ハコスカHT、S30等、中古車紹介

RIMG0618.jpg

RIMG0619.jpg RIMG0617.jpg

RIMG0623.jpg RIMG0621.jpg

image_20151230074331fde.jpg

おはようございます。

2015年もいよいよ終わりですね。

一年間お付き合い有難うございました。

年末最後は、新たに入庫したハコスカHTやHLS30を含め、現在のSpark中古車一覧です。

まず、S46年式、ハコスカGTXハードトップです。

塗装が割れ、錆腐りは在りますが、ステップ周りフロアー等も原型を留めており、レストアベースとしては問題ないと思います。

ハコスカHTは、リプロパーツが沢山販売されていてパーツで困る事が無いので助かりますね。

この車両は車検が切れた後、サーキット仕様に改造され結局ほとんど走行せずに放置されていたそうです。

L28、ソレックス、ロールバー、バケットシートまで公認が取られています。

エンジンO/H後、注文に合わせて、お好みのカラーに全塗装して販売します。


次は、HLS30。

車両は、まだ持ち帰っていませんが、前期のS30レフトハンダーです。

こちらも多少の錆腐りは在りますが、ステップに穴が無い程度の良品ベース車両です。

L24、もしくはL28改を搭載、元色の白に全塗装して販売したいと思います。


下の画像は、現在の在庫状況。

全塗装後、3Lエンジン搭載を待つ、ジャパンR仕様、丸目の前期仕様です。

次は、同じく全塗装後、エンジン搭載を待つ、510クーペ。

そして、USAから逆輸入した310クーペの左ハンドル。

後期サニトラは、A15エンジンとATを組み合わせて販売予定。

USAから入れた、510・2ドアセダンは全塗装中。

P10バイオレットも左ハンドルです。

最後は、カムリとエンジンO/H中のワンダーシビック。

以上興味の在る車両が在りましたら、正月中でも返信しますので何時でも連絡ください。

では、良いお年をお迎えください。

RIMG0603.jpg RIMG0602.jpg

RIMG8454.jpg RIMG0601.jpg

RIMG0611.jpg 8_2015030214512121a.jpg

14_201503070718263af.jpg 9_2015070709402539e.jpg

RIMG0615.jpg RIMG0616.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


スポンサーサイト

ケンメリGTR仕様 整備(3)

RIMG0604.jpg

RIMG0605.jpg RIMG0608.jpg

RIMG0625.jpg RIMG0606.jpg

おはようございます。

年末、最後の記事は20回に渡り更新して来たケンメリGTR仕様です。

車検受け後、ナンバーを取得して試乗点検。

何度かのキャブ調整とジェット交換で調子も良くなりました。

最後の整備はヒーターの効きが悪くコントロールワイヤーを交換して終了。

本日、納車予定です。

明日は新たに入庫した、ハコスカHTのベース車両等の販売用中古車リストをアップします。



RIMG0633.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


510セダンとクーペ 2Lエンジン

RIMG0592.jpg

RIMG0516.jpg RIMG0515.jpg 

RIMG0530_20151228130026c5e.jpg RIMG0591.jpg



おはようございます。

510セダンのL20B改エンジンの始動確認が終わりました。

作業的には、エンジン搭載後、マフラーやラジエター等の水回りを付けずに作動確認。

マフラーは社外で排気量に見合った、いいのが無いので、ワンオフで製作します。

始動確認が終われば移動出来るようにラジエターから組み付けて行きます。


下の画像は、Z20の腰下にL20Bヘッドのエンジンを搭載した510クーペ。

2Lエンジンは、バルブタイミング計測後、補器類を組み付けコンプリートにしておきます。

そして、2年前に製作したL16改1711㏄エンジンを降ろします。

エンジンが降りたらニューエンジンに積み替え。

これから、補器類を組み付け、始動確認となります。

2台共に作業が進めば、アップします。

RIMG0420.jpg

RIMG0421_201512281300115ab.jpg RIMG0539_20151228130028736.jpg

RIMG0440.jpg RIMG0572.jpg 

RIMG0583.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


パブリカバン 仕上げ作業(1)

RIMG0462.jpg

RIMG0461.jpg RIMG0407.jpg

おはようございます。

先週になりますが、パブリカバンはSR20エンジンへの公認車検が完了。

重量オーバーで、フロント周りは勿論、室内も外せるだけ外して車検を通して来ました。


下の画像は、仕上げ作業です。

まずは、無事ナンバー取得まで完了。

これで、試乗が出来ます。

その前に、フロアー等の加工した所はシーラーで埋め黒で塗装。

車検受け中にブレーキの甘さに気付きましたが分解したらカップから僅かにオイル漏れ発見。

本来車検前にする作業ですが、公認を通す事に気を取られて確認不足だった様です。

再度、前後ブレーキのO/Hを行います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0576.jpg

RIMG0436.jpg RIMG0438.jpg

RIMG0573.jpg RIMG0579.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R 足回り・ブレーキ(2)

RIMG0482.jpg

RIMG0478.jpg RIMG0480.jpg

RIMG0481.jpg

おはようございます。

プリンスS54Rの足回り・ブレーキ編の続きです。

前回に書きましたが車重が分からないので、取り敢えず車高調は、ダンパー本体の長さは共通の「クラックス製」インプレッサGC8用の中古を流用。

実際に走り始めてから、O/Hを兼ねて減衰力の調整に出します。

しかし、サスペンションは、ハイパコを使います。

取り寄せたのは、ポンド表示なので概算ですが、6㎏ 8㎏ 10㎏ 12㎏の4セット。

これだけ在れば、0-400から高速サーキットまで対応出来ると思います。

今までの経験から、まずはフロントに10㎏、リアに8㎏を入れて試走します。

ハイパコのスプリングは金額的には、2本セット約35000円と非常に高価です。

しかし、一度乗って見ると一般的な強化サスとは、バンプ・リバンプの動きの違いが、はっきり分かる程、乗り味が変わります。

ディスクパットは、プロミュー・レース用トリプルナイン。

ブレーキシューもプロミューでレース用に張り替えて貰いました。


下の画像は、ストラットの組み付け。

フロントは、S13用ブラケットと組み合わせ車体に組み付け。

リアは、製作したS30用ストラットケースに合わせて、ダンパーを組み合わせて車体に装着。

フロントブレーキは、以前にも紹介していますが、AP製キャリパーとディクセルレース用ローター295㎜。

ブレーキ周りを仮組みして年内の54R作業は終了。

また、正月に記事をアップします。

RIMG0490.jpg RIMG0502.jpg

RIMG0489_20151224133610795.jpg RIMG0509.jpg

RIMG0485.jpg RIMG0484.jpg

RIMG0513.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アルファロメオ1750GTV 仕上げ(3)

RIMG0536.jpg

RIMG0529_20151225160323eb5.jpg RIMG0534.jpg



おはようございます。

アツファロメオ1750は、ナンバー取得も終わり、レストア作業が完了。

近日中に納車予定です。

作業的には、フロントのナンバーステーの穴を開けたくないので、牽引フックとステーを友締め出来る様に製作。

撮影と洗車を始めたら雨が降り出しました。


下の画像は小雨なので、エンジンルームをスチーム洗浄してキャブ調整。

いちいち面倒ですが、エアクリーナーボックスを外さないとバランサーが入りません。

これで、一応の作業は完了。

後は、試乗確認をして問題が無ければ納車ですね。

今回で20回目の更新ですが、また、機会が在ればアップします。

RIMG0535_20151225160326e47.jpg

RIMG0533.jpg RIMG0528_20151225160321972.jpg

RIMG0537.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L型6気筒DOHC RBL 手直し(1)

RIMG0487.jpg

おはようございます。

昨年の春に収めた、RBL試作エンジンを搭載したハコスカHTの手直しです。

車両は少し前から預かっていましたが、中々手が付けられず年末になってしまいました。

戻って来た理由は、エンジンからの異音。

音を聴いて直ぐに、カムチェーン関連だと分かりました。


まずは、エンジンを降ろします。

次に、オイルパンを捲って、フロントカバーを外します。

やはり、当初から心配していた、カムチェーンの角度が悪く、テンショナーが減っていました。

テンショナーが減り、カムチェーンが弛み異音が出ていたのです。

対策として、今回はテンショナーの代わりにアイドラギアを取り付けます。

アイドラギアは、カメアリ2TG用を流用。

取り付けのベース板を製作します。

最後の画像は、ベース板が出来上がり、アイドラギアの取り付け位置確認。

これで、テンショナーを取り外すので減りの心配は無くなり、抵抗も減ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0486.jpg

RIMG0469.jpg RIMG0470_20151224155453f59.jpg

EhyGjoZGTpabU_W1450940659_1450940776.jpg RIMG0474_201512241554554d7.jpg

RIMG0519.jpg RIMG0524.jpg

RIMG0525_20151224213748b2d.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


1959 シボレーインパラ エンジンO/H(1)

RIMG0123.jpg

RIMG0128.jpg RIMG0143_20151223190043695.jpg

おはようございます。

8月にコルベットから降ろした中古エンジンを搭載した、インパラが白煙が酷くなって戻って来ました。

過走行のエンジンでは無かったので、そのままでも大丈夫だと判断しましたが、やはりO/Hが必要だったようです。

まずは、エンジンを降ろします。

車体が大きいので、エンジンルーム内に乗り込んで作業が出来ますね。


下の画像は、エンジンを分解してピストンを洗浄。

ピストンリングを新品に交換してブロックに挿入。

次にシリンダーヘッドを分解。

白煙が吹く原因の60~70%は、シリンダーヘッドに原因が在ります。

このエンジンもピストンリングに多少の経たりは在りましたが、原因はバルブシールとシール上のオーリングだと思われます。

バルブシールもオーリングも硬化してシールの役目はしていなかった様です。

そして、バルブを研磨して摺り合わせ。

これで組み付けの下準備は完了。

一両日中には組み上げて、何とか年内に搭載したいと思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0463.jpg

RIMG0275.jpg RIMG0464.jpg

RIMG0491_201512231901002a8.jpg RIMG0495.jpg

RIMG0493_20151223190101bcf.jpg RIMG0494.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


シェルビーGT500 レストア(1)

RIMG0391_2015122216061541e.jpg

RIMG0441.jpg RIMG0394_20151222160617a72.jpg

おはようございます。

明日まで、輸入車関連記事を書く予定です。

本日は、シェルビーGT500。

この車両は、最初の画像の状態で持ち込まれました。

最終的には、フルレストアまで行う予定ですが、まずは事故修理の甘い部分を補修します。

既に在る程度は修復されているので、事故の状態は分かりませんが、左インナーフェンダーが歪んだままで補修されていません。

そこで、USAからパネルを取り寄せ、交換。

マスタングのパーツは、USAで簡単に手に入るので非常に助かります。


下の画像はインナーフェンダーをカットしてパネル交換。

塗装まで完了。

最後は、元の状態の撮影を忘れましたが、錆びと腐りが出ていたので、切り継ぎ溶接後、塗装をしました。

私共の作業は、ここで一旦中断。

車両を預かった元の業者に、エンジン・AT、フェンダー等のパネル類を一度、全て組み込んで貰います。

動く状態で再入庫してから、再度分解・レストア及び全塗装を行います。

また、再入庫して作業を始めれば紹介します。

RIMG0442.jpg RIMG0453.jpg

RIMG0466_20151222160635d2f.jpg RIMG0476.jpg

RIMG0467_20151222160636f48.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アストンマーチンDBS 始動確認(1)

RIMG0291.jpg

RIMG0364.jpg RIMG0340_20151221170146fca.jpg

RIMG0362.jpg RIMG0363.jpg

おはようございます。

昨日に引き続き、今週は輸入車の作業を中心に紹介します。

数年放置のアストンマーチンDBSをイギリスへ輸出するため、エンジン始動する様にとのスポット作業です。

まずは、ガソリンタンクの清掃。

次いで、電磁ポンプとコレクタータンクを分解してO/H

コレクターはハンダで止められているので元の様にハンダで修理します。


下の画像は、エンジンルーム。

5.3L V8エンジンの気化器は、ボッシュ製、機械式の燃料噴射です。

ポンプ本体は外しませんが、インジェクターは分解清掃します。

最後は、O/Hした燃料ポンプとコレクタータンクを組んでいる所です。

数日内には、始動確認にチャレンジしますが、この程度の整備で始動しなければ、大仕事になりそうです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0343.jpg

RIMG0342.jpg RIMG0370.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アルファロメオ1750GTV 仕上げ(2)

RIMG0356_20151219123026143.jpg

RIMG0401_20151219123031f9a.jpg RIMG0400_20151219123029600.jpg 

RIMG0395.jpg RIMG0412_2015121912303240d.jpg

RIMG0439.jpg

おはようございます。

アルファロメオ1750GTVの仕上げ作業は大詰めです。

作業的には、エアークリーナーボックスの塗装。

そして、追加のフロントマスク加工が終わり、天井等の少傷みも含めて塗装が完了。


下の画像は、まずフロントマスクに埋め込むメッシュを取り寄せました。

そして、メッシュを組み付けた所です。

中々いい出来です。

これで、ハード面での作業は、ほぼ完了。

これから、試乗をして足回りやキャブのセッティングを行います。

スムースにセッティングが進めば年内に納車出来ると思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0433.jpg RIMG0448_201512191230487ad.jpg

RIMG0449.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


RB30改 組み付け(4)

RIMG0378_20151215160308f13.jpg

RIMG0051_20151215160235c0a.jpg RIMG0052_201512151602362b6.jpg

RIMG0053_20151215160237faa.jpg RIMG0056_201512151602495f7.jpg

66.jpg RIMG0054_201512151602392eb.jpg 

おはようございます。

54Rに搭載するRB33の本組み開始です。

まずは、腰下まで組み上がりました。

作業的には、仮組みした腰下を一度分解して、ブロックの鋳物バリを削り落とします。

砂落としまでは行いませんが、目視で分かる範囲のバリは走行中に落ちない様に全て削り落とします。

そして、何時もの様に糸面取りを行い、メタルの当たり面をピカールで磨いてブロックを洗浄。


下の画像はクランクシャフトの組み付け。

オイル穴のメクラも入れます。

そして、ブロック側バッフルプレートの延長仮止め。

以前にも書きましたが、フルカウンタークランクの場合は、オイルパン内のオイルが、クランクウエイト回転風圧で壁に押し当てられ、油圧が上がらなくなるので、バッフルプレートが必須です。

流用したRB26用バッフルプレートは、センター溜まりのオイルパン用なので後端部分が途切れています。

しかし、このRB33は後ろ溜まりなので、6番クランクウエイトの風圧が、モロにオイル溜まりを直撃します。

そこで、鉄板を延長して製作。

純正と同じ様にオイル落とし穴も製作、錆を磨き落として完成。

最後に、再度ピストンを入れ、腰下が組み上がりました。

次回は、シリンダーヘッドを搭載します。

では、また来週。

RIMG0057_201512151602507cc.jpg

RIMG0058_201512151602528a5.jpg RIMG0161_20151215160303488.jpg

RIMG0169.jpg RIMG0366_2015121516030681c.jpg

RIMG0059_20151215160253b34.jpg RIMG0060_20151215160255a6c.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


パブリカバン エンジンスワップ(15)

RIMG0129.jpg

RIMG0130_201512181023405f9.jpg RIMG0237_201512181023422e6.jpg

RIMG0292.jpg RIMG0405.jpg

おはようございます。

パブリカバンは、仕上げの最終段階で中々手古摺っています。

まず、エアークリーナー等の車検準備が終わり、エンジン構造変更の書類を提出。

SR20は年式により排気ガス還元装置が要ると書類が戻って来たので、インマニとマフラーに取り付け。

これで書類は、やっと許可が出ました。


下の画像は、いざ陸運局へ。

画像は、改造申請書と許可証。

公認車検(構造変更)には、これだけの書類が必要です。

そして、検査ラインを通り、最終検査で引っ掛かりました。

問題は、前軸重で約100㎏オーバー。

SR20エンジンとATが重たいとは言え、100㎏差は無いはずですが、フロントへビーになった分、前軸に荷重が増えたのです。

そもそもメーカーの車検証上に記載された重量が少し軽過ぎるのです。

通常だと、リアにウエイトを積んで前軸重の差を埋めるのですが、もし100㎏近いウエイトを積むと今度は、総重量がパブリカバンの許容範囲を超えてしまいます。

解決方法は、フロント周りの軽量化。

面倒ですが、クーラーコンプレッサーや室内ユニット、コンソールから室内マットまで外して再挑戦します。

外した物を計測しますが、コンプレッサーはステーごとで、8㎏。

色々、外しては行きますが目標の40㎏軽量化が出来るかどうかですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0406_201512181023568a9.jpg

RIMG0408_20151218102359e79.jpg RIMG0410_20151218102400ea8.jpg

RIMG0415_201512181024028e2.jpg RIMG0432.jpg 

RIMG0430.jpg RIMG0429.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリGTR仕様 整備(2)

RIMG0360_201512171855169d7.jpg

RIMG0377_20151217185530b66.jpg RIMG0404.jpg

おはようございます。

ケンメリGTR仕様は仕上げの最終段階です。

まず、ナンバーが付き試乗をしたらミッションから異音がしたので、中古の5速に載せ換え。


下の画像は塗装の少仕上げ。

塗装を待つ間に、ワンオフで製作したクーラーホースを取り付け、キャブ調整。

左右ドアを再塗装して組み付け完了。

これから、クーラーガスを入れ、もう一度試乗をして問題無ければ納車です。

もう一息ですね。

RIMG0332_20151217185513da7.jpg

RIMG0402_2015121718553301b.jpg RIMG0318.jpg 

RIMG0399_20151217185532a21.jpg RIMG0333_20151217185514cec.jpg

RIMG0373.jpg RIMG0317.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


RT20 コロナと70カローラバン

RIMG0381_20151216094932349.jpg

RIMG0383.jpg RIMG0387_201512160949480a9.jpg

おはようございます。

RT20コロナは、内外装の塗装が終わり、エンジンを降ろしました。

これからエンジンルームの塗装をします。

余ったエンジンはスワップするので使いませんが、調子が良く処分するには惜しいので、「ヤフオク」で販売します。

興味の在る方は覗いて下さい。


下の画像は、70カローラ、2ドアバン。

ガラスを抜き、フロントフェンダー、ライト周り、ボンネットのチリ合わせまで済みました。

そこで、ドアやボンネット等のパネル類は全て外して塗装準備をします。

これから、エンジンルームも塗装するのでエンジンを降ろします。

RIMG0148_2015121609493025e.jpg

RIMG0156.jpg RIMG0382_20151216094934c8a.jpg

RIMG0385.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130ローレル 板金塗装(3)

RIMG0061_201512151529118c8.jpg

RIMG0106.jpg RIMG0530.jpg

RIMG0154_20151215152917ef5.jpg RIMG0374_201512151529282bf.jpg

RIMG0375_2015121515293086b.jpg RIMG0376_20151215152931659.jpg

おはようございます。

C130ローレルは板金作業が一段落しました。

現在は、何度かのパテ打ち研ぎを繰り返し、パテの乾燥待ち。

これだけパテを盛り強制乾燥させて塗装をすれば必ず割れてきます。

許されるだけ時間を置いた方が割れ難いですね。

その他の窓枠付近は板金が完了。

ドアやボンネット等のパネル類は、サフェーサーまで塗り終わりました。

ボディーは、このまま自然乾燥させて年末最終か年明けに塗りたいと思います。


下の画像は合間に、オーナーからの注文のファイナル4.3のR200、LSD入りデフに積み替えます。

ノーマルデフを降ろしてファイナルの確認をしましたが、3.7でした。

底周りの仕上げは、塗装が終わってからですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0147_20151215152914ca5.jpg RIMG0153_20151215152915fe9.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


510クーペとハコスカ45仕様

RIMG0103.jpg

RIMG0138_20151214171313e26.jpg RIMG0172.jpg

RIMG0323.jpg RIMG0357_20151214171329896.jpg

RIMG0359.jpg

おはようございます。

上の画像は、510クーペに搭載するZ20改2160㏄エンジンです。

ボウリング済み、ブロックは洗浄後タップ通しをして塗装。

曲り修正済みのクランクを組み付け、89㎜ピストンを組み付けます。

シリンダーヘッドはL20用を搭載。

バルブタイミング測定まで完了です。

数日内には、車両に搭載したいと思います。

以前にも書きましたが、この車両には2年前に製作したL16改1700㏄エンジンが搭載されています。

ノーマルのL16に比べたら結構走ります。

必要な方が居られましたら問い合わせて下さい。


下の画像は、仕上げ中のハコスカ45仕様。

ちょっとした塗装の手直しのつもりが、ボディー数か所と結局ドア4枚とボンネットまでの塗装になりました。

現在は、組み付けも最終段階です。

これから、クーラーとパワステの取り付けに入ります。

2台共に作業が進めば、またアップします。

RIMG0030_2015121417130962f.jpg

RIMG0089.jpg RIMG0142_20151214171315374.jpg

RIMG0321.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アルファロメオ1750GTV 仕上げ(1)

RIMG0145_20151212114223b7e.jpg

RIMG0149.jpg RIMG0150.jpg

RIMG0023_20151212114221c34.jpg RIMG0330.jpg

RIMG0328.jpg

おはようございます。

1年以上預かっている、アルファロメオ1750GTVの作業も、いよいよ大詰めです。

先日、車検を通して来たのでサスペンションを強化品に戻します。

そして、エンジン始動確認時にはしていなかった、エンジンからの少異音を探ります。

1500回転付近のみ、ヘッド付近から音がしますが外からでは判断出来ないので少し乱暴ですが、カムカバーを開けた状態でエンジン始動をします。

結果はカムチェーンの張り不足。

アルファロメオはスプリング等で押されている訳ではないので、手動でしっかり張っておかないと音が出ます。

これは、カムチェーンを張り直して簡単に解決。

ついでと言っては何ですがエアークリーナーボックスを塗装。

そして、エンジン回りで気になっていた2次空気を吸っているらしい、アイドリング時の「ピュッ、ピュッ」音。

どちらにせよ、古いゴムパーツは交換した方が良いので取り寄せました。


下の画像は、追加で依頼を受けたフロントエアーダクトの穴開け。

送られて来た画像に合わせてカット。

そしてグリルと合っていなかった穴も溶接して埋めます。

既に、パテまで入りました。

最終仕上げまで、もう一息です。

RIMG0146_20151212114223397.jpg RIMG0157.jpg

RIMG0159_20151212114238d20.jpg RIMG0165.jpg

RIMG0331_20151212114251036.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R 足回り・ブレーキ(1)

RIMG0337.jpg

RIMG0338.jpg RIMG0339_201512121231330e6.jpg

RIMG0013_20151212104607d96.jpg RIMG0014_20151212104609a80.jpg

RIMG0033_2015121210460930e.jpg RIMG9997_201512121046453d3.jpg

RIMG0195.jpg RIMG0196_201512121046120b9.jpg 

RIMG9999_20151212104646732.jpg

おはようございます。

S54Rの足回りです。

リアのストラットやロアアームはS30用ですので、S30に乗って居られる方も参考になると思います。

まず、ノーマルストラットとロアアームをベビーサンダーで切り離します。

この貫通ボルトは、まず抜けないですね。

切断したら分解して、適度な長さにダンパーケースをカット。

ダンパーケースは底止め3ヶ所だけなので、リューターで削り落としてプレスで抜きます。

同じく、ナックルに固着したロアアームとの貫通ボルトもプレスで抜きます。

そして早くから加工屋に依頼して準備して在ったフルタップ車高調用のパイプと今回使用するダンパーを合わせます。

車高調は、関西では老舗のクラックス製インプレッサGC8用を流用。

現在は、車重も前後の重量配分も分からず減衰力の指定が出来ないので、取り敢えず中古で走らせてから仕様変更をしたいと思います。

メーカー物を使っておけば、後のO/Hや仕様変更が簡単に出来ます。


下の画像は塗装が終わったロアアームとリアハブナックル。

貫通シャフトは、メーカーから新品が出ます。

作業的には、ナックルに製作した車高調パイプを圧入して溶接後、塗装。

そして、組み付け準備をしますが毎回面倒なのが、ナックルとロアアームの組み付け。

エナジーのウレタンブッシュはフランジ部分の厚みが純正より分厚く、そのままでは組み付けられません。

そこで、ナックル側に2.5㎜幅でケガキを入れ、左右同じ幅でカットします。

ウレタンブッシュを削るのは簡単ですが、元が4㎜幅なので2.5㎜削ると薄くなり過ぎます。

面倒でもナックル側を削る方がいいでしようね。

削った面を仕上げた状態で、ギュッと入るぐらいがベスト。

位置決めのセンターピンも在りますが、クリアランスが広すぎて遊びが出来るのは、NG。

これで、足回りの組み付け準備が完了。

次回は、車高調やサスペンションまで組んだ状態を紹介します。

では、また来週。

RIMG0324.jpg

RIMG0197_201512121046258a0.jpg RIMG0326.jpg

RIMG0327.jpg RIMG0329.jpg

RIMG0334_2015121210464012a.jpg RIMG0335_20151212104642263.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ランボルギーニ ウラッコ レストア(2)

RIMG0301.jpg

RIMG0302.jpg RIMG0304.jpg

RIMG0305.jpg RIMG0313.jpg

おはようございます。

ランボルギーニ・ウラッコの本格的な作業は年明けからですが、部品の手配等、準備だけしておきます。

まずは、リフトに載せ底周りの点検。

オイル漏れが酷く、フロントラジエターへ向かうジョイントホース等も、ひび割れて漏れているので全て交換が必要です。

上最後の画像は、カムの後ろ側にカムでオルタネーターを回す仕組みです。

このコグベルトも交換が必要ですね。


下の画像は、エンジン前側ですが年式から考えてカムチェーン駆動だと思っていましたが、カバーの間から見えているのは、間違いなくタイミングベルト。

当然、エンジン始動確認前には、交換が必要です。

ただ、狭いエンジンルームに押し込まれたV8横置きエンジンのタイミングベルト交換は恐ろしいほど、手間が掛かる事は間違いないでしょうね~

当時のランボルギーニは整備性なんて全く考えて在りませんからね。

さて、エンジンを始動させるに当たり、オイルパンを外して内部の確認をしますが、タイミングベルトの件も在り、エンジンをメンバーごと降ろすかどうかの見極めが必要です。

取り敢えず、オイルパンのネジは全て外して見ましたが、メンバーに干渉して外れませんでした。

そこで、メンバーを少し降ろして、エンジンを浮かしてオイルパンを抜きました。

多少のオイル汚れは在りましたが、内部は非常に綺麗なので、このまま始動確認が出来そうです。

これから、オイルパンを清掃してエンジンに戻し、ウェーバーキャブをO/Hします。

そして、この宙に浮かせたまま、タイミングベルトの交換をしてエンジン始動を試みます。

続きは、また、作業が進めばアップします。

RIMG0315.jpg RIMG0310.jpg

RIMG0308.jpg RIMG0312.jpg

RIMG0316.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L28改とL20改、納品

RIMG0209.jpg

RIMG0207.jpg RIMG0206.jpg

RIMG0208.jpg

おはようございます。

L28改とL20改の組み付けです。

L28改は、ヤフオクで販売したF54エンジン。

ラッピングして、パレットに積んで発送済み。

作業的には、何時もの様にロッカアームを1番だけ組んでタペット調整後、バルブタイミングの計測。

カムはカメアリ75度。

F54のヘッドは、P90なので、面研磨2.5㎜行うとカムチェーンが貼り切れないので、カムホルダーにシム(1.5㎜)を挟んで対処。

カムホルダーが高くなった分は、ロッカーガイド(6㎜)を通常より厚い物を入れて対応します。


下の画像は、業者さんから依頼を受けた、L20改。

ボーリング済み、ブロックにクランク、ピストンと順に組んで行きます。

私共に在庫が在ったのは、セドリック用のL20だったので前壺様に、オイル穴加工をいておきます。

シリンダーヘッドは最少面研磨後、バルブを磨いて摺り合わせ。

L20改でも小さな燃焼室による圧縮比アップとハイカムの効果で結構走ります。

カムは、73度。

バルブタイミングの計測まで完了。

後は、ロッカーアームを全て組み付けタペット調整をすれば作業完了です。

フロントカバーは自分の所で組み付けるそうなので、下最初の画像の状態で本日引き渡します。

RIMG0306.jpg

RIMG0295.jpg RIMG0296.jpg

RIMG0297.jpg RIMG0298.jpg

RIMG0277.jpg RIMG0307.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


RT20コロナとダットラ620

RIMG0212.jpg

RIMG0127_20151209151432dbd.jpg RIMG0126_20151209151430e54.jpg

RIMG0144.jpg RIMG0155_20151209151435528.jpg

RIMG0210.jpg RIMG0211.jpg

おはようございます。

RT20コロナは、全塗装が終わり、組み付けを始めています。

前後ガラスの他車流用ウェザーストリップも綺麗に収まり仕上がりがいいですね~

一度、全てのパーツを組み付け、グリルやバンパーなどの仕上げを行います。

最後に、ドアガラスランチャンネルは市販品が、ぴったり。

これで窓ガラスのガタも無くなります。

これから、エンジンを降ろしてスワップ準備に入ります。


下の画像は、フロントガラスが手に入らず作業をストップしていた、ダットラ620キングキャブ。

中々見付からなかったのですが、オーナー自ら探して届けてくれました。

こちらも新品ウエザーストリップを使い、ガラスをいれているので、非常にすっきりします。

これで、輸入新規登録が出来ます。

2台共に、また作業が進めばアップします。

RIMG0288.jpg

RIMG0205_20151209151448812.jpg 1_20151209151429e69.jpg

RIMG0289.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


S130Z 中古車と歳末パーツ売り出し

RIMG0226.jpg

RIMG0227.jpg RIMG0221_20151208170253b37.jpg

RIMG0222_20151208170255556.jpg RIMG0224.jpg

RIMG0228.jpg

おはようございます。

昭和54年式、S130Zの中古車が入庫しました。

塗装は決して良くないですが、ボディーの腐りは、ほとんど無く、錆も僅かです。

前期モデルで、これだけ程度の良いベースボディーは珍しいと思います。

セールスポイントとしては、Tバールーフ無しとパワーウインドウではなく手巻きだと言う事です。

全塗装をして、3L、ソレックスキャブ公認。

ワイドホイールを入れ販売したいと思います。

ただ、仕上がるのは来年の春以降です。

興味の在る方は問い合わせて下さい。


下の画像は、年末の掃除をする為、場所を取り、いつ出るか分からないパーツ達をヤフオクで販売します。

結構な、お宝パーツも在ると思います。

シートは、フルバケからセミバケ。

ホイールは、ロンシャン、MK1。

ハコスカ後期の割れの無いオリジナルダッシュ。

程度の良い、510フロントフェンダー。

KP61用LSDとハコスカ用R180LSD等のお宝パーツ。

最後に、秘蔵で倉庫に仕舞っていた、カワサキZ1・Z2用、初期プレスタンクセット。

本日から随時ヤフオクに出品して行きます。

ヤフオクのIDが二つ在るので、 「ヤフオク 1」 「ヤフオク 2」 この両方に振り分けて出品して行きます。

他にも出品予定ですので、興味の在る方は覗いて下さい。

RIMG0246_201512081703151ef.jpg RIMG0250_2015120817031666f.jpg

RIMG0255.jpg RIMG0258.jpg

RIMG0201.jpg RIMG0217_20151208171622ed6.jpg

RIMG0234_20151208170313a63.jpg RIMG0269.jpg

RIMG0266.jpg RIMG0268.jpg

RIMG0261.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリGTR仕様 整備(1)

RIMG0024_2015120718041881f.jpg

RIMG0025_20151207180420400.jpg RIMG0067.jpg

RIMG0166.jpg RIMG0077_20151207180424f6a.jpg

おはようございます。

ケンメリHTは、車検受けが終わり仕上げ作業です。

まず、クーラーの取り付け。

純正のエアコンタイプの吹き出し口を生かすため、クーラーホースは別注で製作。

もし、純正のエバポレーターが壊れていれば、通常の吊り下げタイプに変更します。

同時進行で、電動パワステの準備をします。


下の画像は電動パワステ取り付け終わった所です。

ついでと言っては何ですが、依頼を受けていた、CDコンポとETCも同時に配線します。

最後はドアに取り付けたスピーカー。

入庫時から内張りに穴が開いていたので、丁度穴が隠れるサイズのスピーカーを取り付け昨日の作業は終了。

納車まで、もう一息です。

RIMG0066.jpg RIMG0084.jpg

RIMG0085.jpg RIMG0086.jpg

RIMG0122_20151207180703e54.jpg RIMG0139_20151207180705a92.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリ4ドア スポット エンジン修理(3)

RIMG0191.jpg

RIMG0119.jpg RIMG0124.jpg

RIMG0130.jpg RIMG0125.jpg



おはようございます。

サーキット走行日に合わせて突貫作業だった、ケンメリ4ドアは、L28のエンジンO/Hを終え始動確認まで完了しました。

まず、L28エンジンを搭載して、ソレックスキャブを組み付け。

エンジン始動後、試乗をしましたが吹けが悪く、ジェットの確認をしたら、エアージェットが少し大き過ぎるので交換。

これで、ひとまずエンジン関係は置いておきます。


下の画像は、試乗で気になった所を手直しします。

まずは、ブレーキ。

前後とも分解清掃後、クラッチも含めてオイル交換。

次にマフラーがボディーと干渉します。

底部の確認をしたら吊ゴムが伸びて、ひび割れているので新品に交換。

最後に、依頼を受けていたオイルキャッチタンクを取り付け作業終了です。

100㎞近くは試乗したので、サーキット走行用のオイルに交換して本日納車予定です。

このケンメリ4ドアの作業は今回のブログ記事で終了ですが、また、次の機会が在れば紹介します。

RIMG0132.jpg

RIMG0131.jpg RIMG0140_20151206095352f8b.jpg

RIMG0189.jpg RIMG0193.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R 71C 5速クロス(1)

RIMG0044_20151201094704760.jpg

RIMG0024_20151201094637c35.jpg RIMG0025.jpg

RIMG0026_201512010946391db.jpg RIMG0027_20151201094641b03.jpg

RIMG0028.jpg RIMG0029_20151201094702e0e.jpg

おはようございます。

54Rのボディーは、テントの中で暫く眠ります。

本日は、RB33に使用するミッションです。

以前、クワイフ6速シーケンシャルをアップした事が在ります。

しかし、フロントケースやプロペラシャフトの製作には相当な手間と時間と費用が掛かかります。

走行出来る状態まで仕上げるには他に、まだまだ作業が山積みです。

RB系にボルトオンで販売されている、ヒューランドやホリンジャー等も考えましたが、200万円オーバーは余りに高額で、実際に走行してから、どうしても必要となれば、クワイフも含めてアップグレードを考えます。

そこで、走らす為に取り敢えずは一番安価でボルトオンな71Cを使います。

4本並んだミッションは71Cと71Bが2本づつ。

71Cには、大きく分けてシルビア用とスカイライン用、どちらにもターボ用とNA用の4種類が在ります。

外見上ではシルビア用はスカイライン用より約15㎝長いので一目で分かりますが、ターボ用とNA用の違いはケースの品番では判断できず、分解するまで分かりません。

ケースを開ければ一目で分かります。

2本メインシャフトが並んだ画像をクリックして頂くと太さの違いが判ると思います。

当然、ターボ用は太くて強化されています(ギア比はシルビア、スカイライン共に共通)

ヤフオク等で、71C として販売されているMTの中には、NA用も在るので要注意です。

上最後2枚の画像は、71Bのスカイライン用とS30用ですが、良く見て頂くとシンクロの仕組みが違います。

シンクロは、スカイライン用はワーナー式の砲金製ですが、S30用はポルシェタイプと言われるブレーキバンドが付くタイプです。

本来、スコスコ入るのはS30用ですが寿命が短く、リぺアーパーツの入手が困難と言う難点が在ります。

ブレーキバンドが減るとギアの入りが悪く音鳴りの原因になります。

71Bのスカイライン用とS30用も外観からは違いの判断は出来ず分解するまで分からないので結局、4基分解する羽目になりました。


下の画像は、O/H用に用意した純正パーツと亀有スーパークロス。

71Bと違い、リペアーパーツが全て揃うのも71Cを選択した理由の一つです。

さて、亀有製は、カウンターシャフトと1-2-3速ギア3枚を交換する4速クロスです。

240クロスとは、カウンターと1速と2速を交換する3速クロスです。

他に、OS技研から5速クロスが販売されていますが、これは確かに、ギアを4枚交換しますが、4速(インプットシャフト)を5速に近付けて5速クロスにするタイプなので、3~4速が離れてしまう難点が在ります。

そこで、ミッションを4本分解した理由です。

ターボ用71Cは5速が0.759とオーバートップに設定されているのに対して、NA用は5速が0.838になっています。

サーキットを走ると良く分かるのですが、0.759は4速から5速にシフトアップした瞬間に失速したのかと思うほど回転が落ち込みます。

一般的な71B5速が0.835なので、ターボ用71CにNA用5速ギアを組み込めば、本来の5速クロスになります。

間違えて、購入したNA用71Cも無駄では無くなりますしね。

71Cに71Bの5速ギアを組み付ける事は可能なので出来るだけクロスレシオになるミッションを探したのです。

ちなみに、ギアの数は昔ながらのギアにマーキングをして歯数を読みます。

また、ダブルコーンシンクロとは、砲金部分が中と外にダブルで付くので、そう呼ばれます。

これは、シフトアップ・ダウン時に、シフトがスムーズに運ぶ様にギアの回転を出来るだけ止める為開発されたシステムですね。

強度的には、無茶をしなければ400psでも大丈夫だと思います。

最後は、S57から取り外したメインハーネス。

これを元に一から引き直します。

そして、エンジンハーネスはRB25用。

RB33は、ディストリビューターが無いので点火系のみ純正のクランク角センサーとコンピューターを使います。

すでに、CPUの書き換えと余分な配線の間引きは済んでいます。

これから、ミッションもハーネスも同時進行で合間に製作します。

また作業が進めばアップします。

では、また来週。

RIMG0061_201512010947051ed.jpg

RIMG9995_20151201094728820.jpg RIMG0062_20151201094707f34.jpg 

RIMG0065_201512010947080ab.jpg RIMG0069_2015120109472763b.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L28改 3.0L組み付け作業(ヤフオク)

RIMG0158_201512041606171fd.jpg


RIMG0011_201512040827487eb.jpg RIMG0009_20151204082746ef7.jpg 

RIMG0001_201512040827444fc.jpg RIMG9971.jpg

RIMG9970_20151204082826763.jpg RIMG0003_20151204082745860.jpg

RIMG0021_20151204082749719.jpg

おはようございます。

ヤフオクで販売した、L28改の組み付けです。

ブロックはオイル穴加工後、タップを立て、フロントカバーや新品カムと一緒に洗浄。

鍛造ピストンをコンロッドにセット。

ブロックにクランクを組み付け、ピストンを挿入。

最後に、バルブ摺り合わせ済み、シリンダーヘッドを載せ、バルタイ確認・タペット調整、フロントカバーを組み付けコンプリートの完成です。

本日発送します。


下の画像は、先週のお台場旧車天国に展示されていた、スピードショップクボさん。

車両は、LYと同じくらい希少な、丸ポートのサファリヘッドが搭載された240ZG。

エンジンは外から見ても区別は付きません。

L型2基の画像を載せましたらが、プラグ側から良く見ると違いが分かります。

サファリヘッドは、プラグの位置が低く、タペットピボットの部分が長いです。

そして、機械式燃料ポンプの取り付け穴が開いていません。

せっかくのサファリヘッドが、ぱっと見の外観から判断出来ないのは残念ですが、ある意味究極の自己満足は満たしてくれますね。

機会が在れば、ちょっと乗って見たいですね。

RIMG0040.jpg

RIMG0042_20151204082809dfb.jpg RIMG0137.jpg

RIMG0041_20151204082807a9f.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


RT20 コロナ塗装(3)

RIMG0059_2015120309121671d.jpg

RIMG0058_20151203091215472.jpg RIMG0029_20151203091213541.jpg

おはようございます。

RT20 コロナの全塗装が終わりました。

まず、パテ研ぎが終わりサフェーサーを塗ります。

そして、ドア、ボンネット、トランク等のパネル類を塗装。


次にボディー外側を塗ります。

外側が塗り終われば、トランク内、室内と順に塗装します。

古い車は、室内の内張りが少なく塗装面が多いので、取り外すパーツが多いので手間が掛かります。

内装の塗装が、終われば内張り、ドア等のパネル類の組み付けです。

これから、ガラスを入れボディーの仕上げに入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0028_20151203091212748.jpg RIMG0087.jpg

RIMG0088.jpg RIMG0109.jpg

RIMG0108.jpg RIMG0110.jpg

RIMG0120.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリ4ドア スポット エンジン修理(2)

RIMG0104.jpg

RIMG0072_2015120210085796d.jpg RIMG0080.jpg

おはようございます。

ケンメリ4ドアのL28、O/H作業の続きです。

オイル穴加工が終わったブロックはスチーム洗浄。

ピストン、コンロッドも磨いて洗浄しました。


下の画像は、組み付け作業。

N42用ピストンリングは欠品でしたが、カメアリから再販されています。

リングを組んでブロックにピストンを挿入。

最少面研磨と摺り合わせが終わったシリンダーヘッドは、バルブスプリングを組み付けコンプリートにします。

次にシリンダーヘッドを載せ、タペット調整。

オイルパンは、ブロック側に締め込まれた山を叩いて伸ばし、今度は裏面から水平を出します。

この作業を怠るとオイルパンの密着が悪くオイル漏れの原因になります。

そして、オイルパンを組み付ければ、エンジンコンプリートの完成です。

これから、補器類を組み付け本日中には、始動確認まで行います。

次回は、エンジンサウンド動画を撮れると思いますが、また、作業が進めばアップします。

RIMG0071.jpg RIMG0082_20151202100916290.jpg

RIMG0081_20151202100900ae4.jpg RIMG0090.jpg

RIMG0091_20151202100919092.jpg RIMG0092.jpg

RIMG0098_20151202100922aba.jpg RIMG0105.jpg

RIMG0102_20151202100941e43.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


セリカ2000GTV(赤) 152E搭載(1)

RIMG0447.jpg

RIMG0473.jpg RIMG0525.jpg

RIMG0448.jpg RIMG0526.jpg

RIMG0474.jpg

おはようございます。

セリカは、最終的に白に塗る車両と赤に塗る、2台が在ります。

これは、レクサス系のレッドマイカクリスタルシャインに塗ります。

その前に、ドア・フェンダー・トランク等のパネル類を交換します。

ドアもFRPでと注文を請けましたが、町乗りでは危険だと思い程度の良いドアパネルに交換。

フェンダー・トランク・バンパーはFRP製に交換。

フロントスカートはFRP製が合わなかったので、ワンオフ製作します。


下の画像は、取り敢えずオーバーフェンダーを仮組して送られて来たエクイップホイルに交換。

車高が高いのでイメージが出来ないかも知れませんが、こんな感じに仕上がります。

ドアとかの傷みは酷いですが、ステップ・フロアーには腐りが無く見た目より程度はいいです。

ダッシュに割れも無いですからね。

これから、FRP類のチリを合わせてから、再度分解。

フレーム補強に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0075_2015120114352730c.jpg

RIMG0074_2015120114352680e.jpg RIMG0008_20151201143524d11.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


NEXT≫
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (9)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE25カローラ カスタム....... (16)
TE27トレノ プチカスタム...... (11)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (34)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (8)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (31)
PB110サニー エクセレント.... (6)
B110サニー セミレス作業..... (2)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (31)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (27)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (30)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (10)
スカイライン・ジャパン作業.... (11)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (30)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (24)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (6)
ハコスカ関連 2017スポット... (20)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (27)
C130 ローレル セミレス....... (14)
ブルーバード510セダン・バン. (34)
ブルーバード510・2ドア/左... (37)
ブルーバード510・2ドア/右... (16)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (14)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (38)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (8)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (6)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (41)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (4)
2017 国産旧車・スポット修理 (9)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (14)
各種エンジン スワップ作業.... (16)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (21)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (15)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (3)
ホンダCB750/CB72 カスタム (10)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (89)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
Am9:00~PM9:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策