ケンメリL28改 搭載(4)

RIMG7846.jpg

RIMG7799.jpg RIMG7844.jpg

RIMG7837.jpg RIMG7842.jpg

おはようございます。

ケンメリHTのL28改エンジン搭載と電動パワステ取り付け作業が完了しました。

まずは、電動パワステ。

短縮したコラムシャフトは、インローでパイプに圧入後、溶接。

圧入溶接だけでも強度的には問題無いと思いますが、ステアリングだけに、より強度が増す様に、ロックピンを差し込み、ピンも溶接します。

次に、クーラーは真空引きから行い、ガスを注入。

コンプレッサーは最近の軽四輪の物なので、抵抗が少なく電源を入れても、アイドリングが100回転ほどしか下がりません。

効き具合は、小さくとも当時のクーラーよりは効きますからね。

エンジンサウンドとパワステの動きの動画を取りました。

エンジンのメカノイズが少し煩いので、もう一度タペットクリアランスの調整します。

パワステは、この極太タイヤを軽く末ギリまで行えるのは、我々年配の旧車乗りには在り難い事ですね。

このケンメリは、今週末に納車しますが比較的ご近所からの作業依頼なので、また機会が在れば紹介します。



RIMG7843.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


スポンサーサイト

TE27レーシングカー販売

IMGP5354_201405151401164b1.jpg

IMGP0105_20140323115155740.jpg

おはようございます。

1年以上、テントの中で放置されている、TE27レーシングカーを販売したいと思います。

このTE27は、オーナーが居ますが私共に完全お任せで、私の思う様に製作させて貰って来ました。

しかし、私も自由に楽しむ代わりに部品代以外の手間賃は頂いていません。

ただ、現在の仕事の状況を考えると、他の仕事を止めてTE27を仕上げる事は難しく、このままでは数年は放置したままになりそうです。

何年も掛けて精魂込めて製作した車輌なので出来れば手放したくはないですが、3年前とは少し状況が変わりました。

まず、3年前に比べると仕事が非常に増え、趣味的作業の時間が取れない事。

そして、151Eを購入したいと言う方が現れた事。

また、趣味的作業に関しては、プリンスS54R製作プロジェクトだけで手一杯なので、オーナーと相談の上、販売を決めました。

販売形態は、現状もしくは、2TG改2Lフルチューン搭載等、詳細は問い合わせて下さい。

出来れば最後まで仕上たいので、作業継続依頼を頂けたら在り難いですね。

基本的に、151Eエンジン以外はトスコ8J9Jも含めて全て付属します。

内装のレカロSPGと助手席の当時物バケットもお付けします。

勿論、抹消謄本が在りますので、検査受けも可能です。

TE27 レース仕様 外装編

TE27 レース仕様 シャーシ編

TE27 レース仕様 エンジン編

3年前からの作業工程は、この三つのカテゴリーに集約されています。

興味の在る方は、良く確認して検討して下さい。

問い合わせを、お待ちしています。

IMGP0115.jpg

IMGP0096_20140323115141be7.jpg

IMGP5357.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R タコ足製作(5)

10_20150627114312cc5.jpg

4_201506271142482c9.jpg 5_20150627114249de9.jpg 

6_201506271142517fd.jpg 7_20150627114307635.jpg 

8_20150627114309c3e.jpg 9_20150627114310d8f.jpg 

11_20150627114313090.jpg 12_201506271146516cd.jpg

おはようございます。

プリンスS54Rのタコ足仕上げとコンプリート画像です。

まず、タコ足のエキマニ本溶接をして行きます。

今回は外注に出さずに、自家製ティグ溶接。

6本のエキマニ溶接が終われば、集合部分をエンジンに固定します。

集合出口の取り付けが少しでもブレるとサイレンサー後端では、大きくズレるので面倒でもミッションを仮組みしてメンバーのセンターに合わせます。

次に、集合部分にエキマニを奥から順に差込みます。

そして、エキマニとフランジを固定します。

プロのマフラー屋の様には綺麗に溶接出来上ませんでしたが、それも味です。

最終的に、もう一度取り外して、全体的に溶接のチェックをして仕上がりです。


下の画像は、塗装が終わったフロントカバーとカムカバー。

プリンスR380のカムカバーの色を真似て黒の縮み塗装後、グレーに塗りました。

オイルパンは、ネットで見付けたZ31用アルミ製。

メーカーは分りませんが仕上げはいいですね。

最後は、フロントカバー、タコ足、インマニ、ウェーバー50まで仮組みして撮影。

おおよそ、イメージ通りに仕上がったと思います。

これから、合間を見て、エンジンの本組みを始めます。

また、作業が進めばアップします。

13_20150627114337835.jpg

14_20150627114339b28.jpg 15_20150627114340dc1.jpg

16_20150627114342016.jpg 19_20150627114359d84.jpg

17_2015062711435677c.jpg 18_20150627114358471.jpg

20_201506271144015cb.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


CB750 XL500 CL350 ポッケ整備

1_2015062614522547e.jpg

2_20150626145227335.jpg 3

4 5

6 7

8 9

おはようございます。

昨日は、天気が悪く作業が進みませんでしたので、久し振りに画像を撮り貯めて在るバイクネタです。

最初の画像のCB750は、輸出モデルのF3、ブラックエンジン77ps仕様。

車検受けが終わったので気になる所の手直しをします。

まずは、タンクとシートの繋がりがデザイン的に悪いので、別のタンクを使い加工。

このタンクを同じ色で、塗装します。

そして、もう一台の紫色のCB750も同じく77psのF3。

こちらは、これから車検を受けますが、汚れが酷いので、キャブを外して全体のスチーム洗浄。

次に、エンジンは艶消しの耐熱塗料を下地に塗り、半艶の耐熱塗料を厚塗りします。

エンジンを降ろさず作業していますが、純正の塗料が剝げている状態に比べれば随分と綺麗になりました。

これから補記類を取り付けて行きます。


下の画像は、既に販売済みになったCL350、XL500、ヤマハポッケです。

CLは軽く清掃して現状販売しましたが、XL500はキャブのO/Hをして作動確認後販売。

ヤマハ、ポッケは私共の社員が通勤用に欲しいと言う事でクラッチの交換他、整備をしました。

バイクの作業は車に比べれば、場所を取らないので雨の日の作業としては最適です。

梅雨の間は、バイク作業が増えそうです。

また、機会が在れば紹介します。

12

10 11

13 14




このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


B310サニーセダン セミレス(2)

RIMG7775.jpg

RIMG7376.jpg RIMG7378.jpg

RIMG7604.jpg

おはようございます。

B310セダンのレストア作業の続きです。

まず、エンジンを降ろして、エンジンルームの塗装が完了。

私は毎度の事で見慣れた光景ですが、エンジンルームが綺麗になると非常に、すっきりします。


下の画像は、降ろしたA15エンジンを分解清掃します。

まず、ブロックは洗浄後、ニッサンブルーで塗装。

ピストンは、リングを抜いて洗浄の予定でしたが、4番ピストンが完全に棚落ち状態。

A15のピストンは当然、メーカー製廃。

このままでは、作業が進まないので在庫のA15エンジン腰下に変更します。

最後の画像は、2基目のA15を分解した所ですが、これから洗浄して塗装をします。

1基目の腰下は何か注文が在った時に、中古ピストンを探すか、ボアアップするなり考えます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7407.jpg RIMG7421.jpg

RIMG7778.jpg RIMG7772_201506251609570e2.jpg

RIMG7773.jpg RIMG7774.jpg

RIMG7787.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ブルーバード510クーペ レストア(1)

IMGP6314.jpg

IMGP6316_20150624195532db0.jpg IMGP6317.jpg

IMGP6318_20150624195534157.jpg IMGP6319.jpg

IMGP7031.jpg

おはようございます。

販売用のブルーバード510クーペの全塗装が終了しました。

この510クーペは、レストア途中だった物を購入したので、最初の画像の様に全て分解された状態で入庫しました。

ただ、ベース車輌としては、非常に程度が良く、フロアーは勿論、サイドステップ周りの腐りも皆無でした。

タイヤハウス内の錆びの少なさが程度の良さを物語っていると思います。

唯一、腐りが在ったのは、第一メンバー(コアサポート)下部。

この部分だけ切り継ぎで直しました。


下の画像は、エンジンルームから塗装を始めて、タイヤハウス内まで塗装。

そして、全塗装が完了し、前後ガラスウェザーゴムを新品に交換してガラスが入った所です。

カラーは、ケンメリ等のレーシングホワイトです。

今回、塗装までは早かったのですが、エンジンとボディー周りの組付けには少し時間が掛かります。

私共は、そんなに規模の大きなショップでは在りませんが、一応、エンジン・ボディー加工組み付け・塗装の3部門に分かれています。

塗装部門には、少し余裕が在りますが、エンジン部門もボディー加工部門も作業が押している状態です。

この510クーペは、ベースの程度が良かったので仕上がりも期待出来ると思います。

しかし、仕上がるまでには少し期間が掛かりそうですので、時間を頂ける方の問い合わせをお待ちしています。

合間には、作業を進めますので、また進捗が在ればアップします。

RIMG0018.jpg RIMG0017.jpg 

RIMG0020.jpg RIMG7519.jpg

RIMG7521.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリL28改 搭載(3)

RIMG7790.jpg

RIMG7620.jpg RIMG7630.jpg

RIMG7631.jpg

おはようございます。

ケンメリL28改搭載作業の続きです。

まず、持ち込まれた燃圧レギュレーターやデリバリーパイプの取り付け。

同じく、持ち込まれたラジエターホースを取り付けました。

これで、エンジンルームの作業は、ほとんど完了。


下の画像は、追加作業の電動パワステ製作。

ワゴンR用のモーターとスピードセンサーパルス変換装置を準備。

そして、コラムシャフト短縮用のカラーとシャフトカバー固定のカラーを製作して、ケンメリに合う長さに製作します。

室内は、クーラーユニットの取り付けも完了。

最後に、ケンメリ用に製作した電動パワステコラムシャフトを車体に合わせます。

問題なく取り付け出来たので、もう一度取り外して、短縮シャフト固定ピンを打ちます。

詳細は次回に紹介します。

RIMG7784.jpg RIMG7780.jpg

RIMG7786.jpg RIMG7785.jpg

RIMG7792.jpg RIMG7791.jpg

RIMG7794.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


フィアット500セミレス(1)+アルファロメオザガート

RIMG7358.jpg

IMGP6302.jpg IMGP6303_20150622123702c44.jpg

RIMG7360.jpg RIMG7361.jpg

RIMG7695.jpg RIMG7723.jpg

RIMG7772.jpg RIMG7771.jpg 

おはようございます。

本日紹介するのは、イタ車2台。

フィアット500は、板金まで終了して塗装準備に入ります。

入庫した頃は、エンジンも始動しませんでしたが、ガソリンタンクとキャブの清掃。

そして、プラグ交換で始動しました。

現在、エンジンは快調です。

作業的には、錆で朽ちていたサイドステップを鉄板で切り継ぎ製作。

他にも所々の穴埋めをして板金パテまで完了。

今週中に全塗装まで完了予定です。


下の画像は、初代のアルファロメオ・ザガート。

スタイル抜群でかっこいいですよね~

この車両は、ノン・オリジナルのガソリンタンクが小さい上、トランク内に在ります。

本来ガソリンタンクは、トランク下に吊り下げられていますが、ザガートのガソリンタンクの入手は、ほぼ不可能だと思われます。

そこで、オリジナル位置のトランク下へ、オリジナル形状でワンオフ製作して欲しいとの作業依頼見積もりに持ち込まれました。

もう一度、入庫するかどうかは分りませんが、あまりの格好良さにオーナーの許可を得て撮影。

どちらのイタ車も次の機会にまた紹介します。

RIMG7450.jpg

RIMG7449.jpg RIMG7451.jpg

RIMG7448.jpg RIMG7447.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


アルファロメオ GTAm作業(6)

RIMG7598.jpg

RIMG7125.jpg RIMG7573.jpg 

RIMG7572.jpg RIMG7571.jpg 

RIMG7494.jpg

おはようございます。

アルファロメオ GTAm仕様の作業です。

当初、ブレーキの点検と、FRPダッシュの加工、ロールバーの追加が作業依頼でした。

まず、ロールケージの追加バーは前回のブログ更新作業で製作済み。

FRPダッシュはタコメーター取り付け位置を奥に作り直し、切りっ放しだった耳を製作。

出来上がった物を見せると、左のラップショットの取り付け面も下げて欲しいと言う事で追加工。

ダッシュが仕上がり、室内追加バーの塗装をした所で作業は終盤を迎える予定でした。


下の画像は、フロントガラスモールの入荷を待っている段階で時間が在るので、ダンパーを見て欲しいと連絡が在りました。

この車両は、某有名ショップが製作途中だったレース用車輌を現オーナーが購入。

私共で、フロントブレーキとフロントアーム類の製作、その後他店にてニューエンジンを積んだ車輌です。

前後のダンパーは私共の作業メニューに入っていませんでしたが何れ必要なのでパーツ待ちの間に仕上て欲しいと言う事でした。

足を馬に上げて点検した所、フロント・ロアアームのレバー比が大きく、現在のサスペンションでは柔らかいと思えました。

同じくダンパーも減衰力が弱いと判断。

フロントに関しては、サスとダンパーを交換して対応します。

しかし、リアダンパーを取り外して、リア・ロアアームレバー比を計測している段階で、1Gからのストロークが30mmほどしかない事が判明。

ストロークは50mm必要で、クリアランスを考えると、1Gから最低でも70mmは何も干渉せずストロークしなければサーキット走行は出来ません。

1Gからの30mmストロークでの問題点は、まず4リンクのアーム上がリアスタビと干渉。

これは、スタビを作り直せば何とかなりそうですが、プロペラシャフト・フランジがフロアートンネルに干渉するのは大問題です。

オーナーと相談の結果、フロアートンネルを作り直す事になりました。

一度も走行せず、製作途中だったレースカーには良く在る事ですが、大仕事になりそうです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7576.jpg

RIMG7704.jpg RIMG7706.jpg

RIMG7710.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R 前後スタビライザー取り付け

1_2015062013311458f.jpg

2_20150620133116188.jpg 3_20150620133118146.jpg

4_20150620133119a96.jpg 5_20150620133120ea7.jpg

6_20150620133133b3c.jpg 7_20150620133134108.jpg

8_201506201331379fe.jpg

おはようございます。

54Rは、FRP屋に加工に出しますが、相手の工場の都合で6月末まで時間が出来ました。

その間にスタビを取り付けます。

まずは、フロントスタビ。

2本並んだスタビは、2by2の20mmとニスモ23mm。

S30ノーマルは18mmなので、少し太い2by2を組み付けるつもりでしたが、今回は倉庫から出て来た23mmを使用します。

スタビライザーは、アンチロールバーとも言われ、カーブ走行時の車体のロールを抑える物です。

サーキット走行をする場合は太い方が車体のロールは抑えられますが、太過ぎると操縦性がアンダー方向になります。

実際は、走りながら太さを選んで行くのがベストです。

少し太い様にも思いましたが、S13シルビアノーマルが24mmなので、23mmでテストして見る事にします。

汎用の23mmスタビマウントを購入。

マウントに合わせてベースを製作して、ボディーに溶接します。

これで、フロントスタビは取り付け完了。


下の画像は、リアスタビ。

これは、S30後期用のオプション21mm・・・(2by2は同じ物が標準装備)

リアセクションを移植したS30に装備されていた物を使用。

マウント位置は、S30ではなく54Bのボディー部分になるのでステーを製作して取り付けます。

プロペラシャフトの取り付けフランジを逃がすと少し低い位置になったのが気になりますが、走行テスト後に考えます。

取り敢えずは、前後スタビの取り付け作業は完了。


最後は、ぼつぼつとRB33エンジンの組み付け準備をします。

まずは、合間に行ったRB33エンジン用フロントカバーの加工。

RB33のフロントカバーはRB26用ですが、ブロックの背が高くなった40mm分は、鉄板で製作して溶接。

元の塗装を落して黒の縮み塗装後、この上にグレーのウレタン塗装をします。

そして、カムカバーには機械式タコメーターギアの取り付け穴を治具を製作して採寸。

その治具を使い機械加工で穴開け後、取り付け面をフライス盤でフラット加工します。

50年前の車体に近年のRB33エンジンを搭載して、電気式タコメーターではなく、敢えて機械式のタコメーターに拘るアンバランスがさ面白いと思っています。

スミス機械式クロノメトリック・タコメーターの動きは、一度使うと病み付きになりますからね。

現在は、タコ足の本溶接を行っているので来週の日曜には、このカバーをグレーに塗装、タコ足・ウェーバーまで仮組みした、フルコンプリート画像をお見せ出来ると思います。

是非、一緒に楽しんで下さい。

9_201506201331376f0.jpg 10_20150620133139157.jpg 

11_2015062013315247d.jpg

RIMG7158.jpg RIMG7171.jpg

RIMG7760.jpg RIMG7762.jpg 

RIMG7763.jpg RIMG7757.jpg

RIMG7758.jpg
 
このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


TE51カローラレビン B310サニーバン 全塗装

RIMG7395.jpg

RIMG7518.jpg RIMG7733.jpg

RIMG7730.jpg RIMG7729.jpg

RIMG7732.jpg

おはようございます。

販売用の在庫車輌、TE51カローラレビン B310サニーバン 2台の全塗装完了です。

上の画像は、稀少なTE51カローラレビン。

稀少ですが、非常にマニアックでも在りますね。

全体的に色がボケていただけなので、外側だけ塗装。

ボディーサイドのDOHCデカールは残して塗りました。

残念ながらガラスウェザーゴムが手に入らないので塗装後、シールボンドで仕上て在ります。

艶が戻るといい感じです。

インジェクションは調子が悪いので、純正ソレックスに変更してキャブ公認を取ります。


下の画像は、310サニーバン。

ステップ周りと天井の傷みが酷い状態でした。

ステップ周りは鉄板切り継ぎをして仕上ました。

天井からドアまで全て塗装は完了。

これから組み付け作業に入ります。

2台共に販売用の中古車です。

興味の在る方は問い合わせて下さい。

IMGP6394.jpg

IMGP6383_2015061915132184c.jpg IMGP6386.jpg 

IMGP6393.jpg RIMG7605.jpg 

RIMG7696.jpg RIMG7721.jpg 

RIMG7697.jpg  RIMG7722.jpg

RIMG7720.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ2ドア 3.1L オーバーホール(4)

RIMG7621.jpg

RIMG7623.jpg RIMG7627.jpg

RIMG7634.jpg RIMG7694.jpg 

おはようございます。

ハコスカHT用の3.1Lハイパワーエンジンが組み上がりました。

オルタネーター等の補記類を組み付け車体に搭載。

タコ足を組み付け、マフラーとジョイントさせます。


下の画像は、ソレックス50の補修。

バタフライとシャフトを交換。

歪が無い様に見えても3枚は0.5mmほど曲がっています。

キャブの手直しが終われば、エンジンに組み付け、油面調整をします。

エンジンを始動させてから、もう一度、油面を確認して作業完了です。

今回のエンジンは、前回より、ピンハイトが短く軽量コンロッドを使っているので、やはりレスポンスがいいですね。

本日試乗点検をして問題が無ければ明日、引渡し予定です。

RIMG7644.jpg RIMG7645.jpg 

RIMG7646.jpg  RIMG7651.jpg 

RIMG7699.jpg RIMG7707.jpg

RIMG7708.jpg



このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ L20改製作(1)

RIMG7119_20150617222908875.jpg

RIMG7120_20150617222910672.jpg RIMG7129_2015061722291139e.jpg 

おはようございます。

愛媛からハコスカにL20改を搭載するため車輌を預かっています。

内装も含め程度が良いので、エンジンだけ仕上れば十分ですね。

まずは、L20エンジンを降ろします。


チューニングを見込んでアルミラジエターやステンレスタコ足が装備されていました。

降ろした、L20は早々にヘッドを捲り、バルブを磨いて摺り合せ。

腰下は既に組みあがっているので今日明日にでもヘッドを搭載します。

来週には、エンジンサウンド動画をアップ出来ると思います。

RIMG7118_20150617222907a95.jpg RIMG7146_201506172229228db.jpg

RIMG7145_20150617222912a01.jpg RIMG7178_20150617222923f48.jpg 

RIMG7624.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


S30 L28改修理

RIMG7615.jpg

RIMG7618.jpg RIMG7617.jpg

RIMG7551.jpg RIMG7557.jpg 

RIMG7559.jpg RIMG7560.jpg 

おはようございます。

和歌山から持ち込まれた左ハンドルS30は、エンジンからの水漏れ修理です。

私共では、今年に入って半年の間に20基近い、L20改とL28改を販売しました。

このS30も、その中の1基で、ブロックとヘッドの間からの水漏れと燃焼室に水が回る様だと連絡が在りました。

メタルガスケットは稀に水漏れしますが、燃焼室にまで入るケースは珍しいので、ブロックのクラックも考えられました。

そこで、ヘッドを降ろして水の入っていた3番シリンダーは、レッドチェックで確認しましたが問題なし。

結論から書くと、シリンダーヘッド歪みによる水漏れでした。

シリンダーヘッドは面研済みの中古で持ち込みだった為、面研磨をしていないのが原因です。

そのまま使えるとは聞いていましたが、歪みチェックをしなかったのは、私共のミス。

出来るだけ素早い対応をします。


下の画像は、内燃機屋にヘッドを持ち込み最少面研磨。

最少なら待っている間に仕上てくれます。

新しいヘッドガスケットを使いヘッドを載せ、カムを組み、タペット調整。

そして、タコ足・キャブレターと順に組んで行き仕上がりました。

ほぼ、2日の突貫作業でしたが今回は水漏れも無く問題なし。

無事乗って帰られました。

RIMG7568.jpg

RIMG7578.jpg RIMG7583.jpg

RIMG7591.jpg RIMG7596.jpg

RIMG7608.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L28改とL20改 製作中

RIMG7640.jpg

RIMG7582.jpg RIMG7639.jpg

RIMG7638.jpg RIMG7553.jpg

RIMG7625.jpg RIMG7628.jpg

おはようございます。

一連のL28改製作は、この大分県からの注文が最後の1基になりました。

まだ、L28の在庫は在るので、現在の注文分の作業が全て完了すれば、また受付をします。

作業的には、ボーリングから戻ったブロックは前壷用のオイル穴加工をします。

そして洗浄後、ニッサンブルーで塗装。

メタルの当たり面を丁寧に脱脂して、クランク組み付け準備をします。

次にピストンとコンロッドをドッキング。

1mm面研磨済みのシリンダーヘッドは、バルブ摺り合せ後、バルブスプリングを組み付けます。

ここまで準備をしておくと、1日で組み上がります。


下の画像は、内燃機屋でのワンカット。

スパークと書かれたブロックがボーリング待ちで並んでいます。

私共の専属ではないので、混んでいる時は待つしか在りません。

L20改注文の残りは、愛媛、山形、京都、大阪の4基。

愛媛は、腰下まで組み上がっているので、実質3基がボーリング待ちです。

待っている間に、シリンダーヘッドを仕上ます。

山形から送られて来た、L20エンジンのシリンダーヘッドを分解して摺り合せ。

インマに部分やヘッド面をオイルストーンで磨いて洗浄します。

遅れているブロックも今週中には戻ってくるので、来週には組み付けられそうです。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7566.jpg

RIMG7213.jpg RIMG7215.jpg

RIMG7283.jpg RIMG7285.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリL28改 搭載(2)

RIMG7526.jpg

RIMG7525.jpg RIMG7527.jpg 

RIMG7443.jpg RIMG7446.jpg 



おはようございます。

先日の続きで、ケンメリHTに、3Lエンジンを搭載して始動確認まで完了しました。

作業的には、古いCDIを取り外して、持ち込まれたカメアリフルトラに交換。

冷却水を入れる前に始動確認をします。

セル、一発。

特に問題はなく、レスポンスも含め調子は、良い様です。


下の画像は、始動確認後に持ち込まれたパーツを組んで行きます。

まずは、パーツアシスト製クーラーキット。

このキットには、コンプレッサーの取り付けステーが付属しないので、L型用の在庫パーツを使い製作。

続いて、コンデンサー、電動ファン、室内ユニットと順に取り付けて行きます。

他には、フユーエルデリバリーや燃圧計付きレギュレーター等、持ち込まれたパーツの組み付け準備。

そして、電動パワステもケンメリのステアリングコラムを取り外して合う様に加工。

最後は、クーラーコンプレッサーを取り付け、ラジエターホース等の水周りまで終わった所です。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7563.jpg RIMG7564.jpg

RIMG7601.jpg RIMG7613.jpg

RIMG7543.jpg RIMG7614.jpg

RIMG7599.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R オーバーフェンダー位置決め

1_201506110957573ac.jpg

56_1.jpg 56_2.jpg

25_20150611095758a8f.jpg 26_20150611095800fbb.jpg

27_20150611095801c81.jpg 28_2015061109580337a.jpg

29_201506110958354d9.jpg 30.jpg

32.jpg 33.jpg

34.jpg

おはようございます。

54Rは、オーバーフェンダーの位置決めをして、隙間等のFRP補修をします。

その前に、最後のボディー加工です。

まず、室内とトランク室への隔壁を固定。

これで、調整は出来ませんが、ストラットタワーバーに近い役目をしてくれると思います。

そして、ドアの腐りが在った部分を切り継ぎ。

次に、元リアドアのアウターハンドル凹み部分もカットして切り継ぎします。

バンパーは、軽く磨いて初めての取引先に再メッキに出しました。

このメッキ屋は、2層メッキしか出来ませんが、その分コストを押さえられるので、試しに出して見ました。

元の状態は極端には悪くなかったのですが、やはり銅引きの無い、2層メッキでは残念ながら「ブツ」は残りました。

余程、程度の良い状態の物で、メッキが曇っている場合なんかには良さそうです。


下の画像は、車高を4輪合わせて、タイヤとフェンダーのクリアランスを合わせます。

オーバーフェンダー前部分を上げたり後ろ側を上げたり、何度かの微調整で、この位置に決定。

画像では違いが分りませんがフェンダーの位置は、ほんの1cm動かすだけでも仕上がり時に印象が変わります。

特にパテ埋めする場合は、この位置決めを失敗したら取り返しが付かないので慎重になります。

作業的には、頭に描いていた通りのスタイルになったと思いますが、塗装が終わるまで最終的な判断は出来ないので、やはり不安は残りますね。

これから、フェンダーとオーバーフェンダーの隙間は勿論、ドアとフェンダーのクリアランス等も修正する為、FRP加工専門店に作業を頼みます。

そして、FRP屋から戻って来たら塗装作業開始です。

また、作業が進めばアップします。

39.jpg

35.jpg 36.jpg

37.jpg 38.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ2ドア 3.1L オーバーホール(3)

RIMG7584.jpg

RIMG7570.jpg RIMG7579.jpg

RIMG7577.jpg RIMG7580.jpg

RIMG7594.jpg

おはようございます。

ハコスカ2ドア 3.1L オーバーホールです。

最初の画像は、ピストン挿入後ピストントップを出している所です。

作業的には、コンロッドのピストンピン穴を磨く事から始めます。

カメアリコンロッドは、オイル穴のバリが残っているので、ペーパーで磨き落としますますが、それだけでは、まだ少し渋いです。

リーマを通すほどではないですが、内径を磨いて面取りをしないと焼き付く可能性が在ります。

そして、ピストンリング合口を確認して、ブロックにピストンを挿入。

下から見ると、タフトされた、ハイスペッククランクとカメアリコンロッド、強化キャップボルトがメカニカルですよね。


下の画像は、シリンダーヘッド。

今回は、特に手を入れませんが、清掃とバルブの摺り合わせをします。

慣らしが終わった位でしたが、エキゾーストバルブの当りが少し悪かったので、これで以前より調子が良くなると思います。

ヘッドにバルブスプリング等の組み付けが終われば、ブロックに載せます。

ロッカーアームは、新品を使用。

カムシャフトも新品のカメアリ77度Iカムに交換。

カメアリ77度を使う場合は、新品のロッカアームを使わないとロッカーアームからカム山が外れて「パキン、パキン」と音が出ます。

それだけ、カム山のカーブが急激なカムで、ハイパワー向きと言えますね。

最後に、1番だけロッカーアームを入れてバルブタイミングを取ります。

IN/99度 EX102.5度

昨日の作業は、バルタイ測定で終了。

本日、フロントカバーやオイルパンを組み付け、車輌への搭載。

そして、エンジン始動まで出来ればと考えています。

また、エンジン始動確認が終われば動画をアップします。

RIMG7482.jpg

RIMG7483.jpg RIMG7495.jpg

RIMG7595.jpg RIMG7611.jpg

RIMG7612.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


パブリカバン エンジンスワップ(13)

IMGP6729_20150610115816b20.jpg

IMGP6460.jpg IMGP7004_201506101158193b6.jpg

IMGP6824_20150610115817505.jpg RIMG0014.jpg

RIMG7438.jpg RIMG7475.jpg

RIMG7474.jpg

おはようございます。

短期作業の納車が続きましたが、長期の作業も僅かですが進んでいます。

パブリカバンは、本格的な配線作業に入るため、ドアが全開に出来る屋外へ移動。

ハーネスを広げて必要の無い部分は間引きます。

室内は、メーターを取り付けエンジンハーネスと室内配線をドッキング。

助手席側と運転席側のどちらも配線も配線図を見ながら点検します。

ようやく、点火確認まで漕ぎ着けました。

これから、MSD燃料ポンプを取り付け、ガソリン配管は銅パイプで製作します。

ノーマルのガソリン配管ではインジェクションには細いですからね。

エンジン始動確認まで、もう一息です。


下の画像は、先日納めたAE86トレノ。

納車時に、直ぐに問題は無いが、ラジエターとインジェクターが余り良くないと伝えました。

すると、アルミラジエターとリビルトインジェクターに交換して欲しいとの事でした。

オーダーを受けたパーツが届いたので、交換です。

インジェクターは、AE86用からAE92後期用に変更。

ラジエターは、アルミ製の大容量を取り付けました。

本日、引き渡します。

RIMG7435.jpg

RIMG7348.jpg RIMG7472.jpg

RIMG7478.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ブルーバード610ワゴン整備(2)

RIMG7384.jpg

RIMG7346.jpg RIMG7345.jpg

RIMG7336.jpg RIMG7524.jpg

おはようございます。

210サニーに続いて、610ワゴンも納車準備完了です。

リーフをフラット加工して、車高を調整しましたが、これ以上下げると、ちょっとしたギャップでもデフがボディーと干渉します。

ユーザーは車高を下げて派手に乗りたい様ですが、これが限界。

細かな仕上げとしては、ミラーを取り付け、フロントバンパーのヒッチステーを外しました。

リアバンパーも同じくステーを外して少板金。

これで、すっきりしました。


室内は、リアゲートゴムを取り付け。

メーター球等の交換。

最後に、CDデッキを交換して作業終了です。

この610ワゴンも週末納車予定です。

RIMG7352.jpg RIMG7394.jpg 

RIMG7391.jpg RIMG7522.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


B210サニー セダン納車準備

RIMG7511.jpg

RIMG7505.jpg RIMG7476.jpg 

RIMG7481.jpg RIMG7496.jpg

おはようございます。

B210サニー セダンはベタですが、211への希望ナンバー変更を終え、納車準備が整いました。

作業的には先日、リーフのフラット加工して車高を下げましたが、ユーザー希望のワタナベホイルを入れます。

サイズは、13インチ 6J 6.5J 7J 7.5Jを用意。

175の細い新品のタイヤを入れるのには、毎回梃子摺ります。

フェンダーの耳を折らずに入る限界は、フロント6.5J リア7Jでした。


エンジンルームは、タペットカバーから多少のオイル漏れが在ったので、エンジンルームのスチーム洗浄。

タペットカバーを塗装してパッキンを交換します。

この210は、走行32000kmの低走行車なので、外装も綺麗ですが内装が特にいいです。

ダッシュは勿論割れていませんし、シートも破れていません。

何と言っても、格子柄のフロアーカーペットが色褪せずに、そのまま残っているのは驚きです。

これだけ、綺麗なカーぺットを見たのは初めてかも知れません。

ユーザーさんは初めての旧車だそうなので、程度の良い車両と言うのは、いいですよね。

今週末の納車予定ですが、旧車ライフを楽しんで頂ければと思います。

RIMG7507.jpg RIMG7508.jpg

RIMG7510.jpg RIMG7506.jpg 

RIMG7514.jpg RIMG7513.jpg

RIMG7504.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ハコスカ2ドア 3.1L オーバーホール(2)

RIMG7321.jpg

RIMG7403.jpg RIMG7477.jpg

RIMG7480.jpg RIMG7479.jpg

RIMG7454.jpg

おはようございます。

ガソリンのオーバーフローにより、エンジンオイルが希釈されたハコスカHTのエンジンO/Hです。

当初、単にリングとメタル交換のO/H予定でしたが、今までと少し違う仕様で組む事になり、ブロック・ピストン・コンロッドを新調します。

ブロックは、N42のマニアをボーリングとオイル穴加工。

メタルの入るブロックとキャップは、面取りをしてピカールでオイルスラッジを磨き落します。

そして、新品メタルに交換して、カメアリ・ハイスペッククランクを組み付け。


下の画像は、カメアリ・ピンハイト29mmのレース用ピストン。

コンロッドは、カメアリ軽量I型、芯間138mm

シリンダーヘッドは、基本的に以前のままですが、カーボンを磨き落して洗浄まで済ませました。

これから、ピストン挿入、バルブの摺り合せと進めます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7452.jpg

RIMG7453.jpg RIMG7338.jpg

RIMG7442.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


N42 L28改とL28 2基分解O/H (1)

1_201506061348235e5.jpg

2_20150606134825618.jpg 3_20150606134825187.jpg

4_20150606134827235.jpg 5_20150606134828f49.jpg

6_2015060613484187c.jpg 7_20150606134842857.jpg

おはようございます。

L28改3.0Lの持込みと在庫のL28オーバーホールを行ないます。

まず、黄色のN42ブロックを分解した所、砂落しをしたブロックに、カメアリピストン、軽量コンロッドが入っていました。

メタルは回る寸前で、地金の銅が出てブロー寸前だったので、O/Hはギリギリのタイミングでした。

ただ、手間隙掛けた、中々のエンジンだと思います。

ピストンは、カメアリ初期の鋳造89.5mm

コンロッドは、軽量ポリッシュ仕上のFJ20

カムシャフトはカメアリ、75度

クランクは軽量加工されていましたが、曲がりが0.4mmと許容範囲を超えています。

これが、メタルの銅が出ていた原因です。

ピストン自身の当りは悪くないので、クランクとリングだけを交換する事も可能ですが89.5mmを嫌い、ブロックとピストンを交換するそうです。

ついでに、クランクもLDに変更して欲しいとの事。

腰下はブロックも含めて全て交換します。


下の画像は、在庫のブロックもヘッドもN42のL28ノーマル。

現在は内燃機屋が少し混んでいてボーリング待ちのブロックが5基ほど在ります。

そこで、ローコストバージョンとしてL28ノーマルO/H済みコンプリートエンジンを販売したいと思います。

中古、O/H済み3.0Lエンジンと同じくO/H済みL28エンジンの2基を販売します。

2基共に、ブロックとヘッドはN42。

L28ノーマルは、世間で言われるオイルフィルター取り付けが丸のマニアブロックです。

どちらも現在は後ろ壷用ですが、前壷への変更も可能です。

興味の在る方は問い合わせて下さい。

8_20150606134844e01.jpg

9_201506061348455c7.jpg 10_20150606134847b0d.jpg

11_20150606134930eac.jpg 12_20150606134931e66.jpg

13_20150606134933acf.jpg 14_20150606134934a9a.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R スポット増し

1_201506060947307d0.jpg

3_20150606094732137.jpg 4_20150606094734cbc.jpg 

5_20150606094735b19.jpg 6_20150606094748866.jpg

2_20150606094732389.jpg 7_20150606094750291.jpg

8_20150606094751f72.jpg 9_20150606094753887.jpg

おはようございます。

プリンス54Rは、ボディー加工、最終段階の開口部分スポット増しです。

まず、リフトから降ろしてドアを外します。

フロントガラス周りの塗装を磨き落して、スポット増し開始。

純正スポット溶接スパンの間に新たなスポット溶接をして行きます。

フロンガラス周りが終われば、リアガラスも同じ様に、1周スポット増し。


下の画像は、ドアの開口部。

左右共に、グルッと1周スポット増しをします。

これで、車体全体も含めて、ボディーの補強は完了。

サーキット走行を視野に入れる場合は、もっとボディー強度が在った方が良いのは間違いないですが、モノコックボディーとしての強度はノーマルに比べて十分確保出来たと思います。

ボディー補強を、この程度で留めておく理由としては、ガチガチのボディーは、ハンドリングがシャープになり、反応がクイックで良い様に思えますが、その分滑り出しも早いです。

滑り出しが早い分、ドライビングは難しくなり高度な運転技術を要求されます。

偶にサーキット走行をする程度のサンデーレーサーは、ガチガチのボディーより、在る程度「しなる」ボディーが乗り易いと思います。

ロールケージを入れるかどうかは、実際に走行して強度不足を感じる様なら改めて考えます。


最後に、ピラーを移設した元の腐りを切り継ぎ溶接。

ピラーとドアの仕上も同時に行ないます。

フロントドアの開口部が大きくなり、その分ボディー強度は下がりますが、リアドはピラーと溶接して追加バーを一本入れて在るので、結果的には、ノーマル以上のボディー強度を持たす事は出来たと思います。

これから、オーバーフェンダーの取り付けを行い、全塗装作業に移ります。

10_2015060609475406a.jpg 11_20150606094810808.jpg

12_201506060948110a7.jpg 13_20150606094813af5.jpg

15_20150606094816430.jpg 16_201506060948292b3.jpg

14_20150606094814210.jpg 17_20150606094830a7b.jpg

18_e.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ケンメリL28改 搭載(1)

RIMG7286.jpg

RIMG7297.jpg RIMG7299_e.jpg

RIMG7327.jpg RIMG7351.jpg

おはようございます。

ケンメリR仕様の作業です。

車両が持ち込まれたのは最近ですが搭載するL28改は早くから組み上がっていたのでエンジンの乗せ換えをします。

まず、搭載されていたL28エンジンを降ろして、オイルパン等の再利用するパーツを外します。

降りたエンジンを見て気付く方も居られると思いますが、ケンメリなのにオイルレベルゲージが後ろに在ります。

これは、セドリック系のL28をスカイライン系の車輌に搭載する際に、オイル穴加工をせず、ストレーナー延長をした横着作業の典型です。

ついでに分解まで行いますが、内部はオイル管理が悪かったらしく真っ黒。

予想通り、ストレーナーは延長加工されていました。

これは時間の問題で、ほとんどの場合振動で折れます。

早い段階で、エンジンを乗せ換えして正解だと思います。


下の画像は、同じアングルですが新たなL28改搭載作業です。

色々と持ち込まれたパーツを組み付け搭載します。

今回は、オイル穴加工をしているので、当然レベルゲージも前側に在ります。

エンジン搭載が済めば、インマニの面を出し、カムカバーを交換。

タコ足まで組み付けた所で昨日の作業は終了。

来週には、エンジン始動確認が出来ると思います。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7374.jpg

RIMG7381.jpg RIMG7353.jpg

RIMG7375.jpg RIMG7400.jpg

RIMG7399.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


B210セダン B310クーペ サニー2台

RIMG7306.jpg

RIMG7302_e.jpg RIMG7303_e.jpg

RIMG7304_e.jpg RIMG7305_e.jpg

RIMG7364.jpg

おはようございます。

210サニーと310サニーの作業です。

210セダンは、車検に影響しない程度に車高を下げます。

リアは、リーフをストレートにプレスで伸ばします。

親リーフだけでは下がらない場合が多いので、親と2番をフラット加工して組み付けました。

上最後の画像が、組み付けた状態ですが少し下がり過ぎました。

これから、2番リーフを少し戻して微調整します。

また、作業が進めばアップします。


下の画像は、販売用の310クーペ。

何件かの問い合わせは在りましたが契約に至らず、私共に置いておいても傷むばかりなので、群馬「オートサークル」に販売する事になりました。

興味の在る方は、問い合わせて下さい。

陸送を掛ける前に軽く点検。

マフラーに小さな穴が開いていたので溶接修理。

前から気になっていた、シフトレバーのガタは、ブッシュを交換して対処。

関東方面で興味の在る方は、車検が残っていて調子も良いので是非オートサークルまで足を運んで下さい。

RIMG7335.jpg

RIMG7322.jpg RIMG7328.jpg

RIMG7323.jpg RIMG7324.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


B310サニーセダン セミレス(1)

1_20150603174841919.jpg

2_2015060317484297e.jpg 3_20150603174843fe4.jpg

4_20150603174845ed5.jpg 6_20150603174846a98.jpg

おはようございます。

2ヶ月ほど前、310セダンのセミレス作業を請けました。

塗装が終わったので、作業過程を紹介しようと思ったら、間違えてフォルダーごと削除してしまった様です。

残念ですが、預かった時の状態と板金工程の画像が見当たりません。

画像の在る物だけを紹介します。

上の画像は、見積もり段階の物。

一見、程度が悪い様には見えませんが、ズームで寄ると結構錆が出ていて、腐りも見受けられました。

依頼内容は、外装とエンジンルームの塗装、そしてエンジンO/H。


下の画像は、板金後、ドア等を外して塗装が終わった時点。

錆びや腐りの切り継ぎは勿論、少し叩かれていたフェンダーも戻しました。

そして、バンパーまで組み付けた板金塗装が完了した所です。

このバンパーに中々手間取りました。

入庫時から、後期の角目に前期のメッキバンパーが取り付けられていたのですが、ステーをそのまま使って在ったので、バンパーが3cmほど前後に飛び出していました。

ステーを加工して、極力後期モデルにフィットする様に合わせました。

これで、ボディ全体は勿論ですが、フェンダーアーチもバンパーもスッキリしたと思います。

これから、エンジンを降ろしてエンジンルームの塗装とエンジンO/Hを行ないます。

また、作業が進めばアップします。

RIMG0024.jpg RIMG0023.jpg

RIMG0022.jpg RIMG0021.jpg

RIMG7329.jpg

RIMG7330.jpg RIMG7331.jpg

RIMG7332.jpg RIMG7333.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L28改3.0L組み付け作業(1)

RIMG7205.jpg

RIMG7204.jpg RIMG7223.jpg

RIMG7235.jpg RIMG7284.jpg

おはようございます。

一連のL28改3.0L組み付け作業も静岡と大分の残り2基になりました。

今回は静岡編。

ブロックにクランクを組み付け、素手で軽く回るか点検。

クランクは曲がり修正をしているので当然ですが、儀式な様な物です。

当然、スルスル回ります。

後は、何時もと同じ様にピストンコンロッドを合体。

ブロックにピストンを挿入して、1番トップを出します。


下の画像は、シリンダーヘッドを搭載してバルブタイミング計測。

何時もの様に、1番だけロッカアームを組み付けて作業します。

カメアリ75度Aカムのバルブタイミングは、IN/103 EX/105度で取りました。

そして、最後は、フロントカバーと赤のカムカバーを組み付け作業終了です。

本日、天気が回復すれば発送します。

RIMG7290.jpg RIMG7291.jpg

RIMG7313.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


ブルーバード610ワゴン整備(1)

RIMG7113.jpg

RIMG7111.jpg RIMG7112.jpg

RIMG7109.jpg RIMG7110.jpg 

おはようございます。

610ワゴンの整備と仕上げをします。

まずは、車検の通る範囲での車高ダウンとリア周りの塗装仕上です。

リアのリーフは取り外して、フラット加工します。

最初に親リーフをフラット加工しましたが、思ったより車高が落ちませんでした。


下の画像ですは、結局、親と2番リーフをフラット加工。

3番は、そのままで4番リーフを抜いてやっとで、いい感じの車高になりました。

リーフを組み付けながら、ドラムやホーシング周りを黒塗装。

ホーシングを上げたら、マフラーと干渉するので、テールパイプを加工。

車高調整が終わったので、これから内装やミラー等の仕上に入ります。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7305.jpg RIMG7124.jpg

RIMG7122.jpg RIMG7131.jpg

RIMG7301_e.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


130Z、ハイラックス納車 ケンメリ、210サニー入庫

IMGP6932_20150530093212825.jpg

IMGP6933_20150530093213055.jpg IMGP6935.jpg

IMGP6936.jpg RIMG7186.jpg

RIMG7187.jpg

おはようございます。

先週は、ハコスカHTやAE86トレノも納車しましたが、130Zと初代ハイラックスも納車完了。

130Zは、触媒取り付けをしてキャブの公認車検。

排ガスが落ちず少し苦労しましたが何とかクリアー。

ハイラックスは、ユーザーの都合で引き取り遅れていましたが、予備検査を受けて引き渡し完了です。


先週は4台出て行きましたが、愛媛のハコスカが入庫。

そして、新たにケンメリHTとB210サニーセダンが入って来ました。

ケンメリは一連のL28改を購入して頂いた方からの作業依頼で、私共でエンジン搭載まで行ないます。

車輌を持ち込まれた時に、クーラーと電動パワステの取り付け依頼が追加になりました。


最後は、注文販売のB210セダン。

初めての旧車だそうですが、「610セダンか210セダンが欲しい」と来店。

どちらも、かなりマニアックです。

偶々、程度の良い210サニーをヤフオクで見付けて購入。

早々に持ち帰りました。

程度は、抜群で文句の付け所がない位です。

これなら旧車初心者でも問題なく楽しんで頂けます。

車検も残っているので、少し車高を下げて、少しワイドタイヤに変更するだけでOK。

また、作業が進めばアップします。

RIMG7194.jpg

RIMG7195.jpg RIMG7193.jpg

RIMG7198.jpg

RIMG7196.jpg RIMG7200.jpg

RIMG7201.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内... (8)
TE27 レース仕様 外装編.... (17)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (8)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE27レビン トレノ カスタム.. (14)
TE25カローラ カスタム....... (16)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (3)
カリーナ2000GT 152E搭載. (2)
パブリカバン エンジンスワップ (21)
70カローラ 2ドアバン レストア (3)
トヨタ旧車 スポット作業....... (34)
ホンダS2000 サーキット用... (3)
ホンダS800レース仕様....... (9)
ホンダS800・S600カスタム.. (2)
ホンダS800・S600スポット... (32)
PB110サニー エクセレント.... (11)
B110サニー セミレス作業..... (4)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (32)
B210 B310サニー 関連作業 (6)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (31)
S30 2by2 セミレス・チューン. (5)
フェァレディ-240ZGセミレス.. (12)
フェァレディ-HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ-S31 セミレス... (22)
S130Z RB30 ABRキット.... (1)
S130Z 2JZターボエンジン... (5)
S130Z 後期仕様 製作....... (1)
プリンスS54R エンジン編..... (20)
プリンスS54R ボディー編..... (47)
プリンスS54R 仕上げ編...... (30)
ケンメリ GTR仕様 セミレス... (32)
ケンメリ 4ドア レストア作業... (12)
スカイライン・ジャパン作業.... (11)
スカイライン・ジャパンL20改. (25)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (31)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (13)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (24)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (33)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (2)
ハコスカGTR カスタム作業... (8)
ハコスカ関連 2017スポット... (31)
ハコスカ関連 スポット作業... (61)
C130 ローレル カスタム...... (27)
C130 ローレル セミレス....... (14)
ブルーバード510セダン・バン. (34)
ブルーバード510・2ドア/左... (38)
ブルーバード510・2ドア/右... (16)
ブルーバード510バン KA24. (39)
ブルーバード510バン SR20. (14)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (38)
ブルーバード610セミレストア. (1)
ニッサン旧車 スポット2017.. (9)
ニッサン旧車 スポット作業... (63)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (27)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (22)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (25)
L型6気筒 組み付け手順...... (6)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (42)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (48)
S20 オーバーホール作業..... (9)
2017 旧車関連・トピックス.... (5)
2017 国産旧車・スポット修理 (19)
2016 旧車関連・トピックス.... (16)
2016 国産旧車・スポット修理 (18)
2015 国産旧車・スポット修理 (11)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
輸入車 旧車・スポット修理... (15)
各種エンジン スワップ作業.... (16)
エンジン関連・パーツ紹介...... (2)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (14)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (21)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
ランボルギーニ ウラッコ..作業 (5)
アルファロメオ ザガード..塗装 (11)
アルファロメオ 1750 セミレス (20)
アルファロメオ GTAm作業.... (15)
フィアット500 エンジンスワップ (5)
ルノー・キャトル スワップ作業. (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (3)
シェルビーGT500 レストア.... (2)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
ホンダCR750レーサー関連... (4)
ホンダCB750/CB72 カスタム (12)
EGLI カワサキH2 レーサー.. (18)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (7)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム.... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (9)
ユーザー・車両紹介............ (8)
各種・中古車紹介.............. (91)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
Am9:00~PM9:00
e-mail uncleryo1959@gmail.com

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策