プリンスS54R 公認車検準備(2)

RIMG4831.jpg

RIMG4816.jpg RIMG4829.jpg

RIMG4827.jpg RIMG4830.jpg

おはようございます。

54Rは、リフトから降ろす前に忘れていたA/F計のセンサーを取り付けます。

面倒ですが、タコ足を外してアダプターを溶接。

普段はメクラ蓋をしておき、センサーは、セッティング時のみ使います。

常時センサーを入れておくとカーボンが付着して短期間で使えなくなるからです。

次に、車検用のワンサイズ細いワタナベ15インチホイルを塗装して組み付けます。


下の画像は、リフトから降ろしてキャブ調整。

3連同調を取り、ターンバックルで3連バランスを調整しました。

そして、シフトブーツを組み付け、車重を計測してきました。

結果は、1020㎏。

ガソリン満タンにすれば、オリジナルの1050㎏とほぼ同じ結果ですね。

これは、想定内ですが、少しは軽くなっているかもと期待した事に関しては、ちょっと残念。

まぁ~、数百メーターですが走行しても全く問題が無いので、一安です。

来週は、公認車検の一環で歪試験を受けて来ます。

詳細は、来週の記事で書きます。

RIMG4834.jpg

RIMG4832.jpg RIMG4819.jpg 

RIMG4836.jpg RIMG4835.jpg

RIMG4833.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


スポンサーサイト

240ZG セミレス(2)

RIMG4824.jpg

RIMG4794.jpg RIMG4849.jpg

おはようございます。

240ZGのレストア作業です。

外装は、ガラスを含め外せる物は全て取り外します。

そして、大きな傷みは無いので小板金作業。


次にエンジンルームも補器類を外します。

並行して、パネル類の板金お及び塗装。

最後は、ボディーの塗装まで完了。

これから、エンジンルームの塗装を行います。

エンジンもチューニングではなく、O/Hだけなので比較的短期間で仕上げる事が出来そうです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4825.jpg RIMG4817.jpg 

RIMG4856.jpg RIMG4857.jpg

RIMG4865.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130ローレル 仕上げ(1)

RIMG4759.jpg

RIMG4743.jpg RIMG4741.jpg 

RIMG4742.jpg RIMG4768.jpg

おはようございます。

130ローレルは、予備検査まで終了。

これから、クーラー取り付け等、仕上げ作業に入ります。

作業的には、ガソリンタンクを清掃組み付け。

そして、エアークリーナーや触媒、キャニスター等の51年規制に合致する様にして車検を受けて来ました。


下の画像は、旧車ではないですが、ワーゲンポロのリアマフラー製作。

リア太鼓は、その辺に転がっていた物を流用。

曲がりパイプを使い、ホーシング上を通して作りました。

中々、いい音します。

RIMG4848.jpg

RIMG4637.jpg RIMG4641.jpg

RIMG4643.jpg RIMG4636.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


B110サニー セミレス(1)

RIMG1290.jpg

RIMG1291.jpg RIMG1539.jpg

RIMG1734.jpg RIMG2430.jpg

RIMG2429.jpg

おはようございます。

以前、販売用として紹介したB110サニークーペのレストア作業です。

他の作業の合間に行っているので、ここまでの作業で半年以上経過しています。

まず、オーバーフェンダーは欠損部分が在り、程度も良くなかったので新品に交換。

フロントスポイラーも仮組して、加工部分をマーキングしておきます。

そして、ブレーキのO/Hを行い、エンジンを降ろす準備をします。


下の画像は、エンジンを降ろしたエンジンルーム。

これから、エンジンルームと外装の塗装をします。

カラーは、まだ思案中。

そして、程度の悪いラジエターはコア換え。

まだ、まだ時間は掛かりますが、合間を見て少しづつ仕上げて行きます。

RIMG2678.jpg

RIMG2679.jpg RIMG2431.jpg

RIMG1545.jpg RIMG4843.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ホンダN360 修理(3)

RIMG4782.jpg

RIMG4783.jpg RIMG4806.jpg

RIMG4810.jpg RIMG4811.jpg

RIMG4814.jpg

おはようございます。

N360作業の続きです。

前回は、ヘッドを搭載した所まででしたが、カムチェーンをカシメてタペット調整をします。

タペットは、画像の様に細いドライバーをロッカーシャフトに入れ、回す事によりシャフトの偏芯分だけクリアランス調整が出来ます。

流石ホンダ・・・昔のバイクなんかに見られる手法ですね。

そして、フルトラキットを組み付けますが、キットと呼べる代物ではなく永井電子のPPKと羽が付属しているだけです。

まず、PPKの取り付けベースは自作しなければならず鉄板を切り出し、ポイントベース板に穴開け、タップ立てまでしなければ取り付けられませんでした。

しかもカットオフ羽は、ポイントローターのカム山を旋盤で丸く落として溶接する様です。

羽の位置指定や、削る量の指定もなく、自分で判断しなければなりません。

よほど、加工に慣れたショップでなければ出来ない作業です。

取り敢えず、PPK取り付けと羽の位置出しまで完了。


下の画像は、トップを出し点火タイミングに合わせて溶接したつもりでした。

ところが、初めての作業で溶接位置を間違え、一度溶接した羽は使えず、新たに鉄板から製作。

今度は、ロー付けに変更して、タイミングもバッチリ!

余計な手間は掛かりましたが無事、エンジン始動確認も終わり、点火タイミングもOK。

ノーマルエンジンの動画は少ないですが、偶にはいいでしょ。

懐かしいと思う人も少なくないと思います。

これから、最終点検が済めば納車となります。

RIMG4837.jpg RIMG4839.jpg

RIMG4842.jpg RIMG4841.jpg

RIMG4840.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ワゴニア エンジンスワップ(3)

RIMG4712.jpg

RIMG4711.jpg RIMG4739.jpg

おはようございます。

ワゴニアのエンジンスワップ作業です。

まずは、ラジエター等の補器類とのクリアランスを考慮して、エンジン搭載位置を決めます。

おおよそ位置が決まれば、仮のミッションメンバーを取り付けます。


下の画像は、ミッションに合わせてエンジン位置を微調整して、エンジンマウント製作。

トヨタ・グランビアのメンバーからブラケットを切り取り、ワゴニアに合わせます。

ワゴニアには、シャーシが在るので、シャーシに直接エンジンマウントブラケットを溶接してマウンティングの完成。

次に、マフラーの出口を計算しながら、ミッションマウントを加工。

これで、エンジン・ミッションの搭載は完了。

これから、エンジンハーネスの整理とプロペラシャフトの加工をします。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4740.jpg RIMG4738.jpg

RIMG4757.jpg RIMG4785.jpg 

RIMG4786.jpg RIMG4826.jpg

RIMG4813.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリGTR仕様 整備

RIMG4631.jpg

RIMG4622.jpg RIMG4744.jpg

おはようございます。

昨年末に、小整備で納めたケンメリGTR仕様が、再整備に入庫。

大きなトラブルを抱えていた訳ではないですが、年式から来る経年劣化と夏場の熱対策に関連する整備です。

まずは、パーコレーション対策としてヒートプレートを組み付け、ジェットの交換。

そして、ローコンプサーモに交換。

次に、点火系はカメアリフルトラを取り付ける事にしました。

ポイント式デストリビューターに赤外線ピックアップを組み付け、フルトラアンプとIGコイルを新品に交換。

接点が不調だったキーシリンダーも分解して清掃。

これで、作業は終了の予定でしたが、タコメーターが動かなくなりました。

通常、カメアリフルトラに交換しても、タコメーターは動く筈なんですが、元々あまり調子が良くなかった電流式から正確な電圧式にメーター屋さんで変更して貰いました。

画像の中で配線が、クルット巻いているのが電流式、タコメーターセンターから配線が出ているのが電圧式です。

これから、メーターを組み付け他各部の点検を済ませば納車となります。

RIMG4633.jpg RIMG4642.jpg

RIMG4650.jpg RIMG4823.jpg

RIMG4732.jpg RIMG4822.jpg

RIMG4737.jpg RIMG4821.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R 公認車検準備(1)

RIMG4383.jpg

RIMG4761.jpg RIMG4750.jpg 

RIMG4751.jpg RIMG4808.jpg

RIMG4753.jpg RIMG4756.jpg 

おはようございます。

54Rは、公認車検準備と小仕上げです。

まずは、ブレーキのエアー抜き。

ブレーキ周りは、ほとんど新品パーツを使っているのでスムーズに作業完了。

次は、サイドブレーキ。

リアセクションはS30用を流用しているのでサイドワイヤーの取り付けは問題ありませんが、デフ位置を25mmほど上げているので、スペース的には、ギリギリです。

サイドレバーは当初から、フロアートンネル上側に取り付けるつもりで、310サニー用を準備はして在りましたが、S30用サイドワイヤー・ジョイント部分と組み合わせたら、寸法的にピッタリ。

ほぼ無加工で、シフト後ろの丁度良い所に来ました。


下の画像は、シフトブーツ。

ミッションが71Cなので、スカイラインタイプM用の純正ブーツを取り寄せました。

ただ、細いフロアートンネルに取り付けるにはサイズ的に大きいので、四隅を切り取り、固定ブラケットをアルミで製作。

アルミ板から切り出し、ゴムに合わせて、アールを付けて製作しました。

後は、ビスで固定すれば完成です。

最後は、車検準備です。

エアークリーナーは、スポンジ式の内径を大きくしてファンネルに被せます。

ここに、ブローバイホースを差し込んで、検査⁻コースに入ります。

これから、足回りの点検やオイルキャッチタンク製作等、もう少し作業は残っていますが、取り敢えず移動できる程度までは、仕上がりました。

明日は、リフトから降ろして、車重を計りに行きます。

FRPパーツを多用しているボディーは軽くなっていると思いますが、RB30エンジンは、G7エンジンより結構重いと考えられます。

果たして、オリジナル重量1050㎏から、軽くなっているのか重いのか製作当初から楽しみにしていた事です。

結果は、来週日曜日!

RIMG4714.jpg RIMG4716.jpg

RIMG4717.jpg RIMG4671.jpg

RIMG4721.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


240ZG セミレス(1)

RIMG4724.jpg

RIMG4722.jpg RIMG4723.jpg

RIMG4725.jpg

おはようございます。

240ZGのセミレス作業が入庫しました。

今回のメインは、元色のマルーンに戻す事とエンジンO/H。

基本的に、ソレックスを付けたりの改造はしません。

ほぼノーマル状態で、交換して欲しいパーツが車内に満載で持ち込まれました。


下の画像は、塗装準備。

ほとんど板金作業が無いので、早々にパネル類を外します。

エンジンを降ろすのに、Gノーズが無い方が都合が良いと言うのも在りますけどね。

そして、昨日の130ローレルのガラスを入れたついでに、ガラス屋が前後ガラスを抜いて帰りました。

ガラス屋の作業と前後して、エンジンを降ろします。

この車両は、47年式ですが何故か後期の角ばったSUキャブが付いています。

当然ユーザーの気になる所で、前期の丸いSUキャブに交換します。

これから、塗装とエンジンO/H作業に入りますが、また作業が進めばアップします。

RIMG4758.jpg

RIMG4773.jpg RIMG4772.jpg

RIMG4726.jpg RIMG4775.jpg

RIMG4778.jpg RIMG4781.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ホンダN360 修理(2)

RIMG4764.jpg

RIMG4685.jpg RIMG4684.jpg

RIMG4686.jpg RIMG4687.jpg

おはようございます。

ホンダN360修理作業の続きです。

まず、メイン修理のプラグホール修正は、内燃機屋で真鍮カラーを入れ、タップを立て戻ってきました。

ついでに、最小面研磨もしておきました。

戻って来たヘッドは、バルブを研磨して、摺り合わせてヘッドのO/H完了。


下の画像は、ユーザーから依頼を請けていたガソリンタンク洗浄。

確かに内部の錆が酷く、錆落とし洗浄剤を入れ時間を掛けて洗い流しました。

同時に、キャブレターの清掃も行いました。

そして、ガソリンタンクを車体に戻して、シリンダーヘッドを搭載。

ピストントップを出し、これからカムのトップと合わせてカムチェーンをカシメます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4695.jpg RIMG4697.jpg

RIMG4696.jpg RIMG4765.jpg

RIMG4771.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


C130 ローレル セミレス(2)

RIMG4649.jpg

RIMG4602.jpg RIMG4727.jpg

RIMG4728.jpg RIMG4729.jpg

おはようございます。

130ローレルのセミレス作業です。

サフェーサーから塗装まで完了。

パネル類の組み付けを始めています。


下の画像は、エンジンを降ろして、エンジンルームの塗装準備です。

同時に、ガラス屋が前後ガラスを入れに来ました。

これで、随分と車らしくなりました。

これから、補器類の組み付けを行います。

そして、並行してL28改3Lエンジンを製作します。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4760.jpg RIMG4766.jpg

RIMG4769.jpg RIMG4767.jpg

RIMG4770.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ4ドア 47年セミレス(5)

RIMG4515.jpg

RIMG4632.jpg RIMG4629.jpg

おはようございます。

47ハコスカのセミレス作業です。

エンジンを搭載して、キャブを組み付け始動確認直前で連絡が在りました。

昔、47年式に乗っていたからと言う事で、47年に拘ったはずだったのですが、白ガラスまで入れたので、やはり前期仕様にしたいとの事。

そこで、急遽部品を集めました。


下の画像は、手に入れた44純正グリルとライトベゼル。

前後バンパー、ボンネットヒンジ、テール及びガーニッシュはレプリカの新品を購入。

テール周りは加工が必要なので板金工場に戻しての作業。

これで、外観は44前期仕様になりました。

これから、新品のマスターバック等を組み付け車検準備に入ります。

エンジン始動確認後、前後の車高調組み付けなど、もう一仕事残っています。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4635.jpg RIMG4634.jpg

RIMG4645.jpg RIMG4748.jpg 

RIMG4730.jpg RIMG4746.jpg 

RIMG4745.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 4ドア 納車準備(2)

RIMG4733.jpg

RIMG4734.jpg RIMG4736.jpg



おはようございます。

ハコスカ45仕様の納車準備です。

セッティングも終わり仕上げも最終段階です。

ハイカム入り、2.7Lエンジンは思っていたより良く走り、いい感じです。


下の画像は、仕上げ作業。

車検を受けた時から、プラグコードを換えたり、ヒートプレート、ファンネルを付けました。

試乗中には問題は無かったのですが、燃料費フィルターに錆が溜まるので、ガソリンタンクを外して清掃。

また、錆は出て来ますが、一度清掃しておくと当分錆の心配はしなくても良いと思います。

最後にリアガーニッシュを組み付け外装の作業は終了。

パワステにもクーラーにも問題なく、小仕上げをすれば納車準備完了です。

RIMG4454.jpg RIMG4448.jpg

RIMG4527.jpg RIMG4543.jpg 

RIMG4463.jpg RIMG4452.jpg 

RIMG4447.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ジャパンR仕様L20改 納車準備(4)

RIMG4577.jpg

RIMG4566.jpg RIMG4567.jpg 

RIMG4562.jpg RIMG4578.jpg

RIMG4582.jpg

おはようございます。

ジャパンR仕様の仕上げ作業です。

まず、テスト走行中にリアワイパーの動きが悪くなり、分解清掃。

単に油切れだった様で、分解清掃だけで直りました。

そして、クーラーガスを入れ、室内もエアコンタイプに仕上がりました。


下の画像は、何年も動かしていなかった車両ですが、これで問題無いかと試乗点検を続けると今度は水温が90度近くになると分かり、ラジエターをO/H。

75度くらいで安定しました。

ラジエターのO/Hを待つ間に、動きの悪かったスピードメーターもO/Hに出しました。

これで、気になる所は、ほぼ解消。

もう少し、試乗点検をして問題が無ければ納車となります。

RIMG4579.jpg

RIMG4701.jpg RIMG4702.jpg

RIMG4644.jpg RIMG4688.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R RB30改エンジンサウンド

RIMG4704.jpg

RIMG4705.jpg RIMG4707.jpg

RIMG4708.jpg



おはようございます。

54Rは、エンジンを掛ける為、久し振りにガレージから出しました。

電気周りの作業も大方終わっているので、喧嘩ワイパーも動きます。

これから、ブレーキやクラッチのエアー抜き、アライメント等の車検整備をします。

動画では、スミス・クロノメトリックタコメーターの動きが少し分かると思います。

メーターは、まだ仮止めですが油圧・水温・油音も問題なし。

まだ、キャブ調整前ですが、中々パワフルで、いいサウンドだと思います。


下の画像は、先週の作業。

まず、ラジエターを組み付け電動ファンもセットします。

そして、タイミングベルトカバーとタコメーターギアを組み付けます。

同時に、タコメーターワイヤーやアクセルワイヤー固定の穴をバルクヘッドに開けます。

次に、このウェーバー50にはアイドリングスクリューが無かったので、3基同時に調整できる様にスクリューを付けます。

どちらもバイク用キャブの物を流用していますが、スペースが無い場合を考えフレキシブルワイヤーも準備しましたが、水パイプの後端に丁度良いスペースが在りました。

アルミ製のインマニが削れない様に丸い鉄板を張り付けアイドリング調整機能の完成です。

各キャブに調整スクリューが在る方がセッティングは容易ですが、一つのスクリューでアイドリング調整が出来るメリットも在ります。

最後に、アクセルワイヤーの固定ステーを造ります。

端材のアルミ板を使い穴を開け、曲げて製作。

ミニクーパーのウェーバー仕様等で見掛ける手法ですが、結構すっきりと纏まったと思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4617.jpg RIMG4679.jpg

RIMG4678.jpg RIMG4620.jpg 

RIMG4619.jpg RIMG4674.jpg 

RIMG4675.jpg RIMG4681.jpg

RIMG4682.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


310TS仕様 製作(11)

RIMG4691.jpg

RIMG3188.jpg RIMG3189.jpg

RIMG3210.jpg RIMG4698.jpg

RIMG3212.jpg RIMG4690.jpg

おはようございます。

B310TS仕様の作業再開です。

止まっていたのは、左ハンドルから右ハンドルへの加工は出来ましたが、ヒーター周りが左ハンドル用では全く合わなかったからです。

ようやく部品取りが見付かり、作業を始めますが、まずシート取り付けフレームの加工をします。

310にダッツンレプリカを取り付ける場合、そのままではシート位置が高く頭が天井に当たります。

そこで、フレームをカットして造り直し、25mm下げました。

これで、175㎝の私が座っても天井とのクリアランスが出来ました。

フロアーを塗装したついでに、ゲート内も塗装。

そして、ヒーターユニット取り付けの為、ダッシュを降ろします。


下の画像は、ヒーター周りと一緒にダッシュも購入したので、程度の良い方を組み付けます。

そして、問題のヒーターユニット。

右ハンドル用は、センターコンソールの左側にファンユニットが在りますが、左ハンドル用は右側に在るので運転出来なくなるのです。

次は、クォーターガラスモール。

メッキが完全に落ちていたので、メッキ塗装で仕上げます。

最後は、エンジン周り。

タコ足、マフラーまでは仕上がっているので、これからキャブを付け、ラジエター等の水周りを組み付ければ始動確認となります。

もう少し、時間は掛かりますが当分は、この310TS仕様を中心に作業段取りの組み立てをします。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4692.jpg RIMG4693.jpg

RIMG4151.jpg RIMG4700.jpg

RIMG4699.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリGTR仕様 セミレス(1)

RIMG4653.jpg

RIMG4655.jpg RIMG4654.jpg

RIMG4656.jpg RIMG4657.jpg

RIMG4661.jpg

おはようございます。

ケンメリGTR仕様のセミレス作業です。

エンジンは載っていませんでしたが、L28改を製作します。

ボディーは、ほぼ、この現状からのスタートです。

塗装とパテを捲って行くと多少の腐りは出て来ましたが、ケンメリ全般と考えれば、比較的程度が良いと言えると思います。

前周りはエンジンルームは一度サフ仕上げまでして在るので問題は無く、フェンダー内部に多少の腐りが在るくらいです。


下の画像は、室内です。

運転席に錆は、在るものの程度はいいですね。

錆取りをして下塗り準備をします。

最後は、中古のオーバーフェンダーは程度が悪いので新品に交換。

追加で頼まれた前後スポイラーと一緒に取り寄せました。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4658.jpg RIMG4659.jpg

RIMG4652.jpg RIMG4651.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ランボルギーニ ウラッコ レストア(5)

RIMG4546.jpg

RIMG4549.jpg RIMG4551.jpg

おはようございます。

暫く、放置していたランボルギーニ ウラッコの作業をします。

取り敢えず、エンジンの始動確認までは終えたのですが、壊れていたキーシリンダーが見付からず、手配する部品出しが出来ずにストップしていました。

壊れていたのは私手に持つ所ですが、修理の目途が付いたので最低限の部品出しをする所まで進めます。


下の画像は、キャリパーのO/H。

30数年倉庫に眠っていたそうですが、ちょっとやそっとではピストンが抜けません。

数日掛けて、ルーセンと振動でピストンを動かします。

熱を加えれば、簡単に抜けますが、シールが手に入らない場合を想定して手間は掛かりますが、時間を掛けて抜きます。

何とか、16個のピストンを抜き、ブレーキ・クラッチの両マスターを分解。

これらは簡単に抜けました。

一番苦労したのが、レリーズシリンダー。

形状は、円柱形のアルファロメオ等と同じタイプの物が付いていますが、固着が酷くキャリパーの様にエアーで圧力を掛ける事も出来ません。

鉄板で専用の治具を造り、トーチで炙りながら何とか抜けました。

久し振りに、ちょっと達成感が残るほどの手間作業でしたね。

これで、ブレーキ・クラッチの部品出しが出来たので、手配します。

クラシックランボの部品が手に入れば、また作業を再開します。

RIMG4558.jpg RIMG4580.jpg

RIMG4621.jpg RIMG4581.jpg

RIMG4612.jpg RIMG4615.jpg

RIMG4616.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


HLS30 仕上げ(4)

RIMG4590.jpg

RIMG4591.jpg RIMG4592.jpg

RIMG4594.jpg RIMG4596.jpg

RIMG4597.jpg RIMG4598.jpg

おはようございます。

先週、業者から小修理で再入庫したHLS30です。

フロアーフレームの腐りが在った部分を切り継ぎ溶接。

右側が酷かったのですが、左側も少し腐りが在ったので、両方共に溶接して、チッピング塗装で仕上げました。


後は、タコメーターやスピードメーター、そしてヒーターも動く様にして作業終了。

私共の作業は、ここまで。

ご近所さんなので、また紹介する機会が在るかも知れません。

RIMG4606.jpg RIMG4611.jpg

RIMG4608.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ホンダN360 修理(1)

RIMG4520.jpg

RIMG4521.jpg RIMG4522.jpg

おはようございます。

私共では珍しい、ホンダN360の修理依頼が在りました。

作業内容は、プラグホール修理と電装系の見直し。


下の画像は、作業手順。

まずシリンダーヘッドを降ろす為には、キャブを外し、カムカバーを捲りロッカアームシャフトを抜きます。

この辺は、バイクのCB750なんかと同じですね。

次に、カムチェーンをチェーンカッターで切ります。

そして、カムチェーンが落ちない様に針金で引っ張りながらヘッドを降ろします。

もし、カムチェーンを落とせば、エンジンを降ろして、クランクケースを割らなければならないので大事になります。

降ろしたヘッドは、バルブの摺り合わせ等のO/Hをしますが、まずはプラグホールの修正。

ネジ山が潰れていると言うより割れているので、内燃機屋に出します。

内燃機屋待ちの間に、パッキンセット及びフルトラキットとプラグコードをN360専門店から取り寄せました。

ウルトラ製のコイルもセットされたキットで、PPKで信号を拾うタイプです。

こんなパーツを扱う専門店が在るのは在り難いですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4534.jpg RIMG4535.jpg

RIMG4537.jpg RIMG4540.jpg

RIMG4539.jpg RIMG4627.jpg

RIMG4628.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130ローレル 組み付け(3)

RIMG4528.jpg

RIMG4526.jpg RIMG4593.jpg

RIMG4529.jpg

おはようございます。

オーバーフェンダーの130ローレルは、公認車検受けの準備をしています。

エンジンの始動確認が終わり、プロペラシャフトは加工から戻って来ました。

カムカバーを交換して車検準備と仕上げ作業を進めます。


下の画像は、私共に車両が届いた時点で欠品だったガソリンタンクです。

C130ローレール用を探すのは不可能に近いので、中古のケンメリ用を流用します。

まずは、スチーム洗浄からガソリンを使った洗浄。

車両に取り付け、ジョイントやホース類を組み付けます。

ホイルも入れ替え、もう少しの作業で車検を受けられます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4514.jpg RIMG4599.jpg

RIMG4600.jpg RIMG4601.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R RB30改エンジン 始動確認

RIMG4563.jpg

RIMG4544.jpg RIMG4545.jpg

RIMG4560.jpg RIMG4568.jpg 

RIMG4561.jpg RIMG4570.jpg

おはようございます。

プリンス54Rは、やっとでエンジン始動確認まで完了。

アクセルワイヤーの取り回しやアイドリングスクリュー等、まだ問題は残っていますが、取り敢えず無事に火が入りました。

まだ、軽く吹かしただけですが、調子も問題ない様で、一安心です。

作業的には、先週のクランキング兼、着火確認後、インマニを組むつもりでしたが、ワンオフ製作の10㎜シャフトは回りが重いので、8㎜シャフトに変更。

10㎜のピロタワーに、ヘリサートを入れ、ネジピッチの細かい8㎜のピロタワーに交換しました。

リンクレバーはウェーバー用を組み付け。

インマニとキャブレターと組み付けるに当たり、ベンチュリー固定ビス締め過ぎるとベンチュリーが変形するので軽く締めワイヤーロック。

取り付けボルトは、キャブに干渉するのでキャップボルトを円錐形に加工して組み付けます。


下の画像は、クランキングでは問題なかったセルモーターが、プラグを入れるとパワー不足で回りませんでした。

RD28用寒冷地仕様のセルモーターを取り寄せ、ピニオンギアをL型用と交換して使用します。

これで、無事エンジン始動。

ただ、動画でキャブの下に手を入れているのは、セルモーターの直結をしながら始動させています。

これは、セルスタータースイッチへの電圧不足だと思われます。

まだまだ、やることは山積みですが、エンジンサウンドを聞いてモチベーションは上がりました。

これから、ラジエターを組み付け、オイル漏れ、水漏れの点検が済めば車検準備をします。

早く、走らせてみたいですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4586.jpg

RIMG4587.jpg RIMG4588.jpg

RIMG4589.jpg RIMG4585.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


HLS30 仕上げ(3) 他

RIMG4517.jpg

RIMG4518.jpg RIMG4519.jpg

RIMG4572.jpg RIMG4573.jpg

RIMG4576.jpg

おはようございます。

3ヶ月ほど前に、業者から動く状態まで仕上げて欲しいとの作業依頼で、一度納めたHLS30です。

私共を出た時とは違い、中々、格好良くなっていますね。

在る程度の仕上げを終え、残った修理をと持ち込まれました。

内容は、スピード・タコメーター回りとヒーター周り、そしてブレーキの不具合。

特にブレーキ周りは、O/Hと新品マスターに交換しても不具合が直らないので見て欲しいとの事でした。

他の作業の合間に少しづつ進めます。

また、作業が進めばアップします。


下の画像は、先日納めたフィット850クーペ。

調子よく乗っていたそうですが、ヒーターからの水漏れで再入庫。

ほとんどのパーツはレストアしましたがヒーターコアのみ手付かずだったので、コア換えを行いました。

交換後、十分と試乗も行いましたが、問題なし。

これで、当分は問題なく長く乗って頂けると思います。

RIMG4322.jpg

RIMG4321.jpg RIMG4335.jpg

RIMG4319.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


RBL 2号機搭載 S30 修理(1)

RIMG3745.jpg

RIMG3747.jpg RIMG3766.jpg

おはようございます。

昨年4月から久し振りにRBL 2号機搭載のS30登場です。

入庫理由は、エンジンからの異音です。

車両は、少し前から入庫していましたが、他の仕事に追われていたのと、L型ブロックとRBヘッドのドッキングによる問題の場合を考えると製作時の手間が蘇り、中々手が付けられませんでした。

ただ、原因不明のまま放置している訳には行かないので、エンジンを降ろしました。


下の画像は、カム周りには異常なし。

当初、バルブスプリングが折れたのかと思う様な音がしていたので、ヘッド周りを疑いましたが、ヘッドに問題はなく、ツインカムへ変更したためのトラブルでは無いので、一安心です。

次に、オイルパンを捲った時点で異音の原因が判明。

オイル切れによる、メタルの焼き付きです。

最大の原因は、ブローバイ排圧により、カムカバー後端の三日月シールが吹き飛び、オイルが噴き油圧切れ。

異常に気付き、オイルを足したそうですが、高速道路の上での事で少し走行した後、オイルを追加したので間に合わなかった様です。

メタルトラブルは、通常のL型チューニングエンジンでも良く在る事です。

何より、RBヘッド搭載やギアトレーン等、特殊加工に問題が無いのが幸いです。

現状は、コンロッドに焼きが入り使えませんが、クランクを修正するか新品に交換するか思案中。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3790.jpg RIMG3791.jpg

RIMG3792.jpg RIMG4553.jpg

RIMG4556.jpg RIMG4557.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


C130 ローレル セミレス(1)

RIMG4362.jpg

RIMG4361.jpg RIMG4363.jpg

RIMG4389.jpg RIMG4493.jpg 

おはようございます。

数か月前に紹介した、130ローレルのレストアを始めました。

まずは、前後のガラスを抜いたら、リアガラス下から腐り部分が出てきました。 

いくら見た目が良くとも、40年前の車両なので何も無いと言う事は、まずないですね。

130ローレルのガラスは貼り付けなので、問題が無ければモールを外すだけで塗装をしますが、今回は念のため前後とも外しました。

リアは、欠損部分を切り継ぎして成形。

フロントは、錆を落とすだけで問題ありませんでした。


下の画像は、リアガラス周りの補修です。

板金が終わりパテまで入りました。

これから、エンジンを降ろして、エンジンルームの塗装準備をします。

その間に、フェンダー等のパネルの板金を終え、全塗装と同時に行える様にします。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4492.jpg RIMG4541.jpg

RIMG4509.jpg RIMG4542.jpg 

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ジャパンR仕様L20改 納車準備(3)

RIMG4512.jpg

RIMG4485.jpg RIMG4499.jpg

RIMG4502.jpg RIMG4500.jpg

RIMG4501.jpg

おはようございます。

ジャパンR仕様L20改の納車準備です。

まずは、追加で頼まれた3連メーター取り付け。

コンポの代わりにコンソールに収めました。

各メーターの取り出し口は専用のオイルブロックを挟んで対応。

残すは、クーラーだけですが、コンプレッサーやコンデンサー電動ファン等は組み付け完了。


下の画像は、クーラーユニット。

クーラーと言うより、純正のヒーターの後ろに入れ、ファンは一つなので、エアコンですね。

何とか目途が立ち、組み付けを始めています。

納車まで、もう一息です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4525.jpg

RIMG4516.jpg RIMG4538.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ワンオフ ピストン・コンロッド製作 積車全塗装

RIMG4504.jpg

RIMG4503.jpg RIMG4446.jpg 

RIMG4456.jpg RIMG4457.jpg

おはようございます。

3ヶ月ほど前に、2TG改2000cc用のワンオフ、ピストン・コンロッドの注文が在りUSAから届いたので紹介します。

2TGのチューニングをする場合、一番のネックは短いコンロッドによる、コンロッドの振れ角です。

これは、れんかん比と言われ、高回転を回すには必修条件です。

ピストンピンハイトを下げて、尚且つコンロッドの延長をする為には、両方のワンオフが必要となりオーダーを頂きました。

今回は、CPピストンですが、JE・ワイセコ・アリアス等のピストンでも製作可能です。


次は、偶に注文が入る、アイドラアームのベアリング化。

新品のアイドラアームは、ゴムブッシュで支えられているので、手では回らない位重いのが普通です。

それをニードルベアリングに交換するので、ハンドルが軽くなる上、遊びが減りダイレクト感が増します。

ただ、中々ぴったりと内外径がゴムブッシュと合うサイズのベアリングは無いので、間にカラーを挟んで寸法を合わせます。

多少の時間は必要ですが、ワンオフ、ピストン・コンロッドを含め、アイドラアーム等の製作も請けています。

特に海外製のパーツは、昨年に比べ円高で10~20%安くで製作出来るので、お得だと思います。

興味の在る方は、問い合わせて下さい。


下の画像は、私共の積載車です。

現在14年落ちですが、まだ後10年は乗りたいので全塗装する事にしました。

まぁ、何年も前から塗りたいとは思っていましたが、塗装場を占領してしまうので、他の作業とのタイミングを考えると中々踏み切れずにいました。

しかし先月、走行中に錆による劣化で後部の鳥居が折れました。

直ぐに、鳥居は撤去してフラットに造り直しましたが、この部分や天井の傷み、フロントの凹み等が気になり短期で塗装する事にしました。

もう少し派手なカラーも考えたのですが、オジサン好みの渋いシャンパンゴールドを選択。

作業開始から、おおよそ5日間の突貫作業ですが、中々いい感じに仕上がりました。

綺麗になった積車を皆が大事に乗ってくれる事を願います。

RIMG3427.jpg

RIMG3426.jpg RIMG3444.jpg

RIMG3543.jpg RIMG4429.jpg

RIMG4444.jpg RIMG4443.jpg

RIMG4450.jpg RIMG4466.jpg

RIMG4498.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130ローレル 組み付け(2)

RIMG4496.jpg

RIMG4338.jpg RIMG4393.jpg

RIMG4394.jpg RIMG4507.jpg

RIMG4392.jpg RIMG4490.jpg

おはようございます。

ワイドフェンダーのC130ローレルは、組み付け作業中です。

一度、タコ足とキャブまでは組みましたが、前回の更新を見て「バンテージを頼んでいた」と連絡が在り、タコ足を外してバンテージを巻きます。

連絡が早かったので、まだ、マフラーも付いていなくて助かりました。

次にソレックス50を組み付け、仮のヒートプレートを取り付け点滴でガソリンを注入しながら油面調整をします。

ソレックス50の油面調整は結構シビアで作業中に、オーバーフローする事が非常に多いです。

オーバーフローしたガソリンがバンテージに付着すると汚くなるのと火災も怖いので、ガソリン除けのプレートを付けて作業します。

それらの作業中に71C用のミッションマウントゴムや強化のブラケットラバーも届きました。

そして、ユーザーさんから送られてきた、ワンオフカムカバー。

ちょっと、やり過ぎ感も在りますが、過激なオーバーフェンダーとマッチして面白いですよね!


下の画像は、欠品だったプロペラシャフトは前回の車検用に突貫で製作した物だったので、今回は旋盤溶接加工で、きちんとバランスの取れたペラに交換します。

車幅公認を含め、再車検を受けるのでマフラーも触媒付きの物を組み付けます。

随分と時間は掛かりましたが、ようやく先が見えて来ました。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4505.jpg

RIMG4497.jpg RIMG4506.jpg


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R RB30改エンジン クランキング

RIMG4474.jpg

RIMG4487.jpg RIMG4486.jpg

RIMG4467.jpg RIMG4469.jpg

RIMG4482.jpg

おはようございます。

54Rは、オイルを入れクランクキングまで完了。

油圧チェックと火花の確認をします。

油圧計が上がるほどでは無かったですが、油圧もプラグの火花も文句無し。

来週には、始動確認まで終えたいと思っています。

まずは、イベント様に仮組みだったカムカバーは、ブローバイバッフルを組み付け本組み。


下の画像は、トランク内の電磁ポンプ周りのガソリン配管とバッテリー・メインハーネスを全て組み付けます。

そして、クランキングさせる前にタコメーターギアの取り出しを仕上げます。

寸法的には、以前に合わせてあるので、ギアを回す切り込みシャフトをロールピンで固定。

これを、カムに固定して、クランク角センサー等の配線を終え、クランキング準備完了です。

続いて点火時期等はコンピューター管理なので、エンジンルームのガソリン配管やキャブの準備をします。

ウェーバー50キャブは、アウターベンチューリーの交換を終え、ファンネルのセンター出しをします。

最後に、マニ側にはニスモデリバリーパイプをキャブの下に取り付ける様に加工。

これで、ガソリン配管の準備も全て完了。

後は、リンケージ周りを仕上げてキャブを組み付ければ始動確認が出来ると思います。

では、また来週。

RIMG4477.jpg RIMG4480.jpg

RIMG4470.jpg RIMG4473.jpg

RIMG4483.jpg RIMG4479.jpg

RIMG4478.jpg RIMG4481.jpg 



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ジャパンR仕様L20改 納車準備(2)

RIMG4354.jpg

RIMG4360.jpg RIMG4386.jpg

RIMG4464.jpg RIMG4465.jpg

おはようございます。

ジャパンR仕様は、マフラー出口と干渉していたボディーパネルを補修しての納車準備の筈でしたが、クーラー取り付けを忘れていました。

まずは、マフラー出口付近は塗装まで完了。

リアワイパー周りやスピーカーボードも完成。


下の画像は、一苦労しそうなクーラー関連です。

コンプレッサーは通常のL型と同じなので問題ありませんが、クーラーユニットは中々の難題です。

画像では分かり難いですが、助手席左側に付いているのがファンユニットです。

つまり、左端にファンが在り、次にクーラーユニットそして、センターコンソール裏にヒーターユニットが在るのです。

本来、ジャパンはエアコン付きなので、クーラーユニットはエバポレーターだけなのです。

どうせなら、エアコンタイプにしたいので、手持ちのエバを倉庫から出して来ましたが、帯に短し襷に長し状態。

新品のクーラーユニットを分解してもサイズが合いません。

もう少し他のユニットを探している合間に、クーラーコンデンサーに電動ファンを組み付け。

追加で頼まれた、カメアリ3連メーターを取り寄せました。

クーラーの作業と同時進行で、これらのパーツを組んで行きます。

また作業が進めばアップします。

RIMG4449.jpg RIMG4451.jpg

RIMG4460.jpg RIMG4462.jpg

RIMG4461.jpg RIMG4459.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


NEXT≫
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (9)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE25カローラ カスタム....... (16)
TE27トレノ プチカスタム...... (11)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (34)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (8)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (31)
PB110サニー エクセレント.... (6)
B110サニー セミレス作業..... (2)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (31)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (26)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (29)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (10)
スカイライン・ジャパン作業.... (11)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (30)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (24)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (6)
ハコスカ関連 2017スポット... (18)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (27)
C130 ローレル セミレス....... (14)
ブルーバード510セダン・バン. (34)
ブルーバード510・2ドア/左... (37)
ブルーバード510・2ドア/右... (16)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (14)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (38)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (7)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (6)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (41)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (4)
2017 国産旧車・スポット修理 (7)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (14)
各種エンジン スワップ作業.... (16)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (21)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (15)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (3)
ホンダCB750/CB72 カスタム (10)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (89)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
Am9:00~PM9:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策