L20B改 2065cc フルチューン(1)

IMGP6283_20150425170341528.jpg

IMGP6280.jpg IMGP6281_20150425170339cc7.jpg

IMGP6279_2015042517033789e.jpg

IMGP6284_20150425170350e5d.jpg IMGP6291_20150425170353543.jpg

おはようございます。

先週少し触れましたが、久し振りにL型4気筒、本気のフルチューンエンジン製作依頼が入りました。

L型4気等で、チューニングに向いているエンジンはと訊ねられれば、L18ベースかL20Bベースです。

L18ベースを選択した場合はレスポンスが良く高回転型の小気味良いエンジンになります。

L20Bの場合は、トルクフルでグイグイ引っ張られる感じに仕上がります。

サーキットなら高回転を使えるL18改、町乗りならトルク重視のL20B改の方が楽に乗れると思います。

実際の速さに関しては極端に変わらないので、どちらを選ぶかは好みで良いと思います。


最初の画像は、L20B。

矢印部分のフロントカバーを固定するボルト、左右4本止めがL20Bです。

今回は、サーキット仕様ではないのでトルク重視のL20Bをチューニングします。

シリンダーヘッドは、燃焼室が一番小さい、L16をチョイス。

2個並んだ画像は、上がビックバルブ入りL16、下がL16ノーマルです。

ビックバルブを入れるなら、燃焼室が小さく加工が出来るヘッドがいいですからね。

ポートの画像は上がL16、下がL18です。

小さいポートはインマニに合わせて削ります。

シリンダーヘッドが、3個並んだ画像は、上からL20B、L18、そして今回使用するL16改ビックバルブ入りシリンダーヘッドです。

バルブや燃焼室の違いが良く分ると思います。

L型6気筒と違い、L16・L18の燃焼室は、アルゴン溶接しなくとも初めからハート型なのも魅力です。

既にシートリングも入れ替え済みなので、ビックバルブなのが良く分ると思います。

カムシャフトは、現在一番パワーが出るのは、やはりカメアリ77度。

カム山だけ見れば、80度以上在る様に見えますね。


下の画像は腰下に使う、ピストン・コンロッド・クランク。

ピストンはカメアリ鍛造79mm ピンハイト33.5mm

ピストン横の黄色矢印がピンハイト。

画像のピストンは、ピンハイト35.5mmと33.5mm

コンロッドの画像は左から芯間が、L28、130.4mm  L20、133mm  L24、136.7mm  L20B、146.4mm  Z20、152.5mmの順に並んでいます。

黄色の矢印をコンロッド芯間と言います。

もう一つ、FJ20/140mmが在れば、L型に流用出来るコンロッドが勢揃いです。

まず、高回転を回しても壊れない様に、クランクとコンロッドの折れ角を補正するのが、チューニングの基本です。

そこで、コンロッド延長をする為に、流用コンロッドを使います。

L20Bは、L18に比べ、約20mm(19.6mm)ブロック長が高いです。

これは、カムチェーンの1リンクが約9.5mmなので、2リンク伸ばした数値ですね。

ストロークは78mmから86mmへとロングストローク化されていますが、コンロッドも130.4mmから146.6mmへと伸ばされています。

しかし、ピンハイトは38.1mmのままなので、33.5mmのピストンに変更します。

コンロッドは、L20B、146.4から、Z20用の152.5mmへ変更します。

ピンハイトとコンロッド芯間の差が単純に、1.5mm

この差は、コンロッドの変芯で補い、これで高回転も回るL20Bになります。


最後は、クランクシャフト。

L16以外は、フルカウンターになっています。

上から、L16、15kg  L18、17kg  L20B、19kg

ウエイトが重いほど慣性が増し、トルクが太るのは勿論ですが高回転域での伸びが良くなります。

最後の画像は、L18とL20Bのウエイトの大きさの違いです。

L20B改の大トルクは、面白いですよ~

L型6気筒の3L並みのトルクで、グイグイ引っ張ってくれます。

このエンジンを搭載する予定の510ブルーバードは現在レストア中らしいので、まだ少し先になりますが、車輌が入庫すれば組み付けからエンジン始動まで全てアップします。

IMGP6289.jpg

IMGP6292_20150425170354d56.jpg IMGP6294.jpg

4_201504251703359e8.jpg

IMGP6334.jpg

IMGP6337.jpg IMGP6335_201504251704063fc.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


プリンスS54R フロアー加工(2)

1_20150424182208e4a.jpg

2_20150424182210872.jpg 3_20150424182211725.jpg

4_20150424182212b4c.jpg 5_201504241822135fd.jpg

6_20150424182226e9b.jpg 7_20150424182227847.jpg

8_201504241822294fc.jpg 8_1_20150424182230b0d.jpg

おはようございます。

プリンス54Rは、相変らず地味な作業が続きます。

54BフロアーとS30リアセクションのフレームは溶接で繋いで在るので、フロアーパネルを製作溶接します。

一枚物では、曲げられないので何枚ものパネルを繋いで仮止め。

これで、室内の仮止めは全て終わったので、今度はフロアートンネルの本溶接をします。

出来るだけ歪みを抑えるのと走行中に水が入らない様にする為、時間は掛かりますが全て真鍮溶接のロー付け。

そして、リアセクションのパネル仮止めを行い、これから、また合間を見てロー付けをして行きます。

最後に、次に行う作業はトランク内の床パネル製作

その前に必要ないパネルはスポット溶接を外して撤去しておきます。


下の画像は、溶接作業に疲れたら、少しは楽しそうな、トランク内パネルの製作準備をします。

用意したのは、秘密兵器としてUSAから仕入れたビードローラー(ビンディングローラー)

本来は、バイスに挟んで使うタイプですが、バイスの上では使い難いので鉄ホイルに足を付けて、ビードローラー本体を溶接。

早々に、鉄板にビードを付けて行きます。

特に意味も無く四角のビードを入れて見ましたが、縦溝だけで十分強度が上がる事が分りました。

この程度のビード(溝)を入れるだけでも結構な強度アップになります。

沢山やれば飽きそうですが偶に行う、こう言う作業は楽しいですね。

トランク内パネルは、5分割で製作しますが、まずボディー側に横向き補強の角パイプを溶接。

後ろ側の一番大きなパネルから順に仮止めして行きます。

最終手前の画像は、5枚全ての仮止めが終わった所。

トランク内に人間が立って乗るには厳しいですが、100Lガソリンタンク満タン状態で置いても全く問題無いですね。

このトランク内パネルも含めて、後1~2回は地味な溶接作業が続きそうですが、もう少し、お付き合い願います。


最後は、本日発売のオールドタイマー誌、142号

今回から、プリンス54Rの作業紹介記事が、5~6回に分けて連載されます。

まだ完成した訳ではないので連載回数は増えるかも知れないですね。

画像は、送られて来た記事の校正と本誌。

本誌内の画像は、ブログと同じ物を活用しおり記事の内容も当然同じですが、オールドターマー誌専用に書いた文章です。

何か新しい発見が在るかも?

良ければ読んで見て下さい。

9_20150424182232ef0.jpg

10_20150424182325211.jpg 11_20150424182327e67.jpg

12_2015042418232811f.jpg 13_2015042418233066a.jpg

14_20150424182331014.jpg 15_20150424182343557.jpg

19_201504241823452de.jpg 20_201504241823465c0.jpg

21_20150424182348100.jpg

IMGP6328.jpg IMGP6330_20150425140341472.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


L20改2.6L 4基同時組み付け

IMGP6306_20150424173733597.jpg

IMGP6193_201504241737140ec.jpg IMGP6211.jpg 

IMGP6213.jpg IMGP6210.jpg 

IMGP6307.jpg IMGP6266_2015042417373012c.jpg 

IMGP6268_20150424173732a99.jpg

おはようございます。

L20改2.6Lのエンジンを組んで行きます。

最初の画像は、右から滋賀、新潟、埼玉の注文順に組んでいます。

作業工程としては、滋賀はハイカム入りなので、ヘッドを載せてバルブタイミング測定。

そして、新潟、埼玉はピストントップを出し、既に組み上がっているヘッドを載せる準備まで完了。

本日中には、3基組み上がると思います。

平行して、カムカバーの縮み塗装も準備します。

赤、黒、青、どれも中々お洒落で決めるのが難しいですね。


下の画像は、4基目の徳島L20改。

腰下まで組み上がりましたが、別途ポート研磨の作業依頼を請けました。

合間に、シリンダーヘッドの荒削りまで完了。

次は、ポートに合わせて、インマニの荒削りが出来れば、仕上に掛かります。

また、作業が進めばアップします。

IMGP6308_20150424173744a02.jpg IMGP6135.jpg

IMGP6145_20150424173713b3a.jpg IMGP6310_201504241737465f8.jpg

このブログはリンクフリーです。

コメント欄にブログアドレスを入れて頂ければ、アダルト関連以外は相互リンクをさせて頂きます。

連絡先は、Uncle.Ryo@live.jp

励みになりますので、拍手とランキングへのクリックお願いします。


NEXT≫
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリ
会社案内 (2)
TE27 レース仕様 外装編.... (16)
TE27 レース仕様 シャーシ編 (26)
TE27 レース仕様 エンジン編 (5)
2TG 4バルブヘッド 151E... (13)
TOM'S 2TG 4バルブ151E.. (22)
2TG ツインプラグヘッド 126E (8)
TE25カローラ カスタム....... (16)
TE27トレノ プチカスタム...... (11)
セリカ2000GTV 152E搭載.. (2)
カリーナ2000GT 152E搭載 (2)
パブリカバン エンジンスワップ (12)
トヨタ旧車 スポット作業........ (22)
ホンダS800レース仕様........ (8)
ホンダS800・S600カスタム... (2)
ホンダS800・S600スポット... (25)
PB110サニー DOHC化....... (5)
B110サニー 白 GX仕様...... (19)
B110GXサニー・クーペA15.. (14)
B310サニークーペ セミレス... (15)
サニトラ A15・AT搭載作業.. (10)
S30 3.1Lハイパワーエンジン (18)
S30 2by2 セミレス・チューン. (4)
フェァレディーZ・432 セミレス. (3)
フェァレディ‐HLS30 セミレス. (21)
フェアレディ‐S31 セミレス... (22)
プリンスS54R エンジン編..... (5)
プリンスS54R ボディー編..... (14)
ケンメリ GTR仕様 2L製作.... (10)
スカイライン・ジャパン 3.1L... (10)
ハコスカ 3.1LハイパワーEG.. (11)
ハコスカ2ドア 3L製作、他.... (12)
ハコスカ4ドア 45仕様製作... (13)
ハコスカ4ドア 3L製作、他.... (29)
ハコスカ 44 GTR セミレス.... (1)
C130 ローレル セミレス...... (1)
ブルーバード510セダン・バン (5)
ブルーバード510・2ドア/左... (28)
ブルーバード510・2ドア/右... (14)
ブルーバード510バン KA24.. (39)
ブルーバード510バン SR20. (13)
510 サファリブラウン セミレス (19)
ブルーバード510スポット作業 (26)
ブルーバード610セミレストア.. (1)
ニッサン旧車 スポット作業.... (15)
L型4気筒 関連作業・パーツ. (25)
L型4気筒 DOHC化・計画..... (4)
L型6気筒 DOHC化・計画..... (20)
L型6気筒 RBL 2号機製作.... (24)
L型6気筒 組み付け手順...... (4)
L型6気筒 関連作業・パーツ. (31)
L型 L20改2.6L L28改3.0L. (10)
S20 オーバーホール作業..... (4)
2015 国産旧車・スポット修理 (2)
2014 国産旧車・スポット修理 (38)
2013 国産旧車・スポット修理 (32)
2013 旧車関連・トピックス.... (10)
2012 国産旧車・スポット修理 (22)
エンジン関連・パーツ紹介...... (1)
エンジン関連情報・トヨタ 他.... (5)
エンジン関連情報・ニッサン.... (13)
セルボ・SS20セミレス作業.... (15)
流用ミッション・LSD データ.... (6)
アストンマーチンDB6・レストア (18)
アストンマーチンDB6 エンジン (17)
アルファロメオ 1750 セミレス (11)
アルファロメオ GTAm作業.... (4)
フィアット500 エンジンスワップ (3)
モーガン・プラス8 輸入新規... (4)
シェルビーGT500 レストア.... (1)
V8 レース用302エンジンO/H (5)
ヒストリック・フォーミュラ FL.... (1)
RAUホンダCB750 EGLI製作 (13)
ホンダCB750 カスタム製作... (4)
ホンダCB72・CB77 カスタム.. (1)
KZ1000LTDカスタムZ1仕様. (5)
KZ1000J ローソン・カスタム.. (6)
RD400・RZ250 カスタム..... (9)
バイク情報 カスタム レース.... (3)
ユーザー・車両紹介............. (8)
各種・中古車紹介............... (55)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
Google 広告

Google 広告

プロフィール

Uncle Ryo

Author:Uncle Ryo
Over Fifty・・おじさん整備士の記録

レ-スカ-製作/エンジンチュ-ニング
ワンオフパーツ製作/スワップ作業
一般修理&車検までお請けします

ショップ名 SPARK

認証番号 近運整認1611号

630-8144 奈良市東九条町134-1
TEL/FAX 0742-62-7787
e-mail  Uncle.Ryo@live.jp
Am9:00~PM9:00

連絡は出来るだけメールでお願いします。
携帯メールからの場合は、パソコンメールの受信設定をして下さい。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Google 広告

Google 広告

・▲被リンク明るく幸せな未来SEO対策