが指2本で回るか確認してヘッド周りは完成です。


下の画像は、ボーリング済みN42ブロックのタップ通しをしている所からです。

ヘッドボルト穴も含め全てのタップ通しが終われば、洗浄、塗装と進めます。

そして、曲がり修正済みLD28クランクを組み付けます。

これから、ピストンを挿入し、ヘッド搭載、バルタイ調整と進めます。

合間に、持ち込まれたオイルパンやカムカバーも洗浄しておきます。

今週中には、ボディー搭載まで進められると思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0540_20161016083805073.jpg RIMG0541_20161016083807071.jpg

RIMG0552.jpg RIMG0675.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

プリンスS54R 8000回転走行

RIMG0608_20161015125821c27.jpg

RIMG0677.jpg RIMG0609.jpg 

RIMG0671.jpg RIMG0673.jpg

おはようございます。

54Rの慣らし運転が終了し、高回転を回す準備をします。

各部の増す締めや、オイル漏れ点検、エンジンとデフオイルの交換。

そして、サーキットやテスト走行時用ビデオ台を造りました。


下の画像は走行開始。

最初は、MJ250 AJ210のセッテイングで、1速2速の走行で8000回転回しましたが、AF計は11.0前後。

画像の通り、プラグが真っ黒なので、AJを220番に変更。

今度は、12.0前後。

12.5~13.0に近い数値が理想ですが現段階では、そこまで詰めません。

4速5速では、もう少し薄くなるのと、これから寒くなり空気の密度が濃くなれば丁度良くなると思うからです。

最後の動画は、リミット8000回転で走行。

1速~2速と2速~3速の8000回転走行動画です。

8000回転時のAF計は、ほとんど11.9を示していましたが慣らしが終わって、いきなり4速全開、9000回転を回す気にはなれませんでした。

それでも、7000回転付近からの伸びが、L型とは一味違うのが分かると思います。

最終的には、リミット9000回転、常用8500回転を目指してセッティングします。

次は、サーキット走行動画を撮りたいですね。

RIMG0610.jpg

RIMG0676.jpg RIMG0678.jpg

RIMG0611_2016101512582462e.jpg RIMG0683.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510セダン 整備(2)

RIMG0640_20161014080022cec.jpg

RIMG0597_2016101408000148e.jpg RIMG0598_201610140800035be.jpg

RIMG0612.jpg RIMG0641_2016101408002485a.jpg

RIMG0601_201610140800043a8.jpg RIMG0602_201610140800068f1.jpg

おはようございます。

エンジンが降りた状態で、残りの作業依頼を受けた510セダンです。

作業的には、エンジンが載り、在る程度の配線周りの整理が出来た時点で始動確認を済ませました。

調子は特に問題なし。

次に車検準備ですが、ブレーキやクラッチのオイルは真っ黒なので、エアー抜きを兼ねて全交換。

ヒーターの交換も終わり室内配線を纏めれば、車検準備完了です。


下の画像は、車検準備整ったと連絡を入れたら板金塗装も頼みたいと追加になりました。

全体的には、綺麗に見えますが、やはり年式的に腐りや錆が浮いてきています。

まぁ~お決まりのフェンダーコーナーやフロントグリル回りです。

フロントグリルやフェンダーは手直し。

一番酷かったのは、右リアフェンダー。

塗装を捲ると昔の板金が錆びて大きな穴が開いていました。

ここは、補修では済まないので切り継ぎ溶接しました。

もう少しで板金作業は終わりますが問題は、このカッパーブラウン色です。

これから塗装職人泣かせの色合わせが待っています。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0638_20161014080021120.jpg RIMG0658.jpg

RIMG0637_20161014080019f47.jpg RIMG0655_201610140800256dd.jpg

RIMG0656_20161014080034179.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

C130 ローレル セミレス(6)

RIMG0647.jpg

RIMG0489_20161013175703d43.jpg RIMG0488.jpg

おはようございます。

130ローレルのレストア作業です。

外装に関しては、ライトベゼル等の塗装も終わり、これから組み付けます。

並行して、車高調も出来上がりました。


下の画像は、前後の車高調を組み付け、これからブレーキ周りの整備をするところです。

そして、室内配線の整理とガソリンタンクの清掃まで完了。

O/H済みソレックス44とヒートプレートまで組み付け、エンジン始動準備が完了です。

一両日内にも始動確認をしたいと思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0622.jpg RIMG0624_201610131757061cd.jpg

RIMG0625_20161013175717f44.jpg RIMG0652.jpg

RIMG0623_20161013175705ae8.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

310TS仕様 製作(16)

RIMG0492_201610120734292eb.jpg

RIMG0410_20161012073412376.jpg RIMG0435.jpg

RIMG0444.jpg RIMG0491_20161012073427053.jpg

IMG_0113.jpg

おはようございます。

310TS仕様は、排ガス試験で手古摺っています。

輸入新規の排ガス試験は10・11モード試験と言い、初日の10モードはエンジンを温め試験をします。

2日目の11モードは、コールドスタートで試験しますが結果データとしては、通常の車検が通る数値の約10分の1程度が合格ラインです。

一般的に旧車の場合は、車検受けの排ガス試験ですら苦労しますが、私共は輸入新規の排ガス試験も何度か経験済みなので何とかなると思っていました。

ソレックスの場合は、インマニに2次空気を吸わせて混合ガスを薄くして試験に臨みます。

後は、現場で点火時期を早めたり遅くしたりの対応で何とかなりましたが前回は、Coが通ればHcがアウト、Hcが通ればCoがアウトで後少しが通りませんでした。

他にも、前回の試験で判明した事は、まずファイナルが低くて時速40㎞まで到達するのにエンジン回転数が低すぎる事。

つまり、アイドリング中はギリギリ合格ラインに入っていても走り出したらアクセルを踏まなければ進まないのでアクセル開度が大きくなり、ガソリンが濃いセッテイングになる事でした。

対策としては面倒ですが、デフをホーシングごと、3.7から4.6に変更。

キャブレターは、そう何度も落ちてられないので、シングルキャブに変更し万全の態勢で試験に臨んだつもりでした。

しかし、結果は後少しの所で届かず。

検査官から指摘を受けたのは、ほとんど合格ラインに入っているが数値を見ていると触媒の容量不足ではとの事でした。

現在は2300ccのオデッセイ用を付けていますが、3000ccクラスの触媒に変更して、再試験を受けます。

首を長くしてお待ちのユーザーさんは、もう少しお待ち願います。


下の画像は、アイドラアームのベアリング化へと注文で持ち込まれたパーツです。

まずは、分解。

そして、センターカラーを製作して、ニードルベアリングを2個圧入して、完成です。

昨日、発送しました。

この様なパーツ製作依頼は偶に在りますが最近、「車検受けだけでもいいですか?」との問い合わせが多いですが勿論OKです。

通常の車検受けから公認・構造変更まで大丈夫です。

見積もり、相談だけでも返答しますので、気楽に問い合わせしてください。

メールは何時でもOK、電話なら朝8時頃もしくは夕方7時以降なら、ゆっくり話せると思います。

RIMG0607.jpg

RIMG0396_201610120734100ec.jpg RIMG0606_20161012073430e06.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ケンメリ車検、510セッティング

RIMG0593_20161011081029abf.jpg

RIMG0533_20161011081020a0d.jpg RIMG0524_20161011081014637.jpg

RIMG0528_20161011081018caf.jpg RIMG0527_20161011081017d66.jpg

RIMG0526_2016101108101584a.jpg

おはようございます。

ケンメリHTの車検受けが入庫。

ケンメリHTは、ほとんどがGTR仕様になっているので逆に、オーバーフェンダー無しが新鮮です。

程度も抜群。

前後のブレーキ清掃他、簡単な整備で車検が通りそうです。

ミッションマウント等、持ち込まれたパーツを組み換え準備完了。

今日、明日には納車です。


下の画像は、セッテイングで手古摺っている510クーペ。

エンジンをO/Hして、程度の悪かったソレックス44からO/H済み40に交換したのですが、どうもしっくり来ません。

中古ですが比較的程度の良い、44に変更してセッテイングやり直しですが、随分と調子は良くなりました。

こちらも、もう数日で納車出来そうです。

RIMG0605_20161011081034042.jpg

RIMG0604_20161011081032bcb.jpg RIMG0603_20161011081031ff9.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

510セダン 整備(1)

RIMG0581.jpg

RIMG0495_20161010133550410.jpg RIMG0497.jpg

RIMG0516_20161010133553d4b.jpg RIMG0522_20161010133554a9e.jpg

おはようございます。

510セダンの持ち込みパーツ組み付けと整備です。

まず、エンジン搭載準備をしますが、タコ足は塗装後バンテージを巻き、組み付け。

そして、持ち込まれたフライホイールはノーマルでしたが、せっかくなので軽量フライホイールを使いクラッチを組みます。

HR30の5速をドッキングさせ、搭載準備完了。


下の画像は、エンジンミッションを搭載した所です。

簡単に始動確認出来そうでしたが、電気ハーネスがバラバラで整理をする必要が在りそうです。

ハーネスの整理を兼ねて、作業依頼を受けていたヒーターユニットを交換します。

現在は、タイラップで適当な物が付いていたのでハーネスの点検をしながら取り外します。

そして、私共に在庫で置いて在った、510純正ヒーターユニットに交換します。

エンジン始動確認までは、もうひと手間掛かりそうですが、また作業が進めばアップします。

RIMG0529_20161010133556882.jpg

RIMG0531.jpg RIMG0580_20161010133607e63.jpg

RIMG0590.jpg RIMG0591_20161010133611fa5.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ4ドア 47年セミレス(9)

RIMG0574.jpg

RIMG0575.jpg RIMG0576_2016100911141916d.jpg

RIMG0573_20161009111415b55.jpg



おはようございます。

ハコスカ47(44仕様)の車検受けが終わり昨日納車完了。

このハコスカのエンジンは、L20改。

クーラーは室内が当時のオプションでエンジン側は最近のパーツを使用しています。

足回りは、MK63ブレーキに前後車高調、15インチのワタナベ。

車体は44グリルと44テール、そして白ガラスが入っています。

調子も良く、気持ち良く乗って頂けると思います。


下の画像は、試乗後気付いた手直し。

マスターシリンダーもマスターバックも新品を使っています。

組み付け時にクリアランス調整はしていますが、長時間走行するとブレーキの引き摺り症状が出ます。

工場内移動や陸運局内を動かす程度では出ない症状です。

新品パーツから当たりが出て、クリアランスが無くなったと考えられます。

マスターバックのプッシュロッドを短く調整し、クリアランスを作り問題は解消しました。

車検時には、タイヤが出ていると指摘されない様に、スポンジのフェンダーモールを貼り付けて行きました。

最後に、ブローバイホースを交換して作業終了。

ユーザーは比較的ご近所さんなので、また紹介する機会も在ると思います。

RIMG0538.jpg RIMG0539_20161009111352394.jpg

RIMG0481_20161009111349161.jpg RIMG0479.jpg

RIMG0572_2016100911135438d.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

EGLI カワサキ H2レーサー製作(1)

RIMG0548.jpg

RIMG5161.jpg RIMG0134_2016100816335476a.jpg

RIMG0135.jpg RIMG0145_2016100816335771d.jpg

RIMG0530_201610081633588ec.jpg RIMG0551.jpg

おはようございます。

54Rは、慣らし中でブログネタにならないので、久し振りにバイクネタです。

以前CB750のエンジンを搭載するつもりで準備していた、EGLI(RAU)フレームです。

久し振りに倉庫から出して来てローリングシャーシまで組み上げました。

リアサスペンションは、赤いスプリングが硬過ぎるので白いワンサイズ柔らかいタイプに変更して組み付け。

今回、倉庫から出して来たのは、EGLIフレームの商談が在った事。

例え売れなくとも、CR750レーサーが入庫し、同じCB750エンジンが2台と言うのも面白くないので、このフレームにカワサキH2のドラックレースエンジンを搭載しようと考えたからです。

エンジンマウントブラケットは、オリジナルから強度を上げた形状でCB750用を新たに製作して在りましたが、同じ様にH2用を製作すれば問題無く搭載出来る筈です。

H2ドラックレーサーも倉庫から出して来て作業開始。


下の画像は、CB750用マウントを取り敢えず組み付け、エンジンを載せて見ます。

マウントブラケットのクランクケースとの干渉部分を削りながら仮り搭載完了。

最後は、チャンバーまで仮組みで仕上げた画像です。

もっと、スカスカになるかと思いましたが、意外とバランスは悪くないと思います。

クランクケース後ろ側で2~3㎝、前側で、5㎝ほど上げれば、バンク角を稼げて、タンク下の隙間も埋まると思います。

チャンバーは、ほとんど造り直しになりそうですね。

ただ、シートカウルや全体的なスタイルは、MVやH2Rを意識して製作しているので、ライムグリーンに塗り直せば、似合いそうです。

この手の作業は気紛れで、やっているので完成時期は未定ですが、また作業が進めばアップします。

RIMG0559.jpg RIMG0560.jpg 

RIMG0562_20161008163425cec.jpg RIMG0561_20161008163423585.jpg

RIMG0571.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ワゴニア エンジンスワップ(6)

RIMG0333_201610071706473bf.jpg

RIMG0330_20161007170644ea7.jpg RIMG0331_2016100717064514b.jpg

RIMG0463_20161007170648fa4.jpg RIMG0464_201610071706508c4.jpg

おはようございます。

ワゴニアのV8ガソリンエンジンから国産ディーゼルターボの1KZへ、スワップし公認車検が終わりました。

エンジンスワップ作業を終え始動確認までは順調に作業が進みましたが、スピードメーターで作業が止まりました。

理由として、1KZ搭載のグランビアは、スピードメーターセンサーをABSセンサーから拾っており、ATからではなかったからです。

ワゴニアオリジナルは、ATからケーブルで拾っているので、スピードメーターセンサーを拾う所が全く無い状態でストップしていました。

そして、思い付いたのがバイク用の電気式スピードメーターです。

これは、バイクのブレーキローター取り付けボルトの頭にセンサーを近付け信号を拾う仕組みです。

そこで、デフのコンパニオンフランジにセンサープレートを造り溶接。

ここから、パルスを拾う様に製作しました。


下の画像は、デフフランジのビフォーアフター。

スピードテストでも問題なし。

そして、取り敢えず車検用にスピードメーターを仮付けし、車検を受けに行って来ました。

最後の車検証は、エンジン型式が、1KZになっています。

エンジンを換装して、車重が90㎏ほど軽くなり、積載重量が200㎏から300㎏に増えました。

これから、メーター類を純正位置に埋め込み、マフラー等の少作業を含め納車準備に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0472_2016100717065957b.jpg RIMG0475_20161007170701c8b.jpg

RIMG0518.jpg RIMG0543_20161007170704732.jpg

RIMG0554.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ジャパンR仕様L20改 製作(2)

RIMG0302_201610060822531c0.jpg

おはようございます。

ジャパンR製作の続きです。

この車両は、事故車からの乗り換えですが、事故自体は玉突き衝突の真ん中の為、前後がクラッシュしているだけです。

その為、程度の良いパーツや足回り等はその事故車から移植します。

まず、前後の車高調を移植。

そして、フェンダーやドアの錆の酷いパネル類も交換します。

フェンダーなんかは多少凹んでいますが、腐りが多いより随分マシです。

最後に、イタズラされた様で凹んでいた天井は雨漏りがしていたので内張りを外し、大雑把に直しました。

これから、リアフェンダーの板金作業と同時にフェンダーカット等のR仕様製作に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0429_20161006082254a4d.jpg RIMG0468.jpg

RIMG0466_201610060822573ee.jpg RIMG0465.jpg

RIMG0467_20161006082258043.jpg RIMG0508.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ケンメリ 4ドア レストア(7)

RIMG4494.jpg

RIMG4524.jpg RIMG0504_201610051640552b3.jpg

おはようございます。

ケンメリ4ドアのレストア作業です。

ボディーは全塗装完了後、パネル類を組み付け、ランチャンネル等のゴム類も交換。

エンジンルームはエンジン搭載準備をします。


下の画像は並行して組み付けているL28改。

ボーリング済みブロックは、オイル穴な加工後、洗浄してニッサンブルーで塗装。

これから、ピストンコンロッドを挿入します。

シリンダーヘッドは、最小面研磨を施しバルブの摺り合わせまで終わりました。

最後は、車両と一緒に持ち込まれたウェーバーキャブ。

余りに程度が悪いので、オーバーホールに躊躇していましたが、そうも言ってられないのでサンドブラストから始めます。

何とか今月中には、エンジン始動確認まで済ませたいですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG5533.jpg RIMG5534.jpg

RIMG0184.jpg RIMG5578.jpg

RIMG4997.jpg RIMG4998.jpg

RIMG0483_20161005164053cf4.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

44 ハコスカ GTR レストア作業(1)

RIMG2242.jpg

RIMG0482_20161004080005cfd.jpg RIMG2243.jpg

おはようございます。

長期で預かり作業をしている、44GTRです。

パネル類は、フロントカウルを交換。

ハコスカは、鉄板のリプロパーツが出ているので助かりますね。

フネンダーとドアは、板金作業は完了。


下の画像は内外装。

まずは、ステップパネルを製作して切り継ぎ。

そして、フェンダーの内側等、錆が酷い所も切り継ぎしていきます。

最後は、一番腐りが酷かったフロアー。

錆を落として、部分補修を考えましたが、バッサリ切り取りフロアーを製作する事にしました。

切り取った理由の一つに、フレーム内側にも腐りが在ったので、その部分も切り継ぎ溶接。

最後は自家製で製作した、波板のフロアーパネル。

これから切り取ったサイズに合わせてカットし、溶接します。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2245.jpg

RIMG0436_20161004080003e0e.jpg RIMG2244.jpg

RIMG0433_20161004080000963.jpg RIMG0432_201610040759599e6.jpg

RIMG0434.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

ハコスカ 4ドア セミレス(1)

RIMG0276.jpg

RIMG0428.jpg RIMG0405_20161003185447e4a.jpg

RIMG0400_201610031854454bc.jpg RIMG0407_20161003185448677.jpg

RIMG0441_20161003185507f36.jpg

おはようございます。

ハコスカ4ドアのレストア作業が入りました。

お決まりのステップ周りとドアフェンダーは腐りが出て穴も開いていますが、フロアー等は比較的しっかりしています。

作業的には、パネル類を全て外して順次切り継ぎしていきます。

まずは、フロントフェンダー左右。

切り継ぎ後、パテを入れ、サフェーサーまで入りました。


下の画像は、ドアの切り継ぎ板金。

運転席側から作業開始。

穴の開いている部分は鉄板を溶接して、パテを打ちました。

これから、助手席側を外して作業を始めます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0438_20161003185503959.jpg RIMG0478_20161003185517f7e.jpg

RIMG0437.jpg RIMG0439_20161003185504de4.jpg

RIMG0476_201610031855150cc.jpg RIMG0440_20161003185505b37.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

130ローレル 仕上げ(8)

RIMG0421_20161002082304b1f.jpg

RIMG0419.jpg RIMG0413_2016100208225866c.jpg

RIMG0420_20161002082303fd8.jpg

おはようございます。

130ローレルのカスタム作業が終わり納車に行きました。

作業的には、ブースに入れ塗装の最終チェックと仕上げです。

まずは、試乗中に動かなくなった燃料計はユニットのアース不良を直し完了。

そして、追加でクォーターのエンブレムが夜間に光る様にLEDを埋め込んで欲しいととの依頼で取り付け。


下の画像は、エンジンルームのチェック。

室内の点検も終え、積載車に積み込みました。

この高価なワイドホイール装着車を積む時は緊張します。

また、どこかのイベントで一緒になった時は紹介します。

RIMG0427.jpg

RIMG0423_2016100208231713f.jpg RIMG0424_20161002082319e76.jpg

RIMG0443.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

プリンスS54Rとポルシェ904R

RIMG5303_20160926074802a8d.jpg

RIMG0210_20160926074727f68.jpg

RIMG0204_20160926074721214.jpg RIMG0206_20160926074722fd0.jpg 

RIMG0207_20160926074724b05.jpg RIMG0208_201609260747259c2.jpg

RIMG0211_20160926074738ffa.jpg

おはようございます。

54Rは、慣らし運転も終えつつ在りますが、走行ついでに友人のショップまで乗って行きました。

この友人は、ポルシェ904のレプリカを持っており、以前から第二回日本グランプリの54Bと904のレースシーン再現の雰囲気を出し、2台でサーキット走行をしようと誘われていました。

ちなみに、54Rは、3350cc車重1060㎏。

この904は、6気筒3000ccエンジン搭載、車重は700㎏。

2台とも当時のオリジナルとは、ほど遠いですが現在のパーツを駆使したチュニング・カスタムカーなのは同じ。

単純にストレートは54Rに分が在り、コーナーリングは904が優勢と考えられますが、面白い勝負になりそうですね。

年内には、どこかのサーキットで2台を走らせたいと思っています。


下の画像は、慣らしを終え、サーキット走行等でのセッテイングまで済めば搭載予定のホリンジャー・シーケンシャル6速ドグ。

専用のワンオフ・カーボンシャフトも出来上がっています。

フロントカバーは、R32タイプM用を洗浄して塗装。

シーケンシャルインジケーター等も準備出来ています。

タイプMフロントカバーとの専用アダプターは、ホリンジャー製。

分割式のインプットシャフトは、整備性が良さそうです。

このホリンジャーSG3は、前後に動かすだけのシーケンシャルシフト、6速ドグミッション、最大トルク63㎏まで対応。

重量33㎏はタイプMとほぼ同じで、OS技研等のGTR用の約半分です。

カーボンシャフトは重量的には、さほど軽くはないですが、ミッションやデフに掛かる負担が半減し、ブロー率を下げる目的で使用します。

ギア比
1速  2.494  2速 1.758  3速 1.418  4速 1.186  5速 1.004  6速 0.881

カメアリクロスの1~5速の間に6速が収まっている様なギア比です。

どちらかと言えばドラック向きではなく、サーキット走行用のギア比ですが、ファイナル次第でどちらにも使えると思います。

実際に使い始めたら、また紹介します。

RIMG5268.jpg

RIMG4854.jpg RIMG5264.jpg

RIMG5265.jpg RIMG5266.jpg

RIMG5270.jpg RIMG5269.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、uncleryo1959@gmail.com

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。

NEXT≫
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (8)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE27レビン トレノ カスタム.. (14)
TE25カローラ カスタム....... (16)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (34)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (9)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (32)
PB110サニー エクセレント.... (11)
B110サニー セミレス作業..... (4)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (32)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
S130Z 2JZターボエンジン... (4)
S130Z 後期仕様 製作....... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (30)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (32)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (12)
スカイライン・ジャパン作業.... (11)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (31)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (24)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (8)
ハコスカ関連 2017スポット... (31)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (27)
C130 ローレル セミレス....... (14)
ブルーバード510セダン・バン. (34)
ブルーバード510・2ドア/左... (38)
ブルーバード510・2ドア/右... (16)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (14)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (38)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (9)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (6)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (42)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (5)
2017 国産旧車・スポット修理 (19)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (15)
各種エンジン スワップ作業.... (16)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (21)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (15)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (4)
ホンダCB750/CB72 カスタム (12)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (91)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
Am9:00~PM9:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策