230セドリック・マフラー製作 他

RIMG1878.jpg

RIMG1880.jpg RIMG1886.jpg

RIMG1891.jpg RIMG1889.jpg

おはようございます。

先週末は、イベント準備に追われて他の作業が余り進んでいません。

まずは、230セドリック。

54Rをリフトから降ろした後、マフラーの製作に掛かります。

ノーマルのシングルマフラーからステンレス・デュアルマフラーを製作して欲しいとの作業依頼です。

最初に、パーツアシスト製のハコスカ用をカットして、フロント部分を仮組します。

センターで、一ヵ所固定。

そして、メインマフラーを固定します。

これから、デフ上のアールと分割部分を製作します。

デフ上は、スペースが無く厳しいですが何とかなりそうです。

また、作業が進めばアップします。


下の画像は、エンジン部門。

まずは、先週納品した、L28改3.1L。

補記類まで組み付けたコンプリートで納めました。


次に組み付けするのは、L20改。

ボーリング済みブロックは、タップ通しをして洗浄後、塗装。

フロントカバーは纏めてサンドブラストをして組み付け準備完了。

先週は、クランクを組み付けた所で作業終了。

今週は、L20BのO/Hも含めて同時に組み付け予定です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1582.jpg RIMG1583.jpg

RIMG1251.jpg

RIMG1409.jpg RIMG1488.jpg

RIMG1700.jpg RIMG1883.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


スポンサーサイト

プリンスS54R RB30改エンジン搭載(2)

RIMG1819.jpg

RIMG1821.jpg RIMG1823.jpg

RIMG1861.jpg

おはようございます。

プリンスS54Rは、エンジン・ミッションを搭載して補器類のセッティングです。

在る程度は想定内ですが、狭いエンジンルームに、3.3Lエンジンを詰め込むので問題だらけです。

まずは、車体をリフトに移動してメーターパネルの加工。

ダッシュを少しカットするだけで、50系から54系のメーターパネルに変更出来ました。

先週製作したアルミパネルは黒く塗装して、装着。

中々、いい雰囲気です。


下の画像は、金曜日の夜中。

27日の土曜日から名古屋オートトレンドに展示する為、出来る限りの補器類組み付けをしている所です。

せっかく展示するのにエンジンが載っているだけでは寂しいのと、いずれ一つ一つのパーツを合わせて行かなければならないので、いい機会です。

まずは、パワステポンプ。

RB30エンジンの補器類は基本的にRB20と共通部分が多いです。

そこで、以前から準備していたR34スカイラインの部品取り車を工場に入れます。

既に、ダイレクトイグニッションやクランク角センサーは流用しています。

そして今まで、購入したRB30やRB26エンジンに付属していたパワステポンプと比較してみます。

外した、R34のポンププーリーは非分解。

真ん中がRB30で、右端がRB26用です。

RB26用はデュアル配管の上、プーリー3段目にベルトが掛かり、2段しかないレース用プーリーには使えず、結局RB30用ポンプを使います。

プーリーはアルミ製で、エンジン回転数を上げても過充電や水量が増え過ぎない様に社外の大径RB26用。

特に、ウォーターポンププーリーは大きくしないと水圧が上がり過ぎホース破損やキャビテーションの元になる恐れが在ります。

次は、オルタネーター。

RB20用は、スペースが無く取り付け不可でした。

そこで、軽四輪用の小型オルタネーターを取り付けます。

充電量は減りますが、オーディオ等の余計な電気物を付けないセミレーシングの54Rには、抵抗が少なく軽量なメリットが在りますね。

ベルトは一般的な4PKなので、寸法を計れば部品商で簡単に入手できます。

しかし、何か補器類を組み付ける都度、スムースには行かず、先が思いやられます。

最後に、キャブやタコ足まで仮組みしましたが、タコ足はボディーに干渉。

オートトレンドから戻ったら、またボディーの加工が必要です。

インマニとウェーバーは問題無く付きましたが、ブレーキマスターやクラッチマスターを取り付けるスペースが在りません。

小型の物を探すか室内に移設するか課題が残りました。

54Rが走り出すまでには、もう少し時間が掛かりそうです。


最後2枚の画像は、私は行っていませんが社員から届いた名古屋オートトレンド昨日の様子です。

中々、盛況の様ですね。

本日は私も午後から覗きに行きます。

では、また来週。

RIMG1870.jpg

RIMG1775.jpg RIMG1776.jpg

RIMG1800.jpg RIMG1801.jpg

RIMG1779.jpg RIMG1825.jpg

RIMG1824.jpg RIMG1867.jpg 

RIMG1869.jpg


Xc43h7fkrbMXZvj1456553715_1456553774.jpeg

AUIqNKKfjbO98Ge1456553964_1456553990.jpeg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ4ドアセダン 小整備

RIMG1845.jpg

RIMG1298.jpg RIMG1300.jpg

RIMG1301.jpg RIMG1302.jpg

おはようございます。

先日売りに出したハコスカ4ドアの整備です。

このハコスカはL20改エンジンを元のオーナーに渡し、自分でエンジンを搭載された車両です。

私共に入庫した時も、「ノーマルよりは走るが今一パワーが無い」と言われていました。

そこで各部点検した所、キャブリンクの押しレバーの固定ボルトが長くボディーに干渉。

要は、キャブが全開になっていなかったのです。

これでは走りません。

キャブだろうと思っていたので、ついでに取り寄せたアウターベンチュリーを大口径の物に交換。

排気量に見合う大きさに変更します。

押しレバーの対処とベンチュリー交換後、試乗しましたが通常のL20改のパワーが十分ありました。

これで、問題解決。

最後に、破れていたノーマル運転席シートは張り替え、セミバケからオリジナルに戻しました。

また、機会が在れば紹介します。

RIMG1304.jpg RIMG1783.jpg

RIMG1849.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


510ブルーバード、クーペとセダン 公認待ち

101.jpg

RIMG1121.jpg RIMG1122.jpg

RIMG1796.jpg RIMG1831.jpg

RIMG1830.jpg

おはようございます。

2台の510ブルーバード、クーペとセダンは、エンジンの積み替えも終わり仕上げ段階です。

手間取っているのは、車検を受ける為に陸運局の構造変更(公認)エンジン変更許可待ちです。

2ドアは、Z20ベースの為、書類を提出してから、パワーチェック結果の添付を求められ、行って来ました。

これで、近日中に許可が下りるはずです。

その待ち時間の間に、現在付いているロンシャンからワタナベに変更して欲しいとの追加依頼。

中々面倒な注文で、センター部分はゴールドでリムはポリッシュ仕上げです。

まぁ、これでOKでしょ。


下の画像は、L20Bへの構造変更、許可待ちのセダンです。

私共に入庫した数年前は割れていなかったダッシュが割れて来たので、気になっていたサイド部分の割れ修理してから、レザー張替に出しました。

昨日、綺麗になり戻って来ました。

このセダンも審査中ですが、どうもパワーチェック結果の添付を言われそうです。

ただ、2台共に納車は間近ですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1844.jpg

RIMG1392.jpg RIMG1410.jpg

RIMG1842.jpg RIMG1843.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 2ドアHT L28改と塗装(3)

RIMG1788.jpg

RIMG1774.jpg RIMG1789.jpg

RIMG1797.jpg RIMG1798.jpg

おはようございます。

ハコスカ2ドアは、板金の合間を縫ってL28改エンジン搭載まで完了。

ボディーは、前後ガラスを抜いてドアやフェンダーのパネル類まで外れています。

これから、ステンレスのタコ足とO/H済みソレックス44を組み付けます。

ただ、段取り次第では、塗装が先になるかも知れません。


下の画像は、昨日納車した、ハコスカ45GTR仕様。

張り替えたシートや白ガラスが非常に綺麗です。

奈良から神奈川まで自走で帰られました。

次は、後ろに見えている内装前期の45仕様も仕上げ作業に入っています。

2ドアも含めたハコスカ2台共に、また作業が進めばアップします。

RIMG1790.jpg

RIMG1791.jpg RIMG1792.jpg

RIMG1793.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


エンジン スワップ車両 3台

RIMG1757.jpg

RIMG1756.jpg RIMG1722.jpg

RIMG1780.jpg RIMG1718.jpg

おはようございます。

現在作業中の車両や公認許可待ちの車両は引き続き並行して作業しますが、今年に入って5台納車出来たので、次のスワップ車両の準備をします。

まずは、1柱リフトと同時に建てた単管の屋根の中にワゴニアとグランビアを入れます。

ワゴニアのガソリンV8から、トヨタ1KZのディーゼルにスワップします。

この大きな2台を並べて作業出来る場所を確保するのに時間が掛かってしまいました。


下の画像は、ルノー4 キャトルとルノー21。

こちらは、キャトルのFF横置きエンジンから21のツインカムエンジンをリアシート部分に収まる、縦置きミッドシップにして欲しいとの作業依頼です。

これは、中々ハードな仕事になりそうです。

ボディーも最終的にはオーバーフェンダーを張り付け、ルノー5ターボの様なルノー4版を造る予定です。

時間は掛かりますが、少しづつ進めて行きます。


最後は、エンジンでは在りませんが、左ハンドルから右ハンドルへのスワップ作業。

ボディーは塗装が終わり、A14のO/Hも終わっています。

パブリカバンの納車が終わるまでと長らく待って頂きましたが、作業再開です。

3台共に作業が進めば、またアップして行きます。

RIMG1723.jpg

RIMG1724.jpg RIMG1725.jpg

RIMG1781.jpg RIMG1727.jpg

RIMG1728.jpg

RIMG8451_20160223163609017.jpg RIMG1729.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130ローレル 板金塗装(4)

RIMG1174.jpg

RIMG1175.jpg RIMG1331.jpg

RIMG1332.jpg RIMG1695.jpg 

おはようございます。

130ローレルの全塗装が終わりました。

時間が掛かっていたのは、他の仕事に追われていたのも在りますが、パテの面積が多いので十分乾燥させ塗装後の「ひび割れ」を抑える意味合いも在りました。

何度かの修正を経て、サフェーサーを入れます。


下の画像は、2か月ほど乾燥させた後、オーナー希望の少し暗めのパープル。

近日中に、11J・12Jのワイドリムを入れた、ど迫力の在るスタイルをアップ出来ると思います。

これから、補記類やガラス等の組み付け作業に入ります。

また作業が進めばアップします。

RIMG1750.jpg RIMG1748.jpg

RIMG1751.jpg RIMG1749.jpg

RIMG1763.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 2ドアHT L28改と塗装(2)

RIMG1704.jpg

RIMG1703.jpg RIMG1733.jpg

おはようございます。

ハコスカ 2ドアHTは、 L28改搭載と全塗装の同時進行です。

エンジンを組んでいる間に、ボディーはバンパー等のパーツを外し、少し塗装の浮きや「ブツ」が在る部分を直して行きます。

ほんの小さな「ブツ」でしたが、塗装を捲ると結構な腐りが出て来ました。

見た目は綺麗なボディーでしたが、これは予想より手間が掛かりそうです。


下の画像は、エンジン組み付けの続きです。 

シリンダーヘッドのオイルスラッジは3回の洗浄で綺麗に落ちました。

いよいよ、本組です。

シリンダーにピストンを入れ、トップを出します。

そして、強化スプリングとハイカムを組んだ、ヘッドを載せ、1番だけロッカーアームを組み付けタペット調整。

次にバルブタイミングを計測すれば、フロントカバーやオイルパンの補器類を組み付けて行きます。

最後は、板金職人が帰宅した作業の邪魔にならない夜間にエンジンを降ろします。

続いて、このままエンジンを搭載するか塗装が終わってからの積み込み作業になるかは、今週の板金の進み具合によりますね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1657.jpg

RIMG1690.jpg RIMG1697.jpg

RIMG1698.jpg RIMG1743.jpg

RIMG1746.jpg RIMG1745.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R ボディー仕上げ(1)

RIMG1755.jpg

RIMG1735.jpg RIMG1741.jpg

RIMG1742.jpg

おはようございます。

プリンスS54Rは、路上デビューに向け本格的に組み付け作業に入ります。

まず、仮組みだったブレーキ回りは、作業を始めるとキャリパーサポートがストラットと僅かに干渉する事が判明。

干渉部分をカットしてローター・キャリパーまで組み付け完了。

これからブレーキ配管やガソリン配管製作の為、リフトに移動します。


下の画像は、54Rのメーター周り。

最初の画像は、プリンス54Aで、その下がS57の物。

54Aが一回り大きいです。

S57の小さな横動きスピードメーターを使い、タコメーターをダッシュの上に設置して当時のレーサーっぽく仕上げる案も在りました。

しかし、追加メーターも含め、スミスで統一したいので結果、54Aのメーターパネルに埋め込む事にしました。

タコメーターとスピードメーターは、2種類持っています。

タコは、リミット10000回転と12000回転、スピードは同じリミット260㎞ですが、SMITHSのロゴや針の形状が違います。

一般的に興味を持たれる部分では在りませんが、拘りの部分です。

回転計は、10000回転か12000回転か迷いましたが、大排気量なので今回は10000回転をチョイス。

最後は、54Aのメーターパネルに仮組みまで行いましたが、オリジナルの雰囲気が残り、いい感じになったと思っています。

左右の小メーターは、スミス機械式の左が油温計、右が油圧水温のデュアルメーターです。

メーターパネルが大きくなるので、またダッシュの加工が必要ですが、これからアルミパネルを黒に塗装して、車体に組み付けします。

他の作業の合間に行っているので余り進みませんが、路上デビューに向け少しづつ仕上げて行きます。


告知・・・来週の土日、2月27~28日は、ポートメッセ名古屋で開催される、オートトレンドに出展します。

前回の旧車天国と同じく、オールドタイマーからの招待ブースです。

本当は、エンジン始動まで終え、会場でエンジンサウンドを響かせたいと思っていましたが現状では厳しそうです。

ただ、キャブやタコ足マフラーまでは組み付けた状態で展示しますので興味の在る方は足を運んで下さい。

では、また来週。

RIMG1636.jpg

RIMG1645.jpg RIMG1646.jpg

RIMG1643.jpg RIMG1648.jpg

RIMG1650.jpg RIMG1652.jpg

RIMG1653.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アルファロメオ ザガード(10) 

RIMG1706.jpg

RIMG1272.jpg RIMG1274.jpg

RIMG1284.jpg RIMG1307.jpg

RIMG1341.jpg RIMG1338.jpg 

RIMG1487.jpg RIMG1337.jpg

おはようございます。

アルファロメオ ジュニアザガードの作業です。

まずは、ワンオフ・ガソリンタンクが完成。

車体に仮止めして、追加作業で依頼されたバンパー下リアパネルの補強を入れます。

このパネルは、ペラペラで一箇所しか固定されないので、歪んで見えます。

それを帯板を溶接して補正。

ワンオフ・ガソリンタンクは、ウレタン塗料でしっかり塗装をして組み付けました。

組み上がった時点でオーナーから形状が当初の打ち合わせとは違うとダメ出し。

確かに純正風に、もっと丸みを帯びた形状で製作予定でしたが、溶接の都合で形状が変わって行きました。

機能的には問題ないですが、人が見ても分からない、ほとんど見えない部分への拘りは理解出来るので、作り直す事にしました。


下の画像は、取り敢えずガソリンを入れて動かせる状態にはなったので、補強を入れたリアパネルとサイドマーカー変更の穴埋めをします。

サイドマーカーは前回より、一回り小さな物が持ち込まれ、そのままでは取り付けられないので穴を埋め、新たに小さな穴に開け直し塗装。

全塗装したばかりですが、これもオーナーの拘りです。

ゲート内やリアパネルも塗装が終わり、一旦作業は完了。

後日、ガソリンタンクが完成したら、また作業を再開します。

RIMG1605.jpg RIMG1606.jpg

RIMG1607.jpg RIMG1707.jpg

RIMG1710.jpg RIMG1708.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ2ドアHTとGS30 納車

RIMG1701.jpg

RIMG1702.jpg RIMG1692.jpg 

RIMG1693.jpg RIMG1694.jpg

RIMG1705.jpg 

おはようございます。

以前売りに出した、ハコスカ2ドアHTの板金作業が終わり納車準備完了。

作業的には、ガソリンタンク、キャブ、ブレーキ周りの清掃に始まり、始動確認まで済ませました。

そして、追加作業として、板金で一番手間の掛かる、サイドシル・リアフェンダー下部の切り継ぎだけを依頼されました。

これで、最低限の走る止まるは問題ないので、通常の陸送業者に依頼出来ます。

画像からは想像出来ないかも知れませんが、セル一発で始動してアイドリングも安定しています。


下の画像は車検受けの排ガスのみ調整して欲しいと近所の業者から持ち込まれたGS30。

確かに、古いSUキャブを調整だけで、排ガスCo/Hc値を落とすのは至難の業です。

一度、強引に調整して渡しましたが、エンジンの始動性が悪いからと、せっかく調整したスクリューを戻して車検が通らなかったと、もう一度持ち込まれました。

何度も同じ作業はしたくないので、本来必要の無い触媒を取り付け対処。

車検も私共で受けて、こちらも納車完了。

RIMG1408.jpg

RIMG1406.jpg RIMG1405.jpg

RIMG1407.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


230セドリック・ミッションスワップ、他

RIMG1678.jpg

RIMG1670.jpg RIMG1671.jpg

RIMG1686.jpg

おはようございます。

230セドリックの5速マニュアルの搭載が完了。

クラッチセットとレリーズシリンダーは新品を組み付けました。

これから、プロペラシャフトとフロアートンネルの加工を行い、クラッチマスター等の取り付けをします。


下の画像は、部品取りに入庫した、280ZX。

左ハンドルのS130ですが、エンジンは載っていませんが、書類は通関証明ではなく、一時抹消謄本。

まず、一番のメリットは輸入新規手続きやガス検が必要が無い事。

そして、錆・腐りが、ほとんど無く意外と程度が良いので生かそうかと思案中。

USDM系に興味の在る方は問い合わせて下さい。


最後は昨日、建てた1柱リフト。

前から欲しかったので横のトタン屋根を組む時に、この場所だけ空けておいたのです。

リフト固定アンカーを打ち込み設置作業まで完了。

これで、作業効率がグンとアップすると思います。

RIMG1666.jpg

RIMG1664.jpg RIMG1667.jpg

RIMG1668.jpg RIMG1669.jpg

RIMG1683.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


パブリカバン エンジンスワップ作業完了

RIMG1680.jpg

RIMG1679.jpg RIMG1681.jpg

おはようござます。

SR20搭載パブリカバンの納車前最終チェックをしています。

軽い車体に2000㏄エンジンは、ATでも結構走ります。

ただ、車高を下げたので、クッションが悪いですね。


下の画像は、ユーザー持ち込みのレカロを付けたりクーラーやコンソール周りの仕上げ作業。

何度か試乗を重ねて、リアの車高は、もう少し上げた方が良さそうです。

それでも全体的な作業は、おおよそ完了。

近日中に納車予定です。

動画を撮って来ましたが、静かなので迫力には欠けますね。

また機会が在れば紹介します。

RIMG1675.jpg RIMG1677.jpg 

RIMG1682.jpg RIMG1673.jpg

RIMG1674.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ45GTR仕様 納車準備(1)

RIMG1662.jpg

おはようございます。

ハコスカ45GTR仕様は、納車間近です。

しかし、私共で最終調整している内にブロックのメクラから水漏れ。

キャブ側ではなかったので簡単に交換して対処しましたが、私共でに在る内に出たトラブルで助かりました。

そして、クーラーガスを入れたり、ハンドルを交換、張り替えた運転席シートを交換したりと最終仕上げに追われます。

本日、ETC等を取り付け最終点検試乗で問題無ければ納車です。

RIMG1659.jpg RIMG1663.jpg

RIMG1603.jpg RIMG1658.jpg

RIMG1604.jpg RIMG1661.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 2ドアHT L28改と塗装(1)

RIMG1611.jpg

RIMG1610.jpg RIMG1614.jpg

RIMG1612.jpg RIMG1617.jpg

おはようございます。

L28改エンジンを搭載するために、ハコスカ2ドアHTが入庫しました。

中々程度の良い仕上がりです。

さて、エンジンを購入して頂いてから少し時間は経過していますが、その間にボディー全面に傷を入れられたそうです。

これは、ついでとは言えないですが、全塗装が追加になりました。


下の画像は、エンジン組み付け下準備です。

ボーリングから戻ったブロックは、前壺用にオイル穴を開け洗浄。

そして、塗装をしたらシリンダーヘッドの燃焼室を磨きます。

燃焼室が磨けたらバルブ摺り合わせをして洗浄。

オイル管理の悪かったエンジンは洗剤だけでは汚れが落ちないので、ドライバー等で擦り落とします。

最後は、1回目の洗浄が終わった所です。

これから強力洗剤で、もう一度洗浄して組み付けに入ります。

ボディー、エンジン共に、また作業が進めばアップします。

RIMG1131.jpg RIMG1249.jpg

RIMG1250.jpg RIMG1253.jpg

RIMG1254.jpg RIMG1255.jpg 

RIMG1485.jpg RIMG1622.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R RB30改エンジン搭載(1)

RIMG1618.jpg

RIMG1592.jpg RIMG1593.jpg

RIMG1596.jpg RIMG1601.jpg

おはようございます。

プリンスS54RのボディーにRB33エンジンを取り敢えず搭載しました。

エンジン・ミッションを仮に積んだ程度で始動確認までは、まだまだ作業が山積みです。

作業的には、まず日産から取り寄せた新品のバックプレートとオグラ・ツインプレートクラッチを組み付けます。

フライホイルボルトは、ARPの強化品。

バックプレートは安価で綺麗になるので新品を使っただけで特に意味は無いですが、新品バックプレートや強化フライホイルボルトが手に入るのは在り難い事ですね。

クラッチまで組めたら、71Cクロスミッションを準備しておきます。

このMTは、32スカイライン・タイプM2000ターボ用71CにカメアリクロスとNA用5速を組み込み、5速フルクロスにして在ります。


下の画像は、ブローバイパイプです。

RB30は、純正ではブロックにブローバイが無いので、エンジン組み付け前にブロック後端に穴を開けて在りました。

(ブロックに本来、穴を開ける為の鋳型が在り)

専用パイプもワンオフで削って在りましたが、そのままではオイルが吹いてしまうのでパイプ内に中に金属タワシを押し込みます。

そのパイプを、ブロックに金属ボンドを塗り差し込みます。

そして、エンジンとミッションを合体させ、車体に搭載。

次に、ミッションの耐久性を上げる為に、エンジンとミッションの純正連結補強プレートを合わせます。

中古エンジンをベースに始めると、この連結プレートは付属していないケースが多いですが、町乗り程度なら必需品では在りません。

ただ、ハイパワーエンジンに耐久力の劣るミッションを使用する場合は出来るだけ在った方がいいですね。

バックプレートも必需品では在りませんが、やはり入れるだけでも耐久性は増します。

連結プレートは先に合わせておけば良かったのですが、エンジンを搭載後、大容量のオイルパンに干渉する事が分かり、部分的にカット。

純正より随分と小さくなりましたが、僅かでも効果は在ると思います。

L型3.1Lでもフルパワーなら71Cが弱いと言われています。

このRB30改には、出来る限りの対策はしておきたいですからね。

次回は、ブレーキ・ガソリンパイプ製作やハーネス等の組み付けに取り掛かりたい所ですが他の作業が押していて来週にアップ出来るかどうかは不明です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1584.jpg RIMG1591.jpg 

RIMG1608.jpg RIMG1609.jpg 

RIMG1619.jpg RIMG1621.jpg 

RIMG1623.jpg RIMG1632.jpg 

RIMG1634.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


パブリカバンと230セドリック

RIMG1270.jpg

RIMG0913.jpg RIMG1271.jpg

RIMG1573.jpg RIMG1589.jpg

RIMG1588.jpg

おはようございます。

随分と手古摺った、パブリカバンSR20エンジンスワップの作業が大詰めに入りました。

チョイスした私の責任ですが、パブリカにSR20は大き過ぎましたね。

全てが、ギリギリで手間も通常のスワップ作業の2倍近く掛かりました。

それでも、公認車検が終わり、最後の作業だったワンオフクーラーホースの組み付けが完了。

これも狭いエンジンルームに詰め込む為には、ワンオフが必要でしたからね。

週明けから試乗を始めてフロント荷重対策と足回りの微調整が終われば納車です。

次回は、最後に走行動画を載せます。


下の画像は、230セドリックのATから5速へのミッションスワップ。

しかも珍しい2ドアハードトップです。

久し振りに、ゆっくり眺めましたが、いいですよね~

全体像は次回、本格的に作業を始める時に、また画像を載せます。

今回は、プロペラシャフト加工の為、ATだけ降ろしました。

シャフト全長はATの方が短いですね。

5速用ヨークへの変更と延長加工から戻れば、またアップします。

RIMG1586.jpg

RIMG1579.jpg RIMG1578.jpg

RIMG1580.jpg RIMG1581.jpg 

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ L28改エンジン納車

RIMG1482.jpg

おはようございます。

昨日、滋賀から持ち込まれた、ハコスカ4ドアの納車が完了。

前日までの作業は、キャブ調整、オイル漏れ点検修理。

3層ラジエターにシュラウドを組み付け、エンジン回りは作業完了。

最後は、追加で頼まれた、燃料計とタコメーターの作動不良修理。

燃料計は、中古に交換。

タコメーターは、配線を少し手直しすれば動きました。

これで、作業終了。

「次は、何をやろうか」と乗って帰られました。

比較的、ご近所なので、また機会が在れば紹介します。

RIMG1432.jpg RIMG1483.jpg

RIMG1557.jpg RIMG1558.jpg

RIMG1555.jpg RIMG1556.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L28改3.0L 3基同時製作(5)

RIMG1577.jpg

おはようございます。

L28改、3基の内、2基は発送と搭載が終わりました。

最後の1基は、L28改3.1Lです。

この、3.1L もコンプリートまで組み上がり、オイルパンとカムカバーを組み付け本日納品します。


下の画像は、作業工程。

まず、ボーリングから戻って来たブロックを前壺用オイル穴に加工。

ブロック底やフロントカバー取り付け部分をオイルストーンで磨いてスチーム洗浄をして、LD28クランクを組み付けます。

次に、シリンダーヘッドは燃焼室を磨いてバルブの擦り合わせを行い洗浄。

強化のバルブスプリングを組み付け、ピストンとコンロッドをドッキングさせます。

次は、ブロックにピストンを挿入して、ピストントップを出します。

そして、シリンダーヘッドを搭載、カメアリ75カムを入れ、カムチェーンを張ります。

カムチェーンを張れば、バルブタイミングを計測してエンジン組み付け作業完了です。

後は、タペット調整をして、補器類を組み付ければ完成です。

この、3.1Lエンジンは私共では搭載しませんが、セッテイング等で持ち込まれる様な機会が在れば紹介します。

RIMG1430.jpg RIMG1431.jpg

RIMG1433.jpg RIMG1530.jpg

RIMG1451.jpg RIMG1484.jpg

RIMG1528.jpg RIMG1529.jpg

RIMG1554.jpg RIMG1572.jpg

RIMG1574.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 2ドア 作業

RIMG1169.jpg

RIMG1081.jpg RIMG1170.jpg

おはようございます。

先日、売りに出したハコスカ2ドアは、現状で販売済みになりましたが追加で最低限、移動可能な状態にして欲しいとの作業依頼です。

前回、エンジン始動確認まで終わっていたので、ブレーキ・クラッチ周りをO/H。

最低限移動可能になりました。


下の画像は、追加作業の一環でサイドステップのみ切り継ぎして欲しいとの事。

まず、左サイドシルから始めましたが、原型が残っていたので簡単に終わると予想していましたが、塗装を捲るとアルミ板を貼り、誤魔化して在りました。

販売時に、サイドステップは原型が在ると説明していたので私共で作業を請けて良かったです。

現状のまま渡せば苦情を言われた可能性も在りますからね。

作業的には、アルミ板を取るとサイドシルがすっかり無くなりましたが、裏板から製作して、サイドシルを作り直しました。

最後は、右側面。

こちらは、前後部分で腐りが在るだけで、原型を留めていました。

何枚かに分けて切り継ぎをします。

作業的には、もう数日で終われそうです。

また、作業が進めばアップします。



RIMG1202.jpg

RIMG1203.jpg RIMG1263.jpg

RIMG1335.jpg RIMG1334.jpg

RIMG1552.jpg RIMG1553.jpg

RIMG1548.jpg RIMG1547.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


CJ3三菱ジープとB110サニークーペ販売

RIMG1498.jpg

RIMG1505.jpg RIMG1523.jpg

RIMG1502.jpg RIMG1492.jpg



おはようございます。

数年放置の昭和32年式CJ3、左ハンドルの三菱ジープを販売します。

ブログの中で見掛けた方も多いと思いますが、私共には不動車として入庫しました。

エンジン始動確認が面倒で私共でも1年は放置して在りましたが、キャブの清掃だけで一発始動。

調子も抜群にいいです。

ヤフオクで販売予定ですが、興味の在る方は問い合わせて下さい。


下の画像は、先日少し紹介したB110サニーのサーキット仕様。

手持ちのワタナベ6.5J 7.5Jを入れて見ましたが、フェンダーがスキスキです。

これでは、格好が悪いので、フロントスポイラーを仮組してトスコの8Jを合わせて見ました。

大体、ホイールサイズが分かったので、ロンシャン13インチの8J 8.5Jを購入。

少し磨いて組み付けましたが、サイズ的にピッタリ。


ホイール合わせが終われば、腐食だらけのソレックスを取り外して、O/H済みのソレックスに交換。

ガソリンタンク清掃前に、点滴でエンジン始動確認を行います。

エンジンは、A12改で結構なハイチューンだとは聞いていますが、開けてないので中身の詳細は分かりません。

ただ、サウンドを聞いている限りでは、ノーマルではなさそうです。

試乗が出来るまでには、まだまだ作業が必要ですが非常に楽しみです。

また、作業が進めばアップします。

このB110サニーも販売しますので、興味の在る方は問い合わせて下さい。

RIMG1275.jpg

RIMG1290.jpg RIMG1527.jpg

RIMG1535.jpg RIMG1538.jpg

RIMG1531.jpg RIMG1533.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


510 2ドアセダン車検受け、他(2)

RIMG1267.jpg

RIMG1179.jpg RIMG1180.jpg

RIMG1199.jpg RIMG1215.jpg

RIMG1266.jpg

おはようございます。

510 2ドアセダン車検受け他、整備が完了しました。

この510は、背の高いブロックを搭載するためクロスメンバーを薄く加工して在ります。

エンジン搭載後2年以上経過して、少しメンバーが垂れて来たようなので、補強を入れます。

最低地上高にならない程度のチャンネル補強材を製作して溶接。


下の画像は、燃料計を中古で交換後、試乗をしたらスラストベアリング近辺から音が出るので、ミッションを降ろしてベアリング交換。

キャブの微調整をして作業終了です。

約、1年振りにエンジンサウンドを聞きますが、流石2400の迫力は一味違います。

実際に走ってもトルクフルで面白いですね。

また、機会が在れば紹介します。

RIMG1265.jpg

RIMG1285.jpg RIMG1288.jpg

RIMG1154.jpg RIMG1324.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ウェーバー解説とワンオフ・ディストリビューター製作

RIMG1437.jpg

RIMG1438.jpg RIMG1443.jpg

RIMG1466.jpg RIMG1467.jpg

RIMG1457.jpg RIMG1458.jpg

s-l1600.jpg RIMG1439.jpg

RIMG1441.jpg RIMG1442.jpg

RIMG1447.jpg

RIMG1449.jpg RIMG1452.jpg

おはようございます。

今週のプリンスS54Rは、ほとんど手付かずです。

本日は、ウェーバー解説とワンオフ・ディストリビューター製作でお茶を濁しておきます。

まずは、集めている訳では無いですが、現在ショップに24基のウェーバーが在りました。

5基の画像は40・48・50の種類違いです。

まずは、ウェーバー50のイタリア製とボローニャ製。

どちらもメイドイン・イタリーですが、ウェーバー発祥の地でも在るボローニャ製が、より前期モデルです。

以前から、レース界の先輩からボローニャ製の方がパワーが出ると耳にしていました。

1970年当時は、ボローニャ製からイタリア製に切り替わり時期で、新品はイタリア製が販売されていました。

しかし、レースではボローニャ製の方が性能が良かったらしく態々中古を探して使っていた様です。

2者の違いは、スロットルバルブ上の穴が4ッなのか3ッなのからしいのですが、40パイは確かに穴が3ッですが、50パイに関しては、どちらも穴が4ッ開いていました。

レースで使われたのは45パイだったので違いに関して定かでは在りません。

ただ、機械物に関しては初期・前期モデルの性能が良いのは周知の事実ですね。

そして、1基だけの画像は、同じ50パイでもビンテージ・ウェーバー50パイ。

1950~60年代のマセラティやザガードのレーシングカーに使われた、このビンテージ・ウェーバーは、USAイーベイのオークションで80万円近くで売られています。

次は、スペイン製とボローニャ製の40パイ。

40・45のイタリア製はジェット蓋横に、ツノは無いですがスペイン製は、40・45・48・50・55全てに、ツノが在ります。

ボディーサイズは、38・40・45・48は同じサイズ。

38・40は、スロットルバルブの直ぐ後ろで、クビレているので違いが分かります。

48パイは、45ボディーのボアアップ版で、ボディーサイズは同じです。

大きく写っているのは、同じボローニャ製の50パイと48パイ。

50パイは、ベースが55ボディーなので、アウターベンチュリーは55パイのサイズ違いでスロットルバルブのみ50パイです。

48パイと50パイのボディーサイズは幅が6㎜違います。

ウェーバー、一つを取って見ても奥が深いですね~


下の画像は、三重の業者から作業依頼を請けたワンオフ・ディストリビューター。

このデスは、シングルカムのRB20をキャブ仕様で回す為の物です。

内部にピックアップ内臓ですが、これでは使えないので、カメアリ製のフルトラを取り付けます。

用意したのは、赤外線センサー取り付けベースとL型ポイントカム。

それらを加工して、持ち込まれたRB20用ディストリビューターに組み込みます。

サイズ的にも十分余裕が在ったので綺麗に納まりました。

数日内に納品します。

基本的に、4気筒・6気筒を問わず、この様な加工ディストリビューターの製作は可能です。

興味が在る方は問い合わせて下さい。

RIMG1151.jpg

RIMG1152.jpg RIMG1395.jpg

RIMG1336.jpg RIMG1386.jpg 

RIMG1396.jpg RIMG1397.jpg

RIMG1411.jpg
 
*** スタッフ募集。

お陰様で経験者2人と未経験者1人が決まりましたので募集は終了させて頂きます。

ご協力有難うございました。


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ4ドア 板金他、作業終了

RIMG1100.jpg

RIMG1101.jpg RIMG1264.jpg

RIMG1278.jpg RIMG1279.jpg

RIMG1333.jpg

おはようございます。

東京ハコスカは、板金塗装が終わりました。

板金等の時間待ちの間に、切れていたハンドルとシートの張替をしておきました。


下の画像は、今回エンジン本体には手を付けませんが、前回カムが焼け修理に入りました。

全て直して納車しましたが、その焼けた原因がはっきりしませんでした。

腰下には問題がなく、ヘッドにのみ回るオイル量が少ない様でした。

現在は、全く問題は在りませんが、大事を取ってオイルフィルター裏のリリーフバルブにメクラを打ちます。

このリリーフバルブは通常の作業では抜きません。

押した感じで問題無いようですが、念の為の処置です。

これから1~2日試乗して問題が無ければ週明け納車です。

また、機会が在れば紹介します。

RIMG1403.jpg

RIMG1401.jpg RIMG1402.jpg


*** スタッフ募集。

板金部門とエンジン部門にスタッフを募集しています。

経験、未経験は問いません。

未経験者でも、やる気と車好きで在ればOKです。

詳細は0742-62-7787まで問い合わせて下さい。


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ L28改エンジン始動確認

RIMG1328.jpg

RIMG1280.jpg RIMG1310.jpg

RIMG1315.jpg RIMG1311.jpg

RIMG1317.jpg RIMG1325.jpg

おはようございます。

滋賀のハコスカL28改のエンジン始動確認が終わりました。

下の動画では、まだジェットがL28用のままなので薄い症状が出ていますが、3Lらしい迫力の片鱗は感じて頂けると思います。

作業的には、前回キャブの仮止めまで終わっていましたが、キャブに少し手を入れると約束していたのを思い出しました。

まずは、ポートに合わせてインマニを研磨。

そして、キャブは40なので、アウターベンチュリーを抜いてしまいます。

勿論、38㎜等に入れ替えるのがベストですが、44キャブに40mmのベンチュリーを入れたと思えば抜くだけでも同じ様な効果が在ります。

ポート拡大やインマニを大きく削っていないので低中速も問題ないと思います。

そして、ラジエターを取り付ける前に始動確認をしますが、ノーマルセルでは、全く回りません。


下の画像は、中古のリダクションセルに交換。

ラジエターは付けずに始動確認します。

最後の画像は、3層加工したO/H済みラジエターです。

数日内には、試乗セッテイングを行い、問題が無ければ納車になります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG1326.jpg RIMG1329.jpg

RIMG1330.jpg




*** スタッフ募集。

板金部門とエンジン部門にスタッフを募集しています。

経験、未経験は問いません。

未経験者でも、やる気と車好きで在ればOKです。

詳細は0742-62-7787まで問い合わせて下さい。


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ランボルギーニ ウラッコ レストア(4)

RIMG1321.jpg

RIMG1148.jpg RIMG1150.jpg

RIMG1320.jpg RIMG1323.jpg

RIMG1322.jpg

おはようございます。

ランボルギーニ ウラッコは、レストア作業に入る前に始動確認後、先に輸入新規登録を行います。

まずは、エンジン始動確認からですが前回までに、オイルパン内を清掃、ガソリンタンクとキャブのO/Hを済ませ組み付け、タイングベルトの交換まで終わった所でした。

本日は、バッテリーを繋いで点火確認から始める予定でしたが、IGキーの裏側で配線が抜かれていました。

しかもボディーから出ている端子の数とカプラの本数が合いません。

そこで、取り敢えず、常時電源とON電源、そしてセルモーター配線だけを繋いで回す事にしました。

これで大丈夫かと思いきや今度は、メインキーの中で爪が折れて機能しません。

爪が折れてIGスイッチを遊ばせてあった様です。

取り敢えず、キーの中身だけを、マイナスドライバーで回してエンジン始動。

最初は、カタカタとタペット音が聞こえましたが、在る程度温めれば音も消え、調子も問題ないようです。

動画も撮りましたが、やはり、イタリアンV8のサウンドがしています。

これから、電気周りの確認とブレーキ、クラッチ等のO/Hを行い車検準備に入ります。

また作業が進めばアップします。





*** スタッフ募集。

板金部門とエンジン部門にスタッフを募集しています。

経験、未経験は問いません。

未経験者でも、やる気と車好きで在ればOKです。

詳細は0742-62-7787まで問い合わせて下さい。


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


230ローレル ハコスカ GS30 3台、軽整備

RIMG1297.jpg

RIMG1286.jpg RIMG1287.jpg

RIMG1292.jpg RIMG1296.jpg

おはようございます。

本日は、日産旧車の軽整備3台です。

まずは、230ローレル。

車高ダウンのみで、綺麗に乗っておられます。

整備内容はプロペラシャフトのセンターベアリング交換。

以前、どこかでプロペラシャフトの交換がされているようで、平成初期の頃のセンターベアリングに交換されていました。

ただ、無理やり固定したらしく下から見たら「く」の字になっているのを直して欲しいとの依頼でした。

しかし、平成初期のセンターベアリングはブーツが破れて交換時期。

これでは、車検が通らないので、ベアリングの交換と取り付けステーの作り直しを行いました。

これで、作業終了。


下の画像は、先日紹介した販売中のハコスカ4ドア。

この車両は、私共で製作したL20改エンジンを元オーナー自らが積み替えを行った物ですが、試乗して見ると、5000回転以上回らない症状が出ていました。

そこで点検して所、ポイントを新品に交換したとの事でしたが、接点が黒く焼けて減っていました。

ポイント交換も考えましたが、てっとり早く純正フルトラに交換。

これで、随分と良くなりましたが、まだキャブのセッテイングが出ていない様です。

キャブのセッテイングについては、また次の機会に紹介します。


最後は、近所の業者から検査受けの為の排ガス調整をして欲しいとの作業依頼。

SUキャブは、中々落ちないんですよね~

私共の検査機では何とか合格ラインギリギリまで調整出来ましたが、陸運局でパス出来るかどうか微妙なので何か対策が必要です。

また、作業が進めばアップします。


*** スタッフ募集。

板金部門とエンジン部門にスタッフを募集しています。

経験、未経験は問いません。

未経験者でも、やる気と車好きで在ればOKです。

詳細は0742-62-7787まで問い合わせて下さい。

RIMG1269.jpg

RIMG1260.jpg RIMG1261.jpg

RIMG1262.jpg RIMG1276.jpg

RIMG1256.jpg

RIMG1257.jpg RIMG1258.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ L28改搭載

RIMG1268.jpg

RIMG1200.jpg RIMG1201.jpg

RIMG1207.jpg RIMG1209.jpg

RIMG1210.jpg RIMG1211.jpg

おはようございます。

ハコスカにL28改エンジン搭載作業が完了。

作業的には、搭載前に必ずレリーズベアリングの確認をしますがガラガラ音がするので交換。

クラッチは、中古を使う予定でしたが、前期の一回り小さい方が入っていました。

画像では分かり難いですが、外径で5㎜ほど違います。

フライホイルのディスクが当たらない部分に鉢巻状の模様が出来ているのが分かると思います。

そして、レリーズベアリングのサイズが違い、クラッチカバーに溝が出来ています。

これは、良く在る間違いなので自分でクラッチを交換する方は気を付けて下さいね。

このまま使う事は出来ないので、クラッチ一式も新品に交換。


下の画像は、エンジン搭載後、タコ足、ソレックスまで装着。

本日、始動確認をしたいと思います。

また、作業が進めばアップします。

*** スタッフ募集。

板金部門とエンジン部門にスタッフを募集しています。

経験、未経験は問いません。

未経験者でも、やる気と車好きで在ればOKです。

詳細は0742-62-7787まで問い合わせて下さい。

RIMG1216.jpg RIMG1217.jpg

RIMG1259.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ4ドア セダン 中古車販売

RIMG1226.jpg

RIMG1227.jpg RIMG1230.jpg

RIMG1231.jpg RIMG1234.jpg

RIMG1233.jpg RIMG1232.jpg

RIMG1229.jpg



おはようございます。

ハコスカ4ドア・セダンの中古車が入庫しました。

このハコスカは、昨年L20改2600ccエンジンを搭載したばかりで1000㎞ほどしか走っていませんが、今回S30への乗り換えの為に下取りで入りました。

外装は、数年前に塗装されており、錆腐りはほとんどなく程度は抜群。

車高も含め外観は、ほぼノーマル。

エンジンは、カムはノーマルですが、83㎜ピストンにL28クランクを組んだ2600㏄。

5ナンバーのまま乗れます。

ウェーバーキャブやステンレスのタコ足マフラー等も装備。

3層ラジエターや、ブレーキマスター等は最近交換されています。

室内は、天井が黒いのでGTだと思いますが、シートがGTXの部分モケット仕様になっています。

ダッシュに割れもなく全体的に程度は良いと思います。

クーラーは、現在外されていますが、室内の純正オプション、エアコンタイプユニットが残っています。

車検が、来年の29年3月まで在りますので、そのまま乗って帰る事も可能です。

「ヤフオク」にも出品しましたが興味の在る方は問い合わせて下さい。


*** スタッフ募集。

板金部門とエンジン部門にスタッフを募集しています。

経験、未経験は問いません。

未経験者でも、やる気と車好きで在ればOKです。

詳細は0742-62-7787まで問い合わせて下さい。

RIMG1240.jpg

RIMG1241.jpg RIMG1243.jpg

RIMG1248.jpg RIMG1246.jpg

RIMG1245.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (9)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE27レビン トレノ カスタム.. (12)
TE25カローラ カスタム....... (16)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (34)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (8)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (32)
PB110サニー エクセレント.... (9)
B110サニー セミレス作業..... (2)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (31)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
S130Z 2JZターボエンジン... (2)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (28)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (31)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (10)
スカイライン・ジャパン作業.... (11)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (30)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (24)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (8)
ハコスカ関連 2017スポット... (25)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (27)
C130 ローレル セミレス....... (14)
ブルーバード510セダン・バン. (34)
ブルーバード510・2ドア/左... (37)
ブルーバード510・2ドア/右... (16)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (14)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (38)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (9)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (6)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (41)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (4)
2017 国産旧車・スポット修理 (13)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (14)
各種エンジン スワップ作業.... (16)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (21)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (15)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (3)
ホンダCB750/CB72 カスタム (11)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (90)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
Am9:00~PM9:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策