ケンメリ 4ドア レストア(6)

RIMG4431.jpg

RIMG4369.jpg RIMG4430.jpg

RIMG4387.jpg RIMG4436.jpg

おはようございます。

ケンメリ4ドアは、おおよその塗装が終わり残すはトランクルーム塗装だけとなり室内やエンジンルームの組み付けを進めています。

まず、前後のガラスを入れます。

そして、ドアガラスやアウターハンドルやモール類を組み付け。


下の画像は、前回洗浄したフロアカーペットを敷きシートを組み付け。

エンジンルームは外した小物を取り付けているところです。

これからトランクルームの塗装と3Lエンジン搭載準備をしていきます。

作業が進めば、またアップします。

RIMG4435.jpg RIMG4388.jpg

RIMG4437.jpg RIMG4434.jpg

RIMG4433.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。




スポンサーサイト

ハコスカHT 3.1Lエンジン製作(7)

RIMG4409.jpg

RIMG4293.jpg RIMG4320.jpg

RIMG4374.jpg RIMG4359.jpg

RIMG4391.jpg

おはようございます。

3.1Lエンジンを搭載した、ハコスカHTはクーラーを取り付けます。

純正オプションの吹き出し口が在ったので、外品吊り下げユニットと合体させて製作。

結構、すっきりとしたと思います。

次は、キャブのセッテイング。

油面は、8㎜厚の板をゲージ代わりに使い、フロートの高さを調整。

メイン・エアーは勿論、ポンプジェットも交換してセッテイング完了。

もう少し慣らしは必要ですが、十分パワフルで申し分なし。


下の画像は、セッテイング中に、さほど車高も低くないのに、走行バウンドでタイヤがヒットします。

リアのオーバーフェンダーを外してみると、カットが浅いと判明。

オーナーと相談の結果、20~25mmカットする事にしました。

まず、継いで在る部分は溶接ではなく、リベット止めでした。

私共では、オーバーフェンダー取り付け穴ギリギリまでカットして、裏板は溶接します。

溶接が出来たら、シーラーを塗り、裏側はチッピング塗装を施し完成です。

これで、極端に車高を下げなければ干渉しないと思います。

もう少し仕上げ作業を行えば納車です。

ご近所さんなので、また機会が在れば紹介します。

RIMG4410.jpg

RIMG4412.jpg RIMG4413.jpg

RIMG4418.jpg RIMG4420.jpg

RIMG4419.jpg RIMG4423.jpg

RIMG4424.jpg RIMG4426.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ワイドホイール好き、ハコスカ4ドア 2台

RIMG4353.jpg

RIMG4352.jpg RIMG4351.jpg

おはようございます。

日曜日は、梅雨の合間を縫って、ワイドホイル大好きな、ハコスカセダンが2台が揃いました。

まず、赤のセダンはソレックス50に換装し、シートベルトを取り付け、セッティング後に納車完了。

次は、3.1Lへのグレードアップを考えているそうです。


下の画像は、常連さんナローデフ仕様のハコスカ4ドアです。

今度は、ゴッティーを入れて見たいと54Rのホイルを合わせて見ました。

元々、9Jが入る様にナローデフ仕様にしたのでタイヤを少し細くすれば問題なく入ります。

ガンメタ系のホイルを持てば、ハヤシレーシングのバフ系と2度楽しめますからね。

これで、ゴッティーは先日のGTRに続いて、2セット目の注文になります。

2台共に、少し先になるでしょうが作業を始めれば、また紹介します。

RIMG4399.jpg

RIMG4396.jpg RIMG4397.jpg

RIMG4400.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ45 GTR カスタム(2)

RIMG4401.jpg

RIMG4168.jpg RIMG4169.jpg

RIMG4318.jpg RIMG4402.jpg



おはようございます。

2週間ほど前に、ガソリンタンクの清掃を終え、エンジン始動準備をしていたハコスカGTRです。

取り敢えずキャブは、そのまま始動させようと思いましたが、内部を見たら錆が溜まっていたので、清掃O/Hをする事にしました。

そして、キャブを組み付け始動確認しましたが、10年以上眠っていたS20としては、アイドルングの安定といい、抜き上がりも調子はいいですね。

ただ、タペット音とカムチェーンの音が少し出ている様です。

エンジンをどうすかは、これから相談しながら決めて行きます。


下の画像は、注文していた足回りの部品が届きました。

まず、ワイドホイルを入れので、フロントにはローターオフセットが少ないS130用のストラットを使います。

余談ですが、錆び付いたローターとハブを分割させるのは至難の業ですが、プレスを使えば簡単に抜けます。

キャリパーは、S14用をO/Hして使います。

ローターは、300㎜の15インチ用。

S130ノーマルと比較すれば大きさが良く分かると思います。

これで、ブレーキの効きは非常に良くなります。

最後は、シルクロード製のフルタップ車高調とS130ストラットを分解した物。

これから、ストラットをカットして、車高調を製作します。

足回りが完成すれば、オーバーフェンダー製作に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4375.jpg RIMG4378.jpg

RIMG4404.jpg RIMG4406.jpg

RIMG4403.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R ボディー仕上げ(11)

1_20160625082630b69.jpg

2_20160625082631244.jpg 3_20160625082633865.jpg

39_20160625082645a5f.jpg 37_20160625082634fa9.jpg

38_20160625082636c2d.jpg

おはようございます。

54Rは、先週にクランキングまで行いたいと書きましたが、細かな仕上げ作業に時間を取られて至りませんでした。

ただ、クランクキングの段取りまでは仕上がったので来週には、もう少し進んでいると思います。

クランキングとはキャブを付けずに、セルを回してエンジン内部にオイルを回しながら点火確認を行う事です。

この作業で問題無ければキャブを取り付け、ガソリン配管をすれば、エンジン始動確認が出来ます。

慣れない作業の、ワンオフハーネスやRB26の点火専用に改造したCPUが、うまく作動してくれる事を願います。


作業的には、オイルエレメントブロックにスミス油圧計と油温計の取り出し口を改造して組み付けます。

ネジピッチがスミスはインチピッチなので、アタッチメントはワンオフです。

そして、コラムシャフトのバルクヘッド側固定プレートを本溶接して塗装。

同じくコラムシャフトのハンドル側のステーも本溶接して塗装。

コラム周りは本組まで完了。

これで、追加メーターを含めてメーター周りとハンドル周りの作業は一段落です。


下の画像は、エンジンを積む前にセンター出しをしたつもりだったパワステポンプ。

ポンプの配管等が残っていたので仮止めだったのですが、ちゃんとベルトを張ると、まだ4mmほどセンターがズレています。

本来、パワステポンププーリーは、クランクプーリーの3段目に付くので、1段分オフセットしなければならない無理が在ったのです。

最終的に、ポンプ側4mm研磨し、反対側に4mmのアルミカラーを入れ、ベルトセンターを合わせました。

同時に、パワステ配管も高圧側に一部ワンオフのステンレスホースを使い製作。

パワステ周りの作業も完了。

これで、問題なくパワステは作動すると思います。

何とか、来週はクランキングを行い、再来週にはエンジン始動確認と先が見えて来ましたね。

では、また来週。

41.jpg 40.jpg

RIMG4385.jpg 42.jpg

43.jpg 44.jpg

45.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリ 4ドア レストア(5)

RIMG4340.jpg

RIMG4193.jpg RIMG4206.jpg

RIMG4342.jpg

おはようございます。

ケンメリ4ドアのボディー塗装が終わりました。

次に、エンジンルームは外せる物は出来る限り取り外して塗装。

これだけでも随分と雰囲気が良くなります。


下の画像は、前回サイレントパットを張り付けた室内も塗装完了。

フロアーカーペットは少し傷みは在るが十分使えそうなので、洗浄して乾燥させています。

残すはトランク内の塗装ですが、程度は悪くないので塗るだけで行けそうです。

そして、室内とトランクから降ろしたパーツは畳2枚分は在り、早く組まないと置き場所に困りますね。

ただ、タコ足は45パイの等長タイプで錆を落とせば問題ないですが、この錆々のウェーバーをO/Hするのは手古摺りそうですね。

これから、ボディーパーツの組み付けと3Lエンジン製作の同時進行に入ります。

作業が進めば、またアップします。

RIMG4341.jpg RIMG4350.jpg

RIMG4370.jpg RIMG4372.jpg 

RIMG4373.jpg RIMG4371.jpg 

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3.1Lエンジン製作(6)

RIMG4316.jpg

RIMG4226.jpg RIMG4234.jpg

RIMG4235.jpg RIMG4245.jpg

RIMG4312.jpg RIMG4313.jpg

おはようございます。

ハコスカHTは、公認車検受けが終わりセッテイング中です。

エンジンの始動確認までは済んでいますが、ホースから造り直したオイルクーラーを取り付けます。

これで、クーラーコンデンサー用の電動ファンとは干渉しません。

オイルクーラーが付いたら、L28とリアディスクの公認車検を受けます。

画像は、L28とリアディスクの改造概要等説明書です。

これが、在れば後は普通の車検と、ほとんど同じです。


下の画像は、車検が終わったので本格的なセッテイングを行います。

クーラーの事も考え、ファンシュラウドを取り付け、アイドルジェットからメイン・エアージェットと乗り易く、パワーの出るジェットを探ります。

現在は、IJ65 MJ210 AJ240 

これで、パワー的には問題なく、IJからMJへの切り替わりの2~3000回転のみ谷が出来ます。

最後に動画も撮りましたが、サウンド及びレスポンスは、いい感じです。

もう少し、色々試して、クーラーの取り付けを完成させれば作業終了です。

納車まで、もう一息です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4348.jpg

RIMG4345.jpg RIMG4349.jpg

RIMG4331.jpg RIMG4347.jpg

RIMG4346.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130ローレル 組み付け(1)

RIMG3659.jpg

RIMG3724.jpg RIMG3726.jpg

RIMG4265.jpg RIMG4324.jpg

おはようございます。

暫く放置していた130ローレルの作業を再開します。

エンジンを降ろして、エンジンルームを塗装して作業が止まっていました。

まずは、71CミッションにL型用のベルハウジングを組み付けます。

そして、O/H済みのソレックス50をインマニに組み付け、ロングファンネル付きのコンプリートにします。


下の画像は、軽く洗浄してリアタイヤに225のセミスリから、245のラジアルに変更。

一段とフェンダーとフィットしました。

次に、エンジンに71Cミッションをドッキングさせ、車体に搭載します。

そして、タコ足、キャブと順に組んで行きます。

数日内には、作動確認まで済ませたいですね。

作業が進めば、またアップします。

RIMG3870.jpg

RIMG3533.jpg RIMG4315.jpg

RIMG4317.jpg RIMG4325.jpg

RIMG4330.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ4ドア 3L ソレックス50装着

RIMG4273.jpg

RIMG4272.jpg RIMG4264.jpg 

RIMG4276.jpg RIMG4278.jpg

RIMG4280.jpg RIMG4281.jpg

おはようございます。

今年の2月に、3Lエンジンを搭載して納車したハコスカ4ドアです。

今回は、ソレックス50に換装して欲しいと、少し前にキャブ本体は送られて来ていました。

そして、ソレックス50のO/Hが出来上がったので車両を持ち込んで貰いました。

元はソレックス40ですが、排気量に見合う様にアウターベンチュリーを抜いてセッティングしてしてあるので極端なパワーアップにはなりませんが、見た目の迫力と次回のステップアップを視野に入れてのキャブ交換だそうです。

キャブに合わせて、インマニも50用に交換しているので、ポートの段を削ります。

まず、39パイのインマニガスケットに合わせてマーキングをして、ポート内にマスキング紙を詰め込みます。

そして、周りにグリスを塗り、研磨します。

後は、綺麗に拭き取り、キャブを組み付ければ作業終了です。


下の画像はキャブ調整とセッテイングを行っています。

これから数日、一番パワーの出るジェットを探って週末には納車予定です。

また、機会が在れば紹介します。

RIMG4288.jpg

RIMG4282.jpg RIMG4284.jpg

RIMG4283.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


510ブルーバード・クーペ 納車準備

RIMG4093.jpg

RIMG4103.jpg RIMG4114.jpg

RIMG4121.jpg RIMG4122.jpg



おはようございます。

Z20の腰下にL18ヘッドの2065ccエンジンを搭載した510HTの納車準備です。

排気量の公認車検が終わり、ホイルタイヤやファンネルを戻します。

そして、キャブ調整とジェットセッティングを行いました。


下の画像は、仕上げ作業です。

元々付いていたBREタイプのフロントスポイラーの幅をフェンダー一杯まで広げて欲しいと頼まれていました。

ネットで、取り寄せて見ましたが、やはり同じ幅なので、真ん中で切り継ぎ延長。

塗装を施し、作業は全て完了です。

数日内には陸送屋に引き渡します。

今回は、エンジンチューンと車検受けがメインの作業でしたが、2年前に1750ccエンジンと車検を受けましたので、また2年後に戻って来て欲しいですね。

RIMG4181.jpg RIMG4196.jpg

RIMG4277.jpg RIMG4286.jpg

RIMG4285.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3Lエンジン搭載他、整備(4)

RIMG4173.jpg

RIMG4192.jpg RIMG4172.jpg

RIMG4180.jpg RIMG4244.jpg 

おはようございます。

ハコスカHTのセッティング及び納車準備です。

クーラーを組み付け、オーバーヒート対策としてファンシュラウドも取り付けます。

クーラーガスを入れ試乗。

この時点では、空吹かしだけなのでアイドリングも安定して問題は在りませんでした。


下の画像はセッティング及び点検整備です。

走り始めたら、5000回転以上回らない事に気付きました。

ジェットを交換したり、デスキャップ・ローターを新品に交換し、IGコイル周りの配線を点検したりと思い付く所は全て点検。

燃圧や点火時期は勿論最初に見ました。

それでも問題は見付からず、コンプレッションを計り、バルブタイミングの点検まで行いましたが問題なし。

最後には、エンジン本体に何かミスが在るのかと、シリンダーヘッドを降ろすつもりで、キャブやタコ足を外した所で、マフラーに消音機が付いている事に気付きました。

直径20パイ足らずの出口では、50ccの原付用と変わりません。

これでは、排気が後ろで詰まって回らない筈ですね。

目立たない様に奥に付けて在ったのと排気音が極端に静かでは無かったので全く気付きませんでした。

この消音機を外しただけで問題は解決しましたが、消音機無しでは結構な爆音です。

消音機を付けた理由も頷けますが、おかげで二日ほど無駄な時間を費やしました。

これから再度セッティングを行い近日中に、納車します。

ご近所さんなので、また紹介する機会も在ると思います。

RIMG4240.jpg RIMG4171.jpg 

RIMG4231.jpg RIMG4237.jpg

RIMG4232.jpg RIMG4229.jpg

RIMG4253.jpg RIMG4251.jpg 

RIMG4249.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R ボディー仕上げ(10)

RIMG4115.jpg

RIMG4018.jpg RIMG4146.jpg

RIMG4155.jpg RIMG4207.jpg

おはようございます。

54Rは、他の作業の合間なので思う様には進みませんが、始動確認に向け少しづつですが着々と形になって行きます。

まず、インナーフェンダーのタコ足が干渉する部分はカットして、溶接塗装。

先週に、エンジン手直しは終わっているので車体に搭載。

ミッションボルトや補強プレート、そしてセルモーター等を組み付けます。


下の画像は、タコ足を組み付け、パワステホースの取り回しをします。

そのまま、ホースを組み付ければタコ足に干渉するので、インナーフェンダーに穴を開け、ホイルアーチ側にホースを回します。

これは、熱対策にもなりますね。

そして、ラジエターには薄型大径の電動ファン。

インマニはブラスト処理。

ウェーバー50キャブは、オリジナルの44から46パイのアウターベンチュリーに変更。

エンジンにキャブレターの装着準備をします。

来週には何とか、クランキングテストまで漕ぎ着けたいですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4260.jpg

RIMG4257.jpg RIMG4248.jpg

RIMG4261.jpg RIMG4035.jpg 

RIMG4267.jpg RIMG4269.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ジャパンR仕様L20改 納車準備

RIMG4220.jpg

RIMG4219.jpg RIMG4221.jpg



おはようございます。

ジャパンR仕様の納車準備です。

車検を受け、ナンバーが付いたので試乗セッテイングを行っています。

エンジンは、L20改ですが中々パワフルで調子も良くなりました。


下の画像は、作業過程。

まずは、フロントバンパーとボディーの隙間に入るラバーはリア用ですが純正が見付かったので、小加工して取り付け。

これで雰囲気は良くなりました。

内装は、一度シートを外して清掃。

リアシートの部分のフロアーカーペットが欠品なので、レザーをカットして製作。

最後に、デュアルマフラーを付けたので、テールパイプがボディーと干渉します。

この部分の板金塗装とエンジンルームを、もう少し手直しすれば完成ですかね。

納車まで、もう一息です。

作業が進めば、また紹介します。

RIMG4138.jpg RIMG4139.jpg

RIMG4186.jpg RIMG3985.jpg

RIMG3986.jpg RIMG4223.jpg

RIMG4227.jpg RIMG4222.jpg

RIMG4188.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3.1Lエンジン製作(5)

RIMG4112.jpg

RIMG4111.jpg RIMG4100.jpg

RIMG4189.jpg RIMG4166.jpg

RIMG4160.jpg RIMG4164.jpg 

おはようございます。

3.1Lエンジンを搭載した、ハコスカHTの公認車検準備です。

まずは始動確認後、軽く試乗した所、1-2速の入りが少し渋いので、ミッションを降ろして点検。

ミッションは、71Cのカメアリクロスです。

71Cに71Bのフロントカバーを取り付けられる様に加工している所を少し研磨し、スムースにシフト出来るようになりました。

そして、車検後に搭載するつもりでしたが、ミッションを降ろしたついでに、LSDも組み込みます。

ファイナルは、クロスに合う様に4.375.


下の画像は、リアディスク。

リアディスクは公認が面倒なのとサイドブレーキの不具合からドラムに戻す案も在りましたが、修理可能なので公認を取る事にしました。

サイド不具合の一番の原因はブレーキパットが擦り減っていた事。

そして、サイドワイヤーの取り回しを変更すれば通常通りに効く様になりました。

それ以上に問題だったのは、ブレーキホースの取り回し。

素人さんが組んだリアディスクだったのでしょうね。

ブレーキホースとパイプは宙に浮いてブラブラ状態。

勿論、車検は通りませんし、非常に危険です。

左側はステーを造り直して、ロアアームに固定。

右側は、もっと酷く理由は分かりませんが、ホースを後ろに回して、ロアアームの下を通っていました。

これは、通常のロアアーム上にパイプを造り直して固定。

これで、車検整備は一段落です。

近日中に車検を受け、セッティング作業に入りたいと思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4197.jpg

RIMG4198.jpg RIMG4202.jpg

RIMG4199.jpg RIMG4203.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリ 4ドア レストア(4)

RIMG3873.jpg

RIMG3874.jpg RIMG4123.jpg

おはようございます。

ケンメリ 4ドアのレストア作業です。

ボディー周りは、フロントカウルトップで大板金は終了。

天井の歪を取りサフェーサーの準備をします。


下の画像は、ドア・フェンダーのパネルからサフェーサー仕上げをします。

そして、ボディー・トランクと進めます。

室内は、シートを全て外して錆の酷い所は錆取りをして断熱シートを張り直します。

最後に、マスキングを施し塗装準備完了です。

これからブースに入れ塗装をしますが、カラーは元色の白。

やはり、一番シンプルですよね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4136.jpg RIMG4137.jpg

RIMG4156.jpg RIMG4159.jpg

RIMG4184.jpg RIMG4185.jpg

RIMG4195.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ワゴニア エンジンスワップ(2)

RIMG4094.jpg

RIMG4066.jpg RIMG4130.jpg

おはようございます。

ワゴニアにトヨタグランビアのディーゼルエンジンをスワップする作業開始です。

まず、グランビアから外したエンジンとハーネスだけでの始動確認をします。

画像では、分かり難いですが、エンジンが降りた状態でも、IGキーを回せばエンジンが始動します。

つまり、エンジンハーネスだけを別回路で回します。


下の画像は、フロントホイルを外し、フロントの車高を下げて、エンジンハンガーで釣って見ましたが全く入りそうに在りません。

そこで、コアサポート上パネルをカットして、リフトでエンジンを吊り上げ、エンジンルームに収めました。

現在は、エンジンメンバー下に木材を入れ、エンジン高さを合わせて在ります。

ミッションメンバーから製作して、それに合わせてエンジンマウントブラケットを製作します。

元のV8に比べればエンジンは小さいですが、配線の多さがネックですね。

エンジンマウンティングと始動確認までは比較的短期間で出来そうですが、ハーネスの纏めや処理作業に一番時間が掛かりそうです。

室内が広いのが救いですかね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4127.jpg

RIMG4131.jpg RIMG4132.jpg

RIMG4175.jpg RIMG4179.jpg

RIMG4177.jpg RIMG4176.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ45 GTR カスタム(1)

RIMG3903.jpg

RIMG3905.jpg RIMG3906.jpg

おはようございます。

ハコスカ45 GTRのカスタム作業が入庫しました。

中々、綺麗な車両ですが、10数年倉庫で眠っていたそうです。

作業内容としては、キャブO/Hやエンジン始動とブレーキ等のO/Hを含んだ車検受けです。


下の画像は、作業開始です。

カスタム作業のメインは、オーバーフェンダー製作。

周りからの反対を押し切り、54Rに履いているゴッティを入れたいとの事。

私も一応止めましたが、意思は固い様で54Rのホイルを仮に入れて見ました。

オリジナルを維持するのは大切な事ですが、自分好みに仕上げる醍醐味が勝った様です。

旧車の楽しみ方は、人それぞれ。

1週間ほど置いて作業内容の確認をしましたが変更は無く、私個人としてはオリジナルに拘らないので楽しみです。

さて、F8.5J R9Jで、フロント30㎜ リア25mmのオーバーフェンダーが必要です。

この程度のオーバーフェンダーなら叩き出しの方が綺麗でしょうね。

まずは、動かないと移動が面倒なので、ガソリンタンクの清掃から開始。

錆は酷くなかったのですが、ガソリンは異臭を放っています。

燃料ポンプとフィルターは交換。

そして、プラグを抜き、オイルを差してクランキングを行い昨日の作業は終了。

いずれ、キャブのO/Hは行いますが、まず現状で始動確認をします。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4031.jpg

RIMG4032.jpg RIMG4033.jpg

RIMG4163.jpg RIMG4162.jpg

RIMG4165.jpg RIMG4167.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3Lエンジン搭載他、整備(3)

RIMG4063.jpg

RIMG4065.jpg RIMG4073.jpg

RIMG4129.jpg RIMG4150.jpg

RIMG4145.jpg RIMG4149.jpg

RIMG4148.jpg

おはようございます。

ハコアスカHTは、前回のエンジン搭載からO/H済みのソレックスを組み付け始動確認まで完了。

次に、クーラーコンデンサーと重ならない様に、オイルクーラー位置を変更して、クーラーの取り付けをします。

結構、ギチギチですがコンデンサーもオイルクーラーも取り付け出来ました。

コンプレッサーを組み付けたついでに、ミクニ純正から削り出しカールファンネルに変更。

これから、クーラーガスを入れ、もう少しジェットセッティングを行えば納車となります。


下の画像は、合間にGTRエンブレムとテール横のテールピースを組み付けます。

これだけでも随分と雰囲気が変わります。

最後に動画を撮りましたが、スーパーシングルクラッチが入っているのでレスポンス抜群です。

セッティングが終われば近日中には納車しますが、ご近所さんなので、また紹介する機会が在ると思います。

RIMG4135.jpg RIMG4143.jpg

RIMG4144.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R ボディー仕上げ(9)

RIMG4006.jpg

RIMG4007.jpg RIMG4010.jpg

RIMG4012.jpg RIMG4017.jpg

おはようございます。

54R関連は、おおよそ、1ヶ月振りの更新です。

全く作業をしていなかった訳ではないですが、地味なハーネスの組み付けだけでは記事になりませんからね。

ハーネスは、ワンオフで製作したので、簡単に組めるかと軽く考えていましたが、ボディー側のカプラを全て交換する為、思っていたより手間が掛かりました。

ヘッドライト周り、エンジンハーネス、テール周り、室内と順にカプラを交換しながら組んで行きます。

これは、相当な労力ですね。

そして、配線周りの目途が立ったら、エンジンを降ろします。

名古屋のイベントに間に合わせる為、突貫でエンジンを積んで行ったので、最終確認が出来ておらず、エンジン脱着は予定通りです。


下の画像は、エンジンが降りている間にステアリング周りを仕上げます。

ウレタン系ハイモラーと言う材質の物を使い、固定用に製作したパイプとフランジをバルクヘッドに固定します。

最終的に溶接して、塗装をします。

降ろしたエンジンは、オイルパンを捲りオイル穴メクラを交換します。

組み付けている時は、手元にアルマイトのアルミ製の物しかなく、問題無いとは思いながら気になっていました。

このエンジンを降ろしたタイミングで気になる所は手直しします。

鉄製のメクラに交換してオイルパンを戻します。

そして、イベント用に適当に組んで行ったプーリー類のセンター出しをします。

大径のウォーターポンププーリーは、クランクプーリーと干渉するので、両方共に外径を、3㎜づつ小さくしました。

これで、ベルトも綺麗に張れました。

ボディーは、タコ足の干渉部分の手直しと、エンジンを、もう少し仕上げて再度搭載します。

最終仕上げまでは、もう少し掛かりますが、エンジンサウンドを聞くのを楽しみに地味な作業も頑張るしかないですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG4019.jpg RIMG4082.jpg

RIMG4020.jpg RIMG4028.jpg

RIMG4029.jpg RIMG4030.jpg

RIMG4037.jpg RIMG4038.jpg

RIMG4045.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ4ドア 47年セミレス(3)

RIMG3463.jpg

RIMG4126.jpg RIMG4128.jpg

おはようございます。

セミレス中の47ハコスカは、全塗装が終わり、パネル類の組み付けが、おおよそ終わりました。

次に、エンジン搭載準備をします。

そsこで、塗装工場から作業場に移動して、エンジンルームの整理をします。


下の画像は、搭載するL20改の組み付けです。

ボーリング済みブロックは、オイルストーンで磨いてタップ通し。

ピストンリングの合口を合わせて、クランク、ピストンと順に組んで行きます。

シリンダーヘッドは、燃焼室やバルブを磨いて摺り合わせ。

強化スプリングと70度カムを組み込み、ブロックにヘッドを搭載します。

ヘッドの搭載が終われば、バルブタイミングを合わせて、オイルパン等の補器類を組み付ければ、エンジンコンプリートの完成です。

昨日は、車体に搭載までは進めませんでしたが、週明けにはエンジン始動確認まで終えたいですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3829.jpg RIMG3828.jpg

RIMG3841.jpg RIMG3827.jpg 

RIMG3820.jpg RIMG4091.jpg

RIMG4090.jpg RIMG4092.jpg

RIMG4125.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3.1Lエンジン製作(5)

RIMG4079.jpg

RIMG4052.jpg RIMG4051.jpg

RIMG4068.jpg RIMG4070.jpg

おはようございます。

3.1Lエンジンを搭載した、ハコスカHTはエンジン始動確認まで終わりました。

これから、クーラー取り付けを行い、L28公認車検とLSD組み付け準備をします。

まず、ブレーキ周りの点検とホイールを交換します。

エアークリーナーを取り付け、71Cに積み替えたフロアー加工をします。


下の画像は、クーラーコンデンサーと電動ファンの取り付け。

元々付いていたオイルクーラーでは、コンデンサーが付けられないので、まずは、おニューのオイルクーラーとコンデンサーを仮組みします。

ついでに、シールドビームのままでは光量が足りず車検が通らないので、ヘッドライトもハロゲンのH4球に交換します。

オイルクーラーは、薄型10段の風が通る様に目の粗い物を取り寄せました。

オイルクーラー取り出しやホース、フィッティングも全て取り寄せます。

最後の画像は、ギリギリですが、コンデンサー電動ファン、オイルクーラーが何とか収まった所です。

これから、本組を行いますが、また、作業が進めばアップします。

RIMG4059.jpg RIMG4080.jpg

RIMG4095.jpg RIMG4099.jpg

RIMG4109.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L28改 2750cc製作

RIMG4071.jpg

おはようございます。

以前から注文を請けていた、L28改89㎜ピストンL24クランク仕様の2750ccエンジンが組み上がり発送しました。


下の画像は、作業工程。

洗浄、タップ通しをしたブロックに曲がり修正済みL24クランクを組み付けます。

何時もの様に、ピストンリングの合口を合わせ、ピストンとコンロッドを合体させます。

ピストンは、オリジナルのピンハイト35.5㎜ボア89㎜の鍛造ピストン。

コンロッドは、L14の芯間136.7㎜を使います。

腰下が組めればヘッドの準備。

シリンダーヘッドは、N42ですが、ノーマルでは圧縮比が低過ぎるので、トータル3.5㎜面研磨

燃焼室容積は、1㎜面研磨で41.5cc  3.5㎜面研磨で34.5cc のビフォーアフター。

燃焼室が小さくなっているのが分かると思います。

L28改2750ccの1気筒当たりの排気量は、458cc ヘッドガスケット7.5cc バルブリセス3cc

(458+34.5+7.5+3)÷(34.5+7.5+3)=11.2:1

もう少し圧縮比が高くてもいいでしょうが、町乗り重視で在る事と、面研磨は3.5㎜位で抑えたいですね。

シリンダヘッドの設定が決まれば、ブロックにヘッドを載せ、カメアリ75度カムシャフトを入れます。

カムチェーンを張るため、カムホルダー下に2㎜のスペーサーを入れます。

ロッカーガイドもノーマル3.5㎜に対し、ハイカム用の通常4.5㎜ではなく、6.5㎜を入れます。

最近のマシニングで削ったカムシャフトは、ほとんど必要ないですが、面研磨量が多いので、8穴スプロケットを使い、バルブタイミングを合わせます。

IN101 EX106、これでOK

後は、フロントカバー、オイルポンプ、オイルパン等の補器類を組み付ければコンプリートの完成です。

L28改、2750ccエンジンは、トルクは在りませんがレスポンス抜群で非常に気持ち良く回ります。

絶対的なパワーでは、3Lや3.1Lには及びませんが、このハイレスポンスを好んで製作する方は結構いますね。

玄人好みのエンジンと言えるかも知れません。

今回は、エンジンサウンドは在りませんが、機会が在れば、また作りたいと思います。

RIMG3910.jpg RIMG3924.jpg

RIMG3925.jpg RIMG3912.jpg

RIMG3498.jpg RIMG3499.jpg

RIMG3911.jpg RIMG4013.jpg

RIMG4047.jpg RIMG4048.jpg

RIMG4015.jpg RIMG4061.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


フィアット850クーペ レストア作業(10)

RIMG3999.jpg

RIMG3952.jpg RIMG3998.jpg 

RIMG4058.jpg RIMG4060.jpg 

RIMG4049.jpg

おはようございます。

フィアット850は、前回の続きで、ガソリンタンクの清掃にミッションを降ろさなければならなかったので、クラッチ一式を交換。

そして、エンジンオイル交換時にクランクプーリー内臓の遠心分離エレメントを清掃。

仕上げに、サーモスタットとファンベルトを交換して作業終了です。

ブレーキ周りの整備から始め、全塗装、そしてシリンダーヘッドO/Hから、キャブレター・ガソリンタンクのO/Hを終え、車検登録まで完了。

10回に渡り紹介しましたが、昨日車両を引き渡しました。


下の画像は、試乗中のワンカット。

車高を少し下げたので、雰囲気は非常に良くなりました。

オーナーは、少し太いワイドホイルを探すそうです。

試乗した感想は40年以上前の850ccにしては、中々パワフルで小気味良く走ります。

十分楽しめますね。

最後のエンジンサウンドもいい感じです。

レストア作業としては今回が最後ですが、ご近所さんなので、また紹介する機会が在ると思います。

RIMG4054.jpg

RIMG4057.jpg RIMG4053.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3Lエンジン搭載他、整備(2)

RIMG4036.jpg

RIMG3996.jpg RIMG3997.jpg

RIMG4000.jpg

おはようございます。

ハコスカHT 3Lエンジン搭載作業です。

まずは、載っていたL28ノーマルを降ろしますが、クラッチはカメアリスーパーシングルが付いていました。

試乗時にクラッチが、やたら重かったので予想はしていましたが、通常のL6用スラストベアリングが入っていました。

画像でも分かる様にクラッチ爪の先端ではなく、真ん中に帯が出来ています。

これでは、テコの応用が効かず、クラッチが重くなります。

スーパーシングルを使う時は、L4用のレリーズベアリングを使います。

画像から、違いが分かると思います。

これでクラッチの問題は解消されると思います。


下の画像は、前回の続きです。

3Lエンジン腰下にヘッドを載せ、バルブタイミングを測ります。

カムシャフトはカメアリ75度と9000回転強化スプリング。

その前に、チェーンガイドを加工してカムチェーンを目一杯張ります。

カムチェーンが張れればバルタイを取り、補器類を組み付ければ完成です。

エンジンを搭載して、タコ足・マフラーを取り付けた時点で昨日の作業は終了。

後は、キャブを組み付け始動確認が終わればクーラーを取り付けます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3868.jpg RIMG3869.jpg

RIMG3875.jpg RIMG3877.jpg

RIMG4043.jpg RIMG4046.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 4ドア 納車準備(1)

RIMG3807.jpg

RIMG3808.jpg RIMG3809.jpg

RIMG3832.jpg RIMG3872.jpg

RIMG3927.jpg RIMG3871.jpg

おはようございます。

45仕様のハコスカは、仕上げと納車準備です。

ボディーは比較的綺麗でしたが、ドアのブツブツの塗装を捲ると腐りが出て来て、4枚とも切り継ぎ板金。

ボンネットの裏側なども補修して、ボディーの部分塗装も同時に行います。


下の画像は、パネル類の組み付けを始めた所です。

ドアとボンネットが付き、これから補器類を組み付けます。

メッキバンパーは、バフ仕上げ。

後は、テールやモールを組み付ければボディー周りの完成です。

予備検査までは終わっているので、今週ナンバーを取得して、最後に、エンジン回りの点検調整をすれば納車となります。

また作業が進めばアップしますが次回が、このハコスカ最後の記事になりそうです。

RIMG4001.jpg

RIMG4002.jpg RIMG4004.jpg

RIMG4003.jpg RIMG4005.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ44ナローデフ仕様、納車

RIMG3949.jpg

RIMG3950.jpg RIMG3943.jpg

RIMG3976.jpg RIMG3975.jpg

RIMG3978.jpg

おはようございます。

54Rの更新は、もう1週休みです。

ただ、本日は54Rの作業予定をしているので来週はアップ出来ると思います。

さて、44ナローデフ仕様のハコスカは、追加作業まで完了。

本日引き渡します。

追加作業とは、フロアーカーペットの交換、そして4点式シートベルトの取り付けです。


下の画像は、キャブセッテイングです。

実走行を繰り返し、乗り易いジェットを探ります。

同じ様な仕様のエンジンは何基も製作していますが、各々僅かづつ違います。

通常、3Lエンジンの基本は、MJ165 AJ200 PJ57.5です。

今回は、MJ170 AJ200 PJ60で決定。

低速から高回転まで中々パワフルで、いい感じです。

最後に、前期用のコラムカバーに変更して、作業完了です。

次は、どんな作業に持ち込まれるのか・・・

また機会が在れば紹介します。


RIMG3984_20160603103814e49.jpg

RIMG3982.jpg RIMG3983.jpg

RIMG3977.jpg RIMG3980.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3.1Lエンジン製作(4)

RIMG3984.jpg

RIMG3955.jpg RIMG3965.jpg

RIMG3945.jpg RIMG3968.jpg

おはようございます。

3.1Lエンジン搭載のハコスカHTは、エンジン始動確認まで終わりました。

これから、クーラー取り付け、LSD組み付け等の追加作業を行い、L28公認車検準備をします。

まず、3.1Lエンジンと71Cミッションを積んだ後、プロペラシャフトの先端のダストカバーをカットします。

71Bから71Cへの変更は、ミッションマウントブラケットの加工と、このカバーをカットするだけで搭載可能です。

次に、新品のタコ足と50パイデュアルマフラーを組み付け。


下の画像は、ミッションマウントブラケットのビフォー・アフター。

マウントゴム取り付け穴を5㎝ほど下がる様にブラケットを加工。

次に、O/H済みウェーバー48を、インマニにセットして、エンジンに装着。

エンジン始動確認前に、オイルクーラーを外してオイル漏れ修理。

ただ、ここにオイルクーラーが在るとクーラーコンデンサーが付かないかも知れないですね。

オイルクーラーの修理を終え、デス周りを組み付け始動確認を終えた所で昨日の作業は終了。

これから、キャブ調整を行い、クーラー等と追加作業に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3966.jpg RIMG3989.jpg

RIMG3956.jpg RIMG3962.jpg

RIMG3974.jpg RIMG3995.jpg

RIMG3994.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


510セダン納車準備(2)

RIMG3969.jpg

RIMG3900.jpg RIMG3890.jpg

RIMG3938.jpg RIMG3928.jpg

RIMG3960.jpg

おはようございます。

510セダンの納車準備が整いました。

室内はフロアーカーペットや追加メーターを取り付け、キャブ調整を済ませます。

エンジンは、O/H済みL20Bノーマルですが調子が良く中々、パワフルです。


下の画像は、何度かの試乗運転で、車検が通る程度の僅かなガタを感じタイロットエンドを交換。

再度、トーインを合わせます。

リアは、ダンパーの調整を行い足回りのセッティングも終了です。

最後に、ボディーの磨きを行い陸送屋に引き渡します。

埼玉からなので頻繁には持ち込めないでしょうが、エンジンのステップアップ等、機会が在れば、また紹介します。

RIMG3947.jpg

RIMG3948.jpg RIMG3953.jpg

RIMG3959.jpg RIMG3967.jpg

RIMG3971.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


フィアット850クーペ レストア作業(9)

RIMG3908.jpg

RIMG3907.jpg RIMG3916.jpg

RIMG3915.jpg RIMG3917.jpg

おはようございます。

フィアット850クーペ レストア作業の続きです。

小整備と車検受けのつもりが、結構大掛かりな作業になりました。

車検受け後、ナンバーを取得して試乗を始めたらガス欠症状になります。

これは、ガソリンタンク内の錆によりガソリンパイプが詰まる物で、何度かタンク内の清掃はしましたが錆が消えそうにないのでタンクを降ろす事にしました。

タンクを降ろさずにガソリン注入だけでの清掃に留めたのは、ミッションを取り外さないとタンクが降りないからです。

もう少し、タンクを降ろさず洗浄する事も考えましたが、悪あがきは止め、ミッション・ガスタンクと降ろしました。


下の画像は、ガソリンタンク洗浄。

内部は予想より酷い状態ですね。

強力洗剤を使い、何度かのスチームとタンク内壁でノズルが入らない所は、部分カットをしてスチーム洗浄。

洗浄後、カット部分を溶接、黒に塗装して搭載しました。

せっかく、ミッションを降ろしたので、オイルが滲んでいたドライブシャフトブーツとクラッチ一式を取り寄せました。

本日中には、組み付けを終え、試乗テストに戻りたいと思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3918.jpg RIMG3920.jpg

RIMG3921.jpg RIMG3922.jpg

RIMG3929.jpg RIMG3923.jpg

RIMG3946.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3.1Lエンジン製作(3)

RIMG3935.jpg

RIMG3744.jpg RIMG3933.jpg

おはようございます。

ハコスカHTの3.1Lハイパワーエンジンとミッションが組み上がりました。

エンジンは、LDクランクと鍛造ピストンに、ビックバルブ・カメアリ77Iカムの3.1L仕様です。

ミッションは、71Cカメアリクロス入りです。


下の画像は、エンジンを組んでいる間に戻って来たLED球入りのメーターAssy

全部がLEDに変わっている訳ではないですが、内部にアルミ箔を貼り反射してメーターが明るくなる工夫をして有るようです。

メーターを組み付け、エンジンに戻ります。

クランク後端のフライホイルボルトもタップ通しをしてフライホイルを組みます。

フライホイルは、クロモリ製でクラッチは強化品です。

最後に、ミッションを合体させ、エンジンミッションを車体に搭載した所で昨日の作業は終了。

本日から、タコ足・ウェーバー等の補器類の組み付けに入ります。

今週中には、エンジンサウンドを聞けると思いますが、久し振りのハイパワーエンジン音は私も楽しみです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3850.jpg RIMG3852.jpg

RIMG3936.jpg RIMG3940.jpg

RIMG3942.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (8)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE27レビン トレノ カスタム.. (14)
TE25カローラ カスタム....... (16)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (34)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (9)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (32)
PB110サニー エクセレント.... (11)
B110サニー セミレス作業..... (4)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (32)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
S130Z 2JZターボエンジン... (4)
S130Z 後期仕様 製作....... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (30)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (32)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (12)
スカイライン・ジャパン作業.... (11)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (31)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (24)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (8)
ハコスカ関連 2017スポット... (29)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (27)
C130 ローレル セミレス....... (14)
ブルーバード510セダン・バン. (34)
ブルーバード510・2ドア/左... (38)
ブルーバード510・2ドア/右... (16)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (14)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (38)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (9)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (6)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (42)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (5)
2017 国産旧車・スポット修理 (19)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (15)
各種エンジン スワップ作業.... (16)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (21)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (15)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (4)
ホンダCB750/CB72 カスタム (12)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (91)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
Am9:00~PM9:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策