アルファロメオ ザガード(2)

RIMG9662.jpg

RIMG9664.jpg RIMG9678.jpg

おはようございます。

アルファロメオ ジュニアザガードの輸入新規予備検査が上がりました。

作業的には、車両自体は普通に動くので、小整備のみ。

まず、車高は純正ですが、車検的には低くてアウト。

前後のサスペンションを交換して対応。

しかし、何度やってもフロントのウィッシュボーンはサス交換が面倒です。

そして、点検中に気付いた排気漏れは、クラック部分を溶接。


下の画像は陸運局で撮影。

上がった車高と車検用のプチオーバーフェンダースタイル。

ヘッドライト調整用にライトカバーを外して行きます。

最後は輸入新規登録用の書類。

エンジンナンバーから車体番号の石刷り。

各諸元からフロントガラスの公認マークまで画像を添付する必要が在ります。

このまま車検ラインを通り無事合格。

予備検査まで完了。

これからリサイクル料金の申請をしてナンバー登録となります。

車検が終わったので、本日からエンジンを降ろす作業を始めて、エンジンルームを含めた全塗装作業に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG9686.jpg

RIMG9683.jpg RIMG9685.jpg

RIMG9687.jpg RIMG9688.jpg

RIMG9689.jpg RIMG9691.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


スポンサーサイト

ハコスカ L28改エンジンO/H(1)

RIMG9613.jpg

RIMG9612.jpg RIMG9623.jpg

おはようございます。

1年半ほど前に組んだ、L28改が異音がすると言う事でO/Hの為、入庫しました。

通常1年半、15000㎞でO/Hなんて事は、まず無いです。

異音の原因は、シリンダーヘッドへのオイル供給不足でカムが焼けていました。

現状では、交換したオイルが悪かったのか、オイルポンプの調子が悪くなったのかは判断出来ません。

詳細は、エンジン内部を見なければ分かりませんので早々に降ろします。


下の画像は、降ろしたL28改エンジン。

まず、ヘッドを点検。

ロッカーアームは硬質チップが取れていたり、減っていたりです。

明らかなオイル切れ。

ただ、組み付け後100kmや200kmならオイルポンプ不良や私共の組み付けミスも考えられますが、15000km走ってからヘッドにオイルが回らなくなったのは初めての経験です。

しかも、燃焼室のバルブの焼けや、親子メタルの当たりは非常に綺麗です。

ピストンは洗浄して確認しましたが傷もほとんど無く、スカートの当たりも文句無し。

不思議な事に問題が在るのはカムだけでした。

今の所、これと言った原因に思い当たりませんが考えられるのは、オイルラインにゴミが詰まったとかオイルポンプ不良くらいです。

これから、ブロックやヘッドの洗浄すれば何か分かるかも知れませんね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG9632.jpg RIMG9640.jpg

RIMG9641.jpg RIMG9643.jpg

RIMG9647.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


サニトラA14 O/HとB210整備

RIMG9633.jpg

RIMG9635.jpg RIMG9634.jpg 

RIMG9651.jpg RIMG9657.jpg

RIMG9661.jpg RIMG9668.jpg

RIMG9669.jpg

おはようございます。

サニトラにA14のチューニングエンジンが搭載された車両が入庫しました。

少し白煙が吹き、力が無いと言う事で、点検とオーバーホールの作業依頼です。

降ろしたエンジンは全バラにします。

まず、シリンダーヘッドは、バルブからオイルが垂れる状況はオイル下がりの典型です。

そして、ピストンは傷も少なく偏摩耗も見られませんが、やはりリング回りを見る限りオイル上がりも少し在る様です。

しかし、走らないほどでは無いので、バルブタイミングの見直し等、細かく点検をしながら組み付けます。


下の画像は、3か月ほど前に納車したB210サニー。

異音がすると連絡が在り、確認するとウォーターポンプのベアリングから音がしていました。

部品待ちの間、クーリングファンが振れて、ラジエターを傷めそうなので取り外して移動程度は出来る様にします。

B210は、日産旧車の中では余り人気が在るとは言えませんが、長く眺めていると、これはこれで個性が在り面白いと思えます。

2台共に作業が進めば、またアップします。

RIMG9672.jpg

RIMG9673.jpg RIMG9674.jpg

RIMG9676.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R 塗装(2)

RIMG9639.jpg

RIMG9655.jpg RIMG9665.jpg

RIMG9656.jpg RIMG9667.jpg

RIMG9666.jpg RIMG9658.jpg

RIMG9654.jpg

おはようございます。

プリンスS54Rの塗装作業開始です。

まず、フェンダー、ドア、ボンネット、トランクのパネル類の下塗り後、クリアー塗装。

オーバーフェンダーのクォリティーと繋いだドアにしては歪が全く分からない仕上がりに満足です。

そして、ボディーインナーフェンダー内とエンジンルームを塗り、クリアーまで吹き付けが終了。

ちょっと、青みが強かった様な気もしますが、OKです。

来週の日曜は全体画像を、アップ出来ると思います。


下の画像は、並行してFRP屋が出張でリアスポイラーの型取りをしてくれた物です。

大き過ぎず小さ過ぎず、形状も含めて私の注文が多いので細かな仕上げの打ち合わせには、私共で作業した方が早いと言う事でした。

私もFRPの型取り作業を、じっくり見るのは初めてでしたが、流石プロ!

ほぼ長方形のウレタンをトランクに張り付け、沢山のツールを使い見事に削り出して行きます。

「高さがどうの、ここは、もう少しアールを付けて」等々、私の煩い注文を見事に形にしてくれました。

最後は、出来上がったウレタンスポイラーにFRPを貼り、型を製作している所。

最終的には少し形状に拘った、いいサイズのリアスポイラーに仕上がりました。

大き過ぎず、シンプルに上品なスポイラーだと自負しています。

プリンス54系を少しスポーティーに乗っている方には、ぴったりだと思います。

11月22日の旧車天国では、現車にも付けて行きますがパーツとしても持って行くつもりです。

興味の在る方は楽しみにして下さい。

RIMG9520.jpg

RIMG9522.jpg RIMG9617.jpg

RIMG9577.jpg RIMG9616.jpg

RIMG9618.jpg RIMG9625.jpg

RIMG9650.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ レストアベース8台販売

RIMG9609.jpg

RIMG9597.jpg RIMG9598.jpg

RIMG9600.jpg RIMG9601.jpg

RIMG9599.jpg

おはようございます。

ハコスカのレストアベースと言うより、ほとんど部品取りの車両が入荷します。

これらを仕上げるには、相当な覚悟と根性が必要です。

現在は、草ヒロ状態でホイルが付いて無かったり、転がらない車両がほとんどなので一台づつ合間に運びます。

内訳は、ケンメリ2ドアが1台。 

ハコスカ4ドアが4台、2ドアが1台、ハコスカワゴンが2台です。

これらの2~3台は完全に復旧は不可だったり書類が無いのが在りますが、程度はともかく比較的欠品が少ないのが救いです。

2~3台在庫として、残りはヤフオクで書付きボディーとして販売予定です。

「よし、何とかなる」と言う強者が居られましたら問い合わせて下さい。


下の画像は、取り敢えず持ち帰った、ハコスカ4ドア。

8台共に、おおよそ、こんな感じです。

ステップは抜けているが、フロアーは残っている車両が多いです。

ボンネット、トランク等のパネル類はFRP製も販売してるので、路上復帰は不可能では在りません。

この車両を持ち帰ったのは、L28とソレックスが付いていたからです。

早々に、エンジン、ミッションを降ろします。

エンジンは分解して保管。

ボディーは、この8台を置くために準備したヤードに移動します。


余談になりますが、世の中には、まだまだ埋もれた旧車が在るんですね。

実際に、レストア出来るかどうかは別にして、8台も纏めて出て来るのは、これが最後でしょう。

現状販売及び、パーツ販売も考えていますので、興味が在りましたら問い合わせて下さい。

RIMG9627.jpg RIMG9630.jpg

RIMG9629.jpg RIMG9628.jpg

RIMG9631.jpg RIMG9637.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アストンマーチンDB6 内装(1)

RIMG9485.jpg

RIMG9486.jpg RIMG9576.jpg

RIMG9606.jpg RIMG9607.jpg

RIMG9605.jpg

おはようございます。

暫く振りに、アストンマーチンDB6です。

作業的には、塗装が終わり、内装を含めた本格的な組み付けに入っています。

まずは、エンジン・ATの始動確認の為、乱雑に仮組した室内の整理です。

まだ、水回り作業は終えていませんが、ヒーターコアケースを塗装して組む付け準備をします。

ヒーター回りの組み付けを済ませ、他に問題が無ければ、いよいよ試乗が出来ます。

次に、室内側のミッションカバーを仮止めしてフロアー絨毯も合わせて見ます。

絨毯が入ると高級感たっぷり、いいですよね~


下の画像は、ヒーターコアと同時に既に、ほとんど組み上がっていますがエンジンの水回りもチェックします。

最後にドアの内張りも組み付けます。

全ての、ドア内貼りの内側には、スポンジが貼られ高級車の片鱗が見られます。

左右ドア内貼りと室内フロアー絨毯が入ると綺麗ですよね。

まだ、細かな仕上げが残っていますが、試乗確認と輸入新規検査までは、もう一息です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG9608.jpg

 RIMG9621.jpg RIMG9602.jpg

RIMG9603.jpg RIMG9604.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


販売用 ジャパンR仕様とL28マニアN42

RIMG9580.jpg

RIMG9579.jpg RIMG9571.jpg

RIMG9584.jpg RIMG9585.jpg

RIMG9499.jpg RIMG9542.jpg 

RIMG9556.jpg

おはようございます。

まずは、昨日と同じく全塗装後、暫く放置のジャパンR仕様です。

大して進んでいませんが、ジャパンの純正モケットシートをダッツンレプリカに張り替えた物が上がって来ました。

当然、フロントにはダッツンレプリカを取り付けるので、前後シートが揃うと雰囲気が随分と良くなると思います。

次に、エンジンは、一度搭載したエンジンを他に販売したので、新たに製作します。

ブロックはL28・N42、鍛造プストンにフルフローコンロッドです。

シリンダーヘッドも同じくN42にビックバルブ強化スプリングとカメアリ75度を組みます。

ヘッドは洗浄後摺り合わせまで終わっています。

これから合間を見て、クランク・ピストンの組み付けを始めます。

このジャパンR仕様は、私共の在庫車両です。

興味の在る方が居られましたら問い合わせて下さい。


下の画像は、少しL28エンジンがダブ付いて来たので、一番人気の在るN42マニアのL28をオーバーホールして販売します。

N42シリンダーヘッドは、最少面研磨(0,2㎜)を施し、燃焼室を磨いて摺り合わせ。

洗浄まで終わったので、合間にバルブ等を組み付けます。

そして、ブロックは需要の多い、前壺に変換。

オイル穴を開け、ストレーナーの取り付けネジを立てます。

ご存知の方は、マニアブロックの違いは分かりますよね。

ブロックは洗浄後、塗装まで完了。

これから、新品リングと新品メタルを使い組み付けて行きます。

このN42マニアブロックエンジンは、販売用です。

ブログを見て問い合わせが無ければ、ヤフオクで販売します。

興味の在る方は問い合わせて下さい。

RIMG9553.jpg RIMG9555.jpg

RIMG9578.jpg

RIMG9391.jpg RIMG9552.jpg 

RIMG9392.jpg RIMG9390.jpg


RIMG9574.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


パブリカバンと510バン

RIMG9549.jpg

RIMG9551.jpg RIMG9586.jpg

RIMG9583.jpg RIMG9582.jpg

おはようございます。

シルバーウィーク前から期間中に掛けて4台納車が出来たので、暫く放置していた車両に掛かります。

まずは、パブリカと510のバン2台。

パブリカバンは、ヒーター・クーラー等の配管ホースの取り回しで苦労しましたが水回りの作業は終了。

これから、フロントをディスクブレーキに変更したので、ブレーキマスター等も変更する所です。

ブレーキパイプは手曲げで製作します。

ブレーキが終われば、いよいよ車検準備です。


下の画像は、510バン。

途中まで組んで在ったL16オーバーホールが組み上がりました。

ピストンリングやバルブシール類を全て交換して在るので新車に近いパワーは出ると思います。

上記2台共に、また作業が進めばアップします。


RIMG9548.jpg

RIMG9393.jpg RIMG9394.jpg

RIMG9502.jpg RIMG9547.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


240ZG 全塗装、他(3)

RIMG9558.jpg

RIMG9506.jpg RIMG9507.jpg

RIMG9566.jpg



おはようございます。

東京240ZGの作業が完了したので、シルバーウィーク中に納車予定です。

ボディーの作業は、ライトカバー、ドアとゲート内のウェザーストリップを取り付け完了。

バックショットが240ZGらしくていいですね~


下の画像は、その他の作業。

まずは、ソレックス50をO/H済みの物と交換。

綺麗になるのは当然ですが、調子もグンと良くなります。

次に、車両持ち込み途中で破裂したヒーターホースの交換。

S30用のヒーターホースは部分的にしか手に入らないので、手持ちのホースを合わせながら組みます。

ヒーターホースの作業が終わればエンジンの整備。

エンジンは3.1Lになっているそうですが、車両が持ち込まれた時、故障と言う音ではないですが、タペット音が酷い状態でした。

これでもタペット調整をしたばかりだと言う事だったので、ロッカーアームの減りだと判断。

実際に作業を始めると、ロッカーアームの減りも原因の一つでしたが、煩い音の根本はロッカーガイドに在りました。

まずは、インテークとエキゾーストのバルブ長が違う為(ビックバルブの場合は一般的)、タペット調整時にピボットの出具合を合わせるのに高さの違うロッカーガイドを入れて在りました。

高さ違いは、まだいいとしてバルブに当たる部分を削ってフラットにして在るので、それが音鳴りの原因だと思われます。

また、フラットになっているとロッカーガイドが、アームに押される都度僅かに傾くので、ロッカーガイドの淵が折れていました。

これは、ロッカーアームの外れる原因で、高回転中に外れればエンジンコンプレッションの逃げ場がなくなり、確実にピストンブローです。

今回は、間一髪でしたね。

これで、240ZGの作業は終了です。

また、リピート作業等が在りましたら紹介します。

RIMG9564.jpg

RIMG9511.jpg RIMG9521.jpg

RIMG9524.jpg RIMG9569.jpg

RIMG9543.jpg RIMG9545.jpg

RIMG9568.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 44仕様、仕上げ作業

RIMG9529.jpg

RIMG9541.jpg RIMG9538.jpg



おはようございます。

常連さんのハコスカ44仕様は昨日に納車完了。

おおまかな作業的としては、ステンレス100Lタンクに交換。

始動性を良くする為のシリンダーヘッドとソレックスのO/Hでした。


下の画像は追加作業のガラスモール装着とソレックスO/H他の作業。

まずは、GTR用のガラスモールを装着。

ガソリンフィラーキャップのキー蓋交換。

ちょっとした事ですが、全塗装後だけに気になりますね。

シリンダーヘッドO/H後、ヘッドを搭載。

少しエンジン音が煩かったので、ロッカーアームを新品に交換。

最後にソレックスキャブをO/Hして組み付け完了。

動画では、始動性が随分と良くなったのが分かると思います。

空吹かしでもトルク感が増したのが手に取る様に分かりますが、今度はセルモーターが苦しくなりました。

寒くなるまでにリダクションセルへの交換が必要そうです。

これは、また近い内に入庫しますね。

RIMG9539.jpg RIMG9540.jpg

RIMG9534.jpg RIMG9479.jpg 

RIMG9483.jpg RIMG9497.jpg 

RIMG9527.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R 塗装(1)

RIMG9387.jpg

RIMG9439.jpg RIMG9515.jpg

RIMG9482.jpg RIMG9493.jpg

RIMG9516.jpg RIMG9517.jpg

RIMG9528.jpg

おはようございます。

いよいよ、プリンスS54Rの塗装が近付きました。

まずは、板金と下地です。

私共の工場で切り継ぎ等、普通の板金屋でも余りやらない部分は済ませますが、塗装用の板金は、板金職人が行います。

フロントフェンダーとドアのチリ合わせはFRP屋が行い、ドアとリアフェンダーのチリ合わせは板金職人がやります。

チリ合わせが終われば、ボディーの板金。

パテを出来る限り少なくする為、リアフェンダーの歪は叩いて絞ってを繰り返して取ります。

歪が取れれば、パテ打ち。

板金パテから始まり、ポリパテ下地を済ませ、エンジンルームと室内をサフェーサー仕上げ。

そして、ボディーもサフェーサーまで入りました。

これから、赤いコマジで小傷を拾い、もう一度研いで塗装ブースに入ります。


下の画像は、パネル類の下地作業。

まずは、一番不安だった延長ドアパネル。

真ん中で繋いでいるので、実際にパテを入れても歪が取れない可能性が在りました。

しかし、意外と少ないパテで歪が取れた様で一安心です。

当然、裏側の細かな仕上げも板金職人がやってくれます。

私は十代の頃から、エンジンを組んでいましたが、エンジンはパーツが在る物を形にする作業です。

しかし、板金職人は、鉄板を曲げたり伸ばしたり、そして時には絞ったりと自在に扱うのを何時間も飽きずに眺めていました。

特に、叩き出しの切り継ぎオーバーフェンダー等は、本当に見事でした。

この様な細かな仕上げを手作業で行う職人は年々減っています。

機械化と共に職人が減って行くのは寂しいですね。

最後に、ドア、ボンネット、トランク、フロントフェンダー等もサフェーサーまで入り、シルバーウィーク明けからの塗装準備完了です。

RIMG9452.jpg

RIMG9442.jpg RIMG9477.jpg

RIMG9454.jpg RIMG9476.jpg

RIMG9441.jpg RIMG9453.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT 納車

RIMG9514.jpg

RIMG9510.jpg RIMG9513.jpg



おはようございます。

群馬ハコスカHTは、本日陸送屋に引き渡し納車します。

フレーム切り継ぎ、ヘッドガスケット修理、エンジン・MTの公認予備検査までの作業でした。

全体的には、レストア済みで程度が良く車高も高いので助かりました。


下の画像は納車前に最低限のジェット交換。

OERは、メインとエアージェットはソレックスが使えますが、パイロットジェットは専用品。

MJ180、PJ70に変更しました。

最後は、キャブ調整をしている時に何気に水漏れ発見。

ブロックサイドのメクラから僅かに漏っています。

新品に交換して全ての作業終了。

余談ですが、O/H時にメクラを全て交換した方が良いと言われますが、私は漏れが無い限り交換しません。

20数年前は、O/H時に必ず交換していましたが、何基かメクラが飛びました。

私の腕が悪いのかと内燃機屋で、やって貰った事も在りましたが、やはり何基か組むと抜けるエンジンが出て、それから交換しなくなりました。

新品ブロックに新品メクラと中古ブロックに新品メクラの相性の問題だと思われます。

取り敢えず、納車前に発見出来て良かったです。

また、他の作業等でリピートが在れば紹介します。

RIMG9508.jpg

RIMG9488.jpg RIMG9489.jpg

RIMG9490.jpg RIMG9491.jpg

RIMG9492.jpg RIMG9509.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アルファロメオ ザガード(1)

RIMG9471.jpg

RIMG9473.jpg RIMG9474.jpg

RIMG9475.jpg

おはようございます。

相変わらず関西は天気が悪いので、屋外の作業が進みません。

本日は、屋内作業を少し始めているアルファロメオ ジュニア・ザガードを紹介します。

持ち込まれた車両は、画像だと綺麗に見えますが、所々傷みが在ります。

特にウェザーストリップを外さす以前に塗装されているので、せっかくのザガードが惜しい所です。

そこで、今回の作業依頼は輸入新規登録を行い、ゴム類を新品に交換して全塗装をします。

室内は多少の手直しはしますが、エンジンや足回りには手を付けないので作業は短期間で済みそうです。


下の画像は別途注文を請けた、ザガード専用のアルミガソリンタンク製作。

オリジナルに近い形状で容量を増やした、アルミ製でとのオーダー。

アルミ板から切り出したパネルは、ビードローラーでタンクバンドの溝を付けます。

そして、角を丸くなる様に板金。

パイプと板金ハンマー、当て鈑だけで製作して行きます。

上下のパネルを同じ様に板金して、サイドはまた別のパネルを製切り出し、3分割で製作します。

最後は、ガソリンタンクユニットも純正品が付く様に製作。

ベース板が出来上がって来たので、穴開け加工をして溶接します。

また、作業が進めばアップします。

p7.jpg attachment.jpg 

RIMG9495.jpg RIMG9374.jpg

RIMG9375.jpg RIMG9376.jpg

RIMG9496.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


前期510セダン L20Bエンジン搭載

RIMG9414.jpg

RIMG9428.jpg RIMG9395.jpg

RIMG9429.jpg RIMG9415.jpg

RIMG9438.jpg

おはようございます。

前期510セダンの車体に、O/H済みL20Bを搭載します。

L18からL20Bに変わるので、フライホイルは4穴から6穴になります。

軽量済みのフライホイルに新品クラッチを組み付け、71C5速を取り付け車体に搭載。


下の画像は、エンジンが載った所。

これから、キャブは分解清掃。

タコ足は、耐熱塗料で塗装しました。

エンジン始動確認まで、もう一息ですが昨日午後から、また雨模様です。

今年は、盆過ぎから雨が多いですよね。

また作業が進めばアップします。

RIMG9455.jpg

RIMG9469.jpg RIMG9470.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHTとS30 公認車検

RIMG9449.jpg

RIMG9444.jpg RIMG9445.jpg

RIMG9443.jpg RIMG9450.jpg

RIMG9459.jpg RIMG9458.jpg

RIMG9446.jpg

おはようございます。

群馬ハコスカHTの公認予備検査受けが終了しました。

お盆明けの予定が、約一か月遅れです。

まず、エンジン始動確認後にラジエター不良。

L28の公認書類を一度製作して提出したら、元がAT車両だと分かり、5速ミッションの公認も取る必要が在りました。

月日の経つのは速いもので、そうこうしている内に1ヶ月が経過していました。

さて、提出書類は結構在ります。

外観の写真から底周りの写真、そしてL28エンジンの仕様書、N42の画像、プロペラシャフトの強度計算書、ミッションのデータ等々です。

申請許可書と揃えて検査ラインに入ります。

検査ラインは9月1日から全国の車検場でヘッドライトの計測をハイからローに切り替えたので、大渋滞です。

旧車は関係ないですが、並ぶ時間は同じですからね。

検査ラインで合格すると新規ラインで重量や車体寸法の採寸をして車検受け完了。

晴れて改造概要等説明書(改造許可証)と予備検査証が発行されます。

後は、最終点検をすれば納車となります。

余談ですが、上最後の画像は排ガス検査を通り易くする工夫をして在ります。

文章には書きませんが目聡い方なら分かると思います。


下の画像は、同じくL28公認待ちの浜松S30。

ボディー底には、S31等の様な触媒の痕跡は全くなく、L28公認のみの書類を提出したら、またもチェックが入りました。

このS30は、初年度登録が50年7月ですが、この50年7月から車検時に触媒が必要との事。

7月登録で7月製造なんてことは在り得ないので、日産に製造年月日を問い合わせた所、50年7月製造だとの返事。

「そんな訳ないやん」と言ってはみましたが、日産と問答しても時間の無駄なので触媒を取り付けます。

方法は二つ。

毎車検時に交換用のマフラーを持つか、現在のマフラーに触媒を溶接するかです。

オーナーが選んだのは後者。

フジツボのセンターマフラーを切り取り、他車の触媒を溶接。

これで、車検準備はOKです。

さて、他府県ナンバーの車両の公認(構造変更)を奈良で行う場合は、一時抹消する必要が在ります。

このS30も一時抹消する為にナンバーを外しましたが、出張料金を負担して頂き、浜松で継続検査を受ける事になりました。

慣れない他県の陸運局での車検受けは余りやりたくはないですが、構造変更の継続検査依頼が在れば、出張車検もお請けします。

ご要望が在りましたら何時でも連絡ください。

RIMG9451.jpg

RIMG9412.jpg RIMG9413.jpg

RIMG9417.jpg RIMG9434.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


セリカ リフトバック 4ポットブレーキ装着(2)

RIMG9432.jpg

RIMG9433.jpg RIMG9411.jpg

RIMG9418.jpg RIMG9423.jpg

RIMG9426.jpg

おはようございます。

セリカ リフトバックの4ポットブレーキ装着作業が完了しました。

ボディーは、フルレストア車なので、どこもかしこも新車の様に綺麗です。

作業的には、前回の更新で右側のキャリパー仮組みまで終わっていました。

今回は、左側のキャリパーブラケット加工からです。

純正のキャリパーブラケットにカラー付きナットを溶接。

ローター、キャリパー、ブラケット、キャリパーサポートの確認が出来れば組み付け作業に入ります。


下の画像は、左右のブラケットの塗装。

そしてキャリパー組み付け。

最後に、エアー抜きを行えばブレーキ作業は終了です。

最後は電気周りの点検。

偶に点火しなくなる症状が在るそうです。

私共に届いた時に、ダイナモの配線とIGコイル周りの配線を少し手直しして症状は改善されましたが、IGキー周りに焦げ跡が在り、それも修理しました。

これから、2~3日は朝昼晩とエンジン始動確認を何度か行い、ブレーキの点検も含めた試乗を行えば納車予定です。

また、機会が在ればアップします。

RIMG9427.jpg RIMG9431.jpg

RIMG9437.jpg RIMG9436.jpg

RIMG9435.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


240ZG 全塗装、他(2)+ハコスカ44仕様

RIMG9383.jpg

RIMG9385.jpg RIMG9386.jpg

RIMG9384.jpg

おはようございます。

東京から作業依頼の240ZGは全塗装が終わり、Gノーズ、バンパー等の外装周りの組み付けが、おおよそ終わりました。

別途持ち込まれたフロントスポイラーも塗装済み。

後は、エンブレムやライトカバーを取り付ければ塗装作業は完了です。

これから、ソレックスキャブの交換等、追加作業に入ります。


下の画像は、年に数回はパーツの取り付けに入庫する、常連さんの44仕様ハコスカセダン。

今回も作業依頼多数です。

まずは、既に取り付けは終わりましたが、100Lタンクへグレードアップ。

このガソリンタンク取り付け作業は、タンクが大きくなる分、足の溶接が必要で、素人が簡単に出来る作業では無いですね。

そして、ガラスモールやシートベルト、画像の丸い物はフィラーキャップのキーの蓋。

これらのパーツは、これから交換予定。

最後は、シリンダーヘッドからの水漏れ修理。

夏の一番暑い時期にオーバーヒート気味になった様です。

シリンダーヘッドは降ろして、既にオーバーホール済み。

エンジンを組んだ3年前から、始動性の悪さが気になっていたので、キャブも全バラO/H。

数日中には、エンジン始動確認が出来ると思います。

240ZG も44仕様ハコスカも作業が進めば、またアップします。

RIMG9379.jpg

RIMG9377.jpg RIMG9378.jpg

RIMG9382.jpg RIMG9389.jpg

RIMG9388.jpg RIMG9405.jpg

RIMG9380.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R FRPパーツ+ブレーキ

1_2015091209124761e.jpg

3_201509120912494e4.jpg 2_201509120912481a3.jpg 

4_201509120912519de.jpg 5_20150912091252512.jpg

7_20150912091313c25.jpg 10_201509120913186e0.jpg 

8_20150912091315d21.jpg 9_20150912091317a25.jpg

おはようございます。

プリンスS54Rは、塗装工場内の板金場に回りました。

いよいよ仕上げの板金塗装に入ります。

ただ、リアビューを見ていると何か寂しい様な気が…

このままが、いいのか、やはりリアスポイラーが在った方が雰囲気が良くなるのか全体のイメージが思い描けません。

ウイングの様な大きな物は付けたくないですが空力的には、小さくてもリアスポイラーは在った方がいいのは間違いありません。

そこで、汎用で市販されている2~3000円の硬質ゴムスポイラーを3種類購入。

ただ、羽根の大きさも違うのかと思えば、長さが違うだけで基本的に全て同じ物でした。

早速、長さの合うスポイラーを張り付けましたが、硬質ゴムのままでは小さ過ぎる様なので、ガムテープで大きくして見ます。

次に、S30リアスポイラーを合わせた所、今度は大き過ぎる様にも思えるのですが何故か、しっくり来ます。

気付いた方も居られると思いますが、BMW2002のリアスポイラー付きに似ています。

見慣れているので、しっくり来るのでしょうね。

私の個人的な好みでは、リアスポイラーは付けたくないのですが空力を考えると捨て切れません。

最終的にリアスポイラーを付けるかどうかは、塗装が仕上がり全体のイメージを見てからですが、青いガムテープ仕様のサイズのリアスポイラーをFRPで型取りしておく事にして、FRP屋に依頼しました。


下の画像は、54R用に製作したフロントブレーキ回り。

キャリパーは、AP製15インチホイル用、当時物の新品。

いつか使おうと長年温めていた秘蔵品です。

性能的に最近のAPキャリパーとの違いは、ほとんど在りませんが、やはり雰囲気がいいですね。

ローターは、ディクセル製レース用15インチホイルサイズの295㎜。

簡単な図面を書いて、キャリパーサポートとローターベルハットを製作したのは、ナプレック。

マシニングセンタで削り出した製品は抜群の精度で、仕上げも綺麗です。

しかも図面に無い、ちょっとした逃げ等もナプレックで追加してくれているは非常に助かります。

最後は、シルビア用のハブナックルに取り付けたコンプリート画像。

いい感じです。

ブレーキ回りを車体に取り付けるのは、少し先になりますが、また作業が進めばアップします。


ちなみに、リアブレーキはストラットがS30なので、そのままアルフィンドラムを付けます。

私共のユーザーの中にも、リアディスクを望まれる方が多いですが性能的に差は、ほとんど在りません。

町中で乗り比べて違いの分かる方は居られないと思います。

サーキット走行でも差を感じるのは僅かで、それよりも約10㎏の重量増しを避けたいのでアルフィンドラムです。

重量増しを余り気にしない町乗り仕様の場合は、見た目も自己満足度も上がるので在りですね。

用途と仕様で色々選択出来るのもカスタム車両の醍醐味です。

16_20150912091343c5f.jpg

11_20150912091319e92.jpg 12_20150912091337ba7.jpg

13_201509120913382ef.jpg 15_20150912091341d52.jpg

14_2015091209134054b.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130ローレル オーバーフェンダー製作(4)

1_20150911185207cd2.jpg

2_20150911185210c8c.jpg 3_20150911185210616.jpg

RIMG9358.jpg

おはようございます。

C130ローレルのオーバーフェンダーは、おおまかな形になりました。

フロントフェンダーは、ブリスター風。

仮止めが終われば、板金用慣らしハンマーで、文字通り溶接ラインが消える様に慣らします。


リアのオーバーフェンダーは出来るだけ自然な感じに出します。

これだけ出ていれば誰が見ても分かりますけどね。

作業的には、カット目を入れ、形を整え切り継ぎします。

ガソリンキャップ部分は、裏からポートタワーで押し出し、位置を合わせました。

このガソリンキャップ部分を含め、最終的には中々自然な感じになったと思います。

これから、インナーフェンダーを仕上げて塗装場に車両を回します。

パテから先は、塗装の職人に任せます。

また作業が進めばアップします。

4_2015091118521194a.jpg 5_2015091118521372a.jpg

6_20150911185234eb2.jpg 7_20150911185236aa8.jpg

8_20150911185237d3f.jpg 9_201509111852393f5.jpg

RIMG9356.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


42年式ローウインドウ SR311販売

RIMG9289.jpg

RIMG9293.jpg RIMG9294.jpg

RIMG9303.jpg RIMG9290.jpg

RIMG9354.jpg

おはようございます。

先日、紹介した42年式ローウインドウ SR311の詳細です。

やっぱりローウインドウはいいですよね~

ボディーは現場で見た時は嬉しさの余り見落としましたが、ステップ周りは腐っていました。

フロアーは僅かな腐りが在る程度。

室内は、オリジナル度は低く、フロアーカーペットレスにダッツンシート。

ただ、ハードトップは純正の様です。

底周りは、ガレージ保管だっただけに、比較的錆も少なく、フレームも問題無さそうです。

付属品としては、錆だらけの前後バンパー・幌骨・ライトカバー等が付きます。

「ヤフオク」に出品しましたので、興味の在る方は、その他の画像等も見て下さい。


下の画像はエンジン始動動画。

作業的には、カムカバーを外してカムに給油。

内部の程度は、非常に綺麗です。

そして、プラグ穴からルーセンとオイルを注入して、クランクを手回しする事20回。

インシュレーターは、新品が付属されていたので交換して、オーバーホール済みのソレックス44と交換。

流石に、ガソリンタンクは洗浄せずには使えないので、点滴からガソリンをキャブに送り、エンジン始動確認。

予想通り、非常に調子が良いです。

異音、白煙も全く無し。

ボディー塗装とブレーキ・足回りのレストアで何とかなりそうですね。

興味の在る方はお問合せ下さい。



RIMG9305.jpg RIMG9306.jpg 

RIMG9348.jpg RIMG9351.jpg

RIMG9352.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


S30 L28改搭載、他(4)

RIMG9344.jpg


RIMG9283.jpg RIMG9287.jpg

RIMG9288.jpg

おはようございます。

S30に、L28改搭載作業が終わり、始動確認まで完了。

これから、L28公認予備検査を受ければ納車です。

作業的には、オイルパン等の補器類を組み付け車両に搭載した時点で日が暮れたのでラッピングしておきます。


下の画像は昨日の作業。

タコ足、ソレックスと順に組んで行き、始動確認の段階になり、燃料ポンプが音はするのにガソリンを吸わない事が判明。

ポンプとストレーナーを新品に交換して始動確認。

問題無く始動したので、ラジエターを取り付け、オイルと水周りの漏れ確認をしながらエンジンを温めます。

最後の動画では、カメアリツインアイドラーの音が煩いですが、これで普通です。

エンジン本体は調子が良く問題無し。

残りの作業は車検受けだけなので、このS30の記事は今回で終了です。

また、機会が在れば紹介します。

RIMG9326.jpg

RIMG9310.jpg RIMG9314.jpg

RIMG9315.jpg RIMG9327.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


240ZG 全塗装、他(2)

RIMG8958.jpg

RIMG9009.jpg RIMG9309.jpg

RIMG9023.jpg

おはようございます。

240ZGは、ボディーの塗装が完了。

当然、白色のパネル類と、オーバーフェンダー等のガンメタ色と分けて塗ります。

特にオーバーフェンダーは、ひび割れが在ったので磨き落として比較的割れ難いサフェーサーを厚めに塗り、塗装をします。

塗装後、ボンネットやフェンダー、ドア等のパネル類を組み付けて行きます。


下の画像は、合間にガラスを入れましたが永年劣化したフロントガラスは無理に入れたつもりはないですが、割ってしまいました。

ユーザーには謝罪をして、私共で販売しているブルーボカシガラスを入れる事で了承して頂きました。

最後は、ボディーの補器類の組み付けが終われば取り掛かるソレックス50の準備をして行きます。

75㎜のロングファンネル、シャフトやバタフライと全て新品にリビルトされたソレックス50は調子がいいと思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG9162.jpg RIMG9187.jpg

RIMG9312.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130ローレル オーバーフェンダー製作(3)

1_201509071610273ce.jpg

2_20150907161028b4c.jpg 3_20150907161030a6e.jpg

4_201509071610317e6.jpg RIMG9284.jpg

おはようございます。

130ローレル オーバーフェンダー製作作業は、少しづつ進んでいます。

右側のオーバーフェンダーは、おおよそ形になったので、左側の作業に入りますが、リアフェンダー前側で結構大きめの腐りが在りました。

左側に移る前に、やっつけてしまいます。

腐り部分は、少し大きめにカット!

同じ形状で鉄板を曲げ、溶接。

溶接箇所を少し磨いてサフェーサーを塗っておきますが、パテを入れなくとも継ぎ目が分からない程度に仕上げます。


下の画像は、左側。

右側と同じ様に、ストラットのスプリング皿をカットして、仮にホイルを取り付けオーバーフェンダーの大きさを計ります。

その前に、フェンダー下部の腐り部分は切り継ぎ溶接。

やはり、溶接した部分を少し磨いてサフェーサーを吹き付ければ、溶接箇所が分からない程度にまで仕上げます。

フロントフェンダーの出し幅が決まり、カットが済めば、リアフェンダーもカットします。

左リアフェンダーには、ガソリン給油口が在るので、一手間増えます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG9285.jpg

5_201509071610322f6.jpg 6_201509071610497c3.jpg

7_20150907161050597.jpg 8_2015090716105207c.jpg

10_2015090716105306c.jpg


このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


S30 L28改搭載、他(3)

RIMG9238.jpg

RIMG9190.jpg RIMG9237.jpg

RIMG9236.jpg RIMG9235.jpg

おはようございます。

浜松S30、L28改のエンジンが組み上がりました。

作業的には、ヘッドにカムを入れ回転点検。

問題無ければ、ブロックにヘッドを搭載。

持ち込まれたエンジンには、バーニャ式スプロケットとカメアリ・ツインアイドラーが装備されていました。

私は、カメアリパーツは多用しますが、このツインアイドラーに関しては余り良いイメージを持っていません。

外そうかとも思いましたが、ヘッドの面研磨量が少ない事と強化品の新品カムチェーンが付いています。

これなら、調整位置が半分程度なので問題無いと思い、そのまま使う事にしました。

面研磨量が多く、中古の伸びたチェーンを使うとツインアイドラーの調整範囲ギリギリになります。

こんな場合は、カムチェーンの角度が悪くなり、アイドルギアに負担が掛かるため、カムチェーンが切れる事が在ります。

ツインアイドラーを検討している方は注意してください。

カムチェーン周りが決まれば、バルブタイミング測定。

イン101、エキ103,5度でバッチリ!


下の画像は、エンジンルーム。

良く見ないと分からないのですが、ブレーキマスター下側に錆が出ています。

綺麗なエンジンルームだけに気になるので、錆の部分だけ塗装して欲しいとの作業依頼を請けていました。

部分塗装を済ませて、エンジン搭載準備OK!

エンジンは、車両搭載に向け最終段階。

オイルパンは、歪取りをします。

私共では、どのエンジンも必ず行う作業ですが、定盤の上で、フラットバーで叩いて面を出します。

定盤の上で、カタカタならず、ピタっと張り付くまで歪を取ります。

これを怠るとオイル漏れの原因になります。

ロッカーアームは新品を使用。

最後は、タペット調整が終わり、フロントカバーまで付いたエンジンコンプリート。

これから、オイルポンプ、オイルパン、カムカバーを取り付ければ車両に搭載します。

このS30は、L28公認車検まで依頼を請けているので、また作業が進めばアップします。

RIMG9239.jpg

RIMG9240.jpg RIMG9250.jpg

RIMG9248.jpg RIMG9252.jpg

RIMG9251.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


42年式ローウインドウ SR311販売とオートバイ作業

RIMG8337.jpg

RIMG8335.jpg RIMG8336.jpg

RIMG8339.jpg RIMG8340.jpg

おはようございます。

今週の日曜日は、プリンスS54Rの塗装作業が全く進んでいないので、入荷予定のSR311とバイク作業を紹介します。

先日、友人の紹介で希少な42年式ローウインドウSR311を掘り起こして来ました。

まだ、まだ世の中には隠れた旧車が在りますね。

入荷が決定したので、セミレストア作業を施し販売予定です。

詳細は、作業を始めてから紹介しますが、20数年前に小カスタムされた車両です。

いわゆる、カフェレーサースタイルですね。

外装は、ワタナベホイールに、ハードトップ。

内装は当時のダツツンシート2脚に小径ハンドル。

私の現役当時が瞼に浮かびます。

エンジンは、ノーマルだそうですが、ソレックスが2型から4型の44パイに換装されています。

調子の出づらい材質がアンチモン製2型よりはいいですよね。

画像には、在りませんがノーマルバンパーやノーマル幌、ライトリム、ロールバー等が付属します。

多少の錆は在りますが、腐りはほとんどなく、レストアベースとして最高のレベルだと思います。

興味の在る方は問い合わせて下さい。


下の画像は、ここ最近のバイク作業。

まず、2台在ったCB750F3のフルノーマル仕様の登録が終わり納車完了。

私はカスタム派ですが、オリジナルもいいですね。

次は、GS750が車検受けとマフラー角度変更で持ち込まれました。

車検はサイレンサーを交換しただけで、OK!

マフラーはセンターパイプをカット、そして角度を変更して溶接。

半艶の耐熱塗料を塗って作業終了。

GS750も納車まで完了。

最後は、GPZ900とニンジャ1000の2台。

2台出て行けば2台入って来ます。

カスタム好きの方には、作業依頼の想像が出来ますよね。

作業内容は、ZPZ900に、ニンジャ1000のエンジンと足回りを、そっくり移植すると言う物。

直ぐには、作業に入れませんが時間は、たっぷり頂いて在ります。

また、作業を始めれば紹介します。

RIMG9056.jpg 

RIMG9055.jpg RIMG8976.jpg

RIMG9011.jpg RIMG9012.jpg

RIMG9060.jpg

RIMG9054.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカHT L20改搭載(3)

RIMG9206.jpg

RIMG9208.jpg RIMG9207.jpg

RIMG9204.jpg

おはようございます。

京都ハコスカL20改の作業が終了しました。

あまり極端な改造はせず、ポピュラーな感じのハコスカHTです。

上最後の画像は、仕上がったエンジンルームとクーラーガスを入れている所。


下の画像は、車両に付いていたセルモーターでは始動出来なかったので、リダクションセルに交換。

もちろん、セル一発始動。

キャブ調整をして作業完了です。

最後に、お馴染みのエンジンサウンド。

L20改とL28改の区別が付かないほどレスポンスがいいです。

走りも中々のものです。

ユーザーは比較的、ご近所さんなので、また機会が在れば紹介します。

RIMG9209.jpg RIMG9210.jpg

RIMG9211.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130ローレル L28改修理(2)

RIMG9161.jpg

RIMG9142.jpg RIMG9182.jpg

RIMG9103.jpg RIMG9170.jpg



おはようございます。

静岡から預かったC130ローレルのエンジン修理が完了しました。

前回、腰下のピストントップを出した所までだったので、ヘッドを載せ、バルブタイミングを計測。

焼けたカムシャフトは新品を使います。

クランクプーリーには、クラックが入っていたので手持ちの中古品に交換。

オイルポンプも新品の強化品に交換して組み付けます。

動画を撮影しましたが、レスポンス抜群で調子の良いエンジンサウンドです。


下の画像は、エンジン搭載作業。

デスキャップ組み付け、オイル注入を済ませ、エンジン始動確認。

最後は、完成画像です。

少し試乗して来ましたが今回は問題無さそうです。

近日中に納車するので記事的には今回が最後ですが、また機会が在れば紹介します。

RIMG9183.jpg

RIMG9188.jpg RIMG9192.jpg

RIMG9191.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


S30 L28改搭載、他(2)

RIMG9172.jpg

RIMG9128.jpg RIMG9132.jpg

RIMG9133.jpg RIMG9173.jpg

おはようございます。

浜松S30は、エンジン製作以外に、燃料タンクの清掃を依頼されていました。

エンジンを組み付ける合間に、燃料タンクを降ろして点検。

多少の錆は在りましたが使用に問題が無いので軽く洗浄して、もう一度組み付けました。

燃料タンクの作業が終われば、エンジンに集中します。

ピストンは89㎜鍛造品。

加工L20コンロッドと組み合わせて、ピストンリングを入れて行きます。


下の画像は、N42ブロックに鍛造ピストンを挿入した所。

シリンダーヘッドは、車両に乗っていた物を使いますが、全バラにして摺り合わせから行います。

摺り合わせと、燃焼室の研磨が終われば、スチーム洗浄。

最後にバルブスプリングを組み付けシリンダーヘッドの作業は完了。

2~3日内に車体に搭載します。

また、作業が進めばアップします。

RIMG9185.jpg

RIMG9068.jpg RIMG9100.jpg

RIMG9141.jpg RIMG9143.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130ローレル オーバーフェンダー製作(2)

RIMG8928.jpg

RIMG9158.jpg RIMG8946.jpg 

RIMG8949.jpg RIMG8950.jpg

おはようございます。

130ローレル オーバーフェンダー製作の続きです。

前回に、リアは形になったので、フロントフェンダーの成形をします。

まずは、最終的には車高調を製作するので、スプリング皿をカットして、サススプリングを抜いて下げます。

ホイルが、フェンダーに被るまで目一杯車高を下げます。

次に、フェンダーに切れ目を入れ、ホイルの幅に合う所まで引っ張り出します。

最後に、仮にホイルを入れて確認。

前後のバランス的には、こんな感じで大丈夫だと思います。


下の画像は、作業工程。

フェンダーのカットした部分に鉄板を継ぎ足し、成形して行きます。

おおよそ、形になったら裏からも叩いてオーバーフェンダーの形を整えます。

最終的には、パテで仕上げますが、出来るだけパテを少なくなる様に成形します。

右側、前後フェンダーの荒仕上げが終われば、左側に取り掛かります。

ところが、フェンダー後ろ部分が腐って欠損しています。

まずは、オーバーフェンダーの作業に入る前に補修。

欠損部分に合わせてパネルを製作。

フロントは、このパネルを切り継ぎ溶接をして、オーバーフェンダー作業に入ります。

最後に、リアは形の出来上がった右フェンダーに合わせて、カットを始ました。

また、作業が進めばアップします。

RIMG8970.jpg RIMG9034.jpg

RIMG9035.jpg RIMG9044.jpg

RIMG9131.jpg RIMG9154.jpg

RIMG9156.jpg RIMG9149.jpg 

RIMG9150.jpg RIMG9151.jpg

RIMG9176.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリ L28改製作他(5)

RIMG9118.jpg

RIMG9046.jpg RIMG9045.jpg 

RIMG9047.jpg RIMG9049.jpg

おはようございます。

和歌山ケンメリL28改搭載作業他が完了。

明日、納車です。

上の画像は、リア車高調キット組み付け。

ドライブシャフトまで外さなければならないので、結構面倒な作業です。


下の画像は、排ガス検査、キャブ調整をして予備検査受けまで完了。

陸事から戻って、補器類を固定して作業終了。

OERのセッティングは難しいですが、キャブレター自身が新しいので始動性は抜群にいいですね。

本格的なセッティングは、ナンバー取得後、オーナーにお任せします。

また、追加作業等で、機会が在れば紹介します。

RIMG9113.jpg

RIMG9043.jpg RIMG9127.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (9)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE25カローラ カスタム....... (16)
TE27トレノ プチカスタム...... (11)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (34)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (8)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (31)
PB110サニー エクセレント.... (6)
B110サニー セミレス作業..... (2)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (31)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (26)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (29)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (10)
スカイライン・ジャパン作業.... (11)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (30)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (24)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (6)
ハコスカ関連 2017スポット... (20)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (27)
C130 ローレル セミレス....... (14)
ブルーバード510セダン・バン. (34)
ブルーバード510・2ドア/左... (37)
ブルーバード510・2ドア/右... (16)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (14)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (38)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (8)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (6)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (41)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (4)
2017 国産旧車・スポット修理 (8)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (14)
各種エンジン スワップ作業.... (16)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (21)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (15)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (3)
ホンダCB750/CB72 カスタム (10)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (89)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
Am9:00~PM9:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策