塗装工場 拡張

RIMG8504.jpg

RIMG8524.jpg RIMG8523.jpg 

RIMG8525.jpg RIMG8526.jpg

RIMG8502.jpg RIMG8505.jpg

RIMG8521.jpg

おはようございます。

240ZGは、全塗装の為だけに東京から持ち込まれました。

エンジンルームは綺麗ですが、ドア等パテが浮いている所が在ります。

塗装屋は全国どこにでも在るのに私共を選んで頂いたのは在り難い限りです。

丁度、この全塗装の話が出たタイミングで、以前は工場内の一部分と片側だけ借りていたブースから、工場全体を借り受ける事になりました。

これで、ブースは2個になり、荷物置き場になっていた所を固唾け、車両置き場にしました。

塗装に関しては、まだキャパシティーに余裕が在るので全塗装を考えて居られる方は問い合わせて下さい。

また、工場全体を借りたので、基本は塗装場ですが多少の作業は出来る様になりました。

昨日の様に、梅雨明け宣言が出たにも関わらず、ゲリラ豪雨が降っても作業が中断せずに済みます。


下の画像は、エンジンパーツ。

L28ヘッドが、8基並んでいます。

つまり、L型3Lが8基は組めると言う事です。

L18、L20B、RB30も数基在庫が在ります。

エンジンスワップやボディー改造に関しては、現在請けている作業だけで手一杯なので新たに請ける場合は少し時間を頂く事になります。

しかし、塗装とエンジンチューニングに関しては、まだ少し余裕が在るので、興味の在る方は問い合わせて下さい。

RIMG8418.jpg

RIMG8419.jpg RIMG8420.jpg

RIMG8421.jpg RIMG8422.jpg

RIMG8423.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


スポンサーサイト

アルファロメオ GTAm作業(8)

RIMG8464.jpg

RIMG8304.jpg RIMG8305.jpg

RIMG8308.jpg RIMG8393.jpg 

RIMG8466.jpg

おはようございます。

アルファロメオ GTAmは、発注していたワンオフダンパーが上がって来ました。

それに合わせて、USAにオーダーしていたハイパコ・スプリングも届き、足回りの部品が揃いました。

作業的には、順次、前後の足回りを組み付け作業完了。


下の画像は、足回りの仕上がりを待っている間に追加で頼まれた作業です。

ガラスは一度入れたのですが、ガラスモールを入れて欲しいと送られて来ました。

モールは新品ですが、どこの国でも同じで再生産のパーツは、すんなり入りません。

少し手古摺りましたが、何とか前後のモールが入り、おおまかな作業は終了。

後は、リフトから降ろして車高調整とアライメントの確認、そして細かな仕上げをすれば納車です。

週末には、レーシングサウンド動画を撮影出来ると思います。

また、最終作業が終わればアップします。

RIMG8244.jpg

RIMG8243.jpg RIMG8249.jpg

RIMG8245.jpg RIMG8248.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


310TS仕様 製作(5)

RIMG8463.jpg

IMGP2733_20150728083959446.jpg IMGP2749.jpg

IMGP2941.jpg

おはようございます。

310TS仕様は、「急がないので」との言葉に甘えて、ゆっくり構えていたら半年以上放置になっていました。

一気に仕上げる事は出来ませんが、これからは少しづつ進めます。

作業的には、外装の全塗装が終わり、前後のガラスまで入ったので塗装場から工場に持ち帰り、エンジンを降ろします。

USAから来たエンジンは、何時ものごとく、オイルと泥でコテコテです。


下の画像は、降ろしたエンジンを分解して隅々まで洗剤で磨いてスチーム洗浄。

ブロックはパッキン類を剥がしたらオイルストーンで磨いてスチーム洗浄後、日産ブルーで塗装。

シリンダーヘッドもオイルストーンで磨いた後、洗浄。

ヘッドは洗浄後、摺り合わせをしてバルブスプリングを組み付けます。

ブロックには、曲り修正済みのクランクを組み付け。

カムとフロントカバーを取り付ければ腰下の完成。

ピストンは、洗浄後、新品ピストンリングに交換した所で、昨日の作業は終了。

本日、ブロックにピストンを挿入して、ヘッドを載せればコンプリートの完成です。

作業が進めば、またアップします。

IMGP2944_20150728084003257.jpg IMGP2949.jpg

IMGP5579_20150728084018919.jpg RIMG8090.jpg

RIMG8091.jpg RIMG8094.jpg

RIMG8095.jpg RIMG8365.jpg

RIMG8451.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


グランドワゴニア RT20コロナ エンジンスワップ

IMGP5951_20150727173201295.jpg

IMGP5952_20150727173203e58.jpg IMGP5954_20150727173204020.jpg

IMGP5956.jpg RIMG8403.jpg

RIMG8404.jpg

おはようございます。

最近の仕事の依頼の傾向として、エンジンスワップが増えています。

昨年は510バンとパブリカでしたが、今年は既に何台か作業依頼を請けています。

パブリカの納車が終わるまで作業には掛かれませんが、走行の少ないドナーを探して準備をしていたのが揃いました。

上の画像は、クライスラー・グランドワゴニア。

車両の程度が良く長く乗りたいので、車検切れの機会に国産ディーゼルエンジンに積み替えたいとの作業依頼です。

ユーザーの希望はトヨタ1kZ系エンジン。

4輪駆動車なので、ハイラックスサーフを探しましたが走行距離が15万㎞以下では見付かりませんでした。

そこで、グランドハイエース4駆の7万㎞車をドナーに使う事にしました。

足回りからエンジンミッションまで全て移植。

大作業では在りますが、エンジンやハーネスは手を付けないので、作業を始めれば比較的短期間で仕上がりそうです。


下の画像は、昭和38年式 RT20コロナ。

超が付くマニアックな車両ですが、レトロ感たっぷりな、マイナーな雰囲気がいいそうです。

このRT20を快適なAT・エアコン使用に仕上げて欲しいとの作業依頼です。

パワーは求めていないと言う事なので、ドナーには、7Kエンジン搭載のライトエースをチョイス。

1800㏄在れば、軽量ボディーなので十分だと思います。

2台ともに少し先ですが、作業を始めれば、また紹介します。

RIMG8268.jpg

RIMG8269.jpg RIMG8270.jpg

RIMG8271.jpg RIMG8459.jpg

RIMG8460.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリ L28改製作他(1)

RIMG8317.jpg

RIMG8318.jpg RIMG8319.jpg

RIMG8320.jpg

おはようございます。

ケンメリGTR仕様のスポット作業が和歌山の業者か持ち込まれました。

作業的には、L28改エンジンを搭載、そしてクーラー取り付けと車検受けまでの依頼です。

車両は、ほぼフルレストアで非常に綺麗に仕上がっています。


下の画像は、内燃機屋から戻って来た鍛造ピストンとフルフロー済みコンロッド。

ブロックは洗浄後、日産ブルーで塗装。

シリンダーヘッドは、1mm面研磨後、洗浄。

そして、摺り合わせをして強化スプリングを組み付けました。

数日内には、車体に搭載とエンジン始動確認まで終わらせたいと思います。

また作業が進めばアップします。

RIMG8382.jpg

RIMG8381.jpg RIMG8361.jpg

RIMG8360.jpg RIMG8372.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R FRPパーツ加工(1)

1_2015072519373020b.jpg

2_20150725193731086.jpg 3_20150725193732202.jpg

4_201507251937341b4.jpg 5_201507251937353ff.jpg

おはようございます。

プリンスS54Rは、オーバーフェンダーの加工とFRPパーツ修正の外注作業に出していますが少し様子を見て来ました。

まずは、ボンネットの補強が出来上がった所でした。

ボンネットは、歪防止の為に54B専用の木製治具が造られ、裏板の補強を部分固定から、完全固定に変えられていました。

これは、町乗り程度なら部分的(黒い接着剤)で固定するだけでも十分です。

しかし、サーキット走行で時速200㎞以上で走った場合は、風圧でボンネットの真ん中辺りが持ち上がります。

これを防ぐ為に完全固定します。

しかも、フェンダーも含めて、歪とチリ合わせに出しているので歪防止の為、専用治具で固定する必要が在った様です。

仕上がりは、非常に期待出来ますね。

また、作業が進めばアップします。


下の画像は、RB26ヘッド用ワンオフインマニ。

以前少し紹介しましたが、削り出しのテーパーパイプをフランジに嵌め込み、アルゴン溶接。

そして、面研磨をした物です。

次は、シリンダーヘッド。

インジェクターが入る部分をアルゴン溶接して面研磨。

綺麗な横8の字になる様に研磨します。

次は、このヘッドに、ワンオフインマニを仮止めして、ポートと段付きが無くなる様に研磨準備をします。

次回の更新までには、ポートの仕上げとエンジン組み付け準備まで進めたらと思います。

6_2015072519375418d.jpg 7_2015072519375573d.jpg

9_2015072519375873c.jpg 10_201507251938006ae.jpg

RIMG8432.jpg 11_201507251938103ea.jpg  

12_20150725193811257.jpg 13_20150725193813e11.jpg

14_2015072519381415d.jpg 15_20150725193816b4b.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 44仕様、仕上げ

RIMG8266.jpg

RIMG8265.jpg RIMG8267.jpg

RIMG8373.jpg RIMG8377.jpg

RIMG8378.jpg

おはようございます。

44仕様ハコスカ全塗装後の仕上げ作業が完了。

作業的には、点火系をカメアリ・フルトラに交換。

そして、水温が気になると言う事で、シュラウドを取り付けましたが、それでもヒート気味になるので、ラジエターを3層に加工。

ついでに、ローテンプサーモを組み込み水温対策完了。

炎天下で数十分始動していても全く問題無し。

これで、ヒートの心配は無くなりました。


下の画像は、暫く放置していた45仕様のハコスカ。

一度、作業が止まると、つい再開出来ずにいましたが、上記ハコスカの作業が終了して天気の良い内に再開します。

まずは、塗装直後から気になっていた、ドアアウターハンドルをリプロ品の新品に交換。

塗装したてで、ここが汚いと浮いてしまいますからね。

同時進行で、L26改エンジンを搭載。

何故、L26かと言うと、この車両はL26の公認がされていたので、ベースにL26をチョイス。

中身は、オーバーサイズの鍛造フラットピストンとハイカムが入っているので、3L並のパワーが出ると思います。

そして、新品のステンレスタコ足を付けた所で、昨日の作業は終了。

エンジン始動確認まで、もう一息です。

エンジン始動まで終われば、前期仕様の内装に掛かります。

また、作業が進めばアップします。

1_201507242016007bc.jpg

4_20150724201605249.jpg 2_20150724201602166.jpg 

3_20150724201603474.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L20改 ハコスカ4ドアセダン用製作(1)

RIMG8366.jpg

おはようございます。

一連のL20改とL28改に関しては、L20改の注文受付を打ち切りました。

L20改用のクランク等パーツの在庫が無くなり、また、少しづつ集めて何基分か揃えば再開します。

L28に関しては、まだ5基ほど在りますので、L28改の注文は受付継続中です。


本日紹介するのは、L20改最後の2基で、奈良と京都からの注文分です。

2基共に組み付けを始めていますが、比較的近い地域からの注文なので、エンジンが組み上がれば車両を持ち込まれます。

まずは、奈良ハコスカ用は、組み付け完了。

カムカバーとオイルパンは実車から外して取り付けますが、お天気と相談しながら車両を預かる算段をします。

作業的には、曲り修正済みのクランクをブロックに組み付け。

そして、ピストンを挿入すれば腰下の作業は完了。

次に、シリンダーヘッドは、バルブ摺り合わせ後、L28用バルブスプリングを組み付けます。

今回ハイカム仕様では在りませんが、L20より線径の太いL28用バルブスプリングを使う事により強化スプリングになります。

多少ですがレスポンスが良くなります。

ヘッドが組み上がれば、ブロックに搭載。

バルブタイミングの確認をしてタペット調整。

最後にフロントカバーを組み付ければ、L20改エンジンコンプリートの完成です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG8210.jpg RIMG8211.jpg

RIMG8193.jpg RIMG8207.jpg

RIMG8359.jpg RIMG8362.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


KP30 パブリカ TS仕様販売(1)

RIMG8350.jpg

RIMG8351.jpg RIMG8352.jpg

RIMG8353.jpg

おはようございます。

KP30パブリカのTS仕様が入荷しました。

しかし、ボディーサイズにフェンダーが合っていなくて車高も高い様です。

これから少し手直しをして販売します。


下の画像のエンジンは、4K改・直立仕様。

フラットピストン1450㏄に、ハイカム、強化スプリングの5速仕様。

ソレックス44を装備した中々の仕様です。

最後は、大きなオーバーフェンダーを外して、取り敢えずTE27純正のフェンダーを合わせて見ました。

これでは、少し小さ過ぎですが、こんな感じのイメージで仕上げたいと思います。

後は、扁平の低いタイヤに入れ替え、車高を少し下げます。

そうすれば、コンパクトチューニングカーらしく格好良くなると思います。

興味の在る方は連絡下さい。

RIMG8358.jpg

RIMG8357.jpg RIMG8354.jpg

RIMG8356.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


前期510セダン L20BエンジンO/H(2)

RIMG8346.jpg

RIMG8203.jpg RIMG8230.jpg

RIMG8232.jpg RIMG8237.jpg

おはようございます。

前期510セダン用L20BエンジンのO/Hが終わりコンプリートの完成です。

作業的には、前回の更新で腰下の組み付けまで終わっていたので、シリンダーヘッド搭載準備をします。

まず、ヘッドにカムホルダーを組み付けカムを回します。

通常は人差し指と親指の2本で回りますが、指だけでは回らず掌を使えばギリギリ回ります。

掌を使ってでも軽く回れば、問題無いレベルとも言えますが、やはり少し重いです。

カムの回り具合の重さの説明は難しいですが、やはり気になるのでシリンダーヘッド、上下最少歪取り面研磨をします。

内燃機屋に持ち込み数時間で面研磨を終えた、ヘッドにバルブスプリングを組み付けヘッド作業は完了。


下の画像は、ブロックにシリンダーヘッドを搭載。

そして、カムホルダーにカムを入れ回り点検。

ヘッド単体にカムを入れた時には、軽く回ってもブロックに載せると回らない場合も在ります。

今回は、上下面研磨を施したので、当然2本の指で軽く回ります。

カムの点検が終われば、カムチェーン、フロントカバー、オイルパンと順に組み付けコンプリートの完成。

数日内には、車体に積み込みます。

また、作業が進めばアップします。


RIMG8256.jpg RIMG8257.jpg

RIMG8322.jpg RIMG8342.jpg

RIMG8347.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


620ダットラと310サニーバン車検準備

RIMG8323.jpg

RIMG8208.jpg RIMG8321.jpg

RIMG8324.jpg

おはようございます。

620ダットラ・キングキャブは、エンジンの積み込みまで完了。

作業的には、エンジンルームの補器類の組み付け。

そして、キャブのO/Hをして、車体に搭載。

これから、細かな仕上げとクーラーの取り付けを行えば輸入新規車検です。


下の画像は、先日販売済みになった310バン。

神奈川県の方に予備検査付きで販売。

検査受けの準備をしています。

排気漏れを起こしていたマフラーは補修。

フロントブレーキホースは、ひび割れが酷いので交換。

最後に、ライトスイッチの接点不良を直して、車検準備完了。

2~3日内には、納車出来そうです。

RIMG8183.jpg

RIMG8263.jpg RIMG8264.jpg

RIMG8309.jpg RIMG8194.jpg

RIMG8311.jpg RIMG8312.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


フォード マスタング302 レーシングカー販売

RIMG8297.jpg

RIMG8292.jpg RIMG8295.jpg

RIMG8285.jpg



おはようございます。

以前、「レース用 302 V8エンジン点検整備」のカテゴリーで紹介した、302エンジンを搭載した、マスタングを販売するそうです。

真っ白に塗られた、1966年バンパーレスのレーシング・マスタングは、FRP製ボンネットとトランクを装着して軽量化。

フロントガラス以外は、アクリルで、ドアには撓み防止アルミ冊子を組んで在ります。

そして、何と言ってもラック&ピニオン式のパワステが乗り易くしています。

この車両は、レース用と言ってもエンジン製作後、岡山県の中山サーキットで「ダッツ」主催のレースに2回ほど走っただけです。

車検も今年の11月まで残っています。

大きな修復歴は在りませんので、非常に程度の良い車両です。


下の画像のエンジン詳細は、「レース用 302 V8エンジン点検整備」・「 」をクリックすれば見て頂けます。

簡単に書くと、302エンジンにエーデルブロック製アルミパフォーマンスヘッドに、ハイカムと強化スプリング。

キャブは、ホーリー650ダブルポンパー、JBA製へダースとマフラーを装備。

足回り駆動系は、コニダンパーに、5速ミッションと9インチデトロイトロッカーLSD。

アルミラジエターやCDI等、手の入っていない所は皆無です。

乗っているとマッスルカー特有のパワフル感と、心地良いV8サウンドが思わず微笑んでしまうくらい楽しい車です。

レーサー気分を味わえる事は間違い在りませんね。

興味の在る方は問い合わせて下さい。

RIMG8274.jpg

RIMG8275.jpg RIMG8277.jpg

RIMG8278.jpg RIMG8282.jpg 

RIMG8281.jpg RIMG8280.jpg

RIMG8284.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


フィアット500 アバルト仕様セミレス(2)

RIMG8252.jpg

RIMG8217.jpg RIMG8221.jpg

RIMG8228.jpg RIMG8229.jpg

RIMG8219.jpg



おはようございます。

フィアット500、チンクチェント・アバルト仕様のレストア作業が完了しました。

錆と腐りを切り継ぎ修正後、全塗装。

そして、キャンパストップのルーフレザーを新品に交換。

アルミホイルとアバルト4連メーターがお洒落です。

今回、エンジンは分解していませんので、購入時の650㏄だと言う情報だけですが、アバルトアルミオイルパンやマフラー、エンジンのレスポンスから判断して、ノーマルの500㏄ではなさそうです。


下の画像は、ここまでの作業工程

ボディーの塗装後、破れたシートを外して、レザー部分が綺麗な、エンジンスワップ用に置いて在るフィアット500からシートを拝借。

内部のスポンジを交換して車体に取り付けます。

最後に、エンジン本体は手を付けませんが、錆の酷いカバー類は黒に塗装して、組み付け。

これで、エンジンルームも綺麗になりました。

現在、このフィアット500 アバルト仕様には問い合わせが在りません。

これから、車検を受けて注文が入るまで、ショップのデモカーと言うかコンビニ買い物車にします。

ショップの若い者は余り興味が無いのかと思っていたら、その話をしたら意外と食い付きが良かったですね。

大パワーの在る旧車は見慣れていますが、小排気量の2気筒エンジンは珍しい様です。

ミッションさえ乗れれば、老若男女、誰でも楽しめる車です。

奈良まで足を運んで頂ければ、何時でも試乗も出来ますので、興味の在る方は問い合わせて下さい。

RIMG7880.jpg

RIMG7881.jpg RIMG8161.jpg

RIMG8188.jpg RIMG8195.jpg

RIMG8216.jpg RIMG8220.jpg

RIMG8242.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 44仕様、全塗装 他

RIMG8190.jpg

RIMG8191.jpg RIMG8225.jpg

RIMG8148.jpg RIMG8139.jpg 

RIMG8213.jpg RIMG8231.jpg

おはようございなす。

44仕様のハコスカの全塗装が終わり、前後ガラスまで入りました。

これで、部分的に色違いだったボディーは、スッキリ。

これから、ヒーターコア回りのホース類を交換。

そして、フルトラキットを組み付ければ作業終了です。

天気が良くなれば、納車です。


下の画像は、昨日までの台風の影響を心配して、塗装工場に詰め込んだ車両達。

在り難い事に奈良市内は、台風の影響がほとんど無かったので取り越し苦労に終わり幸いです。

ところで、最近はハコスカの作業が非常に多いです。

3台並んだハコスカは、左からレストア中の44年ハコスカGTR、右端が昨日紹介した45年ハコスカGTR。

そして、真ん中は最近預かったハコスカHT。

私共で、L3.1LのO/H済みエンジンを購入して頂き、エンジンを送ったのですが、「積み込んだ所、水が回っている様だ」と連絡が在り、エンジンの点検の為入庫。

ついでに、リア周りの仕上げの悪い部分の修理とL28公認検査を受ける事になりました。

確かに、部分的にFRPとアルミ板リベットで直して在りました。

他が綺麗なだけに気になる所ですね。

これから、リア周りの再生板金補修が終われば、エンジンの点検を行います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG8206.jpg

RIMG8197.jpg RIMG8222.jpg

RIMG8223.jpg RIMG8224.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカS20 エンジンO/H(1)

RIMG8140.jpg

RIMG8143.jpg RIMG8169.jpg

RIMG8196.jpg RIMG8172.jpg

RIMG8192.jpg

おはようございます。

半年ほど前に小整備をした、ハコスカGTRが今度は完全オーバーホールを行う為入庫しました。

車両は少し前に預かっていましたが他の仕事に追われて暫く放置になっていました。

作業は先日の雨の後のカンカン照りの日に行ったので、熱中症対策の為、テントを立ててエンジンを降ろしました。

エンジンを降ろした後、ハコスカのボディーは塗装場に回してエンジンルームを塗装。

これから、組み付け作業を行います。


下の画像は、降ろしたS20エンジンを分解。

取り敢えず、全バラにして洗浄から始めます。

現オーナーは、まめにオイル交換はしておられますが、45年間生き抜いて来たエンジン内部は、やはりスラッジで茶色く変色しています。

オイルストレーナーにも、ゴミが溜まっていますね。

これらのパーツを更に分解して専用洗剤とスチームで洗浄します。

シリンダーヘッドも洗浄して分解しますが、比較的綺麗な状態です。

決して調子が悪いS20エンジンでは在りませんでしたが燃焼室には、オイル食いの症状跡が見られるので、オーバーホールは正解だと思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG8173.jpg RIMG8198.jpg 

RIMG8200.jpg RIMG8202.jpg

RIMG8199.jpg RIMG8201.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


前期510セダン L20BエンジンO/H(1)

RIMG8178.jpg

IMGP6477.jpg IMGP6480.jpg

IMGP6479.jpg

おはようございます。

少し間が開きましたが、前期510セダンの作業です。

ボディーは、全塗装が終わり、前後ガラス入れ替えと天井張替えを同時に行いました。

パンチングレザーは、雰囲気が抜群にいいですね。


下の画像は、組み上がったL20B腰下。

ピストンは、ノーマルですが洗浄してピストンリングは、新品に交換して組み付けて在ります。

次は、このL20Bに搭載するL18ヘッド。

L18とL20Bは、バルブのサイズは同じですが、燃焼室容積が違います。

当然、L18の方が容積が小さく、圧縮比が上がります。

面研磨をするより、ハート形燃焼室を生かして圧縮比が上がる様にします。

錆や腐食が酷い様に見えますが、磨けば全く問題無し。

作業的には、ワイヤーブラシで燃焼室やバルブを磨いて摺り合わせ。

次に、取り付けるソレックスのインマニのポートは少し大きく研磨されています。

そこで、インマニに合わせて、ポートの拡大と磨きを行いました。

最後に、全体を磨いてオイルストーンでヘッド面を磨けばバルブの組み付け開始です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG8180.jpg

RIMG8163.jpg RIMG8102.jpg

RIMG8106.jpg RIMG8113.jpg

RIMG8149.jpg RIMG8150.jpg

RIMG8176.jpg RIMG8177.jpg

RIMG8179.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ダットラ620 キングキャブ L20B O/H(1)

RIMG8175.jpg

RIMG8030.jpg RIMG8056.jpg

RIMG8082.jpg RIMG8072.jpg

RIMG8089.jpg

おはようございます。

ダットラ620キングキャブはエンジンルームの塗装が終わったので、L20BエンジンO/Hです。

まずは、オイルでコテコテだったブロックを強力洗浄液を使い、スチーム洗浄。

ブロックの中の錆も出来るだけ落とします。

フロントカバー、ピストンも洗浄します。

ピストンリングは、新品に交換(L18と共通)

そして、ニッサンブルーに塗装したブロックにピストンを挿入。

これで、腰下の組み上がりです。


下の画像は、シリンダーヘッド。

少し横着ですが、規制キャブは配管を外すのが面倒なので、キャブだけ外して、インマニ・エキマニは付けたまま洗浄。

バルブ研磨を施し、バルブ擦り合わせ。

そして、バルブを組み付ければ、ブロックにヘッドを搭載。

カムチェーンは綺麗に張れました。

バルブタイミングを少し早目の3番で取り、フロントカバーまで装着。

後は、タペット調整とオイルパンを組み付ければ、O/H済みL20Bエンジンコンプリートの完成です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG8055.jpg RIMG8060.jpg

RIMG8066.jpg RIMG8093.jpg

RIMG8103.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アストンマーチンDB6 塗装

RIMG8110.jpg

RIMG8108.jpg RIMG8105.jpg

おはようございます。

アストンマーチンDB6は、塗装仕上げが終わり梅雨の合間の晴れの日に工場に持ち帰りました。

元は、所々サフェーサー状態で、しかもピラーの板金が、きちんとされていなかったので、アルミボディーの板金に手間取り時間が掛かりました。

ボディーが仕上がると、流石アストンマーチン、やっぱりいいですよね。


下の画像は板金工程の続きとガラスモールを入れている所です。

このモールが綺麗に納まらないと、すかっとしないので苦労した部分です。

梅雨の間は塗装工場の中でビニールカバーを掛けていましたが、表で見るとモールも綺麗にフィットしています。

内装は、メカニカルなメーター周りと赤のレザーシート。

そして、エンジンルームには、大きなツインカムヘッドが、アストンマーチンの魅力の一つですよね。

まだ、内装の組み付けが全て終わっていませんが、新規輸入の車検手続きに入ります。

また、作業が進めばアップします。

IMGP0219_20150713092136378.jpg IMGP0220_20150713092138abc.jpg

IMGP1280.jpg IMGP2282_20150713092141244.jpg

RIMG8107.jpg

RIMG8104.jpg RIMG8101.jpg

RIMG8100.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ4ドアセダン L20改納車準備

RIMG8122.jpg

RIMG8121.jpg RIMG8087.jpg

RIMG8130.jpg RIMG8092.jpg

おはようございます。

愛媛ハコスカは、L20改エンジンを搭載して始動確認まで完了。

作業的には、タコ足及びウェーバーキャブを組み付けエンジン始動。

画像では分かり難いですが、付属していた透明デスキャップはリークしていたので通常の物と交換。

点火時期を合わせてキャブ調整。

別途頼まれていたクーラーガスを真空引きから初めて作業完了。

明日、納車です。

RIMG8129.jpg RIMG8117.jpg

RIMG8124.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


CB750F3 KZ1000 販売車両

RIMG7979.jpg

RIMG7975.jpg RIMG7977.jpg

RIMG7978.jpg RIMG7980.jpg

おはようございます。

CB750F3とKZ1000は、おおよそ形になったので販売受付を始めます。

興味の在る方は問い合わせて下さい。

CB750F3は、同じカラーリングで輸出用77psの車両が2台在ります。

最初の画像は、フルノーマル。

マフラーは付いていませんが、ノーマルです。

次は、シングルシート集合マフラー付きのカスタム車両。

ガソリンタンクは、シングルシートに合わせて後ろ側のリブを落として溶接。

シングルシートが納まる様に製作して、純正の黒にデカールも貼りました。

モナカサイレンサーの集合マフラーが付いています。

2台共に、何時でも車検に行ける状態です。


下の画像は、KZ1000カスタム。

ベース車両は、KZ1000LTD。

カワサキ純正の中から、前後18インチの2.15 2.50ホイルを探して、モーリス風にゴールドに塗って在ります。

フロントローターはワンオフ。

キャブは、ウェーバー40を仮組みして在りますが、純正29㎜も在ります。

チューニングに興味の在る方は、ハイカムや強化スプリング、72㎜ハイコンプピストン等も在庫しています。

現在の外装はA4カラーの黒に金ラインですが、今回は秘蔵の外装セットも付けたいと思います。

私がバイク現役の25年前に、既に希少だった初期プレスの外装です。

バイク塗装専門のプロが塗装した、赤玉虫と青玉虫の2セット在ります。

マニアにしか通じない話ですが、どちらのカバー類も日本製で非常に希少です。

沢山の問い合わせてお待ちしています。

RIMG7981.jpg

RIMG8127.jpg RIMG8128.jpg

RIMG7738.jpg RIMG7739.jpg

RIMG7736.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


B310サニーセダン セミレス(4)

RIMG8078.jpg

RIMG8079.jpg RIMG8080.jpg

RIMG8076.jpg

おはようございます。

B310サニーの作業が完了しました。

作業的には、バンパーとフェンダーの加工、エンジンルームとボディーの全塗装。


下の画像は、O/H済みA15。

曲がっていたテンションロッドステーを修正して黒に塗装。

キャブ調整とシフトレバーブッシュを交換して作業終了です。

最後にエンジンサウンド動画を撮りましたが、調子もレスポンスも問題なし。

いい感じです。

来週末に納車予定です。

RIMG8070.jpg

RIMG8069.jpg RIMG8081.jpg

RIMG8075.jpg RIMG8083.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ4ドアセダン 2台

RIMG7893.jpg

RIMG8029.jpg RIMG7894.jpg

RIMG8059.jpg

おはようございます。

ハコスカ4ドアセダン 2台の作業です。

上の画像は、年に何度かプチカスタムに入庫するブログの常連さん。

今回は、全塗装です。

最初に全塗装したのは、6年ほど前。

現在も、それほど酷い状態ではないが、プチオーバーフェンダー等、何度か部分塗りをしているので、月日が経つと色違いになって来ます。

それが、ここ最近天井に少し気になる「ひび割れ」が現れたので、全塗装する事になりました。

ガラス、フェンダー、ドアとパネル類は全て取り外して、下地開始です。

また、作業が進めばアップします。


下の画像は、先日、エンジンを搭載した愛媛ハコスカ。

エンジンを搭載した、ブログを見て「エンジンルームの塗装を忘れてませんか?」と、直ぐに連絡が在りました。

はい、すっかり忘れていたので、エンジンを降ろして塗装をしました。

まだ、始動確認前、最小限の二度手間で済みました。

最後に昨日の作業は、エンジン搭載までで終了。

本日こそ、始動確認まで終わらせたいですね。

また、作業が進めばアップします。

RIMG8067.jpg

RIMG8028.jpg RIMG8058.jpg

RIMG8074.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


B310サニーセダン セミレス(3)

RIMG8053.jpg

RIMG7994.jpg RIMG7809.jpg

おはようございます。

セミレス中のB310セダンです。

搭載されていた、A15エンジンは、ピストンが棚落ちしていたので、腰下を変更。

違うブロックで組み直します。

まず、ブロックのヘッドボルト穴をタップ通し。

そして、シリンダー内の錆が無くなるまでスチームで落とします。


下の画像は、エアーブロー後、日産ブルーで塗装。

クランク、カム、ピストンと順に組み付け。

シリンダーヘッドを載せれば、コンプリートの完成です。

次は、塗装したエンジンルームのブレーキマスター等の補器類を元通り組み付け。

最後に、エンジンを搭載して昨日の作業は終了。

本日中には、エンジン始動確認と試乗まで済ませたいと思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7991.jpg RIMG7992.jpg 

RIMG7993.jpg RIMG8031.jpg

RIMG8033.jpg RIMG8052.jpg

RIMG8054.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


310バン 510 2ドアセダン PA10 2ドアセダン 中古車販売

19_20150707094116ff0.jpg

20_20150707094118e54.jpg 23_2015070709460381b.jpg

21_20150707094600de8.jpg 22_20150707094602e02.jpg

14_20150707094042e02.jpg

15_20150707094045aeb.jpg 16_201507070941115cd.jpg

17_20150707094113199.jpg 18_201507070941149af.jpg

おはようございます。

本日は、販売促進ブログです。

上画像のB310サニーバンとS13シルビアはヤフオクに出品中です。

興味の在る方は「ヤフオク」をクリックして下さい。


S56式 310サニーバン は、黒に全塗装が終わり、ワタナベ13インチF6.5J R7.5Jホイルに変更、新品タイヤで組んで在ります。

内装の状態は決して良いとは言えませんが、Nox適合しているので、全国何処でも登録可能です。

フロントは車高調、リアはブロックが入っています。


H3 PS13 シルビア、4スロ ロールケージ シーケンシフター付きです。

エンジンは、2.1Lハイカム仕様と聞いていますが、中身の確認はしていませんので確実では在りません。

少し走った感じは、ノーマルよりは随分と走ると思います。

車検が切れて、1年近く経ちますが、走る止るは特に問題ない様です。

偶に、アイドリングが不安定になるので、燃料フィルターかポンプに不具合が在るかも知れませんが、シーケンシフターは問題なく作動します。

ホイルが、スペアー2本を入れて、6本付き。

外装色褪せ、傷在りますが、バケットに破れは無いようです。


下の画像は、USAから輸入たレストアベースの510 2ドアセダン PA10 2ドアセダン 510ワゴンの3台と注文で仕入れたハコスカ4ドア。

510 2ドアセダンは、見た目は、ぼろいですが、欠品がほとんど無く、腐りは少ないので、レストアベースとしては十分。

ただ、レーシングカー製作途中だった車両なので、ロールケージが組んで在り、改造車好みの方向きです。


PA10 2ドアセダンは日本で販売されなかったモデルなので、非常に珍しいです。

この車両もレストアベースですが、新車時のデカールが残っている位ですので、程度としては良い方だと思います。


次は、黄色の510ワゴン。

ユーザーからの注文でUSAから輸入。

ぱっと見た目は決して良くないですが、雨の少ないカルフォルニアから来ているので、腐りはほとんど無く、錆も少ないです。

少し先になりますが、レストアとスワップを始めれば、またアップします。


最後は、茨木からの注文で探したハコスカ4ドアセダン。

この車両も見た目は決して良くありませんが、比較的、錆・腐りは少なくレストアベースとしてはセーフ。

地元で作業をするらしく、既に配送業者に引き渡し済み。


これらの車両の様に、注文が在れば日本国内は勿論、海外も含めて探します。

探せば必ず見付かると言う訳では在りませんが、出来るだけ希望に添った物を提供出来ればと頑張ります。

興味の在る方は、問い合わせて下さい。

5_201507070940090da.jpg

4_201507070940072eb.jpg 6_20150707094021afb.jpg

9_2015070709402539e.jpg

7_20150707094022c6d.jpg 8_201507070940245b1.jpg

1_20150707094003bc5.jpg

2_201507070940055b8.jpg 3_20150707094006b04.jpg

12_201507070940391fb.jpg 13_201507070940402b1.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アルファロメオ GTAm作業(7)

RIMG7735.jpg

RIMG7742.jpg RIMG7741.jpg

RIMG7743.jpg RIMG7744.jpg

RIMG7745.jpg

おはようございます。

アルファロメオGTAm仕様の作業です。

このGTAm仕様は、まだ一度も走らせた事がなく、リア足のストロークが、30㎜程度しか無い事に気付いていませんでした。

そこで、リア足回りで干渉していたリアスタビとプロペラシャフトの逃げを製作します。

まず、1G(地面に着地)状態でのホイルの位置をマーキングして、リアスタビを外します。

そして、プロペラシャフト干渉部分はフロアートンネルをカット。

ホイルの画像は、1Gと加工前の30㎜ストローク。

そして、加工後の80㎜ストロークのホイル位置の画像です。

最低限、これ位は動かないと危険で走れませんからね。


下の画像は、カットしたフロアートンネルにパネルを継ぎ足し、塗装まで終了。

底面も同じく塗装まで完了。

リアスタビは、加工ついでに調整式にしておきました。

最後は、ワンオフオーダーで製作した、室内からの空気抜き用、エアースクープ。

製作は、アクリルガラスでお世話になっている、東京西多摩の「常進技研」さん。

相変わらず見事な製品です。

これで、アルファロメオGTAmは、ダンパー待ちになりました。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7985.jpg RIMG7998.jpg

RIMG7986.jpg RIMG8001.jpg

RIMG7990.jpg RIMG8006.jpg

RIMG8004.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ L20改搭載 他

RIMG7793.jpg

RIMG7509.jpg RIMG7789.jpg

RIMG7788.jpg RIMG7851.jpg

RIMG7878.jpg

おはようございます。

愛媛から預かっているハコスカ4ドアに、L20改を搭載します。

作業的には、クランク・ピストンを組み付け後、シリンダーヘッドを載せます。

次に、カメアリ75度Aカムのバルブタイミングを計測。

そして、フロントカバーとオイルパンを組み付け車両に搭載。

ステンレスタコ足や新品のウェーバーキャブを取り付けた所で先週の作業は終了。

もう一息で、エンジン始動と言う所ですが先週末は、ほとんど雨で作業が進みませんでした。

本日か明日には、仕上げたいと思います。


下の画像は、同じく先週山形に向け発送した、L20改。

バルタイ調整後、ブルーのカムカバーを取り付け発送。

最後は、USAから注文で仕入れた、620ダットラ・キングキャブ。

L20Bエンジンを降ろして、エンジンルームの塗装まで完了。

これから、エンジンのO/Hを始めます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7926.jpg RIMG7930.jpg

RIMG7626.jpg RIMG7633.jpg

RIMG7882.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


リックマン カワサキ750SS(1)

Rickman-Kawasaki-H1-2_e.jpg

p5_e.jpg 6537350135_029373a2c0_b.jpg

KGrHqZHJEUFHWNZWDJ0BR1liHETVw60_3-550x412.jpg

おはようございます。

プリンス54Rは、FRP屋にフェンダーの修正に出ているので、本日はバイクネタ。

最初の画像は、リックマン・カワサキH1

そして、リックマン・アエルマッキのカウル無し在りの画像。

上最後は、カワサキH1Rです。

いいですよね~

画像を見ているだけで、70年代に憧れて雑誌に噛り付いて頃にタイムスリップしたかの様な錯覚を起こします。

ブログには、EGLI(エグリ)だとか、RICKMAN(リックマン)だとか、興味の無い方には全く訳の分からい名称が出て来ますが、これは、60年代後半から70年代に掛けて、日本のビックバイク・エンジンを使ったフレームビルダーが沢山在り、その一部です。

その中でも、ビモータ、エグリ、リックマンはメジャー級だと思います。

どのフレームメーカーも軽量クロモリパイプを使い、独自のスタイルで、オリジナルの国産車より軽量、高強度の在るフレームが売りでした。

事実、エグリやリックマンはヨーロッパのレースで活躍していました。


前置きが長くなりましたが、下の画像は今回持ち込まれた、カワサキH2(750ss)のドラックレーサー。

通常業務に追われて、当分作業に掛かれないと断りを入れたのですが、何年掛かっても良いので仕上げて欲しいと言う事で預かりました。

現状で購入したらしく、数年は動いていないそうです。

内容的には、レクトロン・フラットバルブキャブが装備され、H2Eには間違いないですが、キックを踏むとノーマルとは比べ物にならない高圧縮で在る事から、かなりのチューニングエンジンだと分かります。

外装は、FRP製のGPZ風のカウルシートが付いて凝った造りです。

これを、どうするかと言うと、最後の画像のフレームキットに搭載して欲しいとの事。

このフレームは、上記で紹介した、リックマン・アエルマッキ用、レイノルズ531クロモリ軽量パイプで製作されたキットです。

アンダーフレーム部分を加工すれば、最初の画像の様な、リックマン・カワサキH2になります。

仕上がれば、見た目だけではなく、エンジン・フレーム両方の性能面でも非常に面白そうなカワサキ・トリプルになりそうです。

当分は何もしないつもりでしたが、エンジンサウンドを聞いて見たい衝動には勝てず、混合ガソリンを造り、エンジン始動確認だけ済ませました。

恐ろしいほど力強いサウンドで、ワクワクしますね。

何時になるかは分かりませんが、作業を始めれば、また紹介します。

IMGP7008_20150704142339aed.jpg

IMGP7009_20150704142340d2a.jpg CIMG0632.jpg 

CIMG0624.jpg CIMG0626.jpg

IMGP7010_20150704142402e0c.jpg



CIMG0618.jpg

CIMG0622.jpg CIMG0621.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ 2ドア白 3L製作(11)

RIMG7848.jpg

RIMG7886.jpg RIMG7883.jpg

RIMG7911.jpg RIMG7888.jpg 

おはようございます。

昨年の夏、L28改3.0Lを載せ、公認車検を受けた、ハコスカHTが少整備で入庫しました。

まず、前後ブレーキの点検。

次に、電動パワステが偶に作動しないと言う事なので、モーターとCPUを交換。


下の画像は、持ち込まれた新品ドア内貼りに交換。

そのまま、ボルトオンではなく、結構手間が掛かりました。

最後に、アルミラジエターとシュラウドの取り付け。

ラジエターとシュラウドの隙間は、スポンジで埋め新品ホースに交換して作業終了です。

エンジンは、現在調子が良いので手を付ける必要は無いですね。

この1年近くは、問題無く走行出来た様です。

次に、戻って来るのは来年の車検ですね。

RIMG7909.jpg RIMG7910.jpg 

RIMG7927.jpg RIMG7884.jpg 

RIMG7928.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


TE51カローラレビンとB310サニーバン販売

RIMG7908.jpg

RIMG7899.jpg RIMG7900.jpg

RIMG79081.jpg

RIMG7879.jpg RIMG7905.jpg

RIMG7907.jpg



おはようございます。

TE51カローラレビンは、キャブ仕様に変更して群馬の「オートサークル」に嫁いで行きました。

作業的には、ソレックスワイヤー式のステーを製作。

カムカバーを縮み塗装で塗り直しエンジンルームを少し清掃しただけで、結構綺麗になりました。

そして、フロントキャリパーのO/H。

内装は、ダッシュのひび割れが在りますが、オリジナルシートは多少の汚れが在るだけで、破れは無し。

興味の在る方は、オートサークルに問い合わせてください。


下の画像は、310サニーバン。

内外装共に、決して程度の良い状態では在りませんでしたが、サイドステップの切り継ぎ修理を施し、全塗装。

ホイルをメッシュから、ワタナベ13インチ、6.5J 7.5Jに変更。

ドアの内貼りは、大きなスピーカー穴が開いていたので、ボードで埋めてレザーを貼りました。

フロントのバケットは運転席がダッツンレプリカ、助手席は破れが在ります。

リアシートは比較的きれいです。

この310バンの長所は、Nox適合しており、全国何処でも登録可能です。

興味の在る方は問い合わせてください。

RIMG7921.jpg

RIMG7916.jpg RIMG7915.jpg

RIMG7914.jpg RIMG7912.jpg

RIMG7924.jpg RIMG7922.jpg

RIMG7919.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L28改とL20改 製作中(2)

RIMG7719.jpg

RIMG7653.jpg RIMG7691.jpg

RIMG7693.jpg RIMG7700.jpg

RIMG7709.jpg RIMG7713.jpg

おはようございます。

2週間ほど間が空きましたが、大分L28改と山形L20改の続きです。

まず、大分L28改はピストンとコンロッドをドッキングさせた所まででしたので、ピストンリングを組んでブロックに挿入。

ピストントップを出し、ヘッドを搭載。

バルタイ及びタペット調整後、フロントカバーを取り付けコンプリートの完成です。


下の画像は、山形L20改。

内燃機屋が混んでいて、中々ブロックが戻って来ませんでしたが、やっとで組み付け開始です。

最初の画像は、バルブと強化スプリングの組み付けが終わり、73度Aカムの回り点検をしている所です。

これが、スルスル回らないとヘッドの上面研磨が必要です。

作業的には、バルブの擦り合わせ後、洗浄してバルブの組み付けでシリンダーヘッドは完了。

内燃機屋から戻ったブロックは洗浄して日産ブルーで塗装。

クランクをブロックに組み付け、ピストンリングを入れた所で昨日の作業は終了。

本日中には組み上げる予定。

L28改とL20改の2基共に、本日発送したいと思っています。

RIMG7896.jpg

RIMG7890.jpg RIMG7897.jpg

RIMG7891.jpg RIMG7895.jpg

RIMG7898.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


NEXT≫
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (8)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE27レビン トレノ カスタム.. (42)
TE25カローラ カスタム....... (16)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (38)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (12)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (32)
PB110サニー エクセレント.... (15)
B110サニー セミレス作業..... (13)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (32)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (32)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
S130Z 2JZターボエンジン... (9)
S130Z 後期仕様 製作....... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (34)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (39)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (12)
スカイライン・ジャパン作業.... (11)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (31)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (28)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (8)
ハコスカ関連 2017スポット... (44)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (28)
C130 ローレル セミレス....... (14)
ブルーバード510セダン・バン. (35)
ブルーバード510・2ドア/左... (39)
ブルーバード510・2ドア/右... (17)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (16)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (39)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (22)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (7)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (48)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (19)
2017 国産旧車・スポット修理 (23)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (17)
各種エンジン スワップ作業.... (16)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (23)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (21)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (4)
ホンダCB750/CB72 カスタム (15)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (91)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK
認証番号 近運整認1611号

630-8451奈良市北之庄町718-3
TEL/FAX 0742-62-7787
AM10:00~PM8:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策