510ブルーバード・クーペ 公認車検、他(1)

RIMG3414.jpg

RIMG3333.jpg RIMG3914.jpg

おはようございます。

510ブルーバード・クーペの公認車検受け準備が出来ました。

腰下は、Z20ブロックをボアアップ。

シリンダーヘッドはL18にハイカムを組んで在ります。

ナンバーは、そのままでとの希望なので、相模陸自まで今週車検受けに行く予定です。

作業的には、室内配線の整理や追加メーターの作動確認まで終えました。


下の画像は、カメアリフルトラMDIとソレックスのO/Hです。

カメアリ、フルキットを組み付けキャブを交換。

車検受け用のエアークリーナーやブローバイホースをセットして準備完了。

車検が終われば小整備とファンネルを取り付け納車となりますね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3332.jpg

RIMG3887.jpg RIMG3888.jpg

RIMG3913.jpg RIMG3919.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


スポンサーサイト

ハコスカ44ナローデフ仕様 ソレックスキャブ・セル交換

RIMG3839.jpg

RIMG3858.jpg RIMG3876.jpg

おはようございます。

車検受けが終わった、44ナローデフ仕様のハコスカは、ソレックスキャブとセルモーターを交換します。

まずは、S型40ソレックスを取り外して、44用のインマニをポートに合わせて削ります。


下の画像は、リビルト済みソレックス44に変更した所。

そして、新品のリダクションセルモーターに交換。

ハコスカやケンメリは、セル電源の電圧が低くセルが回らない事が在るので、バッテリーから直電を引きリレー取り付けます。

最後の動画は、エンジンサウンドですが中々いい感じです。

これから、残りの細かな仕上げを行いキャブセッティングが終われば納車です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3881.jpg

RIMG3897.jpg RIMG3847.jpg 

RIMG3896.jpg RIMG3895.jpg

RIMG3899.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ソレックス50 44 40 リビルト及び販売

RIMG3859.jpg

RIMG3862.jpg RIMG3864.jpg

RIMG3891.jpg

おはようございます。

54Rは、他の仕事に追われて今週もお休みです。

来週は、何とか時間を造り少しでも進めたいですね。

さて本日は、ソレックス50が12基並んだ迫力の在る画像からです。

私共でも、これだけ数が揃う事は、まず在りません。

初めから3連の物や2連を3セット入手した物も在りますが、現在はソレックス50が高騰して、これだけ在ればハコスカが丸々1台買えますね。

画像は、リビルトのビフォー・アフターと3連マニ付になりますが、12基の内リビルト済み6基は、C130ローレルとワークスハコスカセダンに取り付けが決まっています。

ただ、まだ未レストアの6基は、嫁ぎ先が決まっていません。

興味の在る方は、問い合わせて下さい。


下の画像は、リビルト済みソレックス44他です。

組み上がったばかりのSKインマニ付き44は、ナローデフ44仕様のハコスカに組み付けます。

他に、東名インマニ付き44がウェットブラストを終え、組み付けを待っています。

勿論、6気筒用ばかりでなく、4気筒用のリビルトも行います。

最後2枚の画像は、リビルト前の現在の在庫です。

ソレックス40 S型が2セット。

ソレックス44 ニスモが1セット。

そして上記、ソレックス50が6基とリビルト済み44が1セット在ります。

リビルト渡しが条件になりますが全て販売しますので、興味の在る方は問い合わせて下さい。

ご要望が在れば、車体への組み付けから実走セッテイングまで行います。

L20改2600ccや、L28改3000ccの注文と同時に頂くと尚在り難いですね。

暫く、売りに出していなかったので、L20改もL28も在庫は十分に持ち合わせています。

RIMG3879.jpg

RIMG3892.jpg RIMG3893.jpg

RIMG3878.jpg RIMG3866.jpg

RIMG3867.jpg RIMG3894.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


510セダン納車準備(1)

RIMG3884.jpg

RIMG3880.jpg RIMG3848.jpg

RIMG3883.jpg RIMG3856.jpg

おはようございます。

510セダンは、納車準備中です。

L20Bの公認車検が終わり、ナンバーが付き試乗セッティングを行いながらの作業です。

まずは、オーナー希望の牽引フックは鉄板から切り出し製作。

走行中にタコメーターが動かなくなり、メーター修理専門店に出したのが戻って来ました。

追加メーター用のアダプターと一緒に組み付けました。

合間に、マット類も新調します。


下の画像は、水切りモール部分はステンレスなので、磨いて仕上げます。

そして、水切りゴムも新品に交換。

エンジンは、本日微調整すれば大丈夫だと思います。

作業が進めば、またアップします。

RIMG3882.jpg RIMG3885.jpg

RIMG3886.jpg RIMG3857.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


フィアット850クーペ レストア作業(8)

RIMG3821.jpg

RIMG3650.jpg RIMG3707.jpg

おはようございます。

フィアット850は、車検受けが終わりナンバーが付きました。

前回の続きで、オーバーヒート気味になるので、ラジエターのコア換えを行いました。

これで、主要部分の作業は終了。


下の画像は、エンジンルームの仕上げを行い、車検に問題ないレベルまで車高を下げます。

フロントは、横置きリーフ。

リアは、セミトレーディング式コイル。

まず、フロントリーフは、2~3㎝下がる様にプレスで押して伸ばします。

何度か同じ作業を繰り返し、フロントの高さが決まれば、今度はリアのスプリングをカットして合わせます。

次回は、少し車高を下げたスタイルとエンジンサウンド動画をアップします。

昔のOHV850ccだからとオーナーには、走りを期待しない様に説明しましたが、私の予想より意外とパワフルです。

エンジンサウンドもいいですよ~

また、作業が進めばアップします。

RIMG3822.jpg

RIMG3842.jpg RIMG3846.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3Lエンジン搭載他、整備(1)

RIMG3854.jpg

RIMG2571.jpg RIMG3159.jpg

RIMG3825.jpg RIMG3853.jpg

おはようございます。

ハコスカHTのエンジン載せ換え、キャブO/H他の作業です。

同じ様な、ハコスカが沢山あるので間違われそうですが、この車両は初めての登場です。

今回は、中古3LエンジンをO/Hして載せ換えます。

まずは、全バラ後、オイル穴を前壺用に加工。

ブロックを塗装して、曲がり修正済みのクランクと清掃済みピストンをブロックに組み付けます。


シリンダーヘッドは、バルブの摺り合わせ後、バルブシールを新品に交換してカメアリ強化スプリングに変更します。

他に、現状でクラッチが重いので、ビックレリーズなんかも交換します。

これから、エンジンを降ろして、キャブのO/Hをします。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2261.jpg RIMG2289.jpg

RIMG2290.jpg RIMG3849.jpg

RIMG3855.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハイラックスと210サニー

RIMG3830.jpg

RIMG3831.jpg RIMG3833.jpg

RIMG3835.jpg RIMG3834.jpg

おはようございます。

飛び込み修理で、こんなのも偶には来ます。

数年前に、マスターからカップまで新品に交換したのに、最近ブレーキが深くなったとの修理依頼です。

確かに、エアーが噛んでいるので、エアー抜きをしてみますが症状は改善しません。

ブレーキラインの、どこかで亀裂が入っているのかと点検しましたが問題なし。

結果は、ブレーキマスターのインナーキットに外品が使われており、それが劣化している物でした。

社外品は、安くて良いのですが稀に、粗悪品が混じるのは困りますね。

これから、純正品に交換します。


下の画像は、昨年11月にウォーターポンプを交換した210サニー

今回は、オルタネーターが壊れました。

40年前の車両なので、年に1~2回の修理はしょうがないですね。

でも、これで今年は、もうないかな?

RIMG3838.jpg

RIMG3836.jpg RIMG3837.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


510セダン 公認車検と仕上げ(2)

RIMG3798.jpg

RIMG3336.jpg RIMG3800.jpg

RIMG3824.jpg

おはようございます。

510セダンは、L20Bエンジンの公認車検が終わりました。

同時に、錆々だったテール枠がメッキ塗装から戻ってきました。

次は、内装の仕上げです。

マット類は新品に交換。

追加メータの埋め込み等の作業中です。


下の画像は、テール周りとエンジンンルーム内は、ほとんど完成。

最後に、フロントスポイラーを組んだら雰囲気が出てきました。

納車まで、もう一息です。

次回は動画も交えて、アップします。

RIMG3801.jpg RIMG3799.jpg

RIMG3823.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ44仕様 ナローデフ加工(3)

RIMG3806.jpg

RIMG3780.jpg RIMG3763.jpg

RIMG3765.jpg RIMG3767.jpg

RIMG3781.jpg RIMG3782.jpg

RIMG3783.jpg RIMG3795.jpg

RIMG3816.jpg

おはようございます。

ハコスカ44仕様のナローデフ加工が出来上がりました。

昨日までに、デフメンバーを短縮加工、そして取り付け穴を変更し、車体に組み付け。

次に、ドライブシャフトの短縮を行いました。

まずは、サービスマニュアルの図解でも分かる様に、ユニバーサルジョイントをプレスで分解。

アームのスライド部分を20㎜カット。

後端部は、サークリップの溝は掘らずに溶接で仕上げます。

後は、元通り組み直せばドライブシャフトの短縮作業が完成。

車体に組み付け、作動確認しましたが問題なし。


下の画像は、少し叩いて在りますがサーフラインを残したままのリアフェンダーに、ハヤシストリート14インチ、9J-19がスッポリ!

セダンのハコスカには、在り得ないサイズですね。

中々、いい感じです。

同じ様な加工に興味の在る方は、問い合わせて下さい。

今回、このハコスカは、キャブレターも44に変更して車検も受けますので、また作業が進めばアップします。

RIMG3803.jpg RIMG3817.jpg

RIMG3818.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ44仕様 ナローデフ加工(2)

RIMG3778.jpg

RIMG3738.jpg RIMG3739.jpg

RIMG3740.jpg RIMG3749.jpg

RIMG3776.jpg RIMG3777.jpg

おはようございます。

本日は、54Rの作業がほとんど進んでいませんので、常連さんのハコスカ・ちょいオーバーフェンダー44仕様、ナローデフ作業の続きです。

まずは、短縮加工したメンバーは、塗装をしてデフを乗せ、車体に組み合わせます。

作業的には、デフメンバーを基準にして、メンバーの取り付け穴を変更します。

メンバーは画像の様な太いスタットボルトで固定されているので、固定の土台のスポットを外して切り取ります。

次にデフを基準にして穴を開け直して、土台を溶接固定。

厳密には、ロアアームが少し後ろに下がるので、ホイルベースが10㎜ほど長くなります。

これで、デフメンバーAssyの装着完了です。


下の画像は、サスペンションの受け皿移動です。

同じく、スポットを外して、約20㎜移動した所で溶接。

車高調サスまで組み付け出来ました。

最後にダンパーを組み付け、9Jホイルを入れて見ましたが、バッチリ。

ただ、20㎜ならドライブシャフトの短縮は必要ないと考えていましたが、実際に組んで見ると見事に底付き。

本日中には、ドライブシャフトの短縮作業を終わらせ、月曜日には地面に着地した画像をアップします。

中々、かっこいいですよ。

RIMG3741.jpg RIMG3743.jpg

RIMG3754.jpg RIMG3769.jpg

RIMG3772.jpg RIMG3773.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ダットラとタウンエース車検準備

RIMG3624.jpg

RIMG3625.jpg RIMG3626.jpg

RIMG3627.jpg RIMG3757.jpg

RIMG3758.jpg RIMG3759.jpg

おはようございます。

ニッサンとトヨタ、バントラ代表格のダットラとタウンエースの作業です。

ダットラは、USAから私共が注文で仕入れた車両で、シート張替えやL20BエンジンO/H、ブレーキ周りの作業は終わっています。

最後に、ダイナモを新品に交換して車検準備が完了ですが、輸入新規手続き中に年式的に排ガス試験が必要と指摘され、触媒までは取り付けた状態で止まっていました。

理由は、10モード11モードの二つの試験が必要で、丸二日費やす時間が取れなかったのですが、ようやく試験にパスしてきました。

試験場には、新車のポルシェ等も置かれていてダットラとのアンバランス感が面白かったですね。

勿論、行う試験内容は全く違いますけどね。

取り敢えず、これで車検が受けられます。


下の画像は、2年前に車検を受けたタウンエースが車検受けに戻ってきました。

前回は、ステアリング周りのボールジョイントで苦労しましたが、今回はタイロットエンドがガタガタです。

色々とパーツを調べましたが、全く入手は不可。

取り敢えず、カシメを切り取り分解した所、ボールもレースも問題なし。

ボールを抑えているスプリングが経たっていただけでした。

スプンリングを交換して、カシメ部分は溶接。

後は、グリスが漏れない様に金属ボンドでシールすればOKです。

このタウンエースも来週には車検に行けそうです。

2台共に作業が進めば、またアップします。

RIMG3784.jpg

RIMG3786.jpg RIMG3785.jpg

RIMG3788.jpg RIMG3789.jpg

RIMG3793.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 4ドア 車高調、ナビ取り付け他(4)

RIMG3461.jpg

おはようございます。

45仕様ハコスカの車検受けが終わりました。

これから、最終仕上げをして納車となります。


下の画像は、作業過程。

ブレーキ等は新品パーツで整備が終わっているのでトーイン等の整備を行い、ガソリンタンクの清掃。

そして、キャブ周りを車検用に仕上げ、車検を通してきました。

カギは、トランクとドアとガソリンの3本になっていたので、1本に集約出来る様に交換。

最後に、ドア等の錆の酷い所を手直しすれば仕上がります。

納車まで、もう一息ですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3593.jpg

RIMG3565.jpg RIMG3589.jpg

RIMG3592.jpg RIMG3615.jpg

RIMG3655.jpg RIMG3657.jpg

RIMG3658.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ44仕様 ナローデフ加工(1)

RIMG3475.jpg

RIMG3476.jpg RIMG3478.jpg

RIMG3479.jpg RIMG3727.jpg

おはようございます。

年に数回入庫する、常連さんのハコスカ・ちょいオーバーフェンダー44仕様です。

前回は、正月だったので久し振りですかね?

今回は、ナローデフ化ですが、正確にはメンバー短縮加工と言う、少し厄介な作業です。

最初の画像を見ても分かる様に、リアに何時もより細いホイルが入っています。

理由を聞くと、「以前履いていた8Jは、欲しいと言われて売った」との事。

そして、私共に持ち込まれたのは、明らかに食み出たハヤシストリート9J。

リアフェンダーのラインは今のままで、何とか入る様にして欲しいとの事。

色々と方法を考えましたが、作業的にメンバー短縮が一番綺麗そうです。

可否の寸法確認後、メンバーを降ろします。


下の画像は作業工程。

まずは、デフとアッセンで降ろしたメンバー。

デフとロアアームの間で、20㎜カット。

ちなみに、最大で片側35㎜までなら短縮出来そうです。

ただし、強度的には問題在りませんが、走行性能や直進安定性は、オリジナルより確実に劣ります。

それでも、ハコスカ、ケンメリ、ローレル等に、超深リムを入れたいと言う方には有効な加工方法ですね。

溶接加工が終わったメンバーは、ロアアームと共に塗装まで完了。

本日からボディー側の加工を行い、組み付け準備に掛かります。

興味の在る方は次回を楽しみにして下さい。

RIMG3728.jpg 1_2016051808013795a.jpg

RIMG3729.jpg RIMG3730.jpg

RIMG3732.jpg RIMG3731.jpg

RIMG3734.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アルファロメオ ザガード ガソリンタンク交換

RIMG3638.jpg

RIMG1852.jpg RIMG3722.jpg

おはようございます。

アルファロメオ ザガードは、全塗装とガソリンタンク製作が終わり一度納車しましたが、イタリアでザガードオリジナルに非常に近いモンディアルのタンクが売りに出ました。

やはり、製作した物よりオリジナル形状が良いとの事で、イタリアから取り寄せ組み付けます。

ミラーの微調整等を行い、ガソリンタンクに掛かります。


下の画像は、モンディアルのガソリンタンクと私共で製作したアルミタンク。

底蓋を製作して、車体に合わせて見ましたが、正にボルトオン。

ガソリン注入口の形状のみ少し違ったので、ロー付加工を施し組み付けました。

モンディアル用は、ザガードに比べて少し大きいかも知れないとの情報でしたが、リアビューを見ても違和感なし。

綺麗に収まりました。

これで、このザガードの作業は当分無いですかね。

また、機会が在れば紹介します。

RIMG3648.jpg

RIMG3644.jpg RIMG3647.jpg

RIMG3654.jpg RIMG3664.jpg

RIMG3666.jpg RIMG3669.jpg

RIMG3721.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3.1Lエンジン製作(2)

RIMG3680.jpg

RIMG3611.jpg RIMG3612.jpg

RIMG3643.jpg RIMG3637.jpg 

おはようございます。

ハコスカHT ハイパワー3.1Lエンジン製作の続きです。

エンジンは、ヘッド搭載まで終わっていたので、バルブタイミングを計測します。

カムシャフトは、カメアリ77度iカム。

このカムを使う時はロッカーアームを新品にしないとカム山がロッカーチップから外れて音鳴りします。

シリンダーヘッドは、面研磨量が多いので、カムホルダーに2㎜のシムをいれ、ロッカーガイドも5.5㎜と厚い物を使っています。

最後に全気筒タペット調整をして組み付け完了です。


下の画像は、エンジンが組み上がったので、車体からL20を降ろします。

今回は、ミッションも71Cクロスに交換するので、同時に降ろしました。

71Cクロスが組めたら上記エンジンと同時に搭載します。

メーターは、LED球に変えて欲しいとの事なので、外しました。

最後は、この3.1Lエンジンに組み付ける、イタリー製ウェーバー48

O/H前と後とのビフォー・アフター画像です。

私は、ウェーバー48が低回転から高回転まで一番バランス良く回ると思っています。

いいサウンドを聞かせてくれると思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3635.jpg RIMG3663.jpg 

RIMG3679.jpg RIMG1181.jpg 

RIMG1182.jpg RIMG3715.jpg

RIMG3718.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリGTR仕様 O/H(3)

RIMG3651.jpg

RIMG3621.jpg RIMG3622.jpg

RIMG3623.jpg RIMG3628.jpg

おはようございます。

ケンメリGTR仕様のエンジンO/Hとセッティングが終わり納車しました。

まず、O/H済みエンジンを車体に搭載。

キャブレターは組み付け前に軽く洗浄して、ニードルバルブを交換。

今回のオーバーフローが単にゴミだけなのかニードルバルブの問題なのか区別が付かないので新品に交換です。

そして、タコ足キャブと順に組み付けます。


下の画像は、キャブ調整。

油面を合わせて、3連同調合わせ。

最後に3連立ち上がりバランスを合わせて試乗します。

持ち込まれた、ジェットにて何度かの実走行セッティングを行い作業終了です。

今まで、OERキャブのセッテイングは余り行った事が無いのですが、今回の経験が今後役立ちそうです。

結果は、下から上まで問題なく気持ち良く走れる様になりました。

もし、次が在るならステップアップで入庫して欲しいですね。

また、、機会が在れば紹介します。

RIMG3639.jpg RIMG3640.jpg

RIMG3652.jpg RIMG3653.jpg

RIMG3641.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R ボディー仕上げ(8)

1_20160514155229748.jpg

2_20160514155230db2.jpg 3_20160514155231112.jpg

4_20160514155233710.jpg 5_20160514155234e49.jpg

6_201605141552441dc.jpg 7_201605141552452b7.jpg

おはようございます。

プリンス54Rは、少しづつ進めています。

まず、先週の続きでブレーキオイルタンクから室内へのオイルラインは、90度のジョンインとで造り直します。

ホースが垂れてマスターシリンダー内のオイル量不足を補うためです。

そして、バルクヘッドジョイントから室内トリプルマスターまでは、パイプを曲げて製作。

タンクからのホースは、ハーネスを組み付ける時に取り外せる様に仮止めですが、これで、一応ブレーキ周りは完成です。

次に、ハーネスに取り掛かりますが、ノーマルのメーターパネルにスイッチ類を移植します。

アルミ板にスイッチが付いて、ダッシュに合わせると非常にレーシーです。

完全レーシングカーなら必要の無い、ハザードスイッチ何てのも在りますけどね。


下の画像は、ハーネスの組み付けを始めました。

ワンオフハーネスは簡素にはなっていますいが、やはり面倒です。

そして、同時にハンドルポストを組み付けます。

ハンドル側は、ベアリングで固定されますが、バルクヘッドの固定は、ウレタン系のハイモラーと言う材質の物を使い、固定用のパイプと一緒に製作しました。

このハイモラーは自己潤滑能力が在る中々の優れ物。

ブレーキ周りとステアリング、ハーネスは同時に作業をしないと二度手間になる恐れが在るので時間が掛かりますが、随分と形になって来ました。

最後に、メーターパネルのスイッチ名称を張り付けました。

ハンドル周りにコラムスイッチが無くなり、すっきりする上、レーシーで雰囲気抜群です。

また、作業が進めばアップします。

20_2016051415525060a.jpg

8_2016051415524797c.jpg 9_20160514155248a2e.jpg

RIMG3634.jpg RIMG3670.jpg

RIMG3671.jpg RIMG3678.jpg

RIMG3674.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリ 4ドア レストア(3)

RIMG3413.jpg

おはようございます。

ケンメリ4ドアのレストア作業の続きです。

一番腐りが酷かった、リアガラス周りの切り継ぎが終わりました。

ビフォー・アフター画像で、いかに腐りが大きかったか分かると思います。

トランクの切り継ぎも終わり、前周りに移ります。

後は、フロントカウルトップとボンネットを残すのみ。

これが、終れば塗装作業に入れますが、最後の難関のボンネットが残っています。

先端の裏側が完全に欠損しているので製作に手間取りそうです。

次回はブースに入っていると思いますが、また、作業が進めばアップします。

RIMG3540.jpg RIMG2766_20160513205047c6f.jpg 

RIMG3596.jpg RIMG3597.jpg

RIMG3538.jpg RIMG3541.jpg

RIMG3536.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


フィアット850クーペ レストア作業(7)

RIMG3416.jpg

RIMG3418.jpg RIMG3419.jpg

RIMG3505.jpg RIMG3528.jpg

おはようございます。

フィアット850クーペ レストア作業の続きです。

まずは、電気周りやブレーキシュー等の部品待ちの間に、インナーフェンダーや底周りをシャーシブラックで塗装。

ブレーキシューは新品に交換。

電磁ポンプやウォッシャーバックを組み付け、エンジン始動確認をします。


下の画像は、取り敢えずエンジンは始動しますが決して調子がいいとは言えないので、ポイント・コンデンサー・IGコイル・デスキャップ・ローター・ハイテンションコードと電気周りは全て新品に交換。

これだけのパーツでも3万円ほどなので、国産よりリーズナブルかも知れませんね。

電気周りを新品に交換して再始動したら、シリンダーヘッドもキャブもO/Hしているので当然ですが非常に調子が良くなりました。

ところが、今度はヒート気味になります。

ウォーターポンプも新品なので、残すはラジーターのみ。

漏れも無く、水は流れていましたが程度が良いとは言えず詰まりが考えられるので、コア替えに出します。

ラジエターが戻るまでに、ホイルを塗装して新品タイヤに交換。

ユーザー希望のバッカタイプミラーに交換すれば、レストア作業は、ほとんど完成です。

来週には、車検を受けて納車まで行けそうです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3584.jpg

RIMG3583.jpg RIMG3587.jpg

RIMG3616.jpg RIMG3619.jpg

RIMG3617.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリGTR仕様 O/H(2)

RIMG3595.jpg

RIMG3563.jpg RIMG3530.jpg

RIMG3531.jpg RIMG3564.jpg

RIMG3566.jpg RIMG3574.jpg

おはようございます。

ケンメリGTR仕様のエンジン修理です。

前回に、腰下は組み上がっているのでシリンダーヘッドの作業です。

ヘッドは最小面研磨を施し洗浄しましたが、ピストントップと同じく、3-4番のみカーボンが無く綺麗です。

オーバーフローしたガソリンで洗われた名残ですね。

バルブの曲がり点検後、磨いて摺り合わせ。

強化バルブスプリングを組み込みブロックとドッキングさせます。


下の画像は、カムチェーンの張り具合。

テンショナーが、ほとんど出ない様にチェーンガイドの取り付けを長穴にして組み付けます。

そして、最終カムチェーンの張り確認をして、バルブタイミングを計測します。

IN102.5 EX106.5 理想的な数値です。

最後に、フロントカバーとオイルパンを組み付けコンプリートの完成です。

これから補器類を組み付け車体に搭載準備をします。

数日内には、車体に積み込み、キャブセッティングを行います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3591.jpg

RIMG3579.jpg RIMG3588.jpg

RIMG3598.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 3.1Lエンジン製作(1)

RIMG3567.jpg

RIMG3117.jpg RIMG3571.jpg

RIMG3570.jpg

おはようございます。

3.1Lエンジン製作中のハコスカHTです。

エンジンを組んでいる間にシートの張り替えに出しておいたのが戻ってきました。

これで、前後ダッツンシートです。


下の画像は、製作中の3.1Lエンジン。

腰下までは組んで在ったので、ピストントップを出し、ヘッド搭載準備をします。

シリンダーヘッドは、ビックバルブ入りですが、排気量と圧縮比のバランスを考え面研磨。

2.5㎜面研磨で、34.5cc

1気筒当たりの排気量は、516cc  1.2㎜ガスケット7cc リセス4cc

(516+34.5+7+4)÷(34.5+7+4)=12.34:1

ほんの気持ち圧縮比が高いので、燃焼室を少し研磨して燃焼室容積を35ccにしました。

結果は、12.2:1 これくらいがいいでしょう。

当然、ポートとインマニは同じ39㎜で削って在ります。

最後に、カメアリ1000回転強化スプリングとクロモリリテーナを組み込み、ヘッドを搭載。

カムシャフトはカメアリ77度Iカム。

現在市販されている中では、このカムが一番パワーが出るでしょうね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3575.jpg

1_20160510201941850.jpg RIMG3572.jpg

RIMG3573.jpg RIMG3578.jpg

RIMG3576.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリ 4ドア レストア(2)

RIMG2721.jpg

RIMG2760.jpg RIMG3542.jpg

RIMG3539.jpg RIMG3547.jpg

おはようございます。

ケンメリ4ドアのレストア作業です。

まずは、腐りの多い部分の切り継ぎです。

他の作業の合間にやっていますが、少しづつ進んでいます。

リア周りは、フェンダー下左右とトランク後部が終わりました。


下の画像は、ドア4枚。

フロントドアは、表パネルに鉄板を張り、裏パネルの底部分も鉄板を張ります。

リアも同じく表裏ともに、鉄板を張って成形します。

後は、トランクとボンネットの腐りを直せばパテ作業に入れますね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG2762.jpg RIMG3278.jpg

RIMG3534.jpg RIMG3535.jpg 

RIMG3537.jpg RIMG3546.jpg

RIMG2837.jpg RIMG3545.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリGTR仕様 O/H(1)

RIMG3488.jpg

おはようございます。

約、半年振りに整備に戻って来た、ケンメリGTR仕様です。

整備の理由はエンジン不調。

冷却水が減るので、ヘッドガスケット抜けではないかと持ち込まれました。

確かにヘッドガスケットも抜けてはいましたが、そもそもの原因はOERキャブのガソリンオーバーフローでした。

オーバーフローしたガソリンがシリンダー内に入り、そのままセルを回した為、燃焼室内のガソリンが圧縮されず、バルブとコンロッドが曲がっていました。

当初は、ヘッドだけ降ろすつもりでしたが、4番のみ、ピストントップが低いので、エンジンを降ろしてコンロッドを交換します。

シリンダーを上から見た画像でも分かる様に、3-4番のピストントップがガソリンで洗われ綺麗です。

ピストンは少し傷が付いていますが、使用に問題ないレベル。

コンロッドの画像は、良く見て頂ければ分かりますが、2本のコンロッドをピストンピンで接続した状態で、1㎜ほど長さが違うのが分かると思います。

これだけ曲がっていましたね。

腰下は、コンロッドを交換して組み付け完了。

シリンダーヘッドは、ガスケットが抜けていたので、最小面研磨を済ませました。

これから、バルブの曲がり確認をして、少しでも曲がりの在るバルブは交換して組み付け直します。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3477.jpg RIMG3511.jpg

RIMG3480.jpg RIMG3492.jpg

RIMG3497.jpg RIMG3494.jpg

RIMG3509.jpg RIMG3506.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R ボディー仕上げ(7)

1_20160507155810a4e.jpg

65.jpg 66_20160507155812fbf.jpg

67.jpg 68.jpg

69.jpg 70.jpg

おはようございます。

54Rの作業は一週間飛びましたが、大して進んでいません。

面倒な作業を時間の在る時に、コツコツ製作しているので思う様には作業が捗りません。

まず、バルクヘッドの本来ブレーキとクラッチマスターが付く部分はアルミパネルを張ります。

そして、室内トリプルマスターシリンダーからの取り出しジョイントを組み付け。

次に、ジョイントからプロポーショニングバルブまでのパイプを曲げて製作。

オイルタンクから、室内に向けてオイルホースを仮組みする所まで出来上がりました。

これから、室内側マスターシリンダーからジョイントまでのパイプを製作すれば、ブレーキ周りの完成です。

ここまでの作業だけでも相当な時間が掛かっています。


下の画像は、ハーネスキット。

友人の紹介で、オリジナルのハーネスを元に、横浜の「(株)双新電子」と言う会社で製作して貰いました。

この双新電子は他の仕事もしていますが基本は、ハーネス製作が中心の専門店です。

興味の在る方は、上記ホームページから問い合わせて下さい。

さて、旧車は、電気周りが弱いのは周知の事実だと思います。

新品に交換するに越した事は無いですが、手に入らない物や例え入手可能でも高額で、しかも組み替え工賃も結構な額になります。

今回の54Rは、ボディーが裸になっているのと点火系にコンピューターを使うので、必ずハーネス製作が必要な為、思い切って全てのハーネスを製作する事にしたのです。

しかも、公道を走れる様に車検は受けますが、セミレーシングに仕上げるので、コラムスイッチは付けず、パネルにキルスイッチ等と一緒にセットしたかったのでスイッチ類の製作までお願いしました。

右からエンジンハーネス、ライトやウインカー等のフロントセクション、ダッシュハーネス、そしてテール等のリアセクションと別れています。

そして、バッテリーケース横に置かれているのは、トランク内バッテリーからの電源ケーブルです。

配線図も完備していて、オリジナルの残すランプ類とボルトオンになっています。

スイッチパネルには、ヒューズボックスも付けて在り、このパネルを元にダッシュパネルに移設します。

ブレーキ配管等の製作に時間が掛かるのは分かっていたので、ハーネスの製作作業が無くなるだけでも効率は群と上がります。

作業的には、ボンネット内は、エンジンハーネスから組み始めました。

トランク内は、バッテリーケースの設置やガソリン配管等と同時に作業して行きます。

エンジン始動確認まで、もう一息です。

当分は、この様に細かな仕上げ作業ばかり続くので来週も54Rの記事が書けないかも知れませんが、また作業が進めばアップします。

72.jpg

71.jpg 73.jpg

74.jpg 75.jpg

76.jpg 77.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L20改 サメブル納車、他

RIMG3487.jpg

RIMG3305.jpg RIMG3316.jpg

RIMG3339.jpg RIMG3386.jpg

RIMG3491.jpg RIMG3495.jpg

RIMG3496.jpg

おはようございます。

先日、油圧不良によりカムシャフトを交換したL20改搭載のサメブルです。

試乗もして問題ないと思いましたが、純正の油圧計が動きません。

オーナーに聞くと元々動いていたと言うので、機械式の油圧計を取り付け確認。

油圧が上がらない訳ではないですが、明らかに低い数値です。

私共のミスで油圧不良を起こしたエンジンを、油圧が低い状態で納車は出来ないので、エンジンを降ろして再確認。

油圧不良により傷んだのはカムだけだとは思いますが、腰下も気になっていたので確認の意味も含んでいます。

まず、オイルパンを捲ってメタルチェックをしましたが、傷みも無く非常に綺麗です。

これで、エンジン本体に関しては問題ないので一安心で、すっきりしました。

結論を書くと油圧不良修理の際に、オイルポンプも交換しましたが、そのオイルポンプが不良品でした。

必要のない二度手間でしたが、腰下の点検確認が出来たので良しとします。

エンジンとは関係ないですが、他に頼まれたのがシフトレバーの微振動対策。

ブッシュを交換して随分と良くなりました。

最後に再度タペット調整を行い作業終了です。

今回は、油圧も正常で問題無いですね。


下の画像は、少し前に収めたHLS30。

最低限エンジンが掛かる様にまでとの業者からの作業依頼です。

エンジン始動確認後、ヒーター周りとテール周りの配線を行い作業終了。

このHLS30は、自分の所で全塗装とブレーキ等の整備を行い車検受けに再入庫予定です。

また、作業に入れば紹介します。

RIMG2585.jpg

RIMG2576.jpg RIMG2676.jpg

RIMG2586.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ジャパンR仕様L20改 車高調と車検受け

RIMG3236.jpg

おはようございます。

ジャパンR仕様は、車検受けが終わりナンバーまで付きました。

これから、仕上げとセッテイング作業を行います。


下の画像は、作業過程。

ガソリン配管及び水回りの組み付けが終わり始動確認。

その間に、50デュアル・マフラーを組み付けたり、電気周りの点検を同時に行います。

電気周りで苦労したのは、運転席下に在る、テール・リレー。

このリレーが無いとテールが点灯しないのですが、日産からは部品が出ず中古を探すのに手間取りました。

これは、群馬のシティーオートから譲って貰い何とか電気周りの作業は完了。

次に足回り。

前後、シルクロード製、フルタップ車高調を製作組み付け。

この時点で、またも問題発覚。

これくらいは日産に在るだろうと、高を括っていたタイロットエンドが、製造廃止。

これも、ネットで再生産品が見付かり何とかなりました。

しかし、ハコスカなら苦労しないのに逆に、ジャパン辺りの年式になると、在りそうな部品ですら入手困難なのには驚きですね。

まぁ~、多少手間取りはしましたが、無事車検が通り、ナンバー取得まで漕ぎ着けました。

納車まで、もうひと頑張りです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3244.jpg RIMG3243.jpg

RIMG3313.jpg RIMG3319.jpg

RIMG3320.jpg RIMG3321.jpg

RIMG3310.jpg RIMG3324.jpg

RIMG3450.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ホンダCR750 イギリスから到着

RIMG3361.jpg

RIMG3353.jpg RIMG3357.jpg

RIMG3358.jpg RIMG3359.jpg

おはようございます。

5月5日に、ちなんで大人が子供の様に夢が見れる大人のおもちゃを紹介します。

友人がイギリスで購入し、空輸で運ばれて来た、ホンダCR750レーサーです。

先日、関空まで引き取りに行き梱包を解きました。

在る程度のスペアーパーツも付属していました。

今年後半もしくは来年から、ヒストリックレースに参戦し、そのメンテを私共がサポートします。

このCR750は、レプリカですがイギリスのレースに実際出場していた車両で有名なヒストリックレースクラブCRMCにも登録されているそうです。


下の画像は、細部画像。

実際に走っていた車両の遣れ感が在り雰囲気抜群です。

乗って良し、眺めて良し、正に大人のおもちゃですね。

タコメーターは、オリジナルでは無いですが、実際に使っていた物でなので、これも在りでしょう。

キャブは、当時のケイヒンCR31。

エンジンは、JEピストン836ccに、ヨシムラカムとクロスミッションが組まれているそうです。

そして、何と言っても、RSCレプリカのマグネシュームドラムが組まれているのは最高です。

これは、4本メガホンマフラーと並んで迫力満点ですね。

日本国内で、ここまで仕上がったCR750レプリカは、ほとんど見掛けません。

早々に、オイルとガソリンを入れ始動確認に挑戦しましたが、キャブからガソリンがオーバーフロー。

しかも、ティクラが1本固着で動かず。

キャブを外して分解清掃しましたが単にゴミが少し噛んでいただけで、ティクラは少し曲がっていただけでした。

ティクラとは、私が指で押している物。

これを押し、フロートを下げ、態とオーバーフローさせる事により、チョーク代わりにします。

今では考えられない危険な仕組みですね。

ただ、真鍮のフロートにも問題が無い様なので一安心。

キャブを外したついでに動きの悪かったスロットルを交換後、組み付け確認。

今度は、キャブからガソリンが噴き出し、ティクラが機能しています。

最後は、始動確認。

4本のストレートメガホンは迫力満点。

調子も良い様ですが、実際にサーキットを走るには何らかの消音機が必要です。

始動確認中も余りの爆音に警察が飛んで来そうです。

時間が取れれば、サーキットでのテスト走行を行いますので、その時にまた紹介します。

RIMG3360.jpg

RIMG3362.jpg RIMG3363.jpg

RIMG3364.jpg RIMG3365.jpg

RIMG3366.jpg RIMG3375.jpg

RIMG3377.jpg RIMG3378.jpg

RIMG3380.jpg RIMG3471.jpg

RIMG3469.jpg RIMG3472.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 4ドア 車高調、ナビ取り付け他(3)

RIMG3420.jpg

RIMG3399.jpg RIMG3400.jpg

RIMG2874.jpg RIMG2914.jpg

おはようございます。

45仕様ハコスカの仕上げ作業です。

まずは、GTR用の日産純正ガラスモールを前後共に入れます。

これが入るだけでも結構雰囲気は変わりますね。

そして、ドア等のウェザーストリップも新品に交換しました。


下の画像は、クーラー取り付け。

室内ユニットを取り付けますが、やっとで手に入れたワイパースイッチも一緒に組み付けます。

ハコスカのパーツは何でも比較的手に入り易いですが、こう言う小物は中々出て来ないので苦労しますね。

作業的には、コンデンサーと電動ファンの組み付け。

そして、3層ラジエターとコンプレッサーの組み付けまで完了。

ゴールデンウィーク開けには車検を受けられそうです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3341.jpg RIMG3439.jpg

RIMG3349.jpg RIMG3437.jpg

RIMG3440.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


サニトラ ロールバー・バケット他組み付け

RIMG3425.jpg

RIMG3367.jpg RIMG3369.jpg

RIMG3370.jpg RIMG3384.jpg

RIMG3385.jpg RIMG3397.jpg

RIMG3373.jpg RIMG3389.jpg

RIMG3401.jpg

おはようございます。

サニトラの短期作業です。

車両と一緒に車種の分からないロールバー、ウインチ、バケットシート、フォグランプ等持ち込まれました。

まず、ロールバーをサニトラのサイズに合わせて、カット溶接。

ウインチ、小物入れ、作業等と順に組み付けます。

ほとんど、鉄工所仕事ですね。


下の画像は、持ち込まれたシートレールを加工して、バケットシートを装着。

エンジンは、ノーマル。

最後に、フォグランプを取り付け作業終了です。

昨日納車しました。

最後の画像は、先日、沖縄から自走でやって来たサニトラ。

当分、大阪に居るそうですが、その間にA15に換装したいと見積もりに来られました。

近い内に再登場するかも知れません。

RIMG3374.jpg RIMG3371.jpg

RIMG3402.jpg RIMG3390.jpg

RIMG3318.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ4ドア 47年セミレス(2)

RIMG3279.jpg

RIMG3280.jpg RIMG3281.jpg

おはようございます。

47年式ハコスカのレストア作業です。

まずは、全塗装が終わり、パネル類の組み付けまで完了。

当初、フェンダーを叩くと伝えたのは耳折りの事だったのですが、叩く=GTRフェンダーと誤解が在り、再度フェンダー部分の、やり直しを申し出た所、サーフラインで一度乗り、やはりオーバーフェンダーが欲しくなったらやり直すと言う事で落ち着きました。

既に塗装が終わっていたので少し慌てましたが助かりました。


下の画像は、ドア等の白ガラスを組む合間に、ホイルを塗り新品タイヤ装着。

そして、前後のガラスを入れ、GTRモールを入れました。

後は、テールやライト周りを組み付ければ板金工場での作業は終了です。

これから、エンジン及び足回りの作業に移行します。

また、作業が進めばアップします。

RIMG3338.jpg RIMG3342.jpg

RIMG3343.jpg RIMG3410.jpg

RIMG3388.jpg RIMG3412.jpg

RIMG3409.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


NEXT≫
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (8)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE25カローラ カスタム....... (16)
TE27トレノ プチカスタム...... (11)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (34)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (8)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (29)
PB110サニー エクセレント.... (6)
B110サニー セミレス作業..... (2)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (31)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (21)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (29)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (9)
スカイライン・ジャパン作業.... (10)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (29)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (24)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (4)
ハコスカ関連 2017スポット... (15)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (25)
C130 ローレル セミレス....... (13)
ブルーバード510セダン・バン. (34)
ブルーバード510・2ドア/左... (36)
ブルーバード510・2ドア/右... (16)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (14)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (38)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (5)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (6)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (41)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (3)
2017 国産旧車・スポット修理 (2)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (14)
各種エンジン スワップ作業.... (15)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (21)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (15)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (3)
ホンダCB750/CB72 カスタム (10)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (87)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
Am9:00~PM9:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策